« 自分の心に向かう旅路 | トップページ | 出来、不出来は部下が一番良く知っている »

赤穂義士祭、吉良祭

●赤穂義士祭、吉良祭
1702年(元禄15年)12月14日、赤穂義士祭であり、吉良祭です。
 この日は、赤穂浪士による吉良邸打ち入りしました。
 江戸本所松坂町にあった吉良邸の一部は現在松坂公園となり、毎年この日は元禄市でにぎわうそうです。
 午前中は義士祭、午後は吉良祭が行われるそうです。

 赤穂浪士とは、旧主浅野内匠頭長矩の仇である高家吉良上野介義央の屋敷に討ち入り、仇討ちをした元赤穂藩士大石内蔵助良雄以下47人の武士です。。
 元禄赤穂事件とは江戸時代中期に発生した主君仇討ち事件です。
 一般には忠臣蔵の名称でも知られていますが、この名称は本来、事件を基に脚色した演劇等の総称だそうです。
 元禄赤穂事件は、 討ち入り元禄15年12月14日の晩、赤穂浪士47名が吉良上野介邸に押し入り、上野介を殺害して主君の仇を討ちをした事件です。
 この事件の原因は、 事件の発端は事件の約1年半前、元禄14年3月14日午前11時頃のことです。赤穂藩主・浅野内匠頭が、江戸城・松の廊下で吉良上野介義央に斬りかかったものの、討ち漏らして、赤穂藩主・浅野内匠頭長矩が、切腹処分となったことが原因だといわれています。
 浅野内匠頭がこのような事件を起こした動機は、皇室の使者を迎える準備に携わっていたのですが、吉良上野介の不興を買って馬鹿にされたため、発作的にこのような愚行に及んだと言われています。
 浅野内匠頭はそばにいた大奥留守番役・梶川与惣兵衛に「殿中でござる!」と必死に抱き止められましたが、上野介は背中と眉間に傷をうけました。
 殿中というのは、江戸城内のことで、その殿中で、で抜刀するというのは絶対的な禁止事項です。
 徳川五代将軍綱吉は、事件を聞いて激怒するのは当然で、その日のうちに内匠頭に切腹を命じましたといわれています。
 その後、浅野の遺臣である大石内蔵助良雄以下赤穂浪士47士が、吉良屋敷に討ち入り、主君に代わって吉良上野介を討ち果たし、その首を泉岳寺の主君の墓前に捧げたのち、幕命により切腹したという事件が、この一連の事件の概要です。


★★★呟き尾形のホームページ 白い時計塔のある村の更新情報
 さて、ここからは、ホームページ更新情報です。
http://homepage2.nifty.com/SON/index.htm
 今回は、呟き尾形の色の心理学、第80回、水の色を追加しました。


★★★ 呟き尾形の質問 コーナー (アバウトミーのアンケート)64

★★★ 呟き尾形のつくった占い

★★★ 任天堂でアフィリエイト

★★★ 呟き尾形のサイト リンク集
呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方、画像などをアップしているblogです。


呟き尾形の哲学手記
哲学をキーワードに更新しているblogです

直売花紀行
花を生産している直売所のblogです

名言の鐘
呟き尾形の名言集のバックナンバーです。

呟き堂
ホビー、ゲーム、本、DVDなどを陳列しています。


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン
  

|

« 自分の心に向かう旅路 | トップページ | 出来、不出来は部下が一番良く知っている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/43416584

この記事へのトラックバック一覧です: 赤穂義士祭、吉良祭:

« 自分の心に向かう旅路 | トップページ | 出来、不出来は部下が一番良く知っている »