« 人は他人のために存在する | トップページ | 鳥が大気の抵抗に逆らって飛び立つように »

楽しく生きていきたい

こんにちは。呟き尾形です。


楽しく生きていきたいなら、
与えるための袋と、
受け取るために袋を持って行け。

 ─ ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ ─ 


 楽しく生きるということは、与えることも必要です。

 楽しく生きるということは、与えられるものをなんでも受け取ることも必要です。

 与えること、受け取ることは、物理的に愛の表現であるのです。

 愛を表現するための器としての袋を心にあることが、楽しい人生になるために必要なことなのです。

●11月13日は、うるしの日です。

●うるしの日

 1985年(昭和60年)の11月13日を日本漆工芸協会がうる
しの日に制定しました。
 これは、平安時代のこの日、文徳天皇の第一皇子・惟喬親王が、
京都・嵐山の法輪寺に参詣した時に漆の製法を菩薩から伝授した
とされる伝説にちなんだものだそうです。
 実際、漆関係者は、この日んい報恩講(漆祭り)を設けて、供養す
るのが慣わしとなっているそうです。

 さて、惟喬親王、844年(承和11年)に、第55代文徳天皇の第1
皇子として、生まれたそうです。
 天皇の第一子ということと、幼少より聡明だった惟喬親王は父か
らも立太子を望まれたが、右大臣藤原良房らの圧力によって、立
太子になりませんでした。
 このことから、良房の野心が大きい事がわかります。
 惟喬親王を放っておくわけもなく、秘かに亡きものにしようと企て
いたのです。
 その企てを察知した、文徳天皇は、惟喬親王を都から逃げるよう
に、すすめ、その勧めに応じて、惟喬親王は、都を後に山から山へ
と隠遁の旅にでました。
 しかし、良房は、野望を遂げるために数名の刺客を出して惟喬親
王を追跡したそうです。
 惟喬親王は、山から山へと数年彷徨い、遂に人跡未踏の大木林
立の小椋谷に逃れたそうです。ここでようやく惟喬親王は腰をおち
つけることになりました。
 その後、大木林立の小椋谷の人々に、ろくろを使って膳・盆・椀な
どを作る仕事を広めました。
 そして、親王は、859年(貞観元年)に小椋庄に入山し、865年
(貞観7年)蛭谷に筒井八幡宮を建立されるなどされたため、工人
たちは親王を業祖と崇めるようになりました。
 そして、872年(貞観14年)、病を理由に出家し、山城国愛宕郷
小野に住んだそうです。
 たびたび詩歌の宴を催したそうです。

 現代においては、古今集に2首、新古今集・続後拾遺集・新千載
集に各1首を遺しているそうです。


★★★_裁判員_1


20111120pa300017


このblogは、月曜日から土曜日更新予定です。


 名言を通して、問い、自分自身見直す。それが私にとっての哲学の訓練です。
 で、偉人の言葉だから名言なのか、名言を言うから偉人なのかは無関係です。
 ですが、私のような凡人が名言を言ってもそれは、名言であることはかわりません。


 ※ここから下は、呟き尾形のサイトやブログのリンクです。
 フッターとして使っていますので、呟き尾形の記事に興味を持っていただければ、気になる記事をご覧になっていただければ幸いです。

20221103


 


★★★★★★ 更新情報 ★★★★★★

 さて、ここからは、ホームページ更新情報です。

http://tubuyakiogata.o.oo7.jp/index.htm

 今回は、小説を書こう!

200号 プロットにいて 7 トリートメント 三幕構成 5  
 を追加しました。
 

 次に、次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) カテゴリー を追加しました。
  次に、WRPG プエルギガス年代記 オープニング プエルギガス年代記 アルコン リプレイ を追加しました。

 

-----------
 

★★★小説を書こう 2022年8月5日発行 







メルマガ購読・解除












 








メルマガ購読・解除












 


★★★★★★呟き尾形のサイト リンク集 ★★★★★★;

)ロ(.. )m ケシゴム・・BANG!(゚皿゚)r┏┳---*(⌒□⌒*)あーん


-------------------------------------------------------------------------

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 


 



 


 



https://www37.atwiki.jp/webrpg


 


20220915

twitter
https://twitter.com/tubuyaki
人は、その場にいない見知らぬ人とすら、共感という絆で結ばれています

 

http://blog.so-net.ne.jp/tetugaku/

 



http://wiki.livedoor.jp/minatetu/


 


 



https://tubuyakiogata.hatenablog.com/


 

 



https://plaza.rakuten.co.jp/tubuyakiogata//


 

 



http://wiki.livedoor.jp/tubuyaki1/


 

 



http://maximbell.blog19.fc2.com/


 


 


 



https://son.cocolog-nifty.com/tubuyakidou/


 


 



https://son.cocolog-nifty.com/etp_pb/


 

https://son.cocolog-nifty.com/backnumber/

.



https://flour.at.webry.info//


 


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


v(´  ・   ω   ・  `)vピースピース♪


--------------------------------------------------------------------

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

|

« 人は他人のために存在する | トップページ | 鳥が大気の抵抗に逆らって飛び立つように »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人は他人のために存在する | トップページ | 鳥が大気の抵抗に逆らって飛び立つように »