« たとえ明日、世界が滅亡しようとも | トップページ | 人間とは矛盾の存在である »

民主主義国家としてやってはいけないこと

こんにちわ。呟き尾形です。

 2008年4月30日、ガソリン税復活 再可決しちゃいました。そのうえ、翌日の5月1日、施行です。
 さらに、実は、参議院では決議されておりません。
 みなし否決というのをつかったそうです。

 ガソリン税が何で必要かとかその是非については、他の日記、
ガソリン税暫定税率維持の理由は矛盾する
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2008/04/post_b886.html

政治的先見性なき知事たち
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2008/07/post_2fb0.html

民意を無視する民主主義国家の政府
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2008/07/post_ae5b.html

 で書いたので、今回は、ガソリン税復活の是非というより、日本という国家の政府がいかに、立憲国家として、民主主義国家として危機感を感じているかってことを書いておきたいと思います。
 というのは、民主主義国家としてやっちゃいけないこと、立憲国家としてやっちゃいけないことをやっちゃったわけですから。
 それは、
 ・国会の形骸化
 ・民意の無視
 ・司法判断の軽視と憲法の悪用
 というものです。 
 
 で、一つずつお話して見たいと思います。

・国会の形骸化
 そもそも、政府・与党は、政策として、2009年度からの道路特定財源の一般財源化を決定しています。
 が、しかし、その一方で、租税特措法改定案と道路特定財源を今後十年間も続ける道路整備財源特例法改定案を再議決するとしています。
 
 今年は2008年ですから、2009年度は来年です。
 来年度には、道路特定財源を一般財源化しますという方針をたてておいて、本日可決した法案は、2018年度まで道路特定財源にしますというのは、だれが見たって矛盾します。
 矛盾がある法案と言うのは、問題だし、悪法そのものですね。
 にもかかわらず、自民党の伊吹文明幹事長は二十八日の民放番組で道路問題について「すでに衆院を通ってしまっているのだから仕方ない」と述べています。
 仕方が無いのではなく、問題があるなら話し合いで解決するための国会のはずです。
 それを、参議院で否決されたことを、憲法を持ち出して、政策として矛盾しているという問題を自覚しながら、「すでに衆院を通ってしまっているのだから仕方ない」と、衆議院で再可決するのは、国会のシステムを陵辱する行為に等しいといえるでしょう。

 次、
・民意の無視
 衆院山口2区補選での与党候補の敗北しましたが、これにについて伊吹幹事長は二十八日の役員会で「選挙結果と道路の話は別。国と地方で歳入不足が生じるので与党として責任をもって対応しなければならない」
 と、選挙の敗北で、民意を読み取ろうとしません。
 選挙以外で法的にどーやって民意をつたえろというのかというところです。
 まぁ、世論で政治を動かすとか、請願権の行使とかはありますけどね。
 ともあれ、選挙によって民意を伝えるというのが大義名分なのにそれを、それは関係ないから、と選挙を無視して民意を無視したわけです。
 
・司法判断の軽視と憲法の悪用
 6年前のイラクへの自衛隊派遣においては、イラク派遣について多くの国民から指し止め訴訟で、指し止めの控訴は棄却されたものの、司法としての高裁判断として、現在行われている、空自の活動は憲法9条1項に違反すると判断されました。
 しかし、行政を司る政府は、空自の活動は継続すると、司法の判断を無視しました。
 つまり、政府は、行政において都合が悪いからと憲法を無視したわけです。
 しかし、今回、憲法を持ち出し、都合がよければ、憲法を口実にして再可決させました。
 憲法とは、国家権力が暴走しないための規則なわけですが、それを政府の都合で適用したり、しなかったりと、利己的に悪用するようでは、世も末です。

 国会は陵辱する。
 選挙の結果から民意を読み取らない。
 司法判断は無視するわ、憲法は都合のいいようにしか利用しない。

 まさに、
 ・国会の形骸化
 ・民意の無視
 ・司法判断の軽視と憲法の悪用
 というわけです。

 民主主義国家としてやってはいけないことを、厚顔無恥にやってのけてしまっています。
 立憲国家、民主主義国家としては腐敗の道だと思います。
 まぁ、政府を腐敗させるのも主権者の責任ってことですかね。
 それが嫌なら、政治を監視するほかなってことでしょうかね。

 そうそう、一応、
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/iken.html
 ここで、主権者の意見を政府に伝えられるんで、政府に思いのたけを伝えたい人は、こちらに意見するのもいいかなと思いますよん。
 日本の主権者は、国民ですので、政府に主権者の意見を伝えることに遠慮はいりません。

★★★
 さて、ここからは、ホームページ更新情報です。
http://homepage2.nifty.com/SON/index.htm
 今回は、小説を書こう!、第88回、発想技法 手直し型 1を更新しました。
 次に、呟き尾形の今の政治に物申す日本の核武装議論、を更新しました。


★★★

★★★



呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方、画像などをアップしているblogです。


呟き尾形の哲学手記
哲学をキーワードに更新しているblogです

直売花紀行
花を生産している直売所のblogです

名言の鐘
呟き尾形の名言集のバックナンバーです。

呟き堂
ホビー、ゲーム、本、DVDなどを陳列しています。


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« たとえ明日、世界が滅亡しようとも | トップページ | 人間とは矛盾の存在である »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/42107977

この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義国家としてやってはいけないこと:

« たとえ明日、世界が滅亡しようとも | トップページ | 人間とは矛盾の存在である »