« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

仮面ライダーの哲学性(タイガ)

 仮面ライダー龍騎は、なんというか、欲望というものを哲学するのにとても良いモチーフになってくれる。

 今回は、仮面ライダー龍騎に登場する、仮面ライダータイガをテーマに扱ってみようと思います。

「多くを助けるため、1つを犠牲にする勇気を持つ者が真の英雄」
 尊敬する恩師の言葉を、盲信し、尊敬する恩師を殺害し、新たに得た親友も殺害しようとする。

 タイガこと東條 悟が何ゆえに、そこまでさせるのか。
 それは、ただ、純粋に誰かに自分のことを認めてもらいたかったから。
 
 自分の大切なものであろうとも、1つは1つ。それを犠牲にしてまで多くのものを助ける勇気を持つ。それが英雄への道であると信じ、大切なものまで、捨て去ろうとする東條。
 恩師は、大切なものを簡単に捨て去ろうとする東條を諭す。
 しかし、東條と恩師の亀裂を生むだけに過ぎなかった。
 そして、東條は、恩師が、家族を守るという目的を持っていたことを知る。
東條にとって、もっとも英雄に近い存在だった恩師が、家族と言う1つの大切な存在を捨てられないことがわかったからだ。
 その事実は、東條にとって、恩師が英雄にはなれないことを知ったことになる。
 そこで、東條は、恩師を殺害した。しかし、恩師たる香川は東條に伝えたかったのだ。英雄とは、人として、なによりも大切なものを守るために自己犠牲をも覚悟する存在であることを。
 東條は、そこを倒錯していた。
 東條にとって、価値とは他者より、与えられるものであった。だから、自己犠牲とはすなわち、自分のもっとも大切なものを犠牲する覚悟。そして、自分自身が大切なものを持たないことこそ、英雄であると。

 それを北岡(仮面ライダーゾルダ)という、リアリストが「英雄なんてなりたいと思った時に、もう英雄ではないさ。いきなりアウトってわけだ」と一蹴する。
 東條は一瞬ひるむが、自分の信念を確認するためにも、大切なものを自ら立たねばならぬと、親友をも殺害することを決心する。
 東條の中では大切なものを自らの手で立つことが強さにつながるとかんがえたのだ。そして、その覚悟は実行されるが、実際は殺害していたと思っていたにすぎなかった。
 結果は、東條の親友、佐野(仮面ライダー インペラー)の”存在”を奪ったのは、東條の見ていないところで、浅倉(仮面ライダー 王蛇)という、もう一人のリアリストが佐野に止めを刺したのだ。
 そして、浅倉は、東條を見下すように言う。
「インペラーをやったのは俺だぜ」

 そして、東條は全てを失った。無根拠で自分勝手とも言える信念も、大切なものも。

 そして、仮面ライダータイガ、東條 悟は最後の時を迎える。

 全てを失った、東條の目の前に子どもを抱いた父親が通り過ぎる。愛息を抱く香川と姿をだぶらせ、「先生・・・」と後を追う。
 その時、一方からトラックが突っ込んでくる。東條は、とっさに反応し、父親を突き飛ばしていた・・・。
 路上に倒れ込た悟を囲む大勢の人。
 助けられた父親の悲痛な叫び。
 次第に薄れていく意識の中。
 東條は、恩師、香川への問いかけを続けていた。
 「先生、次は僕、誰を・・・」。
 翌日。捨てられた新聞が路上を舞う。
 新聞の見出しには、東條が夢にまで見た文字が踊る。
“親子を救った英雄”と・・・。

 そこには、道徳とか、そんな安っぽい自己犠牲じゃなくて、ただ、ただ、純粋に英雄になるという願望を持ち、あがき、あがき続けた上で全てを失ったときにとる無心の行動が心を打つんですよね。

 東條 悟。悟という名前の通り、最後に悟ったように思えます。
 いえね、悟りというのは、結果じゃなくて状態だと思うんですよね。
 最後の最後まで恩師に問いながら、結果的に英雄となる。この状態。
 そして、新聞で取り上げられながらも、その新聞が捨てられている。これが
現代社会の無味無臭の悪意無き非情さが見事に現れていて、すごいと思いまし
た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成仮面ライダーの哲学性 (シャイニングフォーム)

 シャイニングフォームとは、仮面ライダーアギトの変身形態の一つです。
 まぁ、普通の状態がグランドフォーム。
 パワーに優れた、フレイムフォーム、スピードに優れたトルネードフォームと状況に応じて変身形態を変えていく。というわけです。

 これは、単純にいろいろ変化があると子供が喜ぶ。というのもありますが、これにも、哲学っちゅうものは、かたくなに同じ形であり続けるのではなく、状況に応じて、論理形態、あるいは理論形態を変えて言っても、アギトはアギトだよ。ということを示しています。

 で、アギトの正体である津上翔一という登場人物は、記憶喪失で、「津上翔一」という名前は、発見されたときに、その宛名の封筒をもっていたからそう呼ばれているだけなのですが。

 で、アギトはストーリーが進むと、怒りに身を任せるバーニングフォームという変身形態が取れますが、怒りに身を任せているだけに、超強力なパワーを持っているけど、敵味方の区別がつかない状態になります。
 つまり、怒りに我を忘れると、どのような存在(現象)があっても、全てが攻撃の対象になることを象徴しています。
 で、シャイニングフォームの話題になるわけですが、そんなバーニングフォームじゃ、正義の味方はやってられません。つまり、哲学だってやってられません。
 考えることではありますが、あれこれ気の向くままに思いをめぐらせるだけではいけません。思いめぐらせた結果を言葉にまとめたり、整理したりして、るという制御された思考が必要になります。
 そこで、バーニングフォームとしての力を制御し、さらにパワーアップしたのがシャイニングフォームなのですが、これがまたにくい演出でした。

 津上翔一は自分の過去が失われていることに最初は落ち込みます。
 しかし、ある日、津上翔一は青空を見上げました。そして、空が青いことに気がついたのです。
 そこから津上翔一は立ち直ります。
 なぜ? と聞かれても津上翔一は笑顔で答えます「空が青いんです」
 普通の人はそれだけでは分かりません。ちょうど、空(くう)について理屈を聞くようなものです。空(くう)は理屈ではないので、理屈を聞いても理解できません。
 ですから、質問した人は聞き返すのです「それだけ?」
 そして、津上翔一は、さわやかな笑顔でうなづくのです「ええ、それだけです」

 このエピソードの後、暗闇の中で戦い続けたアギト バーニングフォームは、青空の下でシャイニングフォームに変身します。

 それは、青空の青さの意味を知ることのできた人だけが取れるシャイニングフォームの変身形態なのだろうと、私は解釈したわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成仮面ライダーの哲学性 (プロジェクトG4)

 アギトの映画、プロジェクトG4は大変奥が深い哲学です。

 もう、存在(人間)と時間がテーマになっているのでしょうね。

 ちなみに、アギトは未来。ギルスは過去、G3は現在を象徴してストーリーが進められておりますが、映画はG4という仮面ライダーが登場します。
 これは死を象徴する仮面ライダーです。
 今さえ強ければよい。死を覚悟し、未来を見据えぬまさに死の哲学です。
 力が劣ろうとも、生きようとする現在を象徴するG3と合間見え、G3にとどめを刺さんとするとき、G4の装着員の命が終焉を向かえ、死が訪れたとしても、G4に組み込まれたプログラムによって動かされる姿は、未来を捨てた哲
学を持ったものの末路と言うものともいえるかもしれません。
 ハイデカーが頽廃を戒めたのもうなづけます。

 ウヨウヨ現れる敵の怪人アントロードは、もう誰でもない群集心理であり、それを統率するの女王アントロードは、一種のナショナリズムの象徴なのかもしれません。ここは分析不足なんで勘弁してください。
 なんにしても、興味深いのは、怪人たるアンノウンの目的は人間を守る存在だということ。
 そのためには、人ならざる存在、超能力というアギトの力を持つ人間(マイノリティー)を抹殺していたわけで、アンノウンは人間を守る社会なり国家のようなものに思えてきます。社会や国家は何事もなければ、大衆として私たち
を守ってくれますが、何らかの理由で、いったん標的になると、冷酷な存在になりますからね。

 わけがわからないけれど、興味を持った方は、レンタルビデオ屋か、
http://www.tv-asahi.co.jp/agito/index.html
 へ レッツ コンバイン!(ナゾ)

 それでは、暴走したまま失礼いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成仮面ライダーの哲学性(クウガ) 2

 クウガは空我というのが、今のところの結論です。

 空我? なにそれ? 
 まぁ、物語では「みんなが笑顔でいるために、そのために今自分ができる無理をしちゃう、雄介とその仲間達」の姿が描かれています。
 クウガというドラマの中に2000年という日本の人々が抱えている問いかけがちりばめられているんですよね。
 それをさりげなく、笑顔で答えきってしまう五代雄介。かくありたいものです。

 その中に育児に悩むキャリアウーマンな母親の姿と問いかけがあります。
「私はあの子にとっていい母親なのかしら?」

 その中には心無い言葉に傷つき、暴力を振るおうかと悩む若者の問いがあります。
 彼女は 心無い言葉を投げ付けられて 傷ついていた。
その言葉を放った少女を「ひっぱたいてもいいよね」と雄介に問う。
「人間だから あるよね そういう気持ち」と 彼女の気持ちに頷きながらも「でも拳をふるったら その応酬にしかならない。大事な事は 相手に 
それは間違いだって きちんと伝える事なんじゃないのかな」
と 答える雄介。
「五代さん さっきから 綺麗ごとばかりじゃない」
「そうだよ。
でも だからこそ 現実にしたいじゃない。
ホントは 綺麗事が いいんだもん」
 まぁ、こんな感じの会話でしたかね。

 平成仮面ライダーは、真っ向から現代日本人が抱えている問いに応えようとしています。
 たしかに、お母さんがよろこぶ、イケメンライダーです。
 たしかに、お父さんが喜ぶ、子供向け番組とは思えない難しい設定と背景です。
 たしかに、子供が喜ぶ、子供向け番組です。

 でも、そこにこめられている、あまりにもさりげない演出はまさに哲学と呼べるように思えます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »