« 凱旋門の日 | トップページ | もっと軽い荷物にして欲しい、と祈ってはならない。 »

鈍感力というよりも、呑気で甘い認識の呑甘力

鈍感力というよりも、呑気で甘い認識の呑甘力

<小泉前首相>「鈍感力が大事だ」…政権運営に注文
(毎日新聞 02月20日 22:31)
★★★ここから★★★
 自民党の小泉純一郎前首相は20日、国会内で中川秀直幹事長、塩崎恭久官房長官らと会い、「目先のことに鈍感になれ。『鈍感力』が大事だ。支持率は上がったり下がったりするもの。いちいち気にするな」と、長期的な視点から政府・与党が一体で政権運営に当たるよう注文をつけた。「鈍感力」は作家、渡辺淳一氏が今月刊行したエッセーのタイトル。

 小泉氏が党幹事長室に立ち寄り、塩崎長官も遅れて同席した。中川氏は18日、安倍内閣の閣僚に緊張感が無いと苦言を呈したが、小泉氏は「閣僚はみんな一家言持っている。無理にまとめる必要はない」と中川氏を諭したという。高支持率の維持に成功した小泉氏だが、記者団に「(支持率は)40%でも30%でも十分だ」と語った。

 小泉氏の指摘について安倍晋三首相は20日夜、首相官邸で記者団に「小泉(前)総理らしい言葉だと思う。鈍感力というのは必要かもしれない」と語った。
★★★ここまで★★★
 だそうです。

 鈍感力とは、嫌なものを「ま、いっか」と許せるおおらかさや、皮肉を右から左へ聞き流せる要領のよさ、何があっても眠れるだけの精神的なたくましさなどの、結果的にプラスに働く鈍さのことです。

 小泉前総理大臣の言葉を聞いた、安倍現総理大臣は、
「小泉(前)総理らしい言葉だと思う。鈍感力というのは必要かもしれない」
 なんていいましたが、指摘されるまでもなく、安倍現総理大臣は超強力な鈍感力があると思います。

 と、いいますのも、安倍現総理大臣のように、離党した議員や「女性は生む機械」発言を「ま、いっか」と許せるおおらかさや、
「ワーキングプア」と呼ばれる正社員並みにフルタイムで働いても生活保護水準以下の収入しか得られない就業者が、格差社会の中で苦しんでいるという指摘をうけても、指摘を聞き流せる要領のよさや、何があっても北朝鮮には強気の精神的なたくましさなど、自分に都合のいい、利己的な鈍感力といえるでしょう。

 ただ、問題は、この鈍感力は、安倍現総理大臣には、プラスに働いても私たち国民には、マイナスになるということです。
 その結果が支持率です。

 支持率低下を、無視する鈍感力。
 格差社会はないという鈍感力。
 苦言を無視する鈍感力。
 なにより、国民の声を無視する鈍感力。

 どれも、見栄や虚栄心によるもので、それは、鈍感力というよりも、呑気で甘い認識だからこその呑甘力なんじゃないかと思うのです。

 で、小泉前総理大臣のおっしゃった鈍感力というのは、一度やると決めたものを意思貫徹するためのもので、何事も先送りするんじゃないよ。
 という意味だとはおもうんですが、自分の都合のわるいことについては、聞こえなくなる利己的な鈍感力の持ち主には通じているのかどうかは不安です。

 で、それをうらづけるような、小学生の学級会レベルの発言もあります。
<閣議>私語やめ起立 幹事長発言には反発の声
(毎日新聞 02月20日 20:01)
★★★ここから★★★
 政府は20日、国会内で閣議を開いたが、この日は安倍晋三首相が入室すると閣僚たちはいっせいに私語をやめ、立ち上がり「おはようございます」とあいさつした。一方で、中川秀直・自民党幹事長から忠誠心を疑問視されたことには記者会見などで不満や反発の声が相次いだ。

 塩崎恭久官房長官は「いつものようにやらせていただきました」と閣議後の記者会見で述べたが、これまでと違う緊張感が漂っていたのは明らか。久間章生防衛相は「(中川氏の発言は)いい刺激になったんじゃないか」と語った。

 一方で各閣僚は、中川氏から首相への忠誠心の欠如を指摘されたことについては「忠誠心を欠くことはない」(長勢甚遠法相)などと一斉に反論。中川氏に対して「一種の親心だと思うが、うるさく感じることもある」(渡辺喜美行政改革担当相)、「意図がよく分かんない。(首相の求心力が)落ちていると思ったことはない」(麻生太郎外相)など、神経を逆なでされた様子がありあり。「首相になったらお友達ではない。線を引かなきゃいけないという警鐘を鳴らしたのではないか」(甘利明経済産業相)との理解派は少数だった。
★★★ここまで★★★
 だそうです。

 注意されてきちんとして、いつもとかわらないと言い張るし、
「忠誠心を欠くことはない」(長勢甚遠法相)
「一種の親心だと思うが、うるさく感じることもある」(渡辺喜美行政改革担当相)
「意図がよく分かんない。(首相の求心力が)落ちていると思ったことはない」(麻生太郎外相)
 という反発の声。
 君ら小学生ですか、という印象があります。
 いえ、小学生が説教されたときの反論の質が非常ににているわけで・・・。

 他のニュースなんかには、私語といっても、その内容は、時間調整ができないから、重要なことについて、話していたんだなんてのもありましたが、それは、自らが仕事ができません。
 といっているようなものです。
 時間調整できないほど不幸率かつ現実的でない計画をし、重要な話を、別の会議や公演で、私語として話すなんて、不合理かつ最悪です。

 なんとも、小学生の学級会レベルに感じます。

 さらに、
■「言い過ぎた」が、必要なら「また言う」…中川幹事長(読売新聞 02月22日 18:31)
★★★ここから★★★
「言い過ぎた」が、必要なら「また言う」…中川幹事長
(読売新聞 - 02月22日 18:31)

 「ちょっと言い過ぎた」――。自民党の中川幹事長は22日、党本部で、安倍首相と会い、閣僚の忠誠心などを批判した自らの発言について陳謝した。

 首相は「心配には及ばない。(安倍内閣は)ちゃんとやっている」と笑顔で応じた。

 中川氏の発言に、首相は記者団からの質問に答えて不快感を示したほか、自民党内にも「逆効果」(片山参院幹事長)との批判が出ていた。中川氏は首相への謝罪で発言の沈静化を図ったと見られる。

 ただ、中川氏は「(必要なら)また言う」とも語った。
★★★ここまで★★★
 というニュースもありました。

 ここでも、見事に、呑甘力を発揮しています。
 いわゆる、鈍感力ならプラスに働きますが、鈍感力に対して、本来のの意味、つまり、気が利かないという鈍感は、あきれはてられ、マイナスに働きます。

 なぜそうなのかは、
リーダーとして不適格の可能性
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2007/07/post_8af7.html

失敗するリーダーは、苦言に耳を貸しません。
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2007/07/post_2cde.html
 にかきましたが、なんともかんとも、無礼とわかっていながら、○○殿と、一言言いたい気分ですが、無礼なことは思ってもいっちゃいけませんね。

 それにしても、今の日本の宰相は、本気で、中川氏がなにいいたいかわかってないんでしょうね・・・。

 
 


呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。


呟き尾形の哲学手記
哲学をキーワードに更新しているblogです

直売花紀行
花を生産している直売所のblogです


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン



 ちなみに、

 をついに手に入れました。

 リモコンの扱いが慣れるまで時間がかかりますが、むしろ、それが新鮮で面白いです。

現在やっているのはゼルダの伝説 トライワイトプリンセス

 ゲームを進めるたびに新鮮さが体験できます。
 リンクの姿に戻り、背後アタックを習得しました。

 さぁ、ゾーラ族の王子を助けるぞ

|

« 凱旋門の日 | トップページ | もっと軽い荷物にして欲しい、と祈ってはならない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/15934101

この記事へのトラックバック一覧です: 鈍感力というよりも、呑気で甘い認識の呑甘力:

» 鈍感力のこと [鈍感でもめげないぞ!]
中高年世代の恋愛のカリスマと呼ばれる渡辺淳一さんだそうですが、鈍感力を読んでみたら、色々と考えさせられました [続きを読む]

受信: 2007.09.13 15:54

« 凱旋門の日 | トップページ | もっと軽い荷物にして欲しい、と祈ってはならない。 »