« 行動のプログラムには危険や費用がともなう | トップページ | 友人の自由な会話 »

ルウム戦役(ガンダム0092)

こんにちわ。呟き尾形です。
 呟き尾形の自転ガンダム0092自転に追加した項目です。

---------
ルウム戦役

 コロニーお年の本来の標的であるジャブローの殲滅に失敗したジオン公国軍は、再びコロニー落としを目論んだ。
 その標的となったのが、これまで攻撃をかけられていなかったサイド5(別名ルウム)であった。
 連邦軍は、情報をキャッチし1月15日、主力艦隊を建て直し、サイド5宙域において徹底抗戦を展開した。
 ジオン軍は、作戦を成功させるためには、サイド5第11番コロニー「ワトホート」に対して核パルスエンジンを装着しなければならなかった。
 その作業部隊を護衛するために、少ない貴重な戦力を振り分けなければならなかった。
 しかし、連邦軍の主力に対して、少ない戦力では、苦戦を強いられるのは火を見るよりもあきらかだった。。
 ついに、痺れを切らしたジオン軍は核パルスエンジンの装着を断念し、全部隊を連邦艦隊の攻撃に差し向ける事となった。
 この総力戦において、ジオン軍は、ミノフスキー粒子によって、電子戦を封じられた連邦軍の宇宙戦艦はモビルスーツに対して有効な迎撃手段を持っていなかった。
 そのため、連邦軍が数倍の戦力を持っていながらも、レビル将軍の乗艦する旗艦(マゼラン級戦艦アナンケ)が大破。
 レビル将軍は脱出の際、ジオンのMS部隊「黒い三連星」の乗るザクIに拿捕され、捕虜となってしまう。

 後にルウム戦役と呼ばれるこの戦闘は、そのままジオン軍が数倍の戦力差をモビルスーツにより跳ね返し、連邦軍宇宙艦隊はほぼ壊滅させた。
 これにより、一応の戦術的勝利を得たジオン軍?であったが、同時に、多くのモビルスーツのパイロットを失った。
 これにより、ジオン軍?は、勝利を得たものの、二度目のコロニー落としという作戦は失敗に終わったのである。

 また、この戦いの際にジオン公国軍のシャア・アズナブル中尉が自身のパーソナルカラーである赤に塗装されたザクIIに搭乗し、地球連邦軍の戦闘艦艇5隻を撃沈するという戦績を上げているという話は有名である。
 これにより彼は二階級特進して少佐となった。それ以後、シャアは自機のパーソナルカラーから「赤い彗星」と呼ばれ、連邦軍に恐れられる事となる。



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 行動のプログラムには危険や費用がともなう | トップページ | 友人の自由な会話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/13887456

この記事へのトラックバック一覧です: ルウム戦役(ガンダム0092):

» 俺の事を「赤のシャア」と呼んでくれ! [機動戦士ガンダム]
機動戦士ガンダムと言っても たくさんあり、最近は"機動戦士ガンダムseed destiny"が人気しているが、本当の人気は アムロ、シャア・アズナブルのファーストガンダムだ! [続きを読む]

受信: 2007.02.23 07:48

« 行動のプログラムには危険や費用がともなう | トップページ | 友人の自由な会話 »