« 2006年7月30日 - 2006年8月5日 | トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »

攻殻機動隊で哲学

 攻殻機動隊で哲学

 こんにちわ。呟き尾形です。
 『攻殻機動隊』というアニメ(漫画)はご存知でしょうか?
 『攻殻機動隊』は面白く、克、哲学的思考を刺激する作品だと思います。
 どこが?
 ですって?
 それは見てのお楽しみですが、それは、『私は誰?』の問いを繰り返し問い掛けているのです。
 とりあえず、例を出してみましょう。偽の情報を疑似体験させられ、現実世界でそれを真実だと確信している人すら存在しています。
 そのワンシーンです。
----------------------------------------------------
 暗い取調室にスタンドライトだけがひかって青白く男を照らしている。
「疑似体験ってどういうことですか?」と男。
「だから奥さんも娘も離婚も浮気も全部偽者の記憶で夢のようなものなんです。
 あなたは何者かに利用されて政府関係者にゴーストハックを仕掛けていたんです
よ」淡々とした口調で男の容疑を説明する刑事。
「そんな・・・、まさか!」呆然としたまま応える男。
「あんたのアパートに行って着たんだ。誰もいやしない独り者の部屋だ」
「だからあの部屋は別居のために借りたアパートで・・・」
 刑事の言葉を否定する男。
「あんたはあの部屋でもう10年以上も暮らしているんだよ!」テレビの風景が奥さんと思われる映像が写り、それが架空のものであることを無言であることを強調されつつ、テレビは無意味なCMに入り、刑事は言葉を続ける「奥さんも子供のいやしない! あんたの頭の中にだけ存在する家族なんだよ!
 御覧なさい。貴方が同僚に見せようとしていた写真だ」
 刑事は1枚の写真を男に手渡すと、男は信じられないと言った表情で写真を凝視すした。
「・・・誰が写っています?」
 刑事は無機質な声で質問をする。その写真には、男だけが写っていた。
「確かに写っていたんだ。
 オレの娘・・・まるで天使のように笑って」
「その奥さんの名前は?
 奥さんとはいつどこで知り合い何年前に結婚しました?
 そこに写っているのは誰と誰です?」
「そのウソの夢。どうやったら消せるんです?」
 写真を凝視しながら男は呟くように刑事に質問したが、刑事は首を横に振った。
----------------------------------------------------

 紹介が長くなりましたが、このように、疑似体験も夢も存在する情報は全て現実であり、そして幻でしかないわけです。
 それを踏まえると、自分の認識する上で、記憶は自分を認識する証拠にすらなりえないわけです。

 特に、
 1・自分の身体
 2・自分の声
 3・記憶
 4・予感
 と上記の4つが、自分というものを認識するために必要な要素だと言っています。
 そして、攻殻機動隊の主人公の草薙素子は、上記の4つの内、自分の身体、自分の声、記憶が証拠になりえない状況が成立してしまうわけです。
 自分の身体は(主人公の場合)他人によって造られるものですし、今の自分の声は引用に登場した男のように記憶によっていくらでも捻じ曲げられる。さらに、引用文にあったように、記憶は現実でありながらも幻であることだとすれば、自分を認識するために必要なものの内3つは、決定的な判断材料にならないということになります。
 だとすれば、『私は誰?』という問いに対する応えの根拠はもしかすると、予感のみに限られてしまうかもしれません 皆さんのご意見をお聞きしてみたいです。

 もっとも、私の場合、自分の身体は自分以外の何者でもないと思ってしまうため、草薙素子がいわゆるサイボーグであるという前提であり、自分もそうであったならと考えた場合ですけどね。

★★★そこに写っているのは誰と誰です? で アフィリエイト★★★
 どうも、アクセス解析していると、「そこに写っているのは誰と誰です?」というキーワード で、検索されているらしいです。
 そこで、該当しそうな記事をリンクしておくことにしました。
攻殻機動隊で哲学
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/08/post_57e9.html

 名言おみくじで、悩み事を解消しましょう!!!


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最善の解決策

こんにちわ。呟き尾形です。

最善の解決策は常に最も単純な解決策である。
 ─ オッカム ─ (英 哲学者)

 解決策というものは、問題に何らかの形で、決着をつける処置や手段のことです。

 問題とは、厄介な事であり、目的を妨げる障害です。
 問題をほおって置けば、問題は大きくなるばかりです。

 ところで、この問題。
 複雑な問題であればあるほど、原因は単純なもので、当たり前のことができていないから問題になる場合が殆どです。

 最善の解決策とは、問題の原因に対して解決する処置や手段を講ずることです。
 つまり、問題の原因に対して、当たり前の処置や手段を講ずれば、問題は解決できるということです。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムーシコスのバイオリン 最終話(呟き尾形の創作童話)

呟き尾形の創作童話・小説

 呟き尾形の創作童話・小説は、私、呟き尾形が創作した童話や小説を掲載するコンテンツです。
 既存の童話や小説や新たにかいたものも気まぐれにアップしていく予定です。

 私、呟き尾形が初めて書いた童話です。
 このページは最終話です。
 第1話から読まれたい方は ムーシコスのバイオリン 1 へ

ムーシコスのバイオリン 9 へ戻る

-----------

ムーシコスのバイオリン 最終話

  さて、コヨーテに飲み込まれたムーシコス。いったいどうなるのでしょう
か?

 飲み込まれたムーシコスは、コヨーテの胃の中に落ちました。そしてそこに
は何人かの傷ついた犬の兵士とエクウスとヒュースがいました。ヒュースは今
にも消えてしまいそうなろうそくの火のように弱っています。
「大丈夫かい?ヒュース君」
「ムーシコス。ムーシコスなのかブー」
「そうだよ。僕もコヨーテに飲み込まれちゃったんだ。でもヒュース君はまだ
死んでいなかったんだね」
「でも、もうすぐ俺はコヨーテの一部になってコヨーテになってしまうブー」
「どう言うことだい?」
「消化されるのさブー。もう消化されかかってるブー。だから俺はコヨーテの
見ること感じることが少しづつわかってくるブー。そして、いつか同じように
考えるブー」
「じゃぁ、ヒュース君がヒュース君じゃなくなっちゃうのかい?ヒュース君が
コヨーテになっちゃうの?エクウスも僕もここにいるみんなも」
「そうだブー」
「そんなのやだよ」
「・・・しかたないブー」
「何とかできないのかな」
 そんなやりとりをしていると聞き覚えのある笑い声が聞こえてきました。凍
らない湖で出会ったラクスの笑い声です。
「アハハ。やっぱりあなたたちを見ていると飽きないわ」
 ラクスの声だけで姿はどこにもありません。
「ラクスさん?どこにいるんだい?」
「言ったでしょ。私には元々決まった形がないって。それにあなたが城に行く
ことが、私を城に連れていくことだってことを。
 ところでヒュースさん。あなたは知っているはずよ。ここから出る方法を」
「そうなのかい?ヒュース君」
「・・・知ってるブー。でも、このままの方がいいような気がするブー。だっ
てここから出ても俺はどうせ小間使ブー。だったらこのコヨーテと一緒に暴れ
回りたいブー」
「そ、そんなヒュース君。それは違うよ。うまく言えないけどそれは違うよ」
「ふん、俺の気持ちは分からないブー」
「そうね。あなたのような意気地なしの気持ちは分からないわ」
 ラクスが冷たく突き放しました。
「そんな、ひどいよラクスさん。僕には少しだけど分かるような気がする。
ヒュース君は、ヒュース君は周りの人に認めて欲しいんだ。どんなことでもい
い。ただ同じ立場の人として認めて欲しいんだ。でも周りのみんなが認めてく
れない。たったそれだけなんだ」
「・・・音ブー。大きな音を出せばいいブー」
 蚊の鳴くような声でヒュースは言いました。
「音・・・そうか!ありがとうヒュース君!」
 ムーシコスはさっそくバイオリンを弾き始めました。クニークルスから受け
取った銀色のペンダントも光りだして、銀のペンダントとバイオリンが一つに
なり、バイオリンは銀色のバイオリンになりました。銀色のバイオリンはいつ
もより大きな音を出してコヨーテの胃の中に響きました。それは白い時計塔の
鐘の音のように大きくて綺麗な音でした。
 バイオリンの音はコヨーテの胃の中を響きわたり、胃の中の壁が音でふるえ
始めました。バイオリンの音は雑音から音楽に変わっていきました。
「うが!いでぇ!いでぇ!腹がいでえぇ」
 コヨーテは満腹の腹を抱えて苦しみ始めました。おなかからバイオリンの音
が聞こえてきます。コヨーテのおなかは風船が膨らむように膨らんでいきま
す。
「だじげでえぇぇぇ」
 どんどん大きくなるコヨーテの腹はついに空気の入れすぎた風船のように破
裂してしまいました。一部始終見ていたクニークルスはただ唖然としていまし
た。ヒュースと数人の犬の兵士が、倒れ込んでいました。そしてムーシコスが
水に包まれバイオリンを弾いていました。水はムーシコスつれてを謁見の間の
方へ飛んでいきます。に雄々しいたてがみをなでながらいいました。

「う~ん。なんだぁ」
 クニークルスは口をポカンとあけて立ち尽くしていました。

 謁見の間ではウルペースの幻舞が終わろうとしていました。するとバイオ
リンの音が語りかけてきます。ウルペースはバイオリンの音に合わせて違
う舞いを始めました。すでにそこは銀色の音が舞踏会の主役になっていま
す。バイオリンの銀色の音が舞い、狐の幻舞が伴奏です。やがて舞踏会
で踊る七色の音がぽつりぽつりと増えてきます。
 白い時計塔音楽隊の演奏です。
「す、すばらしい」
 レオーは思わず言いました。
「音が、音楽が見えるぞ。音楽が舞っているぞ」
 やがて舞踏会は終わりました。そこにいるみんなは全く同じ想いに浸っていました。
目覚めるときに見る夢のように、それぞれの想いはそれぞれの体に戻りました。そし
てみんなの耳の奥底にムーシコスのバイオリンが残りました。
「すばらしい」
 レオーは他の言葉が考えつきませんでした。ムーシコスはただ深々と礼をしました。
レオーは満足そうにうなずきました。そのときそこは、拍手でいっぱいになりました。拍
手はしばらく続きました。拍手がやんだ頃、皆それぞれ満足しました。
「すばらしいぞ。白い時計塔のある村の音楽隊。特にバイオリン弾き。汝らに礼を言う
ぞ。褒美に取らすぞ」
 レオーは満足そうに雄々しいたてがみをなでながらいいました。
「それでは、我々白い時計塔音楽隊はこのレオーの城の専属の音楽隊になりたいの
です」
 アロペクスが音楽隊を代表して言いました。
「おお!それは願ってもないことだ。これよりおまえ達は白い時計塔音楽隊改め、黄金
のレオー音楽隊と名乗るが良い」
 レオーがそう言うと、白い時計塔音楽隊の楽器はすべて黄金に染まりました。
「このアロペクス、音楽隊を代表してお礼を申し上げたいと思います」
「なに。礼にはおよばん。余の専属の音楽隊だ。一流の楽器を持って一流の演奏をして
もらわねばな」
 レオーはまた満足そうに雄々しいたてがみをなでながら言いました。
「あ、あの」
「なんだ?バイオリン弾き」
「わ、私は家に帰りたいのです」
「何を申す?ここは嫌いか?」
「いいえ。ここはすばらしいところです。できれば一生ここにいたいと思いま
す。でも、でもここは私のいるところではないのです。私はここに来るまで音
楽隊に居場所がなかったように思いました。でも私にとって音楽隊にいるべき
場所なのです」
「指揮者がここに残るというのだぞ。ここに仲間が残るのだぞ」
「違うのです。私は白い時計塔のある村でバイオリンを弾きたいのです。それ
にある人との約束を守らなければなりません」
「・・・そうか。そこまで言うのなら仕方がない。ときどきここにバイオリン
 を聞かせに来てくれぬか」
「それは喜んで!」
「そうか。礼を言うぞ。帰る前にもう一曲演奏を聴こうか」
 レオーが言うと、アロペクスが指揮棒を大きく構えました。黄金のレオー音
楽隊は新しい楽器でムーシコスの新しい門出を祝い演奏しました。それぞれの
楽器は透き通るような音を出しました。
 ムーシコスも音楽隊の演奏に答えるかのように黄金のバイオリンを弾き始め
ました。でも、綺麗な音が出せても、満足のいく演奏ができません。黄金のバ
イオリンは語りかけても答えてくれません。
『バイオリン君。バイオリン君。どうしたんだい?』
『・・・・』
『違う。このバイオリンは僕のバイオリンではない』
 ムーシコスは曲の途中で演奏をやめてしまいました。
「どうした?バイオリン弾き」
 音楽隊の演奏はレオーの言葉でピタリと止まり、針を落とした音でも騒音に
なりそうです。
「黄金のバイオリンをお返しします。僕のバイオリンを返して下さい」
「なぜだ?余は今のおまえの演奏に満足していたぞ」
「ぼくは魔法が欲しいのではありません!僕は僕だけのバイオリンで演奏した
いのです」
「・・・人間とは理解しがたい存在だ。それだけに興味深い。
よかろう。客人のお帰りだ」
 レオーの言葉を最後に黄金のバイオリンは輝かしい光を失い、クニークルス
が持ってきてくれた元のバイオリンに戻りました。
 ムーシコスの目の前が暗くなり気が付くと自分の家の前に立っていました。
ムーシコスは自分の手に自分のバイオリンがあることを確かめてほっとしまし
た。
 目の前にはヒュースの鼻息で壊れる前の家があります。空を見上げると、白
い時計塔の上に月がありました。
 夢だったのでしょうか?いいえ違います。ムーシコスはクニークルスに会う
前の時間でも、クニークルスのことを知っているのですから。
 ほら、ムーシコスがポストの中身を覗いていますよ。

 さて、このお話はここでおしまいです。白い時計塔の銀色の鐘の音は聞こえ
ましたか?
 え?それよりもこの後ムーシコスはどうなったかですって?それはあなたが
よく知っているはずですよ。あなたはお話が始まってからずっとムーシコスと
一緒にいたんですからね。

1996/7/8 呟き尾形 作

「★★★ムーシコスとクニークルスの座談会」
「お、おわったー(☆o☆)キラキラ」
 (ToT)かんどーだ。
「そんなに感動したのクニークルス君」
 だって、物語が終わったんだよ。
「ってことは、僕の物語はどうでも良かったって事?」
 そんな事は言ってないよ。僕も登場したシーンは特に良かったよ。
「・・・/(-_-)\ 」
 まぁ、なんにしても、楽しめたよ。シニョールムーシコスの成長
ぶりは、第一話から考えれば飛躍的だったしね。
 ムーシコスのバイオリンに銀のバイオリン、そして金のバイオリン
どのバイオリンもシニョールムーシコスの良さは出てたけれども、
やっぱり、神聖なる銀や豪華な金による魔法のようなバイオリンより
もよりシニョールムーシコスの良さを引き出したのは、ムーシコスの
バイオリンだったよね。
 それは当然、僕がわざわざ届けてあげたからだけどね。
「・・・最後の一言はともかく、確かに銀のバイオリンも金のバイオ
リンも僕の声には応えてくれなかったよ。
 自分に一番あったものって、見た目じゃ分からないんだね」
 まぁ、呟き尾形曰く、何でもできると言う若者の可能性という魔法
は、いづれ消えうせるし、お金による虚栄虚飾もいづれなくなる。
 結局最後に残るのは、外や自分以外人から与えられた「自分らしさ」
じゃなくて、最初から持っている「自分らしさ」であり、それが最も
価値があるものだそうだ。
「ふ~ん、だから、僕はレオーの前で”ぼくは魔法が欲しいのではあり
ません!僕は僕だけのバイオリンで演奏したいのです”なんていえたん
だね」
 その通り、君は過去に同じような言葉を言ったけれど、それは全く意
味合いが違うものなんだ。同じ言葉でも言う人の意思によって意味は変
わるものなんだ。

「さて、お楽しみいただけたでしょうか?
 現在、白い時計搭のある村では、小説の投稿をお待ちしております。
 とりあえず、テーマは近代SF。
 また、投稿しやすいようにテーマを決めているので、テーマがやりに
くいときはテーマにこだわらなくても大丈夫だよ」

 投稿の詳細は
http://homepage2.nifty.com/SON/hp1_8.htm
 をクリックしてね。それでも分からないときは
ZAN01231@nifty.ne.jp
 まで、メールで問い合わせしてください」
 バックナンバーは
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000057735
 を見てくれたまえ。
 それじゃ、アリベデルチ

 

おつかれさまでした。ついにムーシコスのバイオリン最終回を迎えてしまいました。
で、最終的な感想を聞きたいのでよろしくお願いします。
毎回あった、ムーシコスとクニークルスの座談会コーナーも設ける予定ですので、こちらもご利用くださ
い。って、勝手に設けましたが(⌒o⌒)
10回という長い童話を読んでいただきまことにありがとうございました!
むちゃくちゃ感謝です!
願わくば、登場人物(?)達になにか言葉をかけていただけると幸いです
でわ!


 ※この作品は、白い時計塔のある村の
http://homepage2.nifty.com/SON/DOUWA/DOUWA18.htm
 に掲載されている作品です。

感想などいただければ幸いです。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/shop/1008/1140871698/1

----------------


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やりかたやハウツーなんてない

こんにちわ。呟き尾形です。

やりかたやハウツーなんてない。
ただ愛することによってしか、愛し方なんてわからないんだ。
 ― オルダス・ハクスリー ― (イギリス小説家)

 ハウツーとは、手引き書のことです。

 仕事などには、やりかたやハウツーはありますし、その方が合理的です。

 しかし、愛し方にはそんなものはありません。

 なぜなら、愛に求められるものは、思いやりという感情唯一つであり、合理性などというものは不要なのです。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法務省の職員が旅費を不正請求(○`ε´○)

こんにちわ。呟き尾形です。

 2006年7月時点で過去6年間の間に、法務省の職員が旅費を不正請求したらしいです。

 なんでも、下記の記事のようなことがあったそうです
★★★ ここから ★★★ 
職員ら865人が旅費を不正請求=6年で1700万円-法務省

 法務省は19日、過去6年間で865人の検事や職員、公安調査庁職員が出張旅費を不正請求していたと発表した。いずれも、航空機を割引運賃で利用しながら正規運賃を請求するやり方で、不正請求額は1716万円。同省は請求件数などを考慮し、344人を処分する方針だ。 
★★★ ここまで ★★★
http://www.jiji.co.jp/ より引用
 だそうです。

 法務省が不正をするというのは、根本的に問題があるでしょうに・・・。
 と文句ばかりいってもしかたありません。

 さて、切実な問題として、この損害額を誰が弁償するのかと、再発の防止なわけです。
 もちろん、憲法においては、
第15条公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

 これを一気に解決する方法があります。
 こうした不正があるたびに、公務員の賞与の査定を減額するのです。
 減額分を弁償にあてる。

 連帯責任という奴です。
 すると、一人の不正がみんなの不正ということにすれば、公務員各自が不正しないように頑張るはずです。

 まぁ、憲法において、
第16条何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。
 とありますから、別段不当な請願ではないはずですし。

 ちなみに、中国では、賄賂授受ではありますが、死刑もあるそうです。
 厳しすぎると思われるかもしれませんが、役人の腐敗というのは、そこまで深刻なものです。
 中国の歴史を紐解けば、大抵朝廷が滅びるときには、役人は腐敗してますものね。
 日本も、役人の腐敗で滅びないようにがんばらねば。
 ですね。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我は我なりに、大地を歩く

こんにちわ。呟き尾形です。

雑魚は雑魚なりに、大海を泳ぎ
我は我なりに、大地を歩く
 ― 坂村 真民 ― (詩人)

 世界はとても広く雄大です。

 そんな広く雄大な世界を見ると、自分がちっぽけに見えるものです。

 しかし、落胆する必要はありません。

 なぜなら、自分がちっぽけだろうが、世界が広く雄大だろうが、自分なりに進む事には変わりがないからです。



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絆は決して切れる事はない

こんにちわ。呟き尾形です。

子供を父や母に結びつけていた絆は、
決して切れることはないけれども、それはゆるむのである。
― ローレンス ― (イギリス小説家)

 絆とは、家族・友人などの結びつきを、離れがたくつなぎとめているもののことです。

 だからこそ、目には見えませんが、絆は決して切れる事はありません。

 しかし、若さゆえの傲慢のために、絆の尊さを忘れてしまう事があります。

 それでも、絆は緩む事はあっても、切れる事はありません。



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴブリン (モンスターコレクション)

こんにちわ。呟き尾形です。

 この記事はWRPG、プエルギガス年代記を前提にした記事です。

ゴブリン
 プエルギガスにおいては、ゴブリンの先祖は、もともとカウムポプルスという洞窟に住む者という一族で、ドワーフに大変近い種族だった。
 しかし、邪神である「7つの魔」にそそのかされて、邪神の側についた。
 それいらい、ゴブリンと呼ばれるようになり、醜悪な姿に代わって言ったといわれている。
 ゴブリンは、敵意や悪意を持つたちの悪い小人で、身体は、人間の子供ぐらいの大きさではあるものの、その体の大きさのわりには力持ちである(あくまで外見のわりには。という意味であり、決して強いわけではない)。
 容姿は醜く、洞窟や鉱山の地下に棲んでいる。
 邪悪で、他の生き物に悪意をもった精霊である。
 もちろん、すべてのゴブリンがいつも邪悪で悪意を持っているとは限らず、機嫌のいいときもある。
 しかし、機嫌のいいときで友好的な反応を示したときですら、いたずら好きで、意地悪いことをするので、嫌われている。

 ゴブリンは日光をひどく嫌い、洞窟の中か、野外に出るときは、夜に限られている事が多い。
 ただし、日光を嫌っているだけであり、日光の下に出れないということではない。日光が非常にまぶしく感じるので嫌っているということである。

 時には、狼などを飼いならし、狼にまたがり、略奪をしたり、戦いを挑むこともある。

 大抵の場合は2から6人で徒党をくむが、住処には、10から20匹いることもあり、その時は、ゴブリンの王やゴブリンのシャーマンがいることもある。
 王が指揮する場合、指揮されるゴブリンは通常よりも士気が上がり、侮れない強敵になることもある。
 


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「好」天気も「悪」天気もない

こんにちわ。呟き尾形です。


「好」天気も「悪」天気もないのです。
ただあるのは、天気と天気に左右される私たち自身です。
 ― ルイーズ・L・ヘイ ― (アメリカカウンセラー)


 日照のときに晴れがいい天気ではなく、むしろ雨を望みます。

 しかし、雨も過ぎれば逆に晴れを望みます。

 つまり、天気に、「好」も「悪」もないということです。

 天気というものがいいとか、悪いとかいいますが、それを判断するのは、私たち自身です。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働きかけをあきらめる

こんにちわ。呟き尾形です。

働きかけをあきらめることも、場合によっては働きかけそのものと
まったく同様の効果をあげるものである。
 ─ モンテーニュ ─ 「エセー」

 働きかけとは、相手に向かって積極的に動作をしかけることです。

 働きかけると、ついつい反発することがあります。

 押してだめなら引いてみな。

 働きかけてもだめなら、働きかけることをやめると、逆に、戻ってくるかもしれません。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛は幸運の財布である


こんにちわ。呟き尾形です。

愛は幸運の財布である。与えれば与えるほど、中身が増す。
ミュラー ―ドイツ詩人―

 愛とは、相手を大事に思いやる心です。
 幸運とは、よいめぐりあわせです。

 愛と幸運、一見、無関係のようにおもえます。

 しかし、情けは人のためならずといいます。

 思いやりの心を持つ人の意図とは無関係に、思いやりの心をもって接してもらった人は、その人に恩義を感じるものなのです。
 そうしためぐり合わせは、やがて思いもかけない、幸運につながるものなのです。

 ゆえに、幸運というものは、偶然の積み重ねではありません。日ごろの愛情の積み重ねだといえるでしょう。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島平和記念日

広島平和記念日

 1945年(昭和20)年8月6日午前8時15分。
 米軍のB29 爆撃機「エノラ・ゲイ(ENOLA GAY)」が、広
島市上空で世界初の原子爆弾「リトルボーイ」を投下し
ました。
 言うまでも無く、原子爆弾は、破壊と殺戮を一瞬の間
に演出する、とてつもない爆弾です。
 その原子爆弾は、広島の上空、高度580mで炸裂し
ました。
 原爆による熱線と衝撃波は、広島市街は壊滅させ、
約14万人の死者を出しました。
 その凄惨さは、原子爆弾被爆した歌人、正田篠枝氏
はこんな言葉を残しています。
 『石炭にあらず黒焦げの人間なりうづとつみあげトラック過ぎぬ』
   正田篠枝

 その後、原爆症等で亡くなった人を含めると、犠牲者
は20万とも30万人とも言われています。

 この原爆を開発した、アメリカの原爆開発プロジェク
トは「マンハッタン計画(Manhattan Project)」の名前で
知られています。
 この計画の提案者はアルバート・アインシュタインです。

 1939年8月2日、アルバート・アインシュタインとレ
オ・シラードは「核分裂」を発見しました。
 そして、この現象を使うともの凄い破壊力を持つ兵器
を作ることが可能であり、ドイツがこの兵器の開発を進
めている可能性があることをアメリカ大統領宛の手紙
で指摘し、ドイツに先んじてアメリカがこれを開発すべ
きだと主張しました。

 この動きはアメリカ国内の科学者の間で広がり、アメ
リカ政府も動き始めます。やがて1942年8月13日、
原爆を製造するためのマンハッタン計画がスタートし
ました。
 その責任者に選ばれたのは、後に「原爆の父」と呼
ばれる、ロバート・オッペンハイマーでした。

 プロジェクトはニューメキシコのロス・アラモスの研究
施設に大勢の科学者によって、進められました。
起こすことを確認します。
 翌年1943年からウランの本格的製造も始まります。
 そして1945年の春頃には、夏頃には、原爆が製造
できる見込みが立ちました。

 当初計画はナチスドイツに対抗するために進められ
ました。
 しかし計画が進行する内にドイツが降伏してしまっ
たため、そのターゲットはまだ戦い続けている日本に
変更されてしまったのです。

 そして1945年7月16日、世界初の原子爆弾が
ニューメキシコのアラゴモードで実験的に爆発させ
られました。
 当時これに立ち会った兵士らは核の恐ろしさを知ら
なかったため、「景気のいい花火だ」くらいに思って見
ていましたが、当然のことながら、彼らはしっかり被爆
していました。
 この事実が明らかになったのは何年も後のことです。

 計画を推進してきた科学者らは、この原爆の最初の
実験の結果が想像をはるかに上回る破壊力に肝をつ
ぶしました。
 強力すぎる破壊力をもつ科学者たちは、連名でマン
ハッタン計画の中止を大統領に訴え出ます。
 しかし、当事の大統領、トルーマン大統領は拒否しま
す。
 科学者たちは、さらに署名を集めますが、軍に妨害
されてしまいます。

 そして計画は、開発者の意思に反し、行くところまで進
行してしまいました。

 日本に投下する予定の原爆は巡洋艦インディアナ・ポ
リスに積み込まれ、日本への攻撃基地のあるテニアン
島へ輸送されました。
 しかし、インディアナ・ボリスは荷物を送り届けて本国
へ帰る途中、日本の潜水艦に撃沈されてしまいます。

 原爆投下目標地点は広島・小倉・長崎・新潟の順に
優先することが決定されました。
 当初京都も目標に入っていたのですが、スチムソン
陸軍長官が反対したため外されました。
 これらの目標都市は原爆の破壊力がはっきり分か
るよう、通常の空襲は行わなずに町並みを温存して
おくことが決定されていました。

 そして8月6日午前2時45分、B29、エノラ・ゲイは
テニアン島を離陸します。
 目標は当初の予定通り第一ターゲットの広島と決定
されました。
 四国上空を通過したところで日本軍の戦闘機と遭遇
します。
 当然向こうは迎撃してきますが、エノラ・ゲイは関わ
り合いになりたくなかったため、戦闘を回避します。
 日本軍機も深追いはしなかったため、やがて午前8
時すぎに広島上空に到達。8時15分原子爆弾を投下
されました。

 この広島への原爆投下は「実験」の色合いが非常に
濃いものだといわれています。
 実際、投下前に、町並みの破壊の程度を確認するた
めに空襲をかけずに温存したこと。
 日本が降伏した後に、米軍は、広島市の生存者の
健康診断を行うとともにそれと本来似た分布を示すと
考えられた近隣の呉市の住民の健康診断も行ってい
ます。

 マンハッタン計画を進めていたオッペイハイマーも、
計画の最後には、自分自身にも身の危険を感じてい
ました。
 彼は万一の時のために最低限記録に残さなければ
ならないことを奥さんへの手紙に書きました。
 ただしこの時普通に手紙に書けば検閲に引っかかっ
てしまう為、二重にした封筒の内封筒に文章を書くとい
う方法で、検閲を逃れます。

 アインシュタインが懸念していたドイツの核開発は進
めれていたものの、1944年2月に断念されていまし
た。
 ドイツは日本とも協力の上原爆の開発を進めてお
り、日本でも数十人の科学者が研究をしていました
が、こちらは1945年4月の東京大空襲で原料のウ
ランが焼失によって、核開発を断念しました。
 ドイツは一部のウランを日本に搬送していましたが、
この搬送途中の船が連合軍に拿捕されてしまいます。
 皮肉な事に、この日本の同盟国であるドイツで精製
されたウランは広島原爆の材料の一部に使われてし
まいました。

 広島の原爆の死者は当初1万5千人と発表されまし
た。
 しかし年を追うごとにその数字は増え続け、現在で
は15~20万人程度と推定されています。
 ただしこの人数はあくまで原爆によりすぐに死んだ
人の数であり、その後放射能障害で死んだ人を含める
と30万人以上に上るものと推測されています。

 原爆が落とされた時、広島は50年は人が近づけな
い町になるのではないかと言われました。
 しかし、偉大な自然はその強い放射能をも浄化して
大都市を復興させてくれました。

 8月6日、広島市では原爆慰霊祭で世界平和を祈念
する宣言がされ、燈籠流しが行われます。
 この世界初の原爆投下から半世紀以上の62年たっ
ています。
 原水爆禁止運動の世界的な世論の広がりにもかか
わらず、いま世界には4万発以上の核弾頭が存在して
いるといわれています。
 この世論と現実の差を意識するたびに深いため息が
出てしまいます。

 そういえば、学生のころ、こんな現実など知らないま
まにいった原爆ドームは、私に言葉にならない何かを
語りかけてくれたように感じました。

 さて、広島原爆記念日を受けて、小説を書きました。
 タイトルはリトルボーイ
 兵器の開発と暴走する様を書いてみました。


 ここからは、ホームページ更新情報です。

 今回は、小説トレーニングに、呼びかけ法を追加しました。
 次に、リンク集相互リンク集に、Bonita*Bonitoを追加しました。
 次に、WRPGプエルギガス年代記オープニングNPCリプレイアルコンを追加しました。
 次に、小説を書こう、第62回、比喩の地平を追加しました。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

呟き尾形の花紀行 
花の性質や育て方などについていろいろ書くblogです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月30日 - 2006年8月5日 | トップページ | 2006年8月13日 - 2006年8月19日 »