« 学問を楽しむ人 | トップページ | 何が本当に自分の利益であるか »

2007年度税制改正大綱の骨子に意義あり

 2007年度税制改正大綱の骨子というものがあります。
 概ね下記の通りと認識しています。
・減価償却制度を見直し、投資額は全額損金算入、ハイテク関連設備の耐用年数を短縮
・法人税の実効税率引き下げは中長期で検討
・証券投資への優遇措置延長
・エンゼル税制拡充
・住宅ローン減税延長
・財政再建に向け消費税増税を議論
・高齢者や女性の雇用を促す再チャレンジ税制を創設

 私の記憶では、安倍政権は格差を是正することを一つの課題としてあげていましたが、
格差是正になりそうなものは、高齢者や女性の雇用を促す再チャレンジ、税制を創設ですが、これも、企業の減税であり、格差是正をして欲しい側の人間には、なんら優遇がありません。
 国民が求めている格差是正は、いわゆる負け組みを奮起させる政治であって、いわゆる勝ち組を優遇する税制ではないはずです。
 これがとおってしまうと、安倍政権の格差是正は、大言壮語の竜頭蛇尾の結果に陥ってしまいます。

 とくに、現在の消費税は、消費税アップにおいて大問題なのは、生活必需品が消費税の課税対象になってしまうということです。
 「生活必需品課税」は、所得の低い人ほど負担が大きな、いわゆる負け組みを標的にした増税になります。
 所得の有無にかかわらず、同じ税率になりますから、所得が低い人ほど、苦しくなる仕組みの逆進性の税制度が、現在の消費税です。
 これは、格差是正とは矛盾する内容であると判断せざるを得ません。

 消費税について、議論する事を禁止するつもりは、ありませんが、消費税アップのさいは、いわゆる生活必需品は非課税にするべきだと考えます。

 つまり、格差是正を上げたうえでの消費税アップをするのであれば、逆進性の消費税の改革をする。というぐらいの事を言ってもらわないと、格差是正のための税制改革とはなりません。

 さて、消費税増税議論の理由が、財政再建だそうですが、 財政再建してほしいという声は、国民の声ではなく、予算がほしい官僚のた財政再建になってしまっています。
 必要ならばやむを得ないと判断しますが、報道では、汚職や無駄遣いの話題ばかりであり、納税する事に誇りがもてるほど、有効な使われ方はしていません。
 つまり、現在の財政は、とどのつまりは、役人の無駄遣いによるものが大きいのですから、翻訳すれば、目的は、官僚の無駄遣いを維持するための財政再建ということになりそうです。

 また、上記の骨子を見る限り、金融、保険、不動産部門の優遇ばかりしています。
 これは、そもそも逆で、、むしろ、財政再建するなら、大きな利益を上げている金融、保険、不動産部門の税負担を大きくするという方がずっと効果的です。

 また、多くの政策、施策は、現場にある問題に対して、現場の意見が取り入れられることなく、机上の空論による対策になっているので、まさに、無駄です。
 このような無駄がある限り、財政再建自体が無駄になります。

 さて、安倍総理が総裁選前に述べた言葉をまとめたものが、
安倍氏が総裁選前に述べた言葉
http://blogs.yahoo.co.jp/tubuyaki_o/19885563.html

 その後、安倍総理が、所信表明演説した内容をまとめたものが、
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/12/__afb6.html
 と、所信表明をのべました。

 その中で、

 ●政治理念
・額に汗して、勤勉に故郷を大切にする国民のための政治
・誰もがチャレンジできる社会作り
・自信と誇りを持てる美しい国日本の実現
・成長無くして財政再建なし
  という政治理念をもち、

●現在日本が抱えている、解決すべき問題
 ・格差社会
 ・少子高齢化
 ・教育問題
 ・労働意識を欠いた企業
 という日本の抱えている問題を解決するわけです。
 この中で格差社会を是正するために、消費税増税し、格差是正をして欲しい人に対する優遇をせず、そうでない人に優遇するような内容の税制改革になるというのは、どうやら、安倍政権は大言壮語の竜頭蛇尾政権と判断せざるを得なくなります。

 そうならないためにも、
 ・格差社会には、いわゆる負け組み優遇税制。
 ・少子高齢化には、育児産業を活性化する政策。
 ・教育問題には、教育の社会参画および、保護者の教育参加
 ・労働意識を欠いた企業には罰則を
 などの、問題の解決につながる対策を提案していくべきだと考えます。



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 学問を楽しむ人 | トップページ | 何が本当に自分の利益であるか »

コメント

[消費税増税 - 税率 10%, 16%, 18% or 30%?]
’07参院選:全候補者アンケート 消費税、自民「引き上げ論」74%-政党:MSN毎日インタラクティブ
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/20070714ddm003010048000c.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/images/20070714dd1dd7phj002000p_size8.jpg

財界や政府・自民党から消費税増税・法人税減税大合唱
http://www.toshoren.jp/Ctg-Toshoren_Undo_News/news2007_06/news2007_06-02.htm
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/3695/1184750808/
米国からの便り 消費税が16%?
http://kensirou2001.blog79.fc2.com/blog-entry-67.html
八国山だより 消費税を16%に
http://patience052.blog101.fc2.com/blog-entry-4.html

日本経団連意見書:「近い将来の税制改革」についての意見 消費税率引上げの展望
「消費税率を、第一段階として3%程度は引き上げるべき」
「消費税率を遅くとも2007年度までには10%とすべきである。」
「消費税で賄おうとすれば30%以上の税率」
「2025年度までの消費税率の増加を18%程度までに」

経団連の40億円の政治献金「斡旋」は何をもたらすか
3.(2)(i)② 消費税の税率引上げ
http://www.rikkyo.ne.jp/univ/hikita/JapaneseEconomy/2007/SEIJIKENKIN.pdf
http://www.rikkyo.ne.jp/univ/hikita/JapaneseEconomy/2007/SEIJIKENKIN.pdf#page=9
http://cs.koukokukaigisitsu.com/copy/5404

棄権は危険!そのわけは??
http://senkyo2.seesaa.net/
http://cs.koukokukaigisitsu.com/copy/5348
言戯: 選挙に行かない人って、バカだなあ。
http://maruccho.way-nifty.com/sobae/2004/07/post_19.html
http://cs.koukokukaigisitsu.com/copy/5353

投稿: No More Tax | 2007.07.22 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/13744658

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年度税制改正大綱の骨子に意義あり:

« 学問を楽しむ人 | トップページ | 何が本当に自分の利益であるか »