« 国際平和デー(世界停戦日) | トップページ | 学問は、心の汚れを清め »

新潟県中越沖地震後の水漏れ(柏崎刈羽原発)

●新潟県中越沖地震後の水漏れ(柏崎刈羽原発)

 2007年7月16日、新潟県中越沖地震後、柏崎刈羽原発6号機の原子炉建屋3階にある放射線非管理区域内で水漏れがあり、微量の放射能が検出されたと発表されたそうです。
 約1.2トンが排水として海に排出された可能性があるが、放水口のモターでは検出できない量で、法令限度よりも低いと発表されています。
 東電によると、16日午後0時50分ごろ、地震の影響を調査中の作業員が原子炉建屋3階の床に0.6リットル、中3階の床に0.9リットルの水たまりを発見したそうです。
 調べたところ、3階から280ベクレル、中3階からは16000ベクレルの放射能が検出されたと当初は発表されましたが、後日、今回の地震による最大加速度が機器や施設の安全性が保たれる耐震設計の基準である「限界地震」を大幅に上回り、同原発の耐震設計上の想定以上だったことがわかりました。
 東電によると1、5、6号機の地震の揺れの強さを示す加速度は、1号機の東西方向で限界地震の設計値273ガルの2倍を超える680ガル。3基のほとんどで設計を上回っていたそうです。
 このことから、同原発の7基すべての安全性を確認できるまで運転の再開を見合わせるよう経済産業省原子力安全・保安院からの指示があったそうです。

 このほか、事務建屋では天井パネルが落下するなどの被害が出て、割れたガラスで足をけがするなど協力会社の社員6人が軽傷を負ったそうです。
 また、燃料プール内にある使用済み燃料に作業用の台(重さ約200キロ)が落下していたことが判明するなど損傷、不具合は計63件に上ったそうです。
 とはいいつつも、外観の目視点検はほぼ終了し、原子炉格納容器に異常は認められなかったそうです。
 4号機と7号機では、プール内に入れられた使用済み燃料に、水中作業用の台が落下してぶつかっていたことが判明したそうです。
 燃料の損傷は放射能漏れなどにつながる恐れがあるものの、東京電力は異常は見つからなかったとしています。

 また、2007年07月21日時点の報道によると、原発が報道陣に公開されたそうです。
 報道によると、敷地内のアスファルト道路には、地割れによる10センチほどの段差があちこちに見られ、芝生がめくれ上がった部分もあったとされています。
 1号機軽油タンク付近の駐車場入り口では、最大約1メートル60センチも陥没。アスファルト下の砂地部分があらわになり、駐車したトラックが動かせない状態になっていたそうです。

 その他、排気筒から放射性物質検出=廃棄物棟ではドラム缶が倒れ、油漏れもあったそうです。

 また、内部において、タービン建屋の外部変圧器は高さ約6.7メートルのパイプ形状で、建物の外壁に4基取り付けられ、うち1基が燃えたそうです。
 
 変圧器の3号機建物側の部分と建物の一部が真っ黒にすすけており、変圧器から漏れ出た絶縁油のガソリンに似たにおいが鼻を突いたそうです。
敷地内では、地面が約40センチ陥没したため、変圧器と建物内のタービンをつなぐパイプがぐにゃりと折れ曲がっていたそうです。
 いずれも原発の運転上重要ではないとして、耐震の基準が低いレベルに設定されていた機器だそうです。

 放射能を含む水が海に流れ出た6号機の中3階と3階では、水が上階から伝わり落ちた廊下の床に、約2メートル四方のピンク色のビニールシートが敷かれていたそうです。
 このシートは、下の階に漏れないようにするためだそうです。同原発の男性職員は「現在は流れ出た水は海には放出されず、地下のビニールプールにためられており安全です」と強調したそうですが、後日、微量の放射性物質を含む水が海に放出されたと発表されています。
 放射能を含んだ水が海に漏えいした6号機では、漏れた水の放射能分析に手間取り、国などへの通報が遅れたこともわかりました。
 この漏れた水の放射能量は、2007年7月16日時点では、6万ベクレルとしていましたが、「計算に含めるべき数値を見落としていた」として、2007年7月18日に、9万ベクレルに訂正しました。
 この修正は、担当者のデータ転記ミスが原因のようで、報告をうけ、保安院は同社に厳重注意したそうです。

 また、新潟県柏崎市災害対策本部に入った連絡によると、柏崎刈羽原発7号機の主排気筒から下記の放射性物質が検出されたそうです。
 ・ヨウ素131
 ・ヨウ素133
 ・クロム51
 ・コバルト60
 地上の濃度は法令限度以下だったそうですが、 地震発生から18日午前10時ごろまでの少なくとも2日間、微量のヨウ素などの放出が続いたと発表したそうです。
 17~18日の放出量は約2000万ベクレルと推定されています。
 放出による人体への影響は、法律で定められた年間の被ばく線量限度の約500万分の1だそうで、年間被ばく限度の1ミリシーベルトに比べて極めて低く、周辺環境への影響はないとのことでした。
 原因は、自動停止後の手順ミスなどがだと思われ、発電タービン内の送風機を停止したそうです。
 この手順ミスは、マニュアルでは原子炉停止後に止めることになっている排風機を動かし排気を続けたことが原因とみられるそうです。
 この手順ミスによって、排風機で排気を続けたため、復水器内にたまっていたヨウ素を含む気体が、放出されたとみられるそうです。
 報告によると、地震発生から丸2日間、排風機を動かし続けていたということになります。
 このことについて、東電によると、原子炉の自動停止時にはタービン内の放射能を帯びた蒸気が外に漏れ出さないようにする装置が複数あるが、地震の際に装置の一つが故障し、さらに、自動停止後の手順として定められた送風機のスイッチを切り忘れていたため、タービン内蒸気から出てきたヨウ素などが排気筒側に送られ、外に放出されたとみられたそうです。

 また、地震の影響で同原発の固体廃棄物棟内のドラム缶約100本が転倒したそうです。
 ドラム缶がたおれた、固体廃棄物棟内では、ドラム缶の中身は、低レベルの放射性物質を含む針金などのゴミだったそうです。
 倒れたドラム缶のうち2、3本のふたが開いていた。内容物や放射能の汚染状況は不明だそうです。
 一方、同2号機では、原子炉給水ポンプのタービン用の油約800リットルが漏えいしたのも確認されたそうです。
 このように、東電の相次ぐ不祥事に周辺住民らの不信感は高まっているのは至極当然だといえるでしょう。
 これをうけ、鈴木良男原子力運営管理部部長は記者会見で「誠に遺憾な状況で、放出を止めるため全力を挙げる」と述べたそうです
 
 その後、2008年8月1日の東京電力の報告によると、新潟県中越沖地震に伴って柏崎刈羽原発で発生したトラブルや故障などの異常は、軽微なひび割れや水漏れなどを含め、2008年7月26日までの集計で延べ1263件に上ったと発表したそうです。
 既に公表済みのものを除くと、外部への放射性物質放出などの大きなトラブルはないそうです。
 ほとんどが未発表でしたが、東電は「軽微な異常だったため」としたそうです。
 また、同原発6号機の建屋をつなぐ地下通路に、水約3トンがたまっているのを発見したと発表。放射性物質は検出されず、「雨水が染み出したらしい」としている。
 
 ちなみに、東電は2002年以降、各原発で起きるトラブルを、下記のように分類して5段階のクラスにわけているそうです。
放射性物質の放出につながる恐れのあるAsクラス
設備の機能に影響を与えるA、Bクラス
機能に影響を与えないC、Dクラス
 その5段階評価によって、評価し、低いクラスのトラブルは、毎月まとめて公表しているそうです。
 通常は、毎月200-400件程度だそうですが、7月分は延べ1527件に上ったそうです。
 このうち、中越沖地震によるものは延べ1263件で、内訳は変圧器火災や6号機からの水漏れなどAsクラスは10件、Aクラスは33件、Bクラス21件、Cクラス491件、Dクラス706件、対象外が2件だそうです。

 ★★★
 さて、ここからは、ホームページ更新情報です。
http://homepage2.nifty.com/SON/index.htm
 今回は、呟き尾形の色の心理学、第77回、色と音 4 共感覚の科学的アプローチを更新しました。

★★★

★★★



呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方、画像などをアップしているblogです。


呟き尾形の哲学手記
哲学をキーワードに更新しているblogです

直売花紀行
花を生産している直売所のblogです

名言の鐘
呟き尾形の名言集のバックナンバーです。

呟き堂
ホビー、ゲーム、本、DVDなどを陳列しています。


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


|

« 国際平和デー(世界停戦日) | トップページ | 学問は、心の汚れを清め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/42543988

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟県中越沖地震後の水漏れ(柏崎刈羽原発):

« 国際平和デー(世界停戦日) | トップページ | 学問は、心の汚れを清め »