« 教育とか育てるということ | トップページ | 周囲の出来事 »

私がNIFTYと出会ったのは、30年ぐらい前だでしょうか

 私がNIFTYと出会ったのは、30年ぐらい前だでしょうか。
 おそらく、多くの人がしらないであろう、電話回線を使ったパソコン通信。
 インターネットではなく、コンピュータネットワークでした。
 まぁ、インターネットとコンピュータネットワークの違いを説明するとコアになりますし、当時は、インターネットにつなぐにしても電話回線を使っていたので違いといえば、国際的なネットワークか、どうかぐらいでいいと思います。
 ただ、インターネットがアメリカ合衆国とソビエト連邦の冷戦が関係しているという無駄知識もついついでてきます。

 当時は、ニフティサーブというサービス名でした。

 Windows なるものが世間でも認知される前の時期でもありました。

 そのころのNIFTYにはパティオという、今でいうSNS的な掲示板がありました。
 パティオというのは、いってしまえば中庭みたいなもので、当時のNIFTYの利用者が、興味のあるパティオ(掲示板)に参加して、NIFTYという大きな公共宮殿の中庭で、ネットの時間を楽しくすごしていました。

 私は、時事問題を討論するパティオに参加していました。
 討論という恋愛とは程遠い場ではありますが、むしろ、パティオは、精神的にも自由で自分の考えを自由に論じることで、むしろ、自分自身の再発見の場でもあると同時に、相手のことも理解できる場でもありました。。
 内容について語ると堅苦しくなるので、語りませんが、討論を重ねる中で、ある女性とパティオで出会いました。
 てきぱきと情報を精査し、私の主張にもさらりと理解しつつも、私の主張の穴を鋭く見抜く怖さも持っていました。
 なにより、自分の意見を持っている女性でした。

 パティオの雑談の中で、私が当時童話を書いていることを話をすると、読んでみたいとメールでメッセージが来ました。
 パティオのテーマは創作ではないし、時事問題とは程遠いので、パティオではなく、メールで話すことになりました。
 私は読者に飢えていたこともあって、童話をメールに乗せて書いていた童話をおくりました。
 その童話の感想を交えたやり取りが、今の妻とのなれそめです。

 え? 時事問題は今でも議論をしているのか?

 ニュースをみたり、リアルに議論をして、お互いの意見を練磨しています。
 お互いの意見を言い合えるからか、知り合いからは仲がいいねといわれるので、仲がいいのだと思います。
 
 

|

« 教育とか育てるということ | トップページ | 周囲の出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教育とか育てるということ | トップページ | 周囲の出来事 »