« 最初の譲歩 | トップページ | 急所を見別け得るものは成功する »

慚愧(ざんき)に堪えずの意味・・・・

慚愧(ざんき)に堪えずの意味・・・・


松岡農水相自殺、安倍政権に打撃=疑惑の渦中-首相「ざんきに堪えず」
(時事通信社 05月28日 20:10)
★★★ここから★★★
 東京都港区赤坂の衆院議員宿舎で自殺を図った松岡利勝農水相(62)は28日午後2時、搬送先の慶応大学病院で死亡が確認された。「政治とカネ」の問題や、緑資源機構の官製談合事件で、疑惑の渦中にあった現職閣僚の自殺に衝撃が走っており、安倍政権には打撃となりそうだ。野党側は一貫して農水相を擁護してきた首相の政治責任を追及する方針だ。首相は当面の措置として農水相の臨時代理に若林正俊環境相を指名。天皇陛下が欧州訪問から30日に帰国されるのを待って、後任を決める。

 首相は28日午後3時ごろ、慶応大病院を弔問。その後、首相官邸で記者団の質問に答え「大変残念だ。ざんきに堪えない思いだ」と農水相の死を悼んだ。また、「国会で厳しく追及されていたが、自分の専門分野で専門知識を生かすことで頑張っていた」と述べた。

 塩崎恭久官房長官は記者会見で農水相の死因や自殺の動機について「警察当局の検視などの手続きを経た上で発表される予定だ」と語った。農水相の宿舎からは、遺書とみられるものが見つかった。 
★★★ここまで★★★
 だそうです。

 あまり見慣れない言葉、「慚愧(ざんき)に堪えず」という言葉。
 安倍前総理大臣の日ごろの言動から予測して、文脈からすると、
「遺憾」の強調の意味だろうかと予測しつつ調べたのですが、ちがいました。
 「慚愧に堪えず」の意味は、自分の言動を反省して恥ずかしくて堪えられない思うことだそうです。

 元来は仏教語で、「慚」は自己に対して恥じること、「愧」は外部に対してその気持ちを示すことと解釈されたそうです。

 それが、自分の言動を反省して恥ずかしく思う意味になったそうです。

 安倍前総理大臣は、自分のどんな言動を恥ずかしく思い、反省したのでしょう?
 そんな疑問が頭をよぎりました。

 農相を選んだ事でしょうか?
 農相をかばい続けたことでしょうか?
 事務所費問題のとき、法律さえ守れば、モラルとして、間違っていても問題ないと主張し続けたことでしょうか?
 それとも、そもそも、意味を分かっていないのかもしれません。
 この手の間違いは、安倍前総理大臣には目立っているような気がします。


 故人を悪く言うつもりはありませんが、自分は正しいと主張し続け、批判されたら自殺という結果は、なんとも言葉にしようの無い憤りにも似たショックをうけました。

 とにもかくにも、閣僚という公的な責任をもち、数ヶ月前に子供たちに「どんなことがあっても自殺はいけない」と、主張したことを否定するような結果になったという現実に対して戸惑う子供たちに、大人がフォローしないといけなくなりましたね。

 そんな、松岡元農水相は、生前に気になる言葉を残していました。

「国対の指示でしゃべれない」=松岡前農水相の発言紹介-鈴木議員
(時事通信社 05月29日 17:00)
★★★ここから★★★

 鈴木宗男衆院議員は29日午後、自殺した松岡利勝前農水相が自身の事務所費などの不透明な処理に関し「国会対策上、黙っているのが一番だと言われているし、今は自分はしゃべれない」という趣旨の発言を鈴木氏にしていたことを明らかにした。都内で記者団に語った。

 鈴木氏は松岡氏と親しく、今月24日夜に会食した。松岡氏の発言は、その席で国民に謝罪するよう進言した鈴木氏への返答。松岡氏は「政府も方針は決まっているし、また変えたりするとおかしくなるから言えない」とも語ったという。

 鈴木氏は自身のホームページでも「今は黙っていた方がいいと国対からの指示なのです。それに従うしかないんです」と松岡氏の発言を紹介している。

 これに関し、自民党の中川秀直幹事長は29日午前の記者会見で「国対に確認したが、そういう事実は一切ない」と述べた。また、安倍晋三首相も同日夜、首相官邸で記者団に「政府で方針を決めることはもちろんない。鈴木議員がどういう意図で言っているのか分からない」と不快感を示した。 
★★★ここまで★★★
 だそうです。

 国会対策上、黙っているのが一番と指示するようにいうようなところが、確認した程度で、そういった事実があるかなどいわないと思います。
 認めちゃったら、大問題ですもの。

 さて、この国対、国会対策委員会の略だそうです。
 国対は、日本の政党に置かれる機関の一つで、日本では非公式機関になっており、国会対策委員会が密室で運営に関わっているとして、不透明であるという批判もあるそうです。
 不透明な機関が、「だまっていろ」といったかどうか確認したら、「言っていない」といわれても、正直、信憑性にかけます。
 むしろ、国会の農相の答弁と照らし合わせて、国会対策委員会が、だまっていろといわれたとおりの反応です。
 
 安倍前総理大臣は、「政府で方針を決めることはもちろんない。鈴木議員がどういう意図で言っているのか分からない」と述べているそうですね。
 「大変残念だ。ざんきに堪えない思いだ」
 と、前日述べた人と同一人物の言葉だと思えません。

 なにはともあれ、松岡元農水相は、私たち国民に対して遺書をのこしたそうです。

松岡農相「国民宛遺書」の全文
★★★ここから★★★
<松岡農相自殺>遺書8通残す 「国民の皆様」宛てなど判明
(毎日新聞 - 05月29日 15:21)
 故松岡利勝農相が残した8通の遺書のうち、封書の6通のあて名は▽安倍晋三首相▽縁せき関係にある島根県選出の景山俊太郎参院議員▽小林芳雄・農水事務次官▽青山豊久農相秘書官と警護官(本名)▽小泉純一郎前首相の前秘書官の飯島勲氏▽事務所の事務担当者(本名)。そのほか、「国民の皆様 後援会の皆様」と題された農水省のA4判の便せんに横書きで記された遺書の全文と、発見者のために便せんに書かれたとみられるものは次の通り。

 ◇国民の皆様 後援会の皆様

 私自身の不明、不徳の為(ため)、お騒がせ致しましたこと、ご迷惑をおかけ致しましたこと、衷心からお詫(わ)び申し上げます。

 自分の身命を持って責任とお詫びに代えさせていただきます。

 なにとぞお許し下さいませ。

 残された者達には、皆様方のお情けを賜りますようお願い申し上げます。

 安倍総理 日本国万歳

 平成19年5月28日 松岡利勝

 ◇(発見者のために書かれたとみられるもの)

 家族への手紙は、女房が分かるところにありますので、ぜひ探さないで下さい。

 女房が来るまでは、どこにも触れないで下さい。
★★★ここまで★★★
 だそうです。

 故人を悪く言うつもりはありません。

 むしろ、思いつめるほどの葛藤があったのであろうと推測もします。

 不正があったのかもしれませんし、ぬれぎぬだったのかもしれません。
 実は、不正があり、それを正直に言おうとしたら、それはダメだといわれたのかもしれません。
 実は、不正なんてまったく無く、ぬれぎぬだが、聞く耳を持ってもらえなかったのかもしれません。
 どれも憶測の域を超えない話しです。

 事実がわかれば、なんとも判断のしようがありますが、なんとも、事実がわからないままです。
 さらに、閣僚の自殺、それに続くように、陰のドンと称される、旧森林開発公団の山崎進一・元理事が続いて自殺したこともあり、真相は藪の中になってしまったようです。


 真相もわからず、松岡氏はいったい、何の責任をとったのか、国民である私が何を許せばよいのか、わかりません。

 私たちは、何をどう許せばよいのでしょう?

 真相がわからぬ限り、許したくても許しようがなく、とまどっています。

 なんとも、今回の件で、どう判断していいのか戸惑っています。

 どんな考えでも、推測の域を越えられず、考えがまとまりません。

 あやまるのですから、もしかしたら、検察が引っ張り出そうとしていた本体へとつながる糸を(自ら)切ったことで、支持基盤の大半の国民に対して重大な背信行為をおこなったことなのかもしれません。
 さらにいえば、真実と身内の安全を秤にかけて、後者を選択してしまった今回の行為を許して欲しいということかもしれません。

 ゆるして欲しいといったのですから、何か国民に対して悪いことをしたのでしょう。
 個人レベルで、よし、人には言えないことの一つや二つあるだろう、許してあげよう。
 なんていえるわけもありません。
 農相という地位は、公人レベルとなります。
 農相として、人に言えないことをした時点で、それは、罪であり、説明する罰があると思うのです。
 それを聞いて初めて許すという行為が可能になります。
 キリスト教なんかで、懺悔なんてのがありますよね?
 あれは、神に告解して初めてゆるせるんですよね。
 神ですらそうなのですから、というお話です。

 なにはともあれ、情報がないので、その推測が私の妄想に過ぎない可能性をぬぐいきれません。

 本当の事がわからないままで、本当にそうだという確信がもてません。
 いまどきの政治屋だから不正をやっていて当然というのは、証拠も無い、思い込みですし。

 なんにしろ、故人が悪いかといえば、どうも、陰口を言うようで良心が痛むものです。

 不正は追求したいが、故人を責めるわけにもいかずなんとも、はがゆいところです。
 なんとも、複雑な気持ちになります。

 最後に、松岡利勝元農相のご冥福を祈ります。

★★★
 ここからは、ホームページ更新情報です。
http://homepage2.nifty.com/SON/index.htm
 占いを非科学的だと思われる方へメールマガジン占いを非科学的だと思われる方へ、第69回、占いとラッキーカラーについてを更新しました。
 次に、占いを非科学的だと思われる方へ占いへの疑問応答根拠が薄く、信じるに値しないのでは?
 を更新しました。

★★★
20110731p7270010


★★★斬鬼 で アフィリエイト★★★
 どうも、アクセス解析していると、「慚愧に堪えず」というキーワード で、検索されているらしいです。
 そこで、該当しそうな記事をリンクしておくことにしました。
慚愧(ざんき)に堪えずの意味・・・・
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2007/11/post_d48a.html

★★★



呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。


呟き尾形の哲学手記
哲学をキーワードに更新しているblogです

直売花紀行
花を生産している直売所のblogです


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 最初の譲歩 | トップページ | 急所を見別け得るものは成功する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/16997566

この記事へのトラックバック一覧です: 慚愧(ざんき)に堪えずの意味・・・・:

» ( 鈴木宗男 )についての最新のブログのリンク集 [クチコミコミュニケーション]
鈴木宗男に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると… [続きを読む]

受信: 2007.11.07 04:58

» 【 松岡農水相 】について最新のブログの口コミをまとめると [プレサーチ]
松岡農水相に関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。 [続きを読む]

受信: 2007.11.09 05:38

« 最初の譲歩 | トップページ | 急所を見別け得るものは成功する »