« 「難」があるからこそ、「有難う」を掴める。 | トップページ | 今日からこれがライバルだ。 »

「強く明るく」のタイトルに恥じない最後メッセージ

 正直な話、民主党政権になってからろくなことがありません。
 民主党政権は泥船政権であることは、政権を取る前からわかっていましたが、まさか2年以上続くとはと思ってしまいます。

 麻生政権が続けば。
 とつくづく思いつつ、約1年続いた麻生太郎メールマガジンが、目頭が熱くなる内容なだけに、麻生総理の言葉を引用します。

★★★ここから★★★
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
●麻生太郎の「強く明るく」
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
[政治は続く]

 今般の衆議院議員総選挙では、皆さんの期待に応えられず、申し訳ない結果となりました。

 政府与党への、ご不満、ご批判を真摯に受けとめています。

 社会の閉塞感、格差の問題など、皆さんが感じておられる、さまざまな社会問題への不満に効果的に対応できていなかったのではないか、きちんと政策について、メッセージを出し切ってきたかなど、真剣に反省せねばならないと考えています。

 私は、景気対策を最優先に、果敢に政策を進めてきました。

 昨年9月24日に総理に就任した際、歴史的な世界同時不況、経済の悪化に直面しました。このとき、私は、国民の暮らしを守るために、解散総選挙といった「政局」よりも、景気対策・雇用対策という「政策」を優先いたし
ました。

 異常な状況には、異例の対応が必要です。このため、半年で4回の予算編成を行いました。役人主導では、決してできません。その結果、今年4-6月期の実質経済成長率は、年率で3.7%。先進国では一番高い成長を実現しました。経済対策の成果が出始めた、と思います。

 しかし、いまだ道半ばです。政局よりも政策を優先した判断は、国民生活のことを考えれば、決して間違ってはいなかった、と考えています。

 北朝鮮問題への対応や、テロとの闘い、そして海賊対策についても、国家と国民を守るため、正しい政策を進めてきたと自負しています。

 しかし、私の力不足から、今回の結果となりました。率直にお詫びすると
ともに、皆様方の声を真摯に受けとめ、今後の再出発を期したい、と思います。守るべきものは守る、そして守るべきもののために改革し、改めるべきものは改めるのが、保守政治の本質です。

 メルマガ読者の皆さんには、これまでのご愛読に感謝申し上げます。皆さんからいただいた多数のご意見に、叱咤激励され、政策を前に進める勇気をいただきました。本当にありがとうございました。

 今後、さらなる精進を続け、皆さんのご期待にお応えできる政治を実現することをお誓い申し上げます。
★★★ここまで★★★
 麻生太郎の「強く明るく」のタイトルに恥じない最後メッセージだと思います。
 日記の画像は、麻生内閣の実績と目指すもの。
 そして、現実的に、今の日本国民が求めるもののはずなのですが、それでも、今回のような結果になったので、国民の政治の娯楽化にあるように思えます。
 たとえるのなら、野球でジャイアンツが勝ちすぎじゃ面白くない、たまには他のチームに勝たせてあげようよ。
 というものではないかと思います。

 また、選挙は実績にではなく、宝くじのような夢に投票するという国民が多くあり、選挙の娯楽化があるように思います。
 で、これは、衆愚政治への道の一つの現象であるとすら感じます。
 さらに、多くの国民が自分の選挙権の力で政治を変えたいという気持ちになった(言葉を選ばずいうのなら、選挙権をもてあそんだ)という、国民の変化に、自民党はそれを察知できずにいてしまった。
 というのが、自民党にとって理由もわからない惨敗につながったのではないかと思います。
 つまり、国民は夢を見たい、選挙で劇的に政治が変わるという劇場を見たかったというニーズにあった選挙活動ができなかったということですが、政策ではなく、選挙活動をニーズにあわせるなんて、衆愚政治を前提としないといけないわけですから、ふつうは考え付きません。
 私も、この結果を見て初めて気がついたことですが、まぁ、本来4年前の郵政選挙で気が付くべきでした。
 国民が選挙で求めるのは、実は巨悪と戦うヒーローが巨悪を倒し、それを応援するのが国民だというものです。
 前回は、自民党内の抵抗勢力で、今回は自民党そのものだったというわけです。
 そんなもの民主主義においては避けるべきことであり、衆愚政治を認めたようなものです。
 単なる私の妄想であることを信じたいわけですが、とりあえず、それを避けるためにも、ネットで声をあげてみたいと思います。

 一言でいえば、国民腐敗です。
 その腐敗した国民に対応しなかったのが、自民党の選挙活動であったのではなかろうかと、結果を見て感じます。

 まぁ、多数派の国民は実績を積み重ねるのは当たり前、生活が改善されることが当たり前という認識の人が多く、この世界同時不況でも、本来、重症のはずのものを応急手当で、傷を浅くしたのにもかかわらず、多くが、上手に応急手当されても、傷は傷と政府に逆恨みしているのではないかと思います。

 とはいいつつも、希望は持てます。
 民主党に一度政権を与えてみて・・・・
 というお花畑の中での発言は、ダメだったときは、自民党が返り咲くことを前提としていますし、民主党に投じたであろう浮動層は、今度は自民にという気持ちが見えるような発言をしますから。
 で、野党になれば、与党のときよりも時間ができるといわれていますから、自分の選挙区で、主権者に自民党の主張を伝えるのもいいと思います。

 自民惨敗とはいいつつも、小選挙区の得票率は民主党が47.4%、自民党が38.7%で、小選挙区の投票された投票数が、
民主=3347万票、自民=2730万票 比率55:45
 とのことです。
 それでも、小選挙区での自民64、民主221と大差がつきました。
 総数でみると、議席数ほど惨敗ってわけでもないんですよね。

 比例区は、民主=2984万票 自民=1881万票で、議席数は自民55に対して民主党が87で大きく負けたものの、1.6倍ですから、今回の惨敗としては、小選挙区での自民64、民主221という議席の差が大敗が議席数の差になるわけですね。

 まぁ、選挙結果で、民意は民主党を支持した事実はありますが、民主主義とは、単なる多数決という数の暴力ではありません。
 少数の意見であっても、正当性と妥当性のある意見であることを議論を通した結果の手段としての多数決です。
 そもそも、選挙はギャンブルでも、人気投票でもありませんから、仮に死票を投じた人でもどんどん政治に意見を伝えることは可能です。
 それが民主主義であり、私に投票しなかったからあなたの言うことを聞きませんという議員は憲法違反ですからね。

 ところで、個人的に鳩山代表は好きではないのですが、悪人だとは思いません。
 たとえ、故人献金なんて不正を犯したとしても、それは鳩山代表が無責任なだけで、意図的にやったわけではないと思うことにします。
 ただ、モラルに欠ける行為ですが、さすが宇宙人的に日本のモラルが理解だけなのだと思います。

 まぁ、なんにしろ、鳩山代表は宇宙人なだけで、悪人どころか、むしろ善人の部類にはいるのは、党首討論のときの動揺することを隠せず、支離滅裂になるあたり、善人ぶりがよく見えて取れます。

 が、問題は、善人というものは、えてして知らないうちに悪いことをしたり、自分のしていることが正しいと信じ切って独善的になることがあります。
 もちろん、理性的な善人ならそうしたところはないのですが、鳩山代表はすぐに感情的になり、自分の信念だけを主張するだけで、相手の意見を理解できなくなってしまうことは、党首討論にものの見事にでていました。

 まぁ、そんなわけで、鳩山代表が独善的になり、独善的であるがゆえに、持論に反するものを拒否し、孤独に陥り、鳩山代表がしらないうちに恐怖政治を引くことをちょっとだけ心配しているだけなんですけど。
 まぁ、総理大臣なんて、孤独がお仕事みたいなものですけど、さてさて、鳩山代表がそれに耐えられるかは、今のところ無理そうな気がしますが、まぁ、人間、置かれる環境で変わるかもしれませんからね。
 変わることを期待しましょう。


★★★呟き尾形のホームページ 白い時計塔のある村の更新情報
 さて、ここからはホームページ更新情報です。
http://homepage2.nifty.com/SON/
 今回は、呟き尾形の哲学講座第134回 中世哲学 神秘思想 中世哲学 神秘思想 クザーヌス 対立の一致 1を追加しました。 
 次に、WRPGプエルギガス年代記 、オープニングNPCリプレイ を更新しました。
 次に、 小説4枚の絵画を修正しています。

 


★★★
20111106p5240268


★★★消費税 で アフィリエイト★★★
 どうも、アクセス解析していると、「消費税」というキーワード で、検索されているらしいです。
 そこで、該当しそうな記事をリンクしておくことにしました。
消費税
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2008/04/post_c71e.html

★★★


 名言おみくじで、悩み事を解消しましょう!!!

適職や適性を占う占いです。

★★★ 呟き尾形のサイト リンク集
呟き尾形の雑記帳
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
http://plaza.rakuten.co.jp/tubuyakiogata/
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
http://wiki.livedoor.jp/minatetu/

お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
http://blog.livedoor.jp/tubuyaki1/
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
http://son.cocolog-nifty.com/etp_pb/
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
http://ogataengei.o.oo7.jp/index.htm
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

http://son.cocolog-nifty.com/backnumber/
呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
http://wiki.livedoor.jp/tubuyaki1/
私的資料的サイトです。

言葉生花
http://d.hatena.ne.jp/tubuyakiogata/
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
http://www37.atwiki.jp/webrpg
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
http://blogs.yahoo.co.jp/tubuyaki_o
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
http://flour.at.webry.info/
花の性質や育て方、画像などをアップしているblogです。


呟き尾形の哲学手記
http://blog.so-net.ne.jp/tetugaku/
哲学をキーワードに更新しているblogです

直売花紀行
http://blog.goo.ne.jp/ffogata
花を生産している直売所のblogです

名言の鐘
http://maximbell.blog19.fc2.com/
呟き尾形の名言集のバックナンバーです。

呟き堂
http://son.cocolog-nifty.com/tubuyakidou/
ホビー、ゲーム、本、DVDなどを陳列しています。


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 「難」があるからこそ、「有難う」を掴める。 | トップページ | 今日からこれがライバルだ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/53584985

この記事へのトラックバック一覧です: 「強く明るく」のタイトルに恥じない最後メッセージ :

« 「難」があるからこそ、「有難う」を掴める。 | トップページ | 今日からこれがライバルだ。 »