« 「不可能」の反対語は「可能」ではない | トップページ | 凱旋門の日 »

インパチェンス

P8180007


名称:インパチェンス  
別名:アフリカホウセンカ(アフリカ鳳仙花)  
原産地:アフリカ  
植物分類:1・2年草
耐寒温度:0 ℃
日照:屋外の半日陰 
   真夏は直射日光は避ける(乾燥・葉焼けに、弱い)
土質:水はけが良く、保水性のある土を好む 
   チッ素肥料が多いと、枝がふえすぎて、
   花つきが悪いうえ病気になりやすいので注意
水: 乾燥を嫌います。土の表面が乾いたら、たっぷりと与えます。
   ただし、越冬中は、ごく控えめにします。

●特徴及び栽培のポイント
 インパチェンスは、よく分枝し、枝先に次々と花をつけるので、花期は長くほぼ四季咲き性で、温度、日照、水、土質などの条件さえととのえば、常に花を咲かせてくれます。
 肉厚で濃緑の葉をもち、花は鮮やかで美しく、きらめくような光沢のある花弁が、半日陰に彩りを添えてくれる花です。
 花色は朱赤、紅、赤紫、桃、白に絞りなど多彩です。
 八重咲きもあり、斑入り品種もあります。
インパチェンスは、ホウセンカの仲間で、大きく膨らんだサヤをつまむとパチンとはじけます。
 多年草ですが、非耐寒性の宿根草であるために、日本では春播きの一年草として扱かわれています。
 そのため、4~5月に播種しますが花期に挿し芽でもふやせます。
 徒長芽は摘芯し、わき芽を多く出させるとこんもりと茂ります。
 風通しを良くしてあげましょう。
 インパチェンスは、一般的に夏の花壇の草花としてよく見かける花です。
 栽培は比較的かんたんで、色のバラエティーも豊富なので、苗も5月頃から出回ります。
 また、インパチェンスは、ハンギングに最適で、理想をいえば、まんべんなく日に当たるように3日に1度は向きを変えるといいのですが、まぁ、理想です。

●タネのまき方と管理
 発芽適温は高く、20度です。
 ですから、日本では、4~5月頃に保温した場所でタネを巻いたほうがいいでしょう。
 好光性種子で発芽に特に水分を必要とします。
 発芽が揃った時点で水を捨て普通の管理にします。
 本葉2~3枚でポットに1本ずつ根を切らないように仮り植えをするといいでしょう。
 鉢への定植は、堆肥や腐葉土を多めに入れ保水性の高い場所に株間20~30cmで植えるといいようです。
   
害虫
ダニ類(ホコリダニ)がつきやすく、先端部がいじけたように奇形葉化します。



呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。


呟き尾形の哲学手記
哲学をキーワードに更新しているblogです

直売花紀行
花を生産している直売所のblogです


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン



 ちなみに、

 をついに手に入れました。

 リモコンの扱いが慣れるまで時間がかかりますが、むしろ、それが新鮮で面白いです。

現在やっているのはゼルダの伝説 トライワイトプリンセス

 ゲームを進めるたびに新鮮さが体験できます。
 リンクの姿に戻り、背後アタックを習得しました。

 さぁ、ゾーラ族の王子を助けるぞ

|

« 「不可能」の反対語は「可能」ではない | トップページ | 凱旋門の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/15930765

この記事へのトラックバック一覧です: インパチェンス:

« 「不可能」の反対語は「可能」ではない | トップページ | 凱旋門の日 »