« 2006年2月5日 - 2006年2月11日 | トップページ | 2006年2月19日 - 2006年2月25日 »

「負けました」とはっきり言える人はプロでも強くなる

こんにちわ。呟き尾形です。

「負けました」といって頭を下げるのが正しい投了の仕方。
つらい瞬間です。でも「負けました」とはっきり言える人は
プロでも強くなる。これをいいかげんにしている人は上にいけません。
 ― 谷川 浩司 ― (棋士)

 人は、敗北によって、いろいろなものを失い、勝利から、いろいろなものを得る事ができます。

 一見、勝利は、何も失わなず、敗北からなにも得ないように見えます。

 しかし、勝利は確実に人から謙虚さを奪い、敗北からうたれ強い心の強さをえることができます。

 勝負の中で、言い訳することなく、負けを認めたとき、もっとも大きなものを得るものです。
 そして、これが出来ない人は、なかなか、強い心を得ることができません。

 強い心がなければ、なかなか、心から欲するものは得られないものです。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。

こんにちわ。呟き尾形です。

学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。
けれども、全部忘れてしまっても、その勉強の訓練の底に一つかみの砂金が
残っているものだ。これだ。これが貴いのだ。勉強しなければいかん。
 ― 太宰 治 ― (『正義と微笑』)

 なぜ、勉強をするのでしょう?
  勉強は楽しい事もありますが、辛く苦しい事もあります。
 勉強して憶えた事が直接役立つことなど稀です。
 その上、時間の経過とともに忘れてしまうものです。
 多くの若者は、きっと、勉強が無駄なものだと感じるかもしれません。
 なかなか、そこに意味や価値を見出すことはできません。
 だから、多くの若者は、問います。
 「なぜ、勉強するの?」

 多くの大人は、将来のためであり、いい大学に入って、いい会社に入る為だといいます。
 でも、その将来は、誰の為でしょう?
 自分のためであり、他の誰のためでもありません。

 が、しかし、勉強する若者の多くは、将来のことなど漠然としており、自分が何をしたいのかすら自覚できないことが多いでしょう。
 となれば、目的もわからずに勉強するということは、単なる苦痛にすらなるでしょうし、将来の自分の目標以外の勉強は不要だと考えるでしょう。

 それでは、勉強することは無意味なのでしょうか?
 それは、違います。
 勉強によって、得た知識が役立つのではなく、勉強という訓練を繰り返すことで、人は心が鍛えられるのです。
 そして、一つ一つの勉強は、一握りの砂金のごとくわずかですが、確実に心が鍛えられるのです。
 どのような目標をもつのであれ、鍛えられない心は、目標は達成しえません。
 だから、いつか見つかるであろう目標のために、勉強しなければならないのです。 

 もし、人が勉強をやめたとき、そこには退廃的な価値観しか生じません。
 退廃的な価値観をもてば、目標すらもてなくなり、目標を持つ幸せ、目標に挑戦する幸せ、目標を達成する幸せを必然的に失い、やがてすべての幸せを失います。
 これほど不幸な事はありません。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラナンキュラス(ピンク)

ラナンキュラスのピンクは、豪華でありながら、どこかかわいらしい雰囲気を出してくれます。
DSCF0161

ちなみに、風水でピンク色の花を北に飾ると、恋愛運の向上と信頼関係を強くするといわれています。

ラナンキュラスについて詳しくはこちらへ→ラナンキュラス


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

rananred02
rananred03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛の実体

こんにちわ。呟き尾形です。

怒涛に飛び込む思いで愛の言葉を叫ぶところに、
愛の実体があるのだ。
 ― 太宰 治 ―  (『新ハムレット』)

 口で言うだけで愛を語る事はたやすいことです。

 愛には、色も形も無いし、見る事も、触ることもできません。
 愛という言葉の音を耳にすることはできても、それが愛というわけでもありません。
 
 では、愛の実体とは、一体、何なのでしょうか?

 それは、愛ゆえの覚悟です。
 覚悟を持って、愛する人に尽くすことこそ、
 それこそが、愛の実体です。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裁判員になって被害をうけても泣き寝入りするしかないのか?(裁判員制度への質問状 12)

裁判員制度への質問状 12

 裁判員制度について、理解するために調べたところ、下記のような疑問がでてきました。
 一見とっぴょうしもない疑問だとは思います。
 しかしながら、冷静に実際に運用すれば、それほど特殊な条件でもなく、充分に現実にありうるとはおもいます。
 疑問とともに、私なりの私見を加えて書いてみました。
 すでに、メールにて、
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/iken.html
 へは送信し、法務省へも送付する旨の返信は返って来ました。
 実際、検討されるかどうかはわかりませんが、もしよろしければ、この記事を読みながら、疑問について考えていただければ幸いです。

 ちなみに、私の感じる、裁判員制度の問題点はこちらです。
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/02/post_19.html

-------------
Q・評議の期間中に、ストレスによって何らかの病気にかかったときはどのような対処になるのですか?

 裁判員は、被告の判決を下すという非常に大きなストレスのかかる可能性が高いと考えられます。
 さらに、裁判そのものが、一般人にとって非日常であり、とても緊張することが予想され、大きなストレスがかかると考えられます。
 このようなストレスに対する対策や裁判員に精神的な負担をかけない配慮はなされているのでしょうか?

 そして、ストレスによって、何らかの病気にかかったとき、どのような対処になるのでしょうか?

 現在、いろいろ裁判員制度について調べていますが、あまりにも裁判員になった人の負担が大きいのに対し、負担にならないようにする。
 と明記しておきながら、その負担についての具体的な対策が書かれていません。
 これは、裁判員について精神的な配慮をしていないこと、そして、そもそも一般人の気持ちを考えることなく、裁判員への思いやりをもつことなく、義務のみを押し付けようとしていると判断せざるを得ないようです。
 また、裁判員についての権利がいまひとつはっきりしていない部分が、裁判員イジメがされてもなんら対策がねられていないということです。

 つまり、評議の内容で、ひどい侮辱をうけた、精神的な苦痛をうけるなどのことがあっても、守秘義務によって、裁判によって訴えることができないということです。

 こうなってくると、実質、裁判員は、精神的な苦痛を与えられても、泣き寝入りするしかない。ということになります。

 これでは、正しい法律であるというよりも、悪法になります。
 法律は守るべきであるからこそ、悪法にならないようにきちんと、対策を寝るべきです。
 そこで提案です。

 裁判員が、評議において精神的な苦痛をうけるなど、何らかの被害があった場合、評議の責任者(裁判官)を解雇する権利をもたせるべきです。
 なぜなら、裁判員に過剰な負担をかけないという責任は誰でもなく、裁判官にあり、それができなければ、責任を果たせないわけですから。
 厳しすぎるかもしれませんが、そもそも、裁判官がやるべき仕事をすればいいだけの話です。
 やるべき仕事ができなければ、やむを得ませんし、それくらい裁判員は保護されるだけの責務を果たしているはずです。

 


疑問リスト

 裁判員に選ばれた人が失踪中、ないし連絡が取れなかった場合はどうなるのですか?

 地震などの天災による災害による、被害を理由に裁判員を辞退する事はできないのですか?

 評議中、裁判官の説明が難しすぎて、どうしても理解できないときはどうするのですか?

 評議中、裁判官の説明が、丁寧であっても、一般常識的な単語の意味と法律用語の意味の違いによって、まったく異なる文脈になることが予想され、それによる、誤解が生じる可能性についての対策は立てているのですか?
「例:悪意など」

 信じられないところから、個人情報が漏洩する時代です。万が一、裁判所から個人情報が漏洩した場合、裁判所はどのような責任をとるのでしょうか?

 裁判員の選任手続きにおいて、場外される条件の一つとして、理由を示さない不選任請求を受けたものというのは、どういうことですか?
 
 公判や評議中に、重くない病気(風邪など)ではあるものの、一般的に仕事を休むような症状のときは、どうなるのですか?

 仕事が忙しいものの、裁判所が辞退を認めず、それによって、損害が生じたとき、裁判所はどのような補償をする用意があるのですか?

 結婚式と裁判員である期間が重なったときはどうするのですか?

 経営者が裁判員になり、何日も裁判によって休んだときに、顧客に仕事を断られてしまった場合、どうなるのですか?

 投資家が裁判員になり、株取引が出来なくなってしまった場合はどうなるのですか?

 裁判官や法律の専門家が裁判員になることはあるのですか?


 妊婦の女性が裁判員に選任されるのですか?
 また、選任されたとして、辞退は可能ですか?

 裁判員に選任されたあとに、重いケガや病気にかかったときはどうなるのですか?

 健常者以外の方が裁判員になったとき(盲目、難聴など)の用意は万端ですか?

 骨折などのけが人は、裁判員を辞退できるのですか?

 裁判の結果に対して、裁判員の評価を記事にすることは可能ですか?

 
裁判員になることで、逆恨みされた場合はどうなるのですか?

 http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/11/post_5d93.html

万が一、専門家に法律のことを知らないために馬鹿にされた場合どうなるのですか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/11/post_5d93.html

マスコミにしつこく質問、かつ狡猾に質問されて、結果的に秘密が漏れてしまった場合、マスコミに責任はないのですか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/11/post_4aa5.html

裁判員に対して,その仕事に関して頼み事をする行為というのは、マスコミのインタビューも含まれますか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/11/post_8a96.html

裁判員になり、守秘義務をまもりつつも、裁判員であることを隠して、裁判についての個人的意見を述べる事は禁止されますか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/11/post_9b26.html

自分が裁判員であることを、自分の意思で言うことに、なんら問題はありませんか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/12/post_6c43.html

評議のとき、裁判員がメモを取る事は許されますか?
そのメモが不慮の事後により、外部に流出したときはどうなるのですか?

http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/12/post_70f9.html

裁判員や裁判員であった、親族以外の大切な人(恋人や友人)を脅した場合は処罰されないのですか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/01/post_d9cd.html

直接秘密は守ったが、言葉の端々から、憶測や推測がたまたま当たっていて、結果的に秘密が漏れてしまったような形になった場合はどうなるのですか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/01/post_cd49.html

「評議」を決めるとき、全員一致なのか、多数決であったのか? ということについては明確にされるのですか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/01/post_c6af.html

出張などにより、外国にいた場合、裁判員は辞退出来ないのですか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/01/post_e82c.html



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (1) | トラックバック (2)

どこまで行けるかを知る方法

こんにちわ。呟き尾形です。

どこまで行けるかを知る方法はただ一つ、
出発して歩き始めることだ。
 ― アンリ・ベルクソン ― (フランス哲学者)

 どこまでいけるのか?
 人の話でもわかるものでもありません。
 ましてや本にも書いてありません。
 どもまでいけるのか、というのは、いろいろ考えてもわかるものではありません。

 なぜなら、人は全知ではなく、すべての事柄を想定することなどできないからです。

 しかし、それでも、たった一つの方法があります。
 考えることをやめて実行することです。

 何事もやってみなければわかりません。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラナンキュラス(赤)

こんにちわ。呟き尾形です。

 ラナンキュラスは黄色が多いですが、赤もバラのように綺麗です。
rananred01

 ちなみに、風水では、赤い花を東に飾ると仕事運あがったり、情報が入りやすくなるとか。

ラナンキュラスについて詳しくはこちらへ→ラナンキュラス


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

rananred02
rananred03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勇気とは不安をコントロールすることだ

こんにちわ。呟き尾形です。

勇気とは不安を感じないことではない。
勇気とは不安をコントロールすることだ。
 ― マーク・トゥエイン ― (アメリカ小説家)

 勇気という言葉の類語に蛮勇なんて言葉があります。
 蛮勇とは、向こう見ずの勇ましさのことです。
 つまり、結果がどうなるかも考えずに行動を起こすことです。

 不安は、これから先のことを考えるからこそ、発生する恐れだといえるでしょうし、先の事を考えれば誰でも不安になるのは必然です。

 勇気は、物事を恐れない強い心のことを指しますが、蛮勇とは違います。

 蛮勇は、先の事を考えないからこそ、不安を感知できないのに対し、勇気は、その不安を不安として感知した上で、それを乗り越える強い心が必要なのです。
 だからこそ、不安を知らない勇気など存在せず、不安をコントロールできてこそ、勇気があるのだといえるのです。
 ★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムーシコスのバイオリン 1(呟き尾形の創作童話)

呟き尾形の創作童話・小説

 呟き尾形の創作童話・小説は、私、呟き尾形が創作した童話や小説を掲載するコンテンツです。
 既存の童話や小説や新たにかいたものも気まぐれにアップしていく予定です。

 私、呟き尾形が初めて書いた童話です。

-----------

ムーシコスのバイオリン 1

さて、今日はどんなお話をしましょうか?
 おや?
 何の音でしょうか?
 何も聞こえませんか?
 そんなことはないはずですよ。耳を澄ませて・・・。
 聞こえませんか? 白い時計塔の銀色の鐘の音が。ちょうどいいですね。
今日は白い時計塔がある村に住んでいるバイオリン弾きの話をしましょう。
銀色の鐘の音が聞こえたあなたに、聞こえなかったあなたにも。

 昔々のさらに昔。白い時計塔のある村がありました。村の真ん中に大き
な白い時計塔が建っていて、時計塔は朝と昼と夕方の3回、鐘の音を鳴ら
すのでした。
 おそろしい魔獣レオーは、白い時計塔がお気に入りでした。レオーは前
ぶれもなくやって来て、白い時計塔の鐘の音を聞きにやってきました。で
も、機嫌が悪いと、村で暴れまわり村人を困らせていました。
 そんな乱暴な魔獣レオーでしたが、音楽を聴くと機嫌が直りました。村
の人たちは、音楽隊を組んで魔獣レオーの機嫌を取ろうとしました。
 村で一番音楽のことを好きなムーシコスは、音楽隊が組まれる話が出る
と、一番初めに音楽隊に入りました。
 ムーシコスは、普段は仲のいい兄弟とお話をするかのように毎日バイオ
リンを弾
いていました。たまにバイオリンとケンカしてしまう日は、隣のおばさん
に怒られてしまいます。そのときはしょんぼりしていても、次の日にはこ
りずにバイオリンを弾いてしまうのです。
 でも、ムーシコスは不器用だったので、練習中に後から音楽隊に入って
きた者より間違えが多く、よく指揮者に怒られてしまいます。
「おいおい、ムーシコス君。何回言えばいいんだい? 君の頭の中は鶏く
らいの脳ミソぐらいしかないのかい?それとも君の耳の穴はほらあなみた
いに空洞なのかい?」
「ごめんよ、アロペクス。分かっているんだよ。でも・・・」
「なんだい? ムーシコス君。君は指揮者である僕に逆らうのかい?」
 他の音楽隊の隊員は、指揮者のアロペクスに怒られているムーシコスを、
見て見ぬふりしていました。ムーシコスをかばって自分も怒られたくない
からです。
「ウオッホン! 準備はいいかい?」
 アロペクスは咳払いをしてから、両手いっぱいに指揮棒を振り上げまし
た。指揮棒に合わせて演奏が始まります。
 周りのバイオリンは、アロペクスの思う通りに弾けましたが、ムーシコ
スはあまりうまく弾けません。結局ムーシコスは仲間外れのまま曲は終わ
ってしまいました。
「ウオッホン! 今日はここまでにしましょう。
 それからみなさん。音楽は耳で聞くだけじゃありません。体全体で聞く
んですよ。
 ですから歌を歌うときは声だけじゃなく、心も音にのせればいいのです。
楽器も同じです。各自の楽器の手入れをしてから解散して下さい」
 音楽隊の練習は白い時計塔の日暮れの鐘で終わりを告げます。
(僕は音楽が好きで音楽隊に入ったけど、練習ではなんだか息がつまるな)
 ムーシコスはバイオリンをケースにしまいながら思いました。
「ねぇみんな! 今日は練習おしまい? じゃぁ私の歌に合わせて楽器を
弾いてよ。
 同じ曲ばっかり聴いててあきちゃった」
透き通るような声が白い時計塔の方から聞こえてきました。音楽隊の人
たちはみんな時計塔の方を見ました。
「ここよここ! どこ見ているの?」
 音楽隊の人たちは一斉に声のする方を見ました。声のしたところには白
い時計塔の隣にある樹の上あたりからです。
 その樹の枝に座って、音楽隊の人たちに手を振る女の子がいました。
 女の子はそこから飛び降りて、音楽隊の人たちのいる方に走ってきます。
「こんにちわ。私はリムネー。そこにいるアロペクスのいとこよ」
 リムネーがそう言うと音楽隊の人たちは一斉にアロペクスを見ます。ア
ロペクスは困ったような顔をしていましたが、一つ咳払いをしてごまかし
ました。
「アハハ! アロペクスったら、きどっちゃって」
「リムネー。よけいなことは言わなくてよろしい」
 アロペクスはリムネーに注意の言葉が出てきますが、視線はリムネーか
らずれています。
「なぁにが『よけいなことを言わなくてよろしいよ』よ」
 リムネーは、両手を腰に当ててアロペクスの口調をまねて言い返します。
隊員の何人かは思わず吹き出しますが、アロペクスが睨みつけて吹き出し
た隊員は、あわてて顔を背けます。
 それでもムーシコスがクスクス笑っていると、ツカツカとアロペクスが
歩いてました。
「ムーシコス君。君は明日から来なくてよろしい」
 隊員はそれをあわてて聞こえても聞かないふりをして楽器のかたづけを
続けました。ムーシコスの顔は蒼くなりました。
「な、なんでさアロペクス」
「君には音楽の才能がない。何度も注意したことはまるでダメ。君がいる
と音楽隊の合奏の微妙なバランスが崩れてしまうんだよ。いいかい。私は
君が私のことを馬鹿にしたように笑ったからこんな事を言ったんじゃない。
音楽隊のみんなと君のためにも言ったんだ」
「そんなひどいよ。僕は僕の音楽を弾きたいだけなんだ」ムーシコスは叫
びました。
「だったらなおさら、君は音楽隊で合奏する必要はありません。君だけの
音楽を弾きたければ君一人で弾けばよろしい」
「アロペクス! それは何でも言い過ぎよ。確かにこのバイオリン弾きさ
んはおせじにも上手じゃないけど、バイオリン弾きさんの弾くバイオリン
には何か引きつけられるものがあるわ。それが分からないあなたじゃない
でしょう? アロペクス」
 リムネーは、見るに見かねて思わず口を出します。
「リムネー。黙ってなさい。私は音楽隊の指揮者をしていてムーシコスは、
白い時計塔音楽隊の音楽にあっていないと言っているだけなんだ」
アロペクスはリムネーをなだめるように優しく言いました。
「なによ、アロペクスの頑固者の分からず屋!」
 リムネーはそう言ってからアッカンベーをしました。
「もうやめてくれ。僕がいなければ良いんだろう。アロペクス。みんな。
僕は今日から白い時計塔音楽隊を辞めるよ」
 ムーシコスは自分に言い聞かせるように言ってから、トボトボと歩いて
行きました。
「なによ。あんなに上手音楽ができる人たちだからいい人ばっかりだと思
っていたのに、みんな・・・みんな、だいっ嫌い」
 リムネーはアロペクスにアッカンベーをしてからムーシコスを追いかけ
ました。

「ふぅ。ちくしょうアロペクスの奴いい気になって・・・」
 ムーシコスは独り言を言いながら、バイオリンを大事そうに抱えて家へ
逃げるように帰りました。ムーシコスは心の奥底からアロペクスに言われ
たことがとても悔しかったのです。
 確かに、ムーシコスは自分の弾くバイオリンがおせじにもうまいとは言
えません。
 でも、あれだけはっきり言われると、腹が立ってしょうがありませんで
した。
「ムーシコスさーん」
 ぶつぶつ言うムーシコスの後ろからリムネーが声をかけます。ムーシコ
スは立ち止まり振り返りました。
「ハァハァ、ムーシコスさん。ごめんね」
「何で、君が僕にあやまるんだい? 君は何も悪いことはしていないだろ
う?」
「アハハ、その通りね。でもアロペクスの奴あんまりひどいこと言うんで
すもの。
 あんな失礼なことを言う親戚がいたら身内の恥ですもの。だから謝るの」
「う~ん、そんなものなのかなぁ」ムーシコスは首を傾げます。
「そんなものなの。
 でね、アロペクスのいる音楽隊なんかすっぱり縁を切っちゃって、私の
歌の伴奏をしてくれない?」照れくさそうにリムネーがモジモジ言いまし
た。
「え? 僕でいいのかい?」
「もちろんよ。言ったでしょ。あなたは確かにあまり上手じゃないけど、
あなたのバイオリンは何か惹き付けられるの。私も合奏みたいなことは上
手にできないたちなの。似たもの同士だと思わない?」
「僕、ムーシコス」ムーシコスはそう言って右手を差し出しました。
「私はリムネー」バイオリン弾きと少女は握手をしました。
「エヘ、ああ、やっぱり願い事って、自分から何かしないかなわないのね。
私の願い事はね、私と一緒に歌を歌ってくれたり楽器を弾いてくれる友達
をつくることなの。でも、やっと今、見つかったわ」
「ふ~ん」ムーシコスは分かったような分からないような顔をしました。
「伝説の銀のペンダントが無くても願い事が叶うのね。ああ、銀のペンダ
ントってね、そのペンダントを持つ人の願い事を叶えてくれるペンダント
なの」
「へぇ」
 ムーシコスは銀のペンダントについて、好奇心がくすぐられて、伝説の
銀のペンダントについて質問しようと言葉を選んでいた矢先に、リムネー
が次の言葉を続けます。
「じゃぁ、明日からさっそく始めましょう。白い時計塔の下で待ち合わせ
をしましょう。時間は3回目の鐘が鳴る頃」
「あ、うん。いいよ」
 ムーシコスはまた会えるのだからと銀のペンダントについての質問は次
の機会にすることにしました。
「ああ、なんだか明日がとても楽しみ。じゃぁねムーシコス」
 リムネーは手を振って走って帰っていきました。ムーシコスも手を振っ
てリムネーを見送りました。
 さて、指揮者のアロペクスとケンカしてしまい、音楽隊をやめさせられ
たムーシコス。とはいえ、音楽隊をやめたからこそ、リムネーという友達
ができました。
 人生万事塞翁が馬といいますが、これからムーシコスはどうなるのでし
ょうか?

 

★★★ムーシコスとクニークルスの座談会

「どうなっちゃうのかなぁ。僕・・・」
 それは次回のお楽しみ。まぁ、明日は明日の風が吹くよ。
 え? 僕は誰かって? それも次回のおたのしみ。

 ※この作品は、白い時計塔のある村の
http://homepage2.nifty.com/SON/DOUWA/DOUWA11.htm
 に掲載されている作品です。

 ムーシコスのバイオリン 2へ
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/02/2_921d.html

----------------


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リーダーシップは賢さに支えられるものではない。

こんにちわ。呟き尾形です。

リーダーシップは賢さに支えられるものではない。
一貫性に支えられるものである。
 ― ドラッカー ― (『プロフェッショナルの条件』)

 リーダーシップとは、指導力や統率力のことです。
 指導力とは、組織の目的を果たすため、メンバーを導くことです。
 統率力とは、組織のメンバーに指揮して、組織を統一ある動きをさせる能力のことです。

 では、この能力に必要なものは何でしょうか?
 誰にも負けない強さでしょうか?
 ことを上手くはこばせる賢さでしょうか?
 物事を恐れない強い心をもつ勇気でしょうか?

 どれも、メンバーの信頼をかち得る能力ですが、リーダーシップを支えるものではありません。

 リーダーシップを支えるものは一貫性です。
 強さがあっても、一貫性がない乱暴者には、誰もついてきません。
 賢さがあっても、一貫性の無いずる賢い者には、誰もついてきません。
 勇気があっても、一貫性のない無謀な者には、だれもついてきません。
 一貫性さえあれば、人はついてきます。
 
 では、その一貫性何に支えられるのでしょう?
 最初から最後まで矛盾がなく、同じ態度を持続させる理念こそ、リーダーシップを支えるものです。
 

ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペニシリン記念日

ペニシリン記念日

 1941年の2月12日。
 イギリスのオックスフォード大学付属病院で、世界で初めてペニシリンの臨床実験に成功したことから記念日となりました。
 このペニシリンとは、1929年、アレクサンダー・フレミングが発見され、世界初の抗生物質です。
 フレミングは、ブドウ球菌の培養実験中にコンタミネーションにより生じたアオカビのコロニーの周囲にブドウ球菌の生育が阻止される領域が生じる現象を発見したことがキッカケだったといわれています。
 フレミングはこの事象を、アオカビが産生する物質が細菌を溶かしたものと考えました。
 そして、アオカビを液体培養した後のろ液にも同じ活性があることを突き止めました。
 フレミングは、この物質のことを、アオカビの学名にちなんでペニシリンと名付けます。
 このペニシリンは、発見後、医療用として実用化されるまでには10年以上の歳月を要しました。
 ペニシリンを医療用として実用化するのにいたったのは、1940年にH.W.フローリーとE.B. チェインでした。
 そして、翌年、1941年(昭和16年)にイギリスのオックスフォード大学附属病院が世界ではじめてペニシリンの臨床実験に成功したのでした。
 この、ペニシリンの実用化は感染症の臨床治療を一変させることになります。
 事実、第二次世界大戦中に多くの戦傷者を感染症から救いました。
 それ以来、種々の誘導体(ペニシリン系抗生物質)が開発され、医療現場に提供されていきます。
 この功績によりフレミング、フローリー、チェインには1945年にノーベル医学・生理学賞が授与されたそうです。

 また、現代においても、ペニシリンの発見は、現在の抗菌剤が開発される礎を築いたものであり、20世紀における偉大な発見の一つとして数え上げられることがあります。

 このペニシリンの効果は、発見当初、溶菌だと考えられていました。
 しかし、実際は、ペニシリンが病原菌に対して発育阻止をするもので、細菌だけが持つ細胞壁の合成を特異的に阻害する薬剤でした。
 この細胞壁は、細菌の生存に必須な構造であるが人を含めた真核生物には存在しません。
 そのため、ペニシリンは細菌に対する選択毒性が高く、ヒトに対する毒性は低いということになります。
 この点においてペニシリンは、すでに既存の薬剤よりも、はるかに優れていた。
 ということがいえます。

 さて、ここからは、サイトの更新情報です。
 今回は、呟き尾形の色の心理学 第43回、ファッションとダークカラーを更新しました。
 ダークカラーの配色について書きました。
 次に、呟き尾形のフロイトの精神分析ファイルを更新しました。
 人間にあって、動物にないものについて書きました。
 次に相互リンク集TS Lab を追加しました。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月5日 - 2006年2月11日 | トップページ | 2006年2月19日 - 2006年2月25日 »