« 本当の経営者 | トップページ | 重要なのは、あなたが他のひとに何を思い描かせるか »

考えるより先にさっさと動き出してしまおう。

 こんにちは。呟き尾形です。


考えるより先にさっさと動き出してしまおう。
そのほうが近道だから。
 ─ 藤原 和博 ─ 

 多くの人は、先のことを考えて行動するものです。

 それも一つの方法です。

 しかし、もっと近道があります。

 行動してから、その結果で次を考えることです。

 
 


5月21日はリンドバーグ翼の日です。
●リンドバーグ翼の日

1927年(昭和2年)の5月20日午前7時52分。
 当時無名の青年、チャールス・リンドバーグが「スピリット・オブ・セントルイス」号で大西洋単独横断飛行をニューヨークから出発しました。
 これは、燃料積み込み重視のため、非常用パラシュートもなし、サンドイッチ5個と1リットル弱の飲み水を携えただけの命がけの飛行でした。
 総飛行距離約5800キロメートル、33時間39分のフライトの末、翌 21日の午後、「翼よあれがパリの灯だ」という有名な言葉とともに、パリのル・ブールジェ空港に到着したそうです。
 世界初の単独無着陸大西洋横断飛行に成功しました。

 この、単独無着陸大西洋横断飛行に挑戦しようとしていたのは、リンドバーグだけではありませんでした。
 当時、3機が大西洋無着陸横断飛行計画を立てていたそうです。
 みな高名なパイロットで、副操縦士を同伴しており、飛行機もまた高性能な機体でした。
 しかし、試験飛行の段階でことごとく失敗していたといわれています。
 一方、リンドバーグの計画は、これらの計画と比べると、無謀ともいえる計画だったといわれています。
 飛行機は単発機の上、燃料を積むために無線機、燃料計も取り外したうえに、副操縦士もいないという無謀ともいえるチャレンジでした。
 このことから、りンドバーグの計画は、多くのアメリカ人の失笑を買い、ばか者呼ばわりまでされる程だったといわれたそうです。

 それだけに、当時、無名の青年、リンドバーグの単独無着陸大西洋横断飛行がどれほどすごい快挙であるか理解できるかと思います。

 また、単独無着陸大西洋横断飛行を成功させたリンドバーグが、帰還すると、アメリカに国民的英雄としてニューヨーク市のウォール街でのパレードがおこなわれました。
 その際、高層ビルの窓から紙吹雪をまいて歓迎の意を表すのが伝統となっているのですが、ニューヨーク市衛生局の統計によると、リンドバーグの凱旋パレードでは 1800トンという史上最大量の紙吹雪がまかれたと言われています。
 ちなみに、1920年代のパレードにおいては、第1次世界大戦の終了ムードの中で、大統領を招いての凱旋パレードが行われた時の紙吹雪の量は1550トン。
 1960年代、初めて宇宙空間を飛んで帰ってきた宇宙飛行士のパレードでは1000トンだったということから、1800トンの紙ふぶきのおおさから、リンドバーグがどれだけ英雄として歓迎されたかわかります。


★★★_遠距離恋愛の日
  20150531tubuyaki


このblogは、月曜日から土曜日更新予定です。


 名言を通して、問い、自分自身見直す。それが私にとっての哲学の訓練です。
 で、偉人の言葉だから名言なのか、名言を言うから偉人なのかは無関係です。
 ですが、私のような凡人が名言を言ってもそれは、名言であることはかわりません。


 ※ここから下は、呟き尾形のサイトやブログのリンクです。
 フッターとして使っていますので、呟き尾形の記事に興味を持っていただければ、気になる記事をご覧になっていただければ幸いです。

20220520

 


★★★★★★ 更新情報 ★★★★★★

 さて、ここからは、ホームページ更新情報です。

http://tubuyakiogata.o.oo7.jp/index.htm

 今回は、呟き尾形の哲学講座
204号  近世哲学 スピノザ スピノザの形而上学 1  
 を追加しました。
 


 次に、次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) カテゴリー を追加しました。

 次に、WRPG プエルギガス年代記 オープニング プエルギガス年代記 アルコン リプレイ を追加しました。


 

-----------

|

« 本当の経営者 | トップページ | 重要なのは、あなたが他のひとに何を思い描かせるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本当の経営者 | トップページ | 重要なのは、あなたが他のひとに何を思い描かせるか »