« 怒りに対する最上の答え | トップページ | いわゆる頭のいい人 »

非核三原則は感情論に過ぎないという感情論

非核三原則は感情論に過ぎないという感情論

◎非核3原則は政策上の判断=法理論上は核保有可能-安倍首相
時事通信 2006/10/31-13:24 より
★★★ここから★★★

 安倍晋三首相は31日昼、中川昭一自民党政調会長が日本の核保有論に繰り返し言及していることについて「非核3原則で核保有を放棄している。政策上どういう判断をしているかが実際の政治行政の場で重要であり、法理論上は既に政府見解で述べている通りだ」と指摘し、核兵器は「必要最小限の自衛のための実力」に含まれるとした政府の憲法解釈を示しながらも、非核3原則を堅持していく方針を改めて示した。 
★★★ここまで★★★
 だそうです。

 さて、過去に
非核三原則は感情論?
 http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2007/08/post_3b8a.html
 でかきましたが、それでも、非核三原則は、日本が核保有しないことの意義や価値を絶対的に論証したものではないと言い張る人が感情論を振りかざします。
 その人いわく、価値があるかどうかを判断する基準が感情によっているので「感情論」だというのですが、これこそ感情論です(笑)

 まず、感情論とは、物事の道理に基づいた判断でなく、感情にかられた、議論です。

 で、非核三原則は雰囲気に過ぎないという、物事の道理に基づいていない判断がなされてしまっています。

 そもそも、日本は、憲法武力を否定し、正義と秩序による平和な世界目指すことを明記しております。
 それに基づき、外国にしか発射すること以外考えられない核兵器を保有することは、おかしいとしています。
 さらに、 日本は、
 国是は、非核三原則。
 核拡散防止条約は批准している。
 国内の原子力発電施設の大義名分は核の平和利用(核兵器開発などに利用しないなどの話もしています)。
 世論としても核武装は特にでていない。
 憲法9条では国際紛争の解決手段としての軍事力の行使を認めていない。  
 という実績の上での判断があるわけで、別段感情論でもなんでもりません。
 それを雰囲気だけとするのは、なんら根拠もない感情論であるというわけです。

 それゆえ、非核三原則は感情論に過ぎないという感情論になってしまうんですよね。

★★★


呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。


呟き尾形の哲学手記
哲学をキーワードに更新しているblogです

直売花紀行
花を生産している直売所のblogです


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

 

|

« 怒りに対する最上の答え | トップページ | いわゆる頭のいい人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/16148538

この記事へのトラックバック一覧です: 非核三原則は感情論に過ぎないという感情論:

« 怒りに対する最上の答え | トップページ | いわゆる頭のいい人 »