« 人生はトランプゲーム | トップページ | 1000回の憧れより、 »

人生という字をどう読むか?

こんにちは。呟き尾形です。


人生という字をどう読むか?
人として生まれる、
人として生きる、
人を生かす、
人を生む…、
それが人生なんです。
 ─ 野村 克也 ─ 

 人生とひとつの単語は、いくつも解釈できます。

 人として生まれることが人生の始まりです。

 そして、人として生まれたからには、人として生きていく。

 人として生きているだけではなく、他者を人として生かす。

 他者を、生かし、人を育て生みだす。

 違う解釈あるから間違いなのではありません。

 様々な人生の解釈は間違いではなく、どれも人生の一部であり、一側面なのです。

 ですから、すべての解釈が人生なのです。


2月26日は、二・二六事件の日です
●二・二六事件の日

 1936年(昭和11)年2月26日。
 二・二六事件が発生しました。
 二・二六事件は、日本において、陸軍青年将校ら1483名が「昭和維新」「尊皇討奸」をスローガンに起こしたクーデター未遂事件です。
 この事件は、陸軍の青年将校の一部が、政治腐敗・不況等の現状を打破する必要性が声高に叫ばれるなか、陸軍将校としての地位を利用して下士官兵を用いて、元老・
重臣らを殺害する計画を立てたものだといわれています。
 つまり、陸軍の皇道派の青年将校が、対立していた統制派の打倒と国家改造を目指したものだったといえます。 
 二・二六事件に参加した一部青年将校らは、当時、主に歩兵第1連隊及び歩兵第3連隊に属していたそうです。
 そのような中、第1師団の満州への派遣が内定します。
 第1師団が渡満する前、つまり、自分たちが多くの軍隊を持っているうちに、決起することを決断したそうです。
 そして、1483名名の部隊を率いて首相官邸等を襲撃となったそうです。
 二・二六事件は、の始まりは、夜明け前の出来ごとだといわれています。そして、重臣、朝日新聞社を襲撃します。
 襲撃先の抵抗を抑えるため、圧倒的な兵力や機関銃を動員しており、概ね抵抗を受けることなく襲撃に成功しました。
 しかし、首相官邸などでは、警備の警察官又は憲兵の激しい抵抗を受け、これらの警察官又は憲兵を殺害したそうです。
 この襲撃によって、大臣であった斉藤実、高橋是清大蔵大臣、渡辺錠太郎教育総監等を殺害し、時の侍従長鈴木貫太郎に重傷を負わせました。
 更に当時、総理大臣であった岡田啓介、前内務大臣の牧野伸顕は襲撃されたが幸いにして助かり、元老であった西園寺公望もぶじにこの難から逃れることができました。
 この決起の大義名分は、「・・内外重大危機の際、元老、重臣、財閥、官僚、政党の国体破壊の元凶を芟除し以て大義を正し、国体を擁護開顕せんとするに在り」(陸軍省発表)ということでした。
 この事件によって、一時、永田町一帯が占拠されました。
 政府はあまりのできごとに動揺、どう対処していいか分からずに右往左往したそうです。
 そのなさけなさに、めったに政治的な問題で意見を言わない昭和天皇が「彼らは賊軍である」と断定、「反乱軍をただちに鎮圧せよ。お前達にできないなら自分が近衛部隊を率いて鎮定に当たる」と激怒の言葉を発します。
この事件が発生した当初、陸軍の首脳部は青年将校たちの行動を容認する態度をとっていましたが、上記のように、天皇の鎮圧の命令と、海軍が鎮圧を要求もあり、2
月29日に鎮圧が開始されました。
 飛行機から「下士官兵ニ告グ」のビラを撒いて帰順を勧ます。
 内容は下記のようなものでした。

  今からでも遅くないから原隊へ帰れ。
  抵抗する者は全部逆賊であるから射殺する。
  お前達の父母兄弟は国賊となるので皆泣いておるぞ。


 さらに、ビラのほかにも、「今からでも決して遅くはないから、直ちに抵抗をやめて軍旗の下に復帰する様にせよ」との投降を呼びかけるラジオ放送を行います。
 このことにより、兵や下士官たちに動揺が起きます。
 形勢が不利になったと判断した将校たちは兵を原隊に帰し、2名が自決、残りの者が自首して、その日のうちに鎮定されました。
 軍法会議により香田清貞ほか17名が死刑に処せられ事件は終わりました。

 二・二六事件なるものによって、当時の国民を震駭せしめ帝都東京を暗黒の恐怖におとしいれた事件でした。
 この後更に彼らの路線を引き継ぐものたちが軍部内で台頭し、同時に日本ファシズム化への起爆力が秘められていました。
 その後の日本の歴史を見れば、わかりますが、日本は深い戦争の泥沼の中に引きずり込まれていきました。

 ところで、この二・二六事件。
 意外なところで、現代の日本の食文化とかかわりがあるようです。
 反乱軍を鎮圧するための、鎮圧部隊は帝国ホテルの裏の空き地に陣営を張り、帝国ホテルにその部隊のための炊き出しの依頼をします。
 大雪が降って底冷えのしている時期。ホテルのシェフは、すぐ食べられて体が暖まるものということでカレーライスを思いつきます。
 反乱軍とはいえ、つい先日まで仲間だった者と戦わなければならないという気持ちでたべるカレーライスは忘れられない味となります。
 今では大抵の食堂で注文できるカレーライスは、こうして、鎮圧部隊の想いとともに広まったとも言われています。


★★★人生


20210723tubuyaki2

 このblogは、月曜日から土曜日更新予定です。


 名言を通して、問い、自分自身見直す。それが私にとっての哲学の訓練です。
 で、偉人の言葉だから名言なのか、名言を言うから偉人なのかは無関係です。
 ですが、私のような凡人が名言を言ってもそれは、名言であることはかわりません。


 ※ここから下は、呟き尾形のサイトやブログのリンクです。
 フッターとして使っていますので、呟き尾形の記事に興味を持っていただければ、気になる記事をご覧になっていただければ幸いです。


20220225

 


★★★★★★ 更新情報 ★★★★★★

 さて、ここからは、ホームページ更新情報です。

http://tubuyakiogata.o.oo7.jp/index.htm

 今回は、占いが非科学的だと思われる方へ メールマガジン 占いが非科学的だと思う方へ 190号 科学的な方法 4 を追加しました。
 次に、リンク集  オンライン小説系 リンク集 を編集しました。
次に、小説  哲学モンスター  ソクラテスの迷宮01 を追加しました。


 



 次に、次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) カテゴリー を追加しました。

 次に、WRPG プエルギガス年代記 オープニング プエルギガス年代記 アルコン リプレイ を追加しました。


 


★★★小説を書こう 2020年3月26日発行 







メルマガ購読・解除












 








メルマガ購読・解除












 


★★★★★★呟き尾形のサイト リンク集 ★★★★★★;

( ̄ー ̄)( ̄△ ̄)"<( ̄∇ ̄)>"!!( ̄m ̄〃)ぷぷっ!★★


-------------------------------------------------------------------------

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 


 



 


 



https://tubuyakiogata.hatenablog.com/


 


20211101

 



http://wiki.livedoor.jp/minatetu/


 


 



https://plaza.rakuten.co.jp/tubuyakiogata//


 


 



https://www37.atwiki.jp/webrpg


 


 



https://son.cocolog-nifty.com/tubuyakidou/


 


 



https://son.cocolog-nifty.com/etp_pb/


 



http://maximbell.blog19.fc2.com/


 



https://son.cocolog-nifty.com/backnumber/


.


 



https://flour.at.webry.info//


 



http://blogs.yahoo.co.jp/tubuyaki_o


 


 



http://blog.so-net.ne.jp/tetugaku/


 



http://wiki.livedoor.jp/tubuyaki1/


 



https://twitter.com/tubuyaki


 


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


(▼へ▼メ)オラオラね♪(* ̄  ̄)b “(--;)ウン・・・(σ‐ ̄)ホジホジ ( ‥)ノ゙⌒・ (^o^ )アーン


--------------------------------------------------------------------------------------

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

|

« 人生はトランプゲーム | トップページ | 1000回の憧れより、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人生はトランプゲーム | トップページ | 1000回の憧れより、 »