« 双子座の説明  | トップページ | 修辞術 空想法 現在法 »

食の配色について ③ 明度配色

呟き尾形の色の心理学 第21回
 食の配色について ③ 明度配色

呟き尾形の色の心理学 (マガジンID:0000088141)

メールマガジン登録
 色の心理学的意味を解説し、色の意味を知ることで、視覚的なアプローチによって、より表現力が高められる方法論の提案をいたします。

メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

呟き尾形の色の心理学 第20回 食の配色について ② 同一色相配色 へ戻る

呟き尾形の色の心理学 (マガジンID:0000088141)

★★★
  ボォン ジョルノ、こんにちわ。クニークルスです。
「こんにちわ。みなさん。ムーシコスです」
《こんにちわの、めぐたんなのだ》
『こんにちわ。呟き尾形です』
「今回は、前回に引き続き、食を例にした配色について。だったね」
『はい。今回は、明度配色についてです。
 黒い器に卵豆腐を盛って見ましょう』
「器の黒に、明るい黄色の卵豆腐の組み合わせだね」
《なんだか、メリハリがついていて、パッとしてうずうずするのだ》
 黒と明るい黄色は明度が大きいからこの組み合わせは、明度差が大きい
ということになるわけだね。シニョール呟き尾形。
『はい。その通りです。
 明度差が大きくなると、活動的な印象を与えます』
《じゃぁ、逆に白いお皿に卵豆腐の組み合わせは・・・( ^‐^)_〇》
「なんだか、明るくてやさしい感じだね」
『そうですね。高明度同士の組み合わせは、まさに明るくてやさしい印象を
与えます。中明度同士では落ち着いた上品なイメージ、低明度同士では、ど
っしりと静かな印象を与えます』
《ふ~ん、料理の色を鮮やかにキレイに見せるのは白いお皿ってお母さんか
ら聞いたことがあるのだ》
「へぇ、そうなんだ」
『まぁ、そうですね。ただ、白や黄色や色みの少ない料理の場合は、黒や藍
色の濃く暗い色のお皿の方が、対比によって薄く地味な色を引き立ててくれ
ることもあります』
 ん、ちょっと、まって。お皿は食べ物じゃないんじゃない?
「あ、そういえば。食の配色って食べ物の盛り付けだけじゃないの?」
『そうですね。配色というのは、見たときに視界に入る全ての色ですから、
料理を作って盛付けた際、今ひとつ物足りないようなことがあれば、食材や
料理を加えるのではなく、食器、テーブルクロス、フラワーアレンジメン
ト、雑貨、ひいては家具や壁などインテリアの色で補うことができます』
《ということは、全体の配色が大事なのか(○0○)シラナカッタノダ》
『そういったことですね。
 次回は、彩度配色についてです』
 それじゃぁ、アルデベルチ。

呟き尾形の色の心理学 第22回  食の配色について ④色彩配色 へ進む

メールマガジン登録
 色の心理学的意味を解説し、色の意味を知ることで、視覚的なアプローチによって、より表現力が高められる方法論の提案をいたします。

メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

  ★ ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪

白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog
呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。

日刊メールマガジン 心に響く名言集
メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblog

です。 Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 双子座の説明  | トップページ | 修辞術 空想法 現在法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食の配色について ③ 明度配色:

« 双子座の説明  | トップページ | 修辞術 空想法 現在法 »