« 人間こそは笑い、また泣くところの唯一の動物 | トップページ | 真珠は、傷ついた貝が流した美しい涙 »

この世に不可能なことは一つもない。

こんにちは。呟き尾形です。

旺盛な活力と不屈の決意さえあれば、この世に不可能なことは一つもない。
逆に、それを備えていなければ、どんなに才能や境遇やチャンスに恵まれて
いようと、二本足で歩く動物の域を出ず、真の人間にはなれないだろう。
- ファウエル・バクストン -  (イギリスの政治家)

 一人一人が可能性の塊です。

 ただし、可能性には、可能性に対するアクションが必用です。

 そして、可能性は可能になるまで挑戦し続ければいつか必ず達成されます。

 だからこそ、旺盛な活力をもって、挑戦することが必用です。

 たとえ、結果が思わしくなくても、挑戦し続ける不屈の決意が必用です。

 もし、活力と決意がなければ、どんな才能や大きなチャンスがあっても、決してたっせうされることはありません。


11月24日は、進化の日です。

●●進化の日(Evolution Day)

 1859年11月24日、ダーウィンの『種の起源』の初版が刊行された事に由来します。
 さて、進化論とは、生物が進化したものだとする提唱、あるいは進化に関する様々な研究や議論のことです。
 進化論において、生物は不変のものではなく長期間かけて次第に変化してきた、という考えに基づいて、現在見られる様々な生物は全てその過程のなかで生まれてきたとする理論のことをさします。
 その中でも、進化が起こっているということを認める判断と、進化のメカニズムを説明する理論という2つの意味あります。
 初期の進化論は、ダーウィンの説に見られるように、哲学的であったり仮説的であって、一見画期的でしたが、その結果、論争だけを目的としたような面があり、事実かどうか検証するのに必要な証拠が十分に無いままに主張されていた面もありました。
 これは、進化は実証の難しい現象であるためでしょう。
 そのため、「進化論者、見てきたような嘘をつき」という諺ができてしまうほどでした。
 『種の起源』の著者、ダーウィンは、1831年から1836年にかけてビーグル号で地球一周する航海をおこなわれ、航海中に各地の動物相や植物相の違いから種の不変性に疑問を感じ、大陸の変化によって新しい生息地が出来、動物がその変化に適応したのではないかと考えたことにはじまりました。
 ダーウィンの説の重要な部分は、自然淘汰(自然選択)説と呼ばれるものです。
 自然淘汰説は、
 ・親から子に伝えられたものである。
 ・性質の違いに応じて次世代に子を残す期待値に差が生じる。
 ・上記の事柄が、保存され蓄積されることによって進化が起こる。
 といったものでした。 

 

 ★★★ガンダム雑学
  20110625p0625001  

 このblogは、月曜日から土曜日更新予定です。


 名言を通して、問い、自分自身見直す。それが私にとっての哲学の訓練です。
 で、偉人の言葉だから名言なのか、名言を言うから偉人なのかは無関係です。
 ですが、私のような凡人が名言を言ってもそれは、名言であることはかわりません。


 ※ここから下は、呟き尾形のサイトやブログのリンクです。
 フッターとして使っていますので、呟き尾形の記事に興味を持っていただければ、気になる記事をご覧になっていただければ幸いです。


+

 


20211122


★★★★★★ 更新情報 ★★★★★★

 さて、ここからは、ホームページ更新情報です。

http://tubuyakiogata.o.oo7.jp/index.htm

 今回は、占いが非科学的だと思われる方へ メールマガジン 占いが非科学的だと思う方へ 190号 科学的な方法 4 を追加しました。
 次に、リンク集  オンライン小説系 リンク集 を編集しました。
次に、小説  哲学モンスター  ソクラテスの迷宮01 を追加しました。


 



 次に、次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) カテゴリー を追加しました。

 次に、WRPG プエルギガス年代記 オープニング プエルギガス年代記 アルコン リプレイ を追加しました。


 


★★★小説を書こう 2020年3月26日発行 







メルマガ購読・解除












 








メルマガ購読・解除












 


★★★★★★呟き尾形のサイト リンク集 ★★★★★★;

(≧ヘ≦) ムスー(o・ω・o)?ホエ?フッ┗(`ー´)┓┏(`ー´)┛フッ★★


-------------------------------------------------------------------------

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 


 



 


 



https://tubuyakiogata.hatenablog.com/


 


20211101



http://maximbell.blog19.fc2.com/


 


 



https://son.cocolog-nifty.com/backnumber/


.



https://flour.at.webry.info//


 



http://blogs.yahoo.co.jp/tubuyaki_o


 


 



http://blog.so-net.ne.jp/tetugaku/


 



http://wiki.livedoor.jp/tubuyaki1/


 


 



https://twitter.com/tubuyaki


 



http://wiki.livedoor.jp/minatetu/


 


 



https://plaza.rakuten.co.jp/tubuyakiogata//


 


 



https://www37.atwiki.jp/webrpg


 


 



https://son.cocolog-nifty.com/tubuyakidou/


 


 



https://son.cocolog-nifty.com/etp_pb/


 


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


(_ _,)/~~ まいった':*イラン!! (*`◇´* )ノ ・゜゜・。†('ー'*)β★★★★★★★★★★★


--------------------------------------------------------------------------------------

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


>

|

« 人間こそは笑い、また泣くところの唯一の動物 | トップページ | 真珠は、傷ついた貝が流した美しい涙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人間こそは笑い、また泣くところの唯一の動物 | トップページ | 真珠は、傷ついた貝が流した美しい涙 »