« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

かもめーるって知ってます?

 こんにちわ。呟き尾形です。

 かもめーるって知ってます?

 かもめーるとは、暑中見舞い用の郵便はがきの愛称です。
 何を隠そう、私は結構お世話になったことがありました。
 いえ、暑中見舞いという形で、引越し後の住所やら電話番号のおしらせにつかったことがあって、「ふ~ん、かもめーるなんてあるんだぁ」という程度の認識でした。
 で、このたび、『かもめーる』の愛称廃止することになったそうです。
 理由は、「世間の認知が高まらず、愛称として定着しなかった」とのこと。
 まぁ、言ってしまえば、“敗北宣言”ってやつらしいですね。

 そういえば、暑中見舞いという文化も、廃れている感じがしますね。

 マイノリティーを気取る私としては、かえって、暑中見舞いを遠方の友人にだしてみようか。
 なんておもったりして(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタル絵手紙

 デジタル絵手紙というものがあるらしい。
 どうも、これは、カメラ付携帯電話で、
撮影した画像に短い文章を加えて、コミュ
ニケーションをとるものらしい。
 まぁ、アナログな言葉で言うなら、絵葉
書かな。と思われます。
 で、それ自体は珍しくも無いと思いきや、
一般に、操作の難しさから携帯電話のメー
ル機能を敬遠しがちな高齢者が、絵手紙と
いうものを利用するようになったそうだ。

 話を聞けば、納得できます。

 文章におけるジェネレーションギャップ
は確実に感じる。
 古くは「ナウイ」、ちょっと前では、「ア
ウトオブガンチュウ」などの一種のその世
代独自の単語があり、今では死語になって
いるケースが多いですからね。
 しかし、写真においては、何が良いか?
 というズレはあるものの、かなり情報が
共有できます。

 余談ですが、私、呟き尾形は携帯電話に
おけるメールの作成に違和感を感じます。
 それは、あの面倒な文字入力と、おばか
な漢字変換辞書ソフトが腹立たしいからで
す。
 でも、ふと、自分の見た風景、情景を
短い文章をつけて、仲の良い友人とコミュ
ニケーションがとれるのは、結構素敵な
ことだと思うし、世代が超えられればなお
さらです。

 なんにしろ、デジタルテクノロジーはジ
ェネレーションギャップを超えられるか?
 ということなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

既存の修辞術を学んでみたいと思いますか?

 こんにちわ。みなさん。呟き尾形と申します。

 本来、文章というものは、たいてい簡潔で平明な文体で書くことが望ましいといわれています。
 つまり、分かりやすいからさ。文章は、原則、文字だけで意思を伝える為に、論理性と客観性が求められます。
 その為、出来るだけシンプルな方がわかりやすいということになります。
 極端な話、必要なことを箇条書きにするのがベスト。長い文章は、解釈に多様性がでるから、どうしても読み手の主観に訴えなくちゃいけないし、ミスしやすい。伝えたいことだけを書くのが一番いいということですね。

 ただ、箇条書きの小説なんて味気ないわけです。

 で、質問です。
 みなさんは、レトリック(修辞術)と言うものについてどのようなお考えを持っていますか?

 また、既存の修辞術を学びたい。なんて思われますか?

 いえ、ちょっと、小説を書こう! と言う、小説を書くノウハウのメールマガジンを発行しているのですが、これをよまれている方のご意見を伺いたいと思いまして。

 私は、小説は作者の個性を文章で表現するわけだし。基本的で同じようなレトリックは月並みな文章になるだろうと考えられるかと思いますが、新しい表現を生み出すためには、今まで人々が長い歴史で培った、さまざまな方法を踏まえておくことが必要ななのはなかろうかと考えているので、修辞術特集を組んでみようかとおもったのですが、
ニーズはあるのだろうか?
 という疑問がふとうかびまして(^_^;)

 もしよろしければ、ご意見をうかがわせていただければ幸いです。

 小説を書こう! メールマガジン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レトリックについて

 こんにちわ。呟き尾形です。
 とても、とても暑いです。
 先週までの雨がウソのように晴れ続き。
 いい感じですが、暑いのが難点ですね。

 さて、呟き尾形の哲学手記を更新しました。
 今回は、大きな物語について。を追加しました。
 大きな物語って何? って感じですが、読んで
からのお楽しみ。ということで。
 次に、小説を書こう! の第32回を追加しま
した。
修辞術というやつについて紹介しています。
 小説を書くときの文章技法というものを紹介し
ていこうとおもっております。

http://homepage2.nifty.com/SON/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いじめはなぜ、なくならないのだろう?

 こんにちわ。呟き尾形です。
 穀雨の季節となりました。
 春雨の降る日が多く、
 田畑を潤して穀物の生長を促すため、こう呼ばれるとのこと。
雨が多いはずです。

 さて、呟き尾形の哲学手記を更新しました。
 今回はいじめについて、を追加しました。
 いじめは悪いこと。としながら、なぜなくならないんだろう?
 それは読んでのお楽しみ。
 次に、占いを非科学的だと思われる方への第26回、アルクィ
ンのかに座についての反論です。
 次に、エッセイ 呟き尾形の体験記。八木山動物園の体験を書
きました。

http://homepage2.nifty.com/SON/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

哲学初心者のためのML

 哲学って難しくって、敷居が高いな。
 私のような初心者が哲学できるのかな?
 私が哲学なんて語れるのかな?
 なんて思う方、みなてつ予備校に入ろう!!MLがあります。
 哲学初心者による、哲学初心者のための、哲学を話し合います。
 みなてつ予備校に入ろう!!MLはみなてつから派生したMLです。
 詳しくはこちら。

http://www.freeml.com/ctrl/html/MLInfoForm/ept_adhoc@freeml.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主制批判

 こんにちわ。呟き尾形です。
 なんだか、雨が続いております。
 元来、晴れが好きな呟き尾形なだけに、ちょっとだけブルー
になりますが、まぁ、らしくないので、細かいことは気にしな
いことにしております。

 さて、呟き尾形の哲学手記を更新しました。
 今回はデータベースについて、を追加しました。
 データベースと哲学ってどんな関係?
 それは読んでのお楽しみ。
 次に呟き尾形の哲学講座の第39回、アリストテレスの政治学2
 民主制批判を追加しました。
 民主主義って無条件に良いものだといわれているけど、本当かな?
 という視点で進めてみました。
 次に、小説トレーニングの月を追加しました。
 月の象徴を詰め込んで見ましたが、結果はいかに!

http://homepage2.nifty.com/SON/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

哲学初心者による、哲学初心者による、哲学

 こんにちわ。
 なんだかバタバタしちゃって、更新が遅れちゃいました。
 なにかとヘロヘロなんですよね(-_-;)
 なんにしろ、緑がまぶしい季節になりました。
 いい感じです。


 さて、呟き尾形の哲学手記を更新しました。
 今回は朽ち行く伝統 後編を追加しました。朽ち行く伝統
っていうけど、どんな感じに?
 ということについて書いて見ました。
 次に呟き尾形の哲学講座に、みなてつ予備校に入ろう!ML
とリンクしました。
 哲学って難しくって、敷居が高いな。
 私のような初心者が哲学できるのかな?
 なんて思う方、いったん、みんなで哲学を語ろうML(通称
みなてつ)に参加して、初心者表明をしてみてください。
 哲学初心者による、哲学初心者のための、哲学を話し合いま
す。
 ちょっと、面倒かもしれませんが、やってみる価値はあるか
もしれません。
 次に、PROFILEに息子の歩く姿の写真に更新しました。

 URL
http://homepage2.nifty.com/SON/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教育について

教育について

 私、呟き尾形は、幼いころの教育者はテレビだった。
 だから、誰も自分の質問に応えてくれない。ただ、ただ、一方的にテレビの
中の存在が、自己主張している。たまに、自分に呼びかけてくれるが、それ
は、呼びかけてくれるふりをしているだけだ。
 だから、自分の抱いた疑問には自分で答えを出すしかなかった。
 他の大人に聞いても、ちんぷんかんぷん。
 それもそのはず、質問している方がちんぷんかんぷんなのだ。
 その上、私が抱いている疑問はテレビの中の存在からのメッセージであっ
て、質問する大人のメッセージではない。
 その思いが強く強く、私の心の中で残っていた。

 子供を持つ身になって、そのことが自覚できるようになった。
 だから、子供の言葉に真剣に耳を傾けるようにしている。子供のいうことだ
からあしらわないように。
 子供だって人間なのだ。ウマく理論的に、論理的に自分の思考をまとめられ
ないだけ。あしらわれれば、大人と同じように心が傷つく。体の傷の回復力が
強い分、心の回復力はあまりにも弱すぎるのだ。

 私たちはそれを忘れて、教育しようとしている。

 3アウトチェンジ。

 ふと、今、思い出した。知っている人は知っている「遊人」という漫画家
の、短編集にあった作品の中にある言葉。

「教育とは教えないことです!」

 教育とは教えることではない。教えないことで、自分で考えることを教える
ことだ。


 ※この本文は下記URLの”呟き尾形の哲学手記”に掲載しています。
http://homepage2.nifty.com/SON/tetugaku/tetumemo01.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朽ち行く伝統

 こんにちわ。
 ゴールデンウィークとなりました。
 ふと、去年の更新履歴を読んでみたら、今、書こうと思っていたことと同じことが(-_-;)
 結局、おなじなのかなぁ(*^0^*)
 去年も良い天気だったらしいですが今年も行楽日和とのこと。
 やっぱり、青空はいいですからね!


 さて、呟き尾形の哲学手記を更新しました。
 今回は朽ち行く伝統 前編を追加しました。日本人が古来から受け継いできた伝統が、朽ち果てようとしているのではなかろうか?
 ということについて書いて見ました。
 次に、呟き尾形の心理学講座の第22回を追加しました。色彩配色についてです。
 次に、花童話、スノードロップを追加しました。

http://homepage2.nifty.com/SON/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »