« いわゆる頭のいい人 | トップページ | 俳句の日 »

非核三原則の起こり

非核三原則の起こり

◎非核3原則は政策上の判断=法理論上は核保有可能-安倍首相
時事通信 2006/10/31-13:24 より
★★★ここから★★★

 安倍晋三首相は31日昼、中川昭一自民党政調会長が日本の核保有論に繰り返し言及していることについて「非核3原則で核保有を放棄している。政策上どういう判断をしているかが実際の政治行政の場で重要であり、法理論上は既に政府見解で述べている通りだ」と指摘し、核兵器は「必要最小限の自衛のための実力」に含まれるとした政府の憲法解釈を示しながらも、非核3原則を堅持していく方針を改めて示した。 
★★★ここまで★★★
 だそうです。

 非核三原則は、感情論であるという指摘を受けた事がありますが、ナンセンスな指摘だといわざるを得ませんし、非核三原則の起こりを知らないための指摘ではないかと思います。
 なので、非核三原則の起こりや根拠を示して見たいと思います。

 まず、日本政府が非核三原則を提示したのは、1967年の衆議院予算委員会です。
 野党に米国から返還の決まった小笠原諸島への核兵器再持ち込みの可能性について質問をうけたとき当時の佐藤栄作首相が、日本は「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」という三原則を示したわけです。
 で、翌1968年1月の施政方針演説でも、この三原則を示したわけです。

 それで、返還後の沖縄においても同原則が適用されるとされ、沖縄返還協定の付帯決議として、1971年に国会で「非核兵器ならびに沖縄米軍基地縮小に関する決議」として決議されたわけです。

 ご存知のとおり、非核三原則は法律ではないため、これ自体に法的な拘束力はありません。
 ただし、「核兵器を持たず、作らず」の日本独自の核保有に関する2項目については、1955年に締結された日米原子力協力協定や、それを受けた国内法の原子力基本法、及びIAEA、NPT等の批准で法的に禁止されているわけです。

 この非核三原則を示したことによって佐藤栄作は1974年にノーベル平和賞を受賞し単なる日本の主観のみならず、国際的にも認められることをしめしたわけです。
 さまざまな議論がなされ、自他共に認められる結果にいたっている非核三原則ですが、しばしば、非核三原則を感情論とする指摘の声がきかれます。
 これを単なる感情論とするのは、おそらく、非核三原則について理解されていないのではないかと推測します。  

★★★


呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。


呟き尾形の哲学手記
哲学をキーワードに更新しているblogです

直売花紀行
花を生産している直売所のblogです


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

 

|

« いわゆる頭のいい人 | トップページ | 俳句の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/16159491

この記事へのトラックバック一覧です: 非核三原則の起こり:

« いわゆる頭のいい人 | トップページ | 俳句の日 »