« その失敗は、自分の人生でいずれ通らなければならない場所 | トップページ | 他の人を憎むことは自分を憎むこと »

マグニチュードπ ダメかもしれない 無駄かもしれない。

マグニチュードπ ダメかもしれない 無駄かもしれない。

★★★ツイッターに呟いた、マグニチュードπ★★★
http://twitter.com/#!/search/%23MAGNITUDE_P

マグニチュードπ 東日本大震災で失ったもの
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/07/post-0aa4.html
の続きです。

★★★ここから★★★
100 できることしかでない。できること以外はできないのだ。自分にそう言い聞かせて心を折らずにいられる。いつまで・・・何回この言い訳が効果があるのだろうか。 #MAGNITUDE_P

101-1 避難所の案内をいったん交代して、いったん仕事に戻る。 #MAGNITUDE_P

101-2 昼になると、太陽が出てくる。本来なら温かい太陽はありがたい存在のはずなのだが、自分にはそうでもなかった。花卉生産の仕事にとって、ハウスの温度が上がりすぎるのはさけたいからだ。 #MAGNITUDE_P

101-3 いつもならば、天窓をあけるなどすれば温度調節できるのだが、天窓は電気で動かしているわけで、今は停電でピクリともうごかない。 #MAGNITUDE_P

101-4 もちろん、温度が上がるのも怖いが下がり過ぎるのも怖い。凍ってしまえばダメになる花が増えてくる。そういった意味では、多少温度が上がりすぎる方はいいとはいえるかもしれない。 #MAGNITUDE_P

102 寒さについては、地震の前に雪が降ったこと。それにより、ハウスの防寒と保湿の準備ができた。不幸中の幸いといえるし、ありがたかった。 #MAGNITUDE_P

103 ハウスの防寒と保湿ができたが、停電で、ハウスの電気を使う自動の制御ができない。手動で動かすこともできない。だから、太陽が出て気温が上がると、必要以上に温度が上がるし、渇きもする。何事も一長一短だ。 #MAGNITUDE_P

104 水を花にかけたい。水はタンクにかなりある。だが、水を上げるポンプを動かすには、電気が必要だ。電気がない。停電は多分かなり長期的になるだろう。となれば、一人の手でくみ上げるしかない。 #MAGNITUDE_P

105-1 水を手でくみ上げて、やってみるが、水がかけられる範囲がかなり少ない。とても全部かけられるわけがない。頼れる人もいない。望みを見失った。 #MAGNITUDE_P


105-2 量が多すぎて、手作業では一向に進まない作業に、ふと、廃業の二文字が頭をよぎる。もちろん、それを判断するのは兄であって自分ではない。自分にできるのは、可能限り花を生かして、兄にバトンを渡すことだ。 #MAGNITUDE_P

106-1 ハウスの中には自分ひとりで、一人では全く作業が進まない。ダメかもしれない。いや、無駄かもしれない。涙が出てきた。 #MAGNITUDE_P

106-2 やるべき仕事は次々出てくる。仕事はしていても、何から手をつけていいのかわからなくなってくる。 #MAGNITUDE_P

107 何もできない。気持ちだけが先走り、何もできない状態に、さまざまな不安や悲観的な妄想に胸が押しつぶされそうになる。 #MAGNITUDE_P

108 こんなことで泣くほど自分は弱くはないと思っていた。だが、頭に浮かぶものは全部ネガティブなものばかりで、思い浮かぶたびに涙があふれる。たぶん、PTSDなのだろう。

 #MAGNITUDE_P

109  ずいぶん長い余震が続くとおもっていたら、自分が静かに震えていたことに気がつく。マグニチュードπ 心の余震を自覚した瞬間だった。 #MAGNITUDE_P

★★★ここまで★★★
 地震後の停電と断水は、より状況を過酷にした。
 ただでさえ、地震で多くの棚が倒れ、鉢花や苗がひっくり返っていたわけで、それをもとに戻す作業も必要ではあるが、花に水かけも必要だし、温度管理も必要になる。
 電気さえあれば、せめて水道が出れば、さまざまな設備を利用してなんとかできたはずだ。
 実際、電気さえあれば、せめて水道が出れば、だれもがそう口々にいっていた。
 正直、最悪2,3日で電気は来るだろうとおもっていたし、日本のインフラは3日もあれば回復するのだとも言われ、だからこそ、被災した時用の食糧や必需品も3日分が1つの目安になっていた。
 しかし、それは、あまりにも楽観的な考えだったことを嘲笑うように、時は流れて停電のが長引く。
 結局通電したのは、だいぶ後ではあるが、被災地としてはかなり早い方だったという。

 電気というインフラに依存しているという現実は、停電が致命的なことであるわけだ。
 実際、電気がなければ、いくら暖房機と石油があっても、電子制御している暖房機は動かない。
 農業用水や井戸水があっても、くみ取るポンプが動かなければ使える量は限られている。
 それが、なんとも切なく、より作業効率を下げ、なによりもモチベーションを下げる要因だった。
 もし、電気が通っていれば、一人であろうとなんとかできるというある種の確信が持てた。でも、それができないという現実は、立ち上がろうとする気持ちは、水不足の植物のようにゆっくりと、確実に萎れていった。
 もうダメかもしれない。
 無駄かもしれない。
 そんな言葉が何度も何度も繰り返されて、繰り返されていくたびに体から力がでなくなっていた。
 やるべきことが頭に浮かんでも、手に負えないのだ。
 それでもやらなければいけないと自分に言い聞かせ、かろうじてあきらめなかったし、1つの目標として、今はどこかで避難しているであろうという、兄と父に引き継ぐのだという1つの義務感だけが、仕事をやろうとする推進力になっていた。
 だが、当時、自分がこうして仕事をしていていいのだろうか?
 という気持ちも頭の片隅から消えることはなかった。
 無駄かもしれない仕事をするよりも、今以上に、避難している人を助けることに時間を割くべきではないのか?
 そんな自問も、モチベーションを下げていたのかもしれない。 

 ともあれ、ダメかもしれない、無駄かもしれないという仕事をすることは、私にとっては大きな精神的な苦痛を伴う仕事だった。
 正直、つらかった。逃げ出したいという気持ちもあったように思う。
 そうした気持ちを、こっそり涙で洗い流して、無駄な努力を続けることにした。
 努力なんてすべてが実るわけじゃないことを知っていたのは、正直、救いだった。
 そうしたことを震災前に哲学を通して学んでいたというのは、目の前の絶望的な状況に堪えられたのかもしれない。
 今になってそう思う。

マグニチュードπ 偽善の意識
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/08/post-e963.html

★★★
マグニチュードπ 心の余震
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/06/post-d157.html

マグニチュードπ 5分間の地震
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/06/post-78f6.html

マグニチュードπ 大津波警報
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/06/post-a298.html


http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/06/post-b656.html
マグニチュードπ 息子の地震体験


マグニチュードπ 信じられない情報と現実

http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/06/post-9206.html


マグニチュードπ 荒れ果てた母校の校庭

http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/06/post-e916.html


マグニチュードπ 絶望感という名の重い空気

http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/06/post-8156.html

マグニチュードπ 不幸中の幸いと募る不安
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/06/post-ebd7.html

マグニチュードπ 安否確認
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/06/post-c958.html

マグニチュードπ 恐怖と不安の温度
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/07/post-659a.html

マグニチュードπ 生きていてよかったです
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/07/post-9206.html

マグニチュードπ 一安心
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/07/post-5e72.html

マグニチュードπ 避難する人であふれる避難所
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/07/post-4b4b.html

マグニチュードπ 東日本大震災で失ったもの
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2011/07/post-0aa4.html

★★★呟き尾形のホームページ 白い時計塔のある村の更新情報
 さて、ここからはホームページ更新情報です。
http://homepage2.nifty.com/SON/
 今回は、WRPGプエルギガス年代記 、オープニングNPCリプレイ を更新しました。
 次に、エッセイマグニチュードπ 心の余震、を追加しました。
 次に、占いを非科学的だと思われる方へメールマガジン 占いを非科学的だと思われる方へ第115回 占いは反証可能性がない?  を追加しました。
 


★★★
20110731p7270010


★★★斬鬼 で アフィリエイト★★★
 どうも、アクセス解析していると、「慚愧に堪えず」というキーワード で、検索されているらしいです。
 そこで、該当しそうな記事をリンクしておくことにしました。
慚愧(ざんき)に堪えずの意味・・・・
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2007/11/post_d48a.html

 名言おみくじで、悩み事を解消しましょう!!!

★★★ 呟き尾形のサイト リンク集
呟き尾形の雑記帳
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
http://plaza.rakuten.co.jp/tubuyakiogata/
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
http://wiki.livedoor.jp/minatetu/

お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
http://blog.livedoor.jp/tubuyaki1/
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
http://son.cocolog-nifty.com/etp_pb/
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
http://ogataengei.o.oo7.jp/index.htm
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

http://son.cocolog-nifty.com/backnumber/
呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
http://wiki.livedoor.jp/tubuyaki1/
私的資料的サイトです。

言葉生花
http://d.hatena.ne.jp/tubuyakiogata/
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
http://www37.atwiki.jp/webrpg
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
http://blogs.yahoo.co.jp/tubuyaki_o
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
http://flour.at.webry.info/
花の性質や育て方、画像などをアップしているblogです。


呟き尾形の哲学手記
http://blog.so-net.ne.jp/tetugaku/
哲学をキーワードに更新しているblogです

直売花紀行
http://blog.goo.ne.jp/ffogata
花を生産している直売所のblogです

名言の鐘
http://maximbell.blog19.fc2.com/
呟き尾形の名言集のバックナンバーです。

呟き堂
http://son.cocolog-nifty.com/tubuyakidou/
ホビー、ゲーム、本、DVDなどを陳列しています。


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« その失敗は、自分の人生でいずれ通らなければならない場所 | トップページ | 他の人を憎むことは自分を憎むこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/52377054

この記事へのトラックバック一覧です: マグニチュードπ ダメかもしれない 無駄かもしれない。:

« その失敗は、自分の人生でいずれ通らなければならない場所 | トップページ | 他の人を憎むことは自分を憎むこと »