« トレンドマイクロ社 40 企業理念が守れない企業? | トップページ | みんなで話し合う目的 »

孫子の兵法 1 瞞天過海 

孫子の兵法 1 瞞天過海

第一計 瞞天過海「天を瞞いて海を過る(てんをあざむいて、うみをわたる)」
 
 その昔、唐の皇帝太宗が、海を怖がって船に乗る事を拒んだそうです。
 そこで張士貴という人が一計して、巨大な船に土を盛り、家を作ってここは陸地ですと

騙して皇帝を招いたそうです。
 すると、皇帝が、陸地だと安心している間に海を渡ったそうです。

 孫子の兵法の、第一計は、いわゆる「騙し」の計略です。
 人を欺く場合、一番避けなくてはいけないのは、疑われることです。
 疑われないためには、相手に偽りの先入観を持たせることが必要です。
 
 偽りの先入観を持たせるためには、偽りの普通を相手に見せ付けることが必要になります。

 たとえば、ある誤解されたとき、真実を語り、証拠や証言を見せたとしてしても、誤解をした人に対して、なかなか誤解を解くことは困難です。

 たとえば、皇帝の逸話において、船に土をもるわけがない。船に家があるわけが無い。
 という、先入観を利用した計略だといえるでしょう。

 さて、この瞞天過海で、争いごとを避ける、一つの手段となりえます。
 たとえば、上司が、女性は仕事ができないという先入観をもっていたとしましょう。
 そこで、女性は目くじらをたてる必要もありません。

 女性は、どんどん仕事をこなしていけばいいのです。
 上司という種類の生き物は、仕事が出来ないと判断した人間には、口出しをしない特徴があります。
 さらに、実績や事実ではなく、先入観で人を評価する人間は大抵、仕事ができませんし、仕事が出来たとしても、共同作業を苦手としているケースが多いのです。
 となれば、仕事が出来ない上司、ないし、共同作業が苦手な上司に口出しされること無く、女性は自分のやりやすい方法で仕事が進められるわけです。
 そうすれば、実績が積み重なり、上司は、見る目がなことが自然と立証され、部下からも見放されます。そして、自分勝手に自滅してくれます。
 ざまぁ、みさらせ。
 というわけです(笑)

 瞞天過海は、相手が自分の能力を低く評価したときに有効な計略です。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバン

クナンバーblog


ご意見がありましたら、こちらの掲示板

もあります


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


|

« トレンドマイクロ社 40 企業理念が守れない企業? | トップページ | みんなで話し合う目的 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孫子の兵法 1 瞞天過海 :

« トレンドマイクロ社 40 企業理念が守れない企業? | トップページ | みんなで話し合う目的 »