« 信じるところへ道は通じていくもの | トップページ | 希望を育てる »

立ち入り調査(柏崎刈羽原発)

●立ち入り調査
 2007年7月17日、新潟県が原発立ち入り調査実施したそうです。
 これは、必要な場合には原発に立ち入ることができるとした周辺自治体と東電が独自に締結している安全協定によるものです。
 そこで、新潟県原子力安全対策課は、新潟県中越沖地震の際に東京電力柏崎刈羽原発で起きた変圧器の火災や、放射性物質を含む水の漏えいなどのトラブル多発を受け、東京電力柏崎刈羽原発に状況確認のため立ち入り調査に入ったそうです。
 立ち入り調査には総務省消防庁ら職員も同行したそうです。
 特に、火災を起こした3号機の変圧器の周辺などを状況確認したそうです。

 その後、2007年7月21日には、地元の自治体である新潟県と柏崎市、刈羽村が立ち入り調査したそうです。
 県、市、村の職員のほか、「新潟県原子力発電所周辺環境監視評価会議」の委員の新潟大学教授ら6人が同原発を訪れ、放射能漏れの現場などを視察し、放射線測定データの確認などを行い、県原子力安全対策課の職員、県の原発周辺環境監視評価会議の委員を務める新潟大教授らが、放射能を含む水が海水中に放出された6号機や、微量の放射性物質が主排気筒から待機中に放出していた7号機を中心に行われる。放射線測定データや放射能漏れの現場を確認したそうです。
 今回の調査結果を分析し、周辺環境の安全確保などに役立てる考えがあるようです。
 調査を終え、調査メンバーの橋本哲夫・新潟大名誉教授(放射化学)は「(放射性物質の)漏れは非常に微量だ」と話したそうです。
 つまり、漏れたのは微量で市民生活にかかわるものではないという判断しうるということだそうです。
「(水)漏れもヨウ素も非常に微量。東電が出したデータも妥当なものだ」と述べたそうです。 

 泉田裕彦県知事は同日午前の災害対策会議後「今、原発への不安が広がっている。東電に求めるものは透明性と情報を迅速に出すことだ」と記者団に述べたそうです。

 安全性の根拠は、正確で解りやすい情報公開です。
 関心をもった人がいつでも確認できる情報と、解りやすい安全基準の提示がこれから必要なのではないかと思うのです。
 専門家にしかワカラナイ情報公開では、逆に、パニックを誘発しかねませんから。

★★★呟き尾形のホームページ 白い時計塔のある村の更新情報
 さて、ここからは、ホームページ更新情報です。
http://homepage2.nifty.com/SON/index.htm
 今回は、呟き尾形の哲学講座第95回、中世哲学 スコラ哲学 アラベルドゥズ 普遍論争 概念論(弁証論)を追加しました。
 次に、小説小説トレーニングレトリックトレーニング あざけり法を更新しました。

★★★ 呟き尾形の質問 コーナー (アバウトミーのアンケート)

★★★ 任天堂でアフィリエイト
<

★★★ 呟き尾形のサイト リンク集
呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方、画像などをアップしているblogです。


呟き尾形の哲学手記
哲学をキーワードに更新しているblogです

直売花紀行
花を生産している直売所のblogです

名言の鐘
呟き尾形の名言集のバックナンバーです。

呟き堂
ホビー、ゲーム、本、DVDなどを陳列しています。


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 信じるところへ道は通じていくもの | トップページ | 希望を育てる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/42793075

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち入り調査(柏崎刈羽原発):

« 信じるところへ道は通じていくもの | トップページ | 希望を育てる »