« 2006年4月2日 - 2006年4月8日 | トップページ | 2006年4月16日 - 2006年4月22日 »

脳を鍛えることと、賢くなることの違い。

こんにちわ。呟き尾形です。

「脳を鍛えるゲーム」でどこまで賢くなれるのでしょうか?

 実際、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」で、どのような理屈で脳を鍛えるかについては、
http://www.nintendo.co.jp/ds/andj/introduction/index.html
 こちらを参照してください。

 で、脳も筋肉と同じからだであると考えれば、あっさり結論は出ると思うんですよね。

 たとえば、「脳を鍛えるゲーム」でどこまで賢くなれるか?という問いは、筋トレで、スポーツが上手くなれるか?
 と通じるところがあるんじゃないかな。

 と思います。

 基礎体力がなければ、スポーツは上手くなれないけれど、基礎体力だけじゃスポーツは上達しない。
 なぜなら、スポーツの技術を身体に習得させなければいけないから。
 というのが私の結論。

 脳も同じ。
 脳という肉体を鍛えるということは、賢くなるための基礎は出来上がるけど、肝心の考える技術が叩き込まなければ賢いとはいえないということなんじゃないかと思います。

 ちなみに、ここで言う脳を鍛えるというのは、ゲームに限らず、筋トレと同じでシンプルなことを繰り返すことです。
 ソロバンをはじくとかですね。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほんとうにどんなつらいことでも

こんにちわ。呟き尾形です。

ほんとうにどんなつらいことでも
それがただしいみちを進む中でのできごとなら
峠の上りも下りもみんなほんとうの幸福に近づく一あしずつですから。
 ― 宮沢 賢治 ― (『銀河鉄道の夜』)

 幸福に近づくための道は、平坦な道を歩くことであることは稀です。

 むしろ、幸福になるための道を歩むにはつらい茨の道であることが多いのです。

 もっとも、辛い、茨の道だから幸福への道になるのではありません。

 正しい道を選んだとき、茨の道が多いということです。
 そして、幸福になるためには、正しい道を歩むことが一番の近道だといえるでしょう。

 

ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

談合年金 続報

こんにちわ。呟き尾形です。

共済年金、職域加算は廃止 政府、厚生年金と一元化で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060324-00000146-kyodo-pol

 だそうです。
 とりあえず、上記の記事を読む限りでは、政府は、厚生と共済の被用者年金の一元化を目指しているわけですが、公務員独自の上乗せ給付で、共済年金の職域加算(3階相当部分)を廃止する方針だそうです。

 とりあえず、公務員特権「三点セット」の
 ・「転給制度」
  (遺族共済年金受給者が死亡時に条件を満たした人が受給権を受け継ぐ制度)
 ・「追加費用」
  (共済年金給付で足りない部分の財源を税投入する口実)
 ・「職域加算」
  (基礎年金、報酬比例年金に上乗せされるの給付)

 のうち、「転給制度」と「職域加算」は廃止の方向で、進展中です。
 あとは、「追加費用」ですが、さてさて、これはどうなるのでしょうか。
 一元化するなら、一元化したついでに、約2兆円の年金(厚生年金やら国民年金)に追加費用も悪くないかも(笑)

参考
談合年金
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/03/post_fe13.html


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その時は不幸だと思っていたこと

こんにちわ。呟き尾形です。

その時は不幸だと思っていたことが、後で考えてみると、
より大きな幸福のために必要だということがよくあるの。
 ― フジ子・ヘミング  ― (『魂のことば』)

 不幸を感じるときは、なんらかの不満や不自由があり、恵まれていない時感じるものです。
 幸福を感じるときは、なんら、不満や不自由を感じていない、恵まれている時感じるものです。

 一見、幸福と不幸は、正反対であるがゆえに、まったく別のものだとおもわれがちです。

 しかし、同じような状況であっても、感じ方一つで、恵まれていると感じるときもあれば、そうでないときがあります。

 それは、同じ経験であるにもかかわらず、そのときは、不幸であったと思っていたことが、後でより大きな幸福のために必要なことというのはよくあることです。
 これは、不幸か幸福かという差は、認識の差であるということがわかります。
 ですから、不幸か幸福かは、事象にあるように思われがちですが、不幸か幸福かという差は事象にあるのではない。
 ということがいえます。

 この認識の差は、不幸だと感じているときは、視野が狭いがゆえであり、後でより広い視野で思い起こせば、そうでもなかった。
 というところにあるのでしょう。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

告白(呟き尾形の夢事典)

告白(呟き尾形の夢事典)

こんにちわ。呟き尾形です。
 呟き尾形の夢事典は、呟き尾形の自転
http://wiki.livedoor.jp/tubuyaki1/
というサイトのコンテンツにある、呟き尾形の夢自転にある項目を追加したときに、ついでにアップする宣伝記事です。

 内容については、白い時計塔のある村のコンテンツ、夢事典
http://homepage2.nifty.com/SON/dream/dream02.htm
のコピー&ペーストで、ほとんど同じですが、呟き尾形の自転にアップすると、事典形式でも使いやすくするように、呟き尾形の夢自転(wiki)にコピペする事にしました。

告白

 秘密・隠しごとを、暴露したい気持ちの象徴であり、本音で話したいなどの願望があると判断できます。
 または恋愛願望を表します。
 もし、秘密や隠し事に強く心当たりがあるのであれば、それは、告白する人に対して、本当は、誰かに謝りたいと言う懺悔の気持ちが含まれている可能性があります。
 話の内容よりも、誰に、告白しているのか? そして、その人に夢の中でどういった印象を受けていたかが重要な鍵になると判断できます。
 また、その人に対して、傷つけてしまったのではないか? という自責の念があるとも判断できます。
 つまり、自分のついた嘘を、謝りたいと思っていることが多いようです。
 自分が、愛の告白をしている人は、アプローチしても気がついてくれない人(あるいは、アプローチしてもムダだ)と判断している場合が多いようです。

 夢の中で、自分が告白しているのではなく、誰かから、告白される夢は、危険な誘惑が迫っていることの暗示ともとれます。
 だまされないように気をつける必要が生じますが、反面、願いがかなう象徴であるともいえます。
 その区分けのポイントは、自分に対して物理的、精神的なメリットがあり、リスクがほとんどないような場合は、その願望が強すぎて告白される。という形で、無意識に利益を求めてしまい、だまされやすい心理状態を象徴していると考えられます。
 そうではなく、そうしたメリットが絡んでいない場合は、欲望による思い込みではなく、純粋な予感であると判断できるので、願い事がかなう象徴と判断できます。



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
夢事典

白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先を急ぐな、人生に無駄な時はない。

こんにちわ。呟き尾形です。

先を急ぐな、人生に無駄な時はない。
満つれば、欠ける。それが、宇宙のリズム。
 ― 加藤 諦三 ― (『しあわせの法則』)

 先を急ぐということは、必ず、焦る気持ちが生じます。

 焦るということは、早くやろう、うまくやろうと思っていらいらしてしまいます。

 そんな状態で、事にあたっても、うまくいくわけがありません。
 なにより自分の実力が発揮できません。

 つまり、事を上手く運ばせるためには焦らないということが重要なことだといえます。
 では、焦らないためにはどうすればいいのでしょうか?
 自分の思い通りにならない事があたりまえだと気持ちに余裕をもたせることです。

 そうすれば、ベストが尽くせます。 


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムーシコスのバイオリン 5 (呟き尾形の創作童話)

呟き尾形の創作童話・小説

 呟き尾形の創作童話・小説は、私、呟き尾形が創作した童話や小説を掲載するコンテンツです。
 既存の童話や小説や新たにかいたものも気まぐれにアップしていく予定です。

 私、呟き尾形が初めて書いた童話です。
 このページは第5話です。
 第1話から読まれたい方は ムーシコスのバイオリン 1 へ

ムーシコスのバイオリン 4 へ戻る

-----------

ムーシコスのバイオリン 5

 さて、クニークルスはレオーの城に付く前に、エクウスに乗っ
たムーシコス達に追いついて、バイオリンを渡せるのでしょう
か?

 エクウスに乗ったムーシコスとヒュースは白い風のように森を
突き抜けていきました。森の木々はいつもは動かないでじっと周
りを見渡しているのですが、エクウスが来るとそそくさと身をよ
じってエクウスの道を作ります。
「すごいや! 森の木がよけてる!」
 嬉しそうにムーシコスは叫びましたが、ヒュースの方はエクウ
スに振り落とされないように必死でした。震えているヒュースを
見て、ムーシコスはこんなに楽しいのになぜヒュースは恐がるん
だろう? と思いました。
「恐くないのかブー」
「恐い? どうしてさ」
「この馬から落ちたらただじゃすまないブー」
「そんなこと考えるから恐いんだよ」
 2人がそんな会話をしていると、緑のトンネルから抜け出し
て、目の前の世界が、一気に広り、広い広い草色のハラッパがと
てもまぶしく見えました。エクウスに乗ったムーシコス達は、森
の風からハラッパの風になりました。
 ハラッパのずっと先には魔獣レオーの城が見えました。でもエ
クウスがいくら走ってもお城に着きません。
「ヒュース君。あのお城はどのくらい大きいの?」
「このエクウスはとっても速いからもうすぐ着くと思うけど、今
見えている大きさの二つ分くらいだブー」
「そんなに大きいのかい?」
 ゴーン、ゴーン、ゴーン・・・・
 不気味な錆色の鐘の音が3回鳴り響きました。白い時計塔の心
地よい銀色の鐘の音とは正反対です。今まで雄々しく見えない翼
を羽ばたかせて走っていたエクウスも怯えるようにいななき、立
ち止まってしまいました。
「ヒュ、ヒュース君ヒュース君。あの不気味な鐘の音はなんだ
い?」
「宴の始まりブー」
「今始まったばかりなのかい? 何とか演奏はできそうだね」
「そうもいかないブー。あの鐘が鳴ると城の門が閉まってコヨー
テっていう門番が城に入れてくれないブー。今日はあきらめて帰
ろうブー。コヨーテはとても凶暴で機嫌が悪いと、入ろうとする
者を食べてしまうブー」
「事情を話してもダメなの?」
「ダメだブー。でも・・・・」
「でも?」
「コヨーテは音楽がとても好きだブー。門が閉まってから城に入
るためにはコヨーテの気に入るような音楽を聴かせないと通して
くれないブー。うまく行けばこっそり裏門から入れてくれる
ブー」
「僕はラクスさんと約束したんだ。レオーの城に行くって」
 ムーシコスは自分に言い聞かせるように言いました。ムーシコ
スとヒュースとエクウスはレオーの城へ向かって進みました。
 さて、バイオリンを持たないムーシコスと、コヨーテを恐がっ
ているヒュース、そして2人を乗せたエクウスは、門番のコヨー
テの手から逃れて無事にレオーの城に入れるのでしょうか。

 

★★★ムーシコスとクニークルスの座談会
「ひゃー、無事に、お城にはいれるのかなぁ」
 う~ん、こればっかりはなんともいえないね。
「そ、そんなぁ」
 でも、大丈夫、ムーシコス君。君にはエクウスという強い味方がいる。
「そ、そうだよね」
 まぁ、それでダメなら、コヨーテに食べられましょう。
「そ、そんなぁ」
 細かいことはきにしない。

ムーシコスのバイオリン 6 へ進む

 ※この作品は、白い時計塔のある村の
http://homepage2.nifty.com/SON/DOUWA/DOUWA15.htm
 に掲載されている作品です。

感想などいただければ幸いです。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/shop/1008/1140871698/1

ムーシコスのバイオリン 6 へ
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/04/post_b897.html
----------------


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

、弱点を隠そうとすると、人は品が悪くなります

こんにちわ。呟き尾形です。

肉体的な弱点でも、内面的なものでも、
それを他人に気づかれまいと苦心するところから
人間は醜くなるのです。
 ― 五木 寛之 ― (『ことばの贈り物』)

 弱点とは、必要なものが欠けて、不完全であったり、足りないところがあり不十分であることです。とどのつまりは欠点のことです。

 そして、そうした弱点は、一般に、公にされると困るような後ろめたい所ので、ついつい隠そうとしてしまいます。

 しかし、弱点を隠そうとすると、人は品が悪くなります。

 なぜなら、弱点とはいえ、隠そうとするというのは、弱点という事実に目を背けてしまうことだからです。
 事実に目を背けてしまうということは、心にいやしさを持つ事になります。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

景気回復?

 こんにちわ。呟き尾形です。

 報道などでは、景気回復の兆候が報道されていますが、どうも、その実感がありません。
 単に、資料上、数字の上で景気回復しているんじゃないの?
 という印象がありますが、単なる印象でもないようです。
 消費支出というものがあります。
 総務省の3月31日の発表では、2月の全世帯家計調査したそうですが、減少傾向にあるそうです。

 なんでも、総務省の発表では、2月の全世帯家計調査(農林漁業世帯含む)によりますと、1世帯当たりの消費支出は26万9418円で、物価変動を除いた実質で前年同月比1・5%減少し、2カ月連続でマイナスとなったそうです。
 
 景気が回復しているのであれば、消費は増えるはずなのですが、減っています。
 費目別では下記の通りです。
 ・自動車の購入など「交通・通信」が12・0%減
 ・「被服および履物」が2・6%減
 とはいいつつも、すべてが減ったわけではありません。
 ・「家具・家事用品」が10・4%増
 ただし、これは、洗濯機、冷蔵庫など家庭用耐久財が大幅に増えたためのようで、とどのつまりは、景気が回復したからの消費ではなく、時間の経過とともに止む得ず増えた消費です。
 で、気になるのは、授業料など「教育」が6・8%増です。
 景気回復によるものというよりも、将来への不安による、投資と見れるのではないかと思います。

 で、サラリーマン世帯の消費支出は0・6%減29万9706円ですが、これは、実収入が2・2%減の46万1368円というのが、数字の上で景気回復に疑問を投げかけるものになりました。

 しかし、奇妙なことがおこります。
 厚生労働省が同日に発表した二月の勤労統計調査によると、現金給与総額は前年同月比0・4%増の27万6360円と2カ月ぶりに増加したとのことです。
 産業別の給与総額は、下記の通りです。
 金融・保険業が5・4%増
 運輸業が2・1%増
 建設業が0・7%増
 一方、飲食店・宿泊業は4・2%減
 電気・ガス業は3・0%減
 鉱業は2・9%減
 だそうです。

 実労働時間は2・2%増
 常用雇用者数は0・5%増で、うち一般労働者が0・6%増、パートタイムは0・2%増だったそうです。

 総務省の数字をみれば、景気の回復はしてい内容にみえますが、厚生労働省の数字は景気が回復してい内容に見えます。

 景気が回復しているのに、消費は少ない?
 それはなんとも矛盾するのではないでしょうか?

 矛盾とは、
 その昔、楚という国の商人のお話です。
 その商人は、矛と盾を売っておりました。
 その売り文句に、
「この矛はどんな盾をも貫き、この盾はど
んな矛も通さない」
 といったそうです。
 それを聞いた人にその矛でその盾を突いてみよと言われ困ってしまったというお話からきています。

 総務省と厚生労働省からだした数字が矛盾した数値がでるとなれば、政府は困らないといけません。
 まぁ、困ってしまってばかりもいられませんし、どちらかが間違いというより、どちらも正しいのだという視点にたって考えて見ましょう。
 そもそも、それぞれ異なる数値を基にした出された結果ですし、なにより、それぞれ知る目的の異なる数値ですから、かならず一致するわけではありません。

 消費支出とは消費を目的とする財・サービスへの現金支出と現 物給付として受領

し消費される財・サービスの価格をいうわけで、具体的には、住居の維持費(光熱費、家賃、持家の帰属家賃を含む費用)、光熱費及びその他の住居費並びに家具・設備・維持費です。

 現金給与総額とは、所得税・社会保険料等を差し引く前の総額で、「決まって支給する給与」(所定内給与・超過労働給与)と「特別に支払われた給与」(賞与等)の合計額です。

 となれば、総務省の数値も正しく、厚生労働省の数値も正しいとすれば、早い話が、税金や社会保険料等が増え他だけの話で、給与総額は増えても、手取りが少ない、ないし、給与所得者の個人消費に向けるお金がすくなくなったとかんがえられるでしょう。
 つまり、私たちが期待し、イメージする景気回復とは程遠い数値上の話なんでしょうね。
 そりゃ、手取りが増えなきゃ、消費はうわむきませんよね。

 ところで、新入社員の雇用が上向きだという話を聞きますが、それは、景気回復じゃなくて、団塊の世代の集団定年退職との関係の方が強そうですね。


 



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

自由社会の終わりの始まり

こんにちわ。呟き尾形です。

人間の傷や痛みに無頓着な態度は、
教育失敗のこの上なく明白なしるしである。
それは、また自由社会の終わりの始まりである。
 ― ノーマン・カズンズ ― (『人間の選択』)

 教育とは、他人に対して、知識、生き方、善悪などについて、理解させ、成長を促すことです。
 そして、教育の目的とは、その人間をその社会にとって望ましい方向へ成長へさせることであり、とどのつまり、所属する社会へ適応するための行為だといえるでしょう。

 では、社会とは、何でしょうか?

 社会とは、相互に影響を与えあいつつ、お互いに協力し合う関係を前提とする組織です。

 特に、自由な社会ほど、外部からの拘束力が少ない分、各自が自分自身で律していかなければ、自由社会の維持は出来なくなります。

 その最低限のことが、他者へのいたわりの心です。
 最低限の事である、他者へのいたわりの心を身につけることが出来ない大人が育てば、人間の傷や痛みに無頓着になります。
 つまり、教育の失敗です。

 その社会における教育の失敗は、社会の崩壊を招くことは自明です。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユビキタスネット社会(政府のインターネットのインフラ整備責任 6)

 こんにちわ。呟き尾形です。
増加するインフラコストをどこで回収するかの議論が必要~IIJセミナー
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/03/23/11358.html
 という記事をみつけました。

 内容を読んで、感じた事は、その記事の内容以前のことでした。
 それは、「インフラ整備は行政の仕事じゃないの?」
 ということです。

 そのことについて、私なりに考え、別の場所で指摘された事を踏まえてまとめてみました。

 インターネットのインフラと言って、連想するのはメールの送受信ということもあり、中央と地方の格差というけど、ネットに繋がる、メールの送受信が出来るという最低限のインフラを整えれば、それでいいのではないか?
 という意見もあるかもしれません。
 それは、90年代のインターネット事情ならその通りです。
 しかし、インターネットがメールのやり取りだけではなく、もっといろいろ活用しようと政策で既に挙げられているのです。
 実際、現在は、行政は、u-Japanというものを計画しています。
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2005/0224.html
 この記事の中に、
>「いつでも、どこでも、誰でも、何とでも」簡単につながる
>ネットワーク社会のことを「ユビキタスネット社会」と言います。
 という一文があります。
 それに対する私の意見が下記の通りです。
小泉内閣メールマガジン第177号 u-Japanについてを読んだ感想
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/02/177.html
 なんにしても、行政がインフラ整備する責任はあるわけです。

 政府はユビキタス社会についてもふれ、将来的に、ユビキタス社会を目指しています。
 それなのに、民間に出来る事は民間で。
 と行政が行うべき事をせず、民間のサービスに”ただ乗り”しているという有様です。

 さて、「ユビキタス(Ubiquitous)」とは、ラテン語で「いたるところに遍在する」という意味です。
 それにちなんで、ユビキタス・コンピューティングというものがあります。
 これは、もっと「遍在性」が強く、「人がどこにいても、利用できるコンピュータの環境や、サービスは同じ」ということになります。
 こうしたことを、実現するのがユビキタス・コンピューティングの概念ということになります。
 ユビキタス・コンピューティングの大前提は、通信であり、現段階の構想では、いつでも、どこでも、インターネットサービスをうけられる。ということになるわけです。
 現在は、携帯電話が中心ですが、「いつでもどこでも」ということは、理想というか、究極のユビキタス・コンピューティングは、必ずしもパソコンやPDAや携帯電話を必要とはしないということになります。
 で、現実的なイメージとしては、家電や普通の電話、時計やポータブルMDプレーヤなどがネットワークで結ばれ、駅の自動券売機やジュースの自販機までもがネットワークにつながれ、車や電車の中からでもインターネットにアクセスできるような社会が「ユビキタス社会」ということになります。
 これを実現させるためには、やはり、インターネットのインフラ整備は必要であり、インターネットのインフラ整備は公共事業であり、平等に国民が利用できる環境を作るのが、当然、政府の責務であるということになります。
 もっとも、具体的にいえば、医療においても、病院に行くことなく、医者と相談が可能なのです。
 学習においても、塾に行くことなく塾の授業が受けられます。
 託児所や学校の情報を職場から見る事すらできるのです。

 ただ、もしかしたら、政府は、本当に気がついていないのかもしれません。なので、声を上げるしかないのかなぁとも思っています。

 ところで、赤字財政、赤字財政と繰り返されていますが、赤字財政を理由に行政が日本の主権者に対して税金をつかって奉仕することをしないというのは、怠慢です。

 もちろん、赤字財政を解消することは必要です。
 しかし、債務解消が目的ではないと考えます。

 つまり、目的を果たすための借金は必要だと考えます。

 そして、行政の目的とは、日本の主権者に奉仕することです。

 なにより、赤字財政を解消するために必要なことは、誰にでもわかることです。
 それは、古くて不要なことをやめて、新しく必要になったことです。
 たったそれだけで、悪循環から解放できるでしょう。

 ですから、未開拓のフロンティアである、インターネットのインフラ整備は行政の仕事だと考えています。

過去の記事
政府のインターネットのインフラ整備責任 1
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/04/post_eda8.html

なぜインターネットのインフラコストが増加するのか?( 政府のインターネットのインフラ整備責任 2)
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/04/post_5fc7.html

行政はインターネットの何をインフラ整備すればいいのか?(政府のインターネットのインフラ整備責任 3) 
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/04/post_3945.html

赤字財政は理由にならない(政府のインターネットのインフラ整備責任 4)
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/04/post_0a27.html

インターネットも災害時のライフライン(政府のインターネットのインフラ整備責任 5)
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/04/post_0adf.html


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人から信頼される人

こんにちわ。呟き尾形です。

人から信頼される人は、人を信頼する心の強い人である。
 ― 木原 武一 ― (文芸評論家)

 一般に、信頼されることは難しいとされています。

 なぜなら、日々の言動が正直であること、確かな実績があることが、信頼されるために必要だからです。

 が、もっと難しいことがあります。
 他者を信頼するということです。

 他者を信頼し続けるというのは、強い心が必要です。
 逆に、疑心暗鬼になることが、もっとも容易いことです。
 

ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネットも災害時のライフライン(政府のインターネットのインフラ整備責任 5)

 こんにちわ。呟き尾形です。
増加するインフラコストをどこで回収するかの議論が必要~IIJセミナー
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/03/23/11358.html
 という記事をみつけました。

 内容を読んで、感じた事は、その記事の内容以前のことでした。
 それは、「インフラ整備は行政の仕事じゃないの?」
 ということです。

 そのことについて、私なりに考え、別の場所で指摘された事を踏まえてまとめてみました。

 ところで、みなさんは、災害時、インターネットによる情報の活用って考えられたことありますか?
 私は、何度か大きな地震を体験して、インターネットの情報源はかなり重要だと感じました。
 その体験から、私はこの情報源をライフラインの一つにいれても良いくらいだとおもっています。

 もちろん、災害時のインフラという意味でのインターネットは、必ずしも重要とは考えない人もいるかもしれません。
 その理由の一つに、インターネットを使える環境が災害時に確保できないのではないのか?
 というところでしょう。

 しかし、分散していれば、確保できるものなのです。
 実際、災害時の報道は、一番ひどい場所だけをピックアップしているにすぎないことを忘れてはいけません。

 もちろん、携帯電話という線は悪くないのですが、電話回線を通すことは、災害時において制限されるのは言うまでもありません。

 では、具体的にどんなことが期待できるでしょうか?
 まず、連絡網です。
 無事であるかどうか、無事であり、インターネットが使える状況なら、掲示板に状況を報告できます。
 逆に、書き込みがない場合は、大きな被害がでた、ないし、それど頃ではないことが確認できます。

 次に、これは行政面ですが、情報の共有です。
 災害時、情報が錯綜するうえに、担当者が多忙で対処しきれないことは言うまでもありません。
 さらに、同様の問い合わせがある可能性もあります。
 そのときに、インターネットを通した情報の共有は大きな活用が可能です。

 次に、メディアによる情報操作の回避です。
 非常に残念ですが、マスメディアは、大きな被害のところだけを報道しようとします。しかし、大地震だからといってすべてがそうではありません。
 大きな被害ばかり報道されては、すべてが同様の被害と思われ、結果的に誇大報道になってしまうのが現状です。
 インターネットによって、情報源を多角化することによって、事実を把握することが可能です。

 次に、情報のオンデマンド化です。
 必要なときに、必要なだけの被害状況が確認できます。

 ところで、みなさんは大地震などの体験はありますか?
 大地震は確かに混乱しますが、一部が混乱するだけで、すべてが混乱しているケースなど殆どない場合が殆どなのです。
 つまり、インターネットによって、情報を分散させつつ、インターネットの検索機能によって、共有することで、災害時に重要な情報を把握しえるわけです。

 実際、新潟県中越地震の時に、道路が寸断された地域からインターネットで情報を発信している方がいらしたそうです。
 その記事には、当時、マスコミが報道していない問題と、マスコミ自体が現地で問題を起こしているという状況、現地で何が不足しているか?
 など伝えていたそうです。

 災害時に必要なのは、電気、水道だけではありません。
 現代人は、現状がどうなのか、これからどうなりそうなのかという情報も必要としているのです。
 災害において、情報というものは、本当に重要なものになっています。 
 情報が混乱すれば、災害から人災が起こります。
 これは絶対さけるべきことです。

 実際、情報不足は、根拠のない噂がひろがり、その噂が疑心暗鬼につながり、不安が募ることは、私たちは知っているはずです。
 もちろん、インターネットにこだわる必要はありませんが、インターネットも、ライフラインと認識される日が来ると私は考えています。

 誰がやるにしても必要不可欠ではありますね。その恩恵を国民としてうけられないのは、行政の怠慢だと言えるでしょう。


過去の記事
政府のインターネットのインフラ整備責任 1
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/04/post_eda8.html

なぜインターネットのインフラコストが増加するのか?( 政府のインターネットのインフラ整備責任 2)
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/04/post_5fc7.html

行政はインターネットの何をインフラ整備すればいいのか?(政府のインターネットのインフラ整備責任 3) 
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/04/post_3945.html

赤字財政は理由にならない(政府のインターネットのインフラ整備責任 4)
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/04/post_0a27.html



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反核燃の日

反核燃の日

 1985年(昭和60年)に青森県労組が六ヶ所村核燃料サイクル基地建設に反対する姿勢を示すために制定されました。 

 現在は、青森県の六ヶ所再処理工場が建設されてしまいました。
 世界で今運転を開始しようとしている再処理工場は六ヶ所工場だけですが、3月に原子力発電所の実際の使用済み燃料を使った試験(アクティブ試験)を開始するスケジュールになっており、2006年4月1日に試験が本格化されそうです。
 その結果、使用済み核燃料の切断・溶解作業が始まったことに伴い、日本原燃は同日、工場の主排気筒からクリプトン85などの放射性物質が大気中に放出され始めたことを確認されたそうです。
 
 とりあえず、「試験」とはいうものの、2007年5月の操業開始までに約4トンのプルトニウム(長崎型原爆500発分以上)を取り出す計画だそうで、実質的な本稼動だといえるでしょう。

 で、問題はてんこ盛りの山盛りです。

 核問題というと、ついつい、イラン、ブッシュ政権、北朝鮮などの、核問題の視点は海外のみに向けられているを連想しがちです。
 それは、イランの核開発問題、ブッシュ政権の再処理計画再開の問題などに比べて、日本国内の核燃料再処理については、注目度は低く、安全性・不用性・経済性の問題は、十分に知らされていないことが大きな理由でしょう。
 しかし、日本国内は大変大きな問題をかかえています。
 私たちは、原子力発電を利用し、核の再処理施設を建設し運用しようとしている日本もその渦中にいることをわすれてはならないのです。
 国際的な問題とすれば、核拡散防止の観点から再処理モラトリアムの必要性が国際的に議論中で、是非の結論がでていません。
 このような「試験」を強行することは、たんなる既成事実を作る行為であり、そもそも、核廃絶を目指す日本の政策をもち、かつ、非核保有国である日本が膨大な核物質を保有するというのは、大きな矛盾です。

 で、日本のが核拡散・安全性・経済性などの問題を放置したまま、ほとんど注目されずにプルトニウムの製造に入る事態は、批判されてしかるべきといわざるをえないでしょう。
 さらに、非核保有国である日本が、世界で有数のプルトニウム大国になるという矛盾は国内の問題におさまることなく、国際社会の核不拡散の努力を無駄にするものになるという指摘を受けています。

 実際、核を使うというあらゆるリスクが高まる事を意味します。
 核を使うというあらゆるリスク、つまり、核事故、核の違法取り引き、テロリストによる使用、そして、国家自体による使用のリスクです。

 さて、問題となるプルトニウムがなぜ問題になるかといえば、下記の理由が主なものです。
 プルトニウムは、アルファ線を放出するため、プルトニウムの粒子を吸込んだ時、強い発癌性を持ちます。
 さらに、プルトニウムは、第二次世界大戦末の1945年、悪名高き原子爆弾として長崎市に投下された物質です。
 原子爆弾は、その破壊力の他、その後の放射能による爪跡は言うまでもないでしょう。
 プルトニウムは、まさにそれであり、日本は処理しようのない放射性廃棄物を保有し続けなければいけなくなるのです。

 実際、このプルトニウムは、ソ連の崩壊によって旧ソ連の核兵器の解体が進んでいるため、世界的なプルトニウムの剰余が核不拡散の観点から問題になっています。それをさらに日本で生産するというのはばかげた話です。
 現在、プルトニウムの利用法としては、高速増速炉というものがあります。
 しかし、高速増速炉については、安全性と技術的な問題によって、各国で計画の中止や遅延が相次いでいます。
 そんな中で、プルトニウム処理の有効な方法としてプルサーマルをとらえる考えがあります。
 プルサーマルとは、プルトニウムとサーマルリアクターからできた和製英語です。
 プルトニウムとウランを混ぜたMOX燃料を通常の原子力発電所で利用することをプルサーマルといいます。

 日本政府がプルサーマルに注目する理由には、おそらく、海外でのプルサーマルの実績なのだと思います(ホンネは利権が一番でしょうけど)。
 その実績は、ベルギーを始めとして、欧州諸国では1960年代からの経験があります。
 現在でも、フランス等において実施されているそうです。
 核燃料サイクルを政策として放棄したアメリカ合衆国においても、上述の核兵器解体に伴うプルトニウム処理の観点から、プルサーマルについては実施しようとする動きもあるそうです。
 ただし、日本のプルサーマル計画において、データ捏造や原発トラブル隠し、事故などの影響で進んでいないそうです。
 さらに、プルサーマルは普通のウラン燃料を使った原子炉の運転よりコストが非常に高くそうです。
 原発推進国の多くが再処理をしないで使用済み燃料をそのまま地層処分することに決めている事実もありますが、そうなるのは、すべて再処理する場合のコストは、そのまま地中に埋める場合に較べて1.8倍になるという試算がでています。
 まぁ、冷静になって考えてみれば当然です。
 なぜなら、再処理したとしても、放射性廃棄物はでるのです。結局、再処理によってもっと危険になった放射性廃棄物を処分しなければいけないわけです。
 なにより、この再処理工場によって、生産したプルトニウムは核兵器の他、使い道がありません。
 その上、操業から解体までに19兆円もの費用がかかります。
 単刀直入にいえば、核燃料再処理工場は、「危険」でムダで不経済な施設だと言わざるを得なくなります。
 上述した、事実と試算と当然の道理は、プルトニウム利用の非経済性を物語っているといえるでしょう。

 プルサーマルにしろなんにしろ、原子力発電をやめない限り放射性廃棄物がでることはとめられません。
 この、放射性廃棄物。別名、核関連廃棄物、核廃棄物、核のごみとも呼ばれ、放射能をもつ廃棄物の総称のことです。

 この放射性廃棄物の処分は大きな問題になっています。
 放射性廃棄物の問題は、扱っている対象が放射能を持つ放射性物質であるという事実です。
 いわゆる放射能に何らかの形で接触した人の発癌性が高いことは言うまでもありません。
 さらに、放射性物質の中には、半減期が極めて長いものも存在するので、これを無害化することは不可能といえるでしょう。
 ですから、長期間に渡り厳重な管理下に置く必要があります。

 が、放射性廃棄物・原料等のずさんな管理、不法な投棄などにより、土壌汚染や人畜への被害などの事故が既に報告されています。

 とりあえず、現時点では、地下深くに埋蔵・保管する方法(地層処分)などが考えられています。
 日本では、地震や火山噴火等に耐える強固な施設でなくてはいけません。
 地下水にも汚染がないよう地下300mの箇所に多重バリアを引いて処理する手法が提示されています。
 が、そんな場所が火山大国日本、地震大国日本にあると考える方がナンセンスです。
 ですから、場所の選定からして大変であり、候補地の目途すら立たない状況にあります。

 で、もっと大きな問題があります。
 劣化ウラン弾の利用。
 プルトニウムを抽出して核兵器の製作に利用。
 高レベル廃棄物も散布する。
 という軍事利用される可能性です。

 軍事転用が可能であるからこそ、このような大規模な破壊性を持った放射線廃棄物は、完全かつ安全に管理しなくてはならないわけです。

 この完全かつ安全に管理において、私たち日本国民ができることがあります。
 それは、国民による監視です。


 さて、ここからはホームページの更新情報です。
 呟き尾形の色の心理学の第45回、色と部屋の広さを追加しました。
 あなたは、白は部屋を広く見せると思いますか?
 次に、PROFILEを更新しました。
 次に、WRPGのプエルギガス年代記サンプルNPCトライガン・マイトゲイズを追加しました。
 つぎに、小説に、サイクラフト 光の鳳雛、時の伏龍 2を追加しました。



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月2日 - 2006年4月8日 | トップページ | 2006年4月16日 - 2006年4月22日 »