« ブルトン | トップページ | 罪とは »

リーダーとして不適格の可能性

リーダーとして不適格の可能性


<中川自民幹事長>「忠誠心なき閣僚は去れ」講演で苦言呈す
(毎日新聞 - 02月18日 20:00)
★★★ここから★★★
 「安倍晋三首相が(閣議で)入室したときに起立できない、私語を慎めない政治家は美しい国づくり内閣にふさわしくない」。自民党の中川秀直幹事長は18日、仙台市で講演し、異例の厳しい表現で政権内の緊張感欠如に苦言を呈した。

 中川氏は「閣僚、官僚のスタッフには首相に対して絶対的な忠誠、自己犠牲の精神が求められる。首相の当選回数や、かつて仲良しグループだったかどうかは関係ない」と強調した。

 閣僚の相次ぐ失言や、正副官房長官、首相補佐官らの連携不足が首相の指導力発揮を妨げているとの党内の懸念を代弁した形だが、中川氏のボルテージは上がる一方。「自分が目立つことを最優先する政治家や、野党の追及が怖くて改革を進められない政治家は、内閣・首相官邸から去るべきだ。首相を先頭に一糸乱れぬ団結で最高峰を目指すべきだ」とぶち上げた。
★★★ここまで★★★
 だそうです。

 ポイントは二つですね。
 一つ目は、閣僚、官僚のスタッフが忠誠心をみせるべきは、総理大臣
よりも、主権者であること。
 二つ目は、小学生が注意されるようなレベルの注意を、受けざるを得
ないような状況が事実として存在したことです。

 まぁ、一つ目は、状況を懇意的に想定したとして、中川現自民幹事長
は、自民党という組織の気持ちを引き締めるための苦言でなんでしょう
から、とりあえず、保留します。

 実際、なんであれ、何かの組織のリーダーに、そのメンバーは従う
べきであるということは正論です。
 そうしなければ、大抵、その組織は維持できません。
 組織を、人間の体になぞらえれば、総理大臣というのは、大脳です。

 大脳の言う事を体が聞かなくなれば、大抵は自滅します。

 ですから、メンバーは、組織のリーダーに従うべきです。
 たとえば、何か班があったとして、班長などのリーダーにメンバー
は従う。
 これは、小学生でも理解できるレベルです。

 で、二つ目のポイントにおいて、
会議なり公演なりで、私語を慎むべきです。
 これも小学生でも理解できるレベルです。

 で、この2つ目の小学生が注意されるようなレベル
の注意を、受けざるを得ないような状況が事実として
存在したことは、結構、深刻な問題です。
 といいますのも、小学生レベルでも理解できるレベ
ルのことができていないメンバーの存在する組織が、
道徳を重視した教育改革をしようとしている問題
があります。

 安倍現総理大臣の教育に対する主張は正論だと思うし、
中川現自民幹事長のこの報道の中にある一部は正論だと
思います。

 が、正論だけではどうしようもありません。
 正論は行動がともなって、はじめて力をえるもの
なのです。
 そうでなければ、巧言令色の徒として、軽蔑の対象
となるからです。

 リーダーの説得力というのは、一貫性のある言動です。
言動とは、言葉と行動の両方であり、言葉だけではなく、
行動も必要なのです。

 まず、口で言うだけではなく、やってみせることが
なければいけないということで、組織に今回のような
現象がおきてしまう殆どの原因は、言う事だけは正しいが、
行動がともなっていなかったり、リーダーの言動に
一貫性が無い場合です。

 つまり、私語が慎めない現象を注意する苦言があった
ということは、メンバーが、リーダーを巧言令色の徒
と判断しているのか、一貫性の無いリーダーであると
判断しているからではないかという憶測が出来るわけで
す。

 どこぞやの企業のリーダーなら、勝手に自滅してくれ
といいたいところですが、大問題なのはこの日本全体
の奉仕者である公務員の行政担当の奉仕者のリーダー
が、巧言令色の徒である、ないし、一貫性のないリーダー
ではないかという疑いが生じます。
 つまり、安倍現総理大臣は、リーダーとして不適格の
可能性があるということです。

 ま、この疑いが事実だろうが、そうでなかろうが、確実に
いえるのは、日本の主権者は国民で、常識レベル
の礼節は、守って欲しいとは思います。

★★★


呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。


呟き尾形の哲学手記
哲学をキーワードに更新しているblogです

直売花紀行
花を生産している直売所のblogです


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン



 ちなみに、

 をついに手に入れました。

 リモコンの扱いが慣れるまで時間がかかりますが、むしろ、それが新鮮で面白いです。

現在やっているのはゼルダの伝説 トライワイトプリンセス

 ゲームを進めるたびに新鮮さが体験できます。
 リンクの姿に戻り、背後アタックを習得しました。

 さぁ、ゾーラ族の王子を助けるぞ

|

« ブルトン | トップページ | 罪とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/15862285

この記事へのトラックバック一覧です: リーダーとして不適格の可能性:

« ブルトン | トップページ | 罪とは »