« 死すべき時を知らざる人は、生くべき時を知らず。 | トップページ | 未来のない仕事をする人たち【電子書籍】[ 堀江貴文 ] を読みながら 人間の仕事(ジョブ)がなくなるのではなく、作業(タスク)がなくなる »

未来のない仕事をする人たち【電子書籍】[ 堀江貴文 ] を読みながら 「ホワイトカラーの9羽いR以上の仕事がなくなる」 の背景  ChatGPTは世界と未来の何を変えるのか?

こんにちは。呟き尾形です。

未来のない仕事をする人たち【電子書籍】[ 堀江貴文 ] を読みながら 「ホワイトカラーの9羽いR以上の仕事がなくなる」 の背景
 ChatGPTは世界と未来の何を変えるのか?

 よくあるSfの未来で、コンピュータの音声が、人間の要望に応えたり、提案をする。
 それは、もう、フィクションではなく、ある程度実現され、その一つの形がChatGPTという形で実現している。
 ChatGPTは、世界の知識を持っていて、さまざまな提案をしてくれる。
 たとえば、会議で議論されるような議題を上げれば、それについての回答をだしてくれる。SNSで、友達がいなくても、話し相手にもなってくれる、人間のように裏切ることもないし、感情がないので怒ることもない。
 それを、AIに支配されていると判断するか、とても便利な秘書を手に入れたと判断するかは、使い方次第というところでしょう。
 ともあれ、普通に使うだけで、現在やっているホワイトカラーの仕事のほとんどがなくなるといわれています。
 定型的なメールの作成、データ分析、契約書や仕様書などの原案や下書き、会議の議事録、資料作成などは、ChatGPTがやってくれる。
 そうやって、作られた電子データを検索するものChatGPTがやってくれるので、資料や議事録も活用しやすい環境になる。


 現在ブルシットジョブとされている仕事をAIが代わりにやってくれるということです。
 ブルシットジョブという言葉は、主にデイヴィッド・グレーバーによる著書『ブルシット・ジョブズ』で紹介され、仕事の中で実りがない、無駄な労力を費やすような仕事を指す言葉です。
 それを、ChatGPTが、議事録や資料を学習し、適切に提案できるようになればブルシットジョブと呼ばれた仕事すら、生産性を上げる資料になります。

 なぜなら、いま、ブルシットジョブと呼ばれている、仕事自体が無駄ということではありません。
 もし、適切に議事録や資料が提案されれば、活用できるからです。

 つまり、ブルシットジョブすら、ChatGPTが人間に代わっ
て行い、かつ、生産性のある資源として活用、提案してくれるということです。

 このとき、今、ブルシットジョブをやっている人が職を失うかのような言動がこの書籍には書いていますが、それは、経営者の能力で決まります。
 今やっている仕事をやっている人は、今やっている仕事しているだけのために雇っているのか、そうではないか。
 後者なら有能な経営者という事にはなるのでしょう。


-------------------------
★★★ 電子書籍 で アフィリエイト ★★★



-----------------------
---------------------------------


★★★散歩のついでに富士山に登った人はいない

  20120205pa9180006


散歩のついでに富士山に登った人は一人もいない
初心者だったら知らなきゃまずい!富士登山のための5つのポイント1113


---------------------------



-------------------------


●11月13日は、うるしの日です。

●うるしの日

 1985年(昭和60年)の11月13日を日本漆工芸協会がうる
しの日に制定しました。
 これは、平安時代のこの日、文徳天皇の第一皇子・惟喬親王が、
京都・嵐山の法輪寺に参詣した時に漆の製法を菩薩から伝授した
とされる伝説にちなんだものだそうです。
 実際、漆関係者は、この日んい報恩講(漆祭り)を設けて、供養す
るのが慣わしとなっているそうです。

 さて、惟喬親王、844年(承和11年)に、第55代文徳天皇の第1
皇子として、生まれたそうです。
 天皇の第一子ということと、幼少より聡明だった惟喬親王は父か
らも立太子を望まれたが、右大臣藤原良房らの圧力によって、立
太子になりませんでした。
 このことから、良房の野心が大きい事がわかります。
 惟喬親王を放っておくわけもなく、秘かに亡きものにしようと企て
いたのです。
 その企てを察知した、文徳天皇は、惟喬親王を都から逃げるよう
に、すすめ、その勧めに応じて、惟喬親王は、都を後に山から山へ
と隠遁の旅にでました。
 しかし、良房は、野望を遂げるために数名の刺客を出して惟喬親
王を追跡したそうです。
 惟喬親王は、山から山へと数年彷徨い、遂に人跡未踏の大木林
立の小椋谷に逃れたそうです。ここでようやく惟喬親王は腰をおち
つけることになりました。
 その後、大木林立の小椋谷の人々に、ろくろを使って膳・盆・椀な
どを作る仕事を広めました。
 そして、親王は、859年(貞観元年)に小椋庄に入山し、865年
(貞観7年)蛭谷に筒井八幡宮を建立されるなどされたため、工人
たちは親王を業祖と崇めるようになりました。
 そして、872年(貞観14年)、病を理由に出家し、山城国愛宕郷
小野に住んだそうです。
 たびたび詩歌の宴を催したそうです。

 現代においては、古今集に2首、新古今集・続後拾遺集・新千載
集に各1首を遺しているそうです。


---------------------

★★★レインボーブリッジ
20231112tubuyaki1
レインボーブリッジの日1113

-----------------------

 名言を通して、問い、自分自身見直す。それが私にとっての哲学の訓練です。
 で、偉人の言葉だから名言なのか、名言を言うから偉人なのかは無関係です。
 ですが、私のような凡人が名言を言ってもそれは、名言であることはかわりません。


 ※ここから下は、呟き尾形のサイトやブログのリンクです。
 フッターとして使っていますので、呟き尾形の記事に興味を持っていただければ、気になる記事をご覧になっていただければ幸いです。


★★★★★★ 更新情報 ★★★★★★

 さて、ここからは、ホームページ更新情報です。

http://tubuyakiogata.o.oo7.jp/index.htm


 今回は、リンク集
相互リンク集
 を追加しました。


 
次に、WRPG プエルギガス年代記 オープニング プエルギガス年代記 アルコン リプレイ を追加しました。


?

v20231106

-----------------------


★★★小説を書こう 2022年8月5日発行 







メルマガ購読・解除












 








メルマガ購読・解除












 


★★★★★★呟き尾形のサイト リンク集 ★★★★★★;

( ̄0 ̄;)( ̄ー ̄;)(ノ゚⊿゚)ノハラヘッタ! ┫・'.::・┻┻☆()゚o゚)アイタ~


-------------------------------------------------------------------------

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 


 



 


-----------------------

http://blog.so-net.ne.jp/tetugaku/
----------------------- Sun Of Night https://w.atwiki.jp/webrpg/pages/1.html 性格

 



https://tubuyakiogata.hatenablog.com/


 

 




 

 



http://wiki.livedoor.jp/minatetu/


 

 



https://plaza.rakuten.co.jp/tubuyakiogata//

http://maximbell.blog19.fc2.com/

 


 



https://son.cocolog-nifty.com/tubuyakidou/


 

https://son.cocolog-nifty.com/etp_pb/

 

https://son.cocolog-nifty.com/backnumber/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


・゚・(ノ∀`)σ・゚・サッ_ノ(´ー+`ノ)(ノ´▽`)ノミ◇.。・:*:・゚'□~ メモバラマキー★★★★★


--------------------------------------------------------------------

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

|

« 死すべき時を知らざる人は、生くべき時を知らず。 | トップページ | 未来のない仕事をする人たち【電子書籍】[ 堀江貴文 ] を読みながら 人間の仕事(ジョブ)がなくなるのではなく、作業(タスク)がなくなる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 死すべき時を知らざる人は、生くべき時を知らず。 | トップページ | 未来のない仕事をする人たち【電子書籍】[ 堀江貴文 ] を読みながら 人間の仕事(ジョブ)がなくなるのではなく、作業(タスク)がなくなる »