« 2006年3月5日 - 2006年3月11日 | トップページ | 2006年3月19日 - 2006年3月25日 »

人生でぶつかる問題に、そもそも正解なんてない。

こんにちわ。呟き尾形です。

人生でぶつかる問題に、そもそも正解なんてない。
とりあえずの答えがあるだけです。
  ― 養老 孟司 ― (解剖学者)

 問題というものには、大きく分けて二つの種類があります。
 試験問題などのその人の能力が試される正解ないし模範解答のある問題と、人生でぶつかる、乗り越えるべき壁のような問題です。

 この二つの問題の決定的な違いは、問題を解くか乗り越えるかの違いがあります。

 さらにいえば、前者の問題を解く問題は、後者の問題を乗り越える問題の練習のようなものです。

 つまり、問題を解く問題は、問題を乗り越える問題のためにあるといえます。

 そして、この事実は、どのような人生が正解ないし、模範解答か判断し得ないということを意味します。

 人生に間違いも正解もないのです。

  ★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛というのは、どれだけ多くのものを与えたかではない。

こんにちわ。呟き尾形です。

愛というのは、どれだけ多くのものを与えたかではなく、
そこにどれだけの思いやりが注がれたか、ということなのです。
 ― マザー・テレサ ― (カトリック修道女)


 愛とは、相手を思いやる心そのもののことをさします。

 ただ、愛というものは、目に見えるものではありません。
 だからこそ、人は、愛する人に、愛を形で見えるように、愛を表現するように、愛する人に多くの「もの」や「行為」をささげます。

 しかし、「もの」や「行為」は、思いやりの気持ちの表現であって、愛そのものではありません。

 重要なのは、愛を伝える事よりも、ただただ純粋に思いやりの心で接することです。
 我欲においては、愛を伝える事は重要です。
 しかし、愛においては、たとえ愛する人に伝わらなくとも、愛する人に思いやりの心をこめることが重要なのです。
 
 ★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムーシコスのバイオリン 4(呟き尾形の創作童話)

呟き尾形の創作童話・小説

 呟き尾形の創作童話・小説は、私、呟き尾形が創作した童話や小説を掲載するコンテンツです。
 既存の童話や小説や新たにかいたものも気まぐれにアップしていく予定です。

 私、呟き尾形が初めて書いた童話です。
 このページは第4話です。
 第1話から読まれたい方は ムーシコスのバイオリン 1 へ

ムーシコスのバイオリン 3 へ戻る

-----------

ムーシコスのバイオリン 4

さて、クニークルスはムーシコスのバイオリンを渡せるのでしょう
か? そしてヒュースの背中にしがみついたムーシコスはどこに行って
しまうのでしょうか?

 ひゅぅぅぅぅガサガサ、ドガン!
「いてて、ゔぅぅ、重いよヒュース君」
 周りには、太くて大きな木が、沢山ありました。運のいいことに、落
ちたところが湖の水辺で砂が軟らかく、クッションの役割をして、大き
な怪我をすることはありませんでしたが、ムーシコスの上に、ヒュース
がのしかかった形で落ちてしまったので、ヒュースの重さで体中が痛く
てたまりませんでした。
「ごめんだブー・・・あら? ここはどこだブー」
「?」
「あの星があそこにあるってことは・・・反対側に来てしまったブー」
 ヒュースは短い手で大きな頭を抱え込みました。
「と言うことは・・・どうするんだい! ヒュース君」
「どうもこうもないブー。腹が減ってもう何もできないブー」
 ヒュースは、ドダンと倒れて大の字になり、そのまま眠ってしまいま
した。ムーシコスはもう何かなにやら分からず、ヒュースの体を揺すっ
たり、耳元で大声を出してヒュースを起こそうとしました。でも、
ヒュースは起きません。
「どうしよう・・・」
 ムーシコスは、ヘナヘナと崩れるように座り込で、藍色の夜空を見上
げました。キラキラ光る星達が、夜空の鍋からこぼれて落ちてきそうで
す。星達をじっと眺めていると、不思議と気持ちが落ちついてきました。
 そうしていると、金や銀色の星達が合奏しているようです。特に夜空
の天の川の岸にダイヤのように輝く、白い琴星のかすかな琴の音色は、
ムーシコスの心を奪いました。
「きれいだなぁ。せめてバイオリンがあれば・・・」
 ムーシコスは、星達のと一緒に合奏してみたいと心から望みました。

でもバイオリンはありません。すると、ムーシコス達が来た方から、何
かが飛んできました。それは流れ星のように、光りの線を引いてやって
きたのです。それがやってくると目の前が真っ白になりました。気が付
くと、ムーシコスの手には銀色のバイオリンがあったのです。ムーシコ
スは目をパチクリさせましたが、ゆったりと銀色のバイオリンを弾き始
めました。
 曲のリズムにのって、風は踊りだし、草木は静かに鑑賞していまし
た。星たちの七色の照明は、演奏者を照らしだし、そこは、ムーシコス
のためのステージとなりました。
『ねぇ、君は誰だい?
 僕のバイオリンじゃないね。
 君は、さっきの流れ星と一緒に来たのかい?
 君は、どこから来たんだい?
 君は、誰のバイオリンなんだい?
 君は、なぜ来たんだい?
 どうやってきたんだい?』
『・・・・』
 ムーシコスは、いつものように無言でバイオリンに話しかけますが、銀
色のバイオリンは、何も答えてくれません。でも、無口なバイオリンは、
ムーシコスの思い通りの音が出ました。
 曲が終わると、銀色のバイオリンは消えてなくなりました。
 すると、木や湖の水がぼんやり光り出します。それは蛍の光のよう
に、ふらふらと飛び回り、呆然としているムーシコスに吸い寄せられる
ように集まります。光は琴星のような、小さいけれど明るい光の玉にな
りました。
「こんにちは。バイオリン弾きさん」光の玉が言いました。
「こ、こんにちは」ムーシコスは挨拶をかえします。
「いきなりこんな形で出てきてびっくりしたでしょね。でも私たちには
姿は必要ないの。私たちは言ってみれば森そのものなの。だから姿が無
くても困らないのよ。綺麗なバイオリンを聞かせてくれたあなたにお礼
が言いたかったの」
「綺麗? 僕のバイオリンが? 本当?」
 ムーシコスは不思議な力で小さな光に吸い寄せられました。
「ムーシコス! どこ行くんだブー!」
 ムーシコスはヒュースの声を聞いてハッとすると、ぼんやりした光り
はなくなります。そして自分は水辺にいる自分に気がつきました。湖の
水は今にも凍りそうでとても冷たく、ムーシコスは思わず飛び出しまし
た。
「うわぁ。なんて冷たいんだ。この水は氷みたいに冷たいぞ」
「そうだブー、ここはどんなに寒くても凍らない水の湖なんだブー」
「なんだって? 凍らない水なんてあるのかい?」
「ここにあるブー。俺が小さい頃に聞かされた話だと、この湖に住む魔
女が寂しさでいろんな人を家に呼ぶんだけど、みんな溺れてその魔女に
会えないんだ。もし、俺がおまえを止めなかったらおまえは溺れたうえ
に凍りついたブー」
「あ、ありがとうヒュース君。でも今の僕には何もできない。でも、も
し、もしもだよ。僕がレオーの前でバイオリンを演奏して気に入っても
らったときは何かご褒美をもらえるかも知れない。その時のご褒美で
ヒュース君に何かお礼をしようと思うんだけど・・・・」
「そうかブー。その前に今夜の宴に間に合わなければご褒美もないのか
ブー。でも今夜の宴に行くにはどうやっていけばいいんだブー」
「またさっきみたいに飛べないの?」
「もうそんな体力残ってないブー」
 ヒュースは立っているのがやっとだと言いたげに方をすくめました。
「そう・・・・」
 2人とも腕組みをして考え込んでしまいました。いくら考えてもお星
様が暇つぶしに夜空を舞台にダンスをするだけで、いい考えが浮かんで
きません。あきれ果ててお月様も傾いてコックリコックリと居眠りをし
ています。
 そうしているとクスクス笑う声が湖の方から聞こえてきます。ムーシ
コスとヒュースは周りを見渡しましたが、何もありません。
「ヒュース君、ヒュース君」
 ムーシコスがヒュースの肩を叩きながら目の前の湖を指しました。
ヒュースは面倒そうにムーシコスの指す指の先を見ました。湖の水は生
き物のように動き出し、噴水のように水が噴き出し、水柱が立ちまし
た。水柱は月明かりに照らされて青白く輝いていました。
「クスクス、おもしろい人たちね。見ていて飽きないワ」
「み、水柱がしゃべったぁ!」
 2人はびっくり仰天して飛び上がりました。
「アハハ。ホントにおもしろい人たちだワ。どう? ずっとここにいな
い?」
「イヤだブー。おれはうまい物を腹一杯喰いたいブー。ここはそんなに
おいしそうな物がありそうもないブー。それにここは寒くてイヤだブー」
「ヒュース君、ヒュース君。確かにここはおいしそうな物なんかなさそ
うだし、寒いけど、綺麗で静かなところじゃないか」
「そんな物腹の足しにならないブー。おれは腹一杯物を喰って眠りたい
ブー」
「僕は好きなときにバイオリンを弾いていたい」
 こんな感じで話が続き、2人とも話し合っている内に声が大きくな
り、やがてムーシコスとヒュースは、お互いにソッポを向きました。
「おまえに話ても話すだけムダだブー」ヒュースは旋毛を曲げます。
「お互い様だね」ムーシコスも負けじと旋毛を曲げます。
「アハハハハハハ。ホントにおかしい。ホントに2人を見ていると飽き
ないワ。どっちも似たようなことを言っているのに、2人とも全く反対
のことを言っているようなぞぶりなんだもの。アハハハハ」
 水柱に大声で笑われて、ムーシコスとヒュースは水柱がいることと、
今の自分たちの置かれている立場を思い出しました。それでも2人はい
がみ合うのをやめませんでした。
「不愉快だブー。こんな奴と一緒にしないでくれブー」
「こっちこそ!」
「アハハハハ。そんなに喧嘩するなら2人とも一緒にいなければいい
じゃない。ムーシコス、あなたはレオーの宴に行きたいんでしょ? 
だったら私が宴に間に合う方法を教えて上げるわ。でも条件があるの。
私を宴に連れていって」
「そんなことならおやすいごようです。えーと、お名前を聞いていませ
んでしたね?」
「ラクスよ。よろしくねムーシコス」
 水柱はただの水柱から白い彫刻の女神様のような姿になりました。
「それでは、水を一口飲んでいただけるかしら?」
 ムーシコスはラクスに言われるままラクスの凍らない水を両手です
くって飲みました。その水はとても冷たかったのですが、今まで体のど
こかに隠れていた力がどこからか現れたように感じました。
「な、なんだかすごく気分かいいよ。なんでもできそうだ」
「そうよ。ここの水を飲むとその人の隠れた力が引き出されるのよ。
ムーシコスあなたは小さな体にとてもすごい力を持っているわ。・・・・巨
人みたい。あなたならエクウスを乗りこなせるかも知れないわね」
「エクウス?」
「そう。見えない翼を持つ白馬、エクウスよ。力のない乗り手はエクウ
スに食べられてしまうの。でも今のあなたならエクウスはあなたの思い
のままよ。エクウスはそこにいるわ」
 凍らない湖の奥に小さな波が立ち、どんどん波が大きくなり、波頭は
馬の頭となり、やがて馬の形どっていきました。馬は水の上に草原にい
るように立っており、夢か幻のようにおぼろげなのですが、馬だと言う
ことはハッキリ分かりました。馬は耳をひくひくさせムーシコスを見つ
けました。
「ヒヒーン。ブルルル」
 馬はいななき、ムーシコスの方に駆け寄ってきました。ラクスは子供
を見る母親のように暖かく微笑み、ヒュースはガタガタ震えているばか
りです。馬はすいこまれそうな目でムーシコスをみつめ、自分に乗れと
言っているようでした。ムーシコスは答えを返すをようにふわりと馬に
またがりました。
 ラクスはうなずき、レオーの城の方向を指さしました。ムーシコスは
ラクスの指した方向を向いてからラクスを見ました。
「僕はあなたを連れていく約束をした。でも僕はヒュース君を連れてい
きたいのです」
「あなたがそうしたいのならそうしなさい。私はすでにあなたと共にい
ます。たとえ姿形が見えなくても。あなたのいるところには私がいるの
です」
「ありがとう。ラクスさん。行こう! ヒュース君。そうすれば約束は
守れるよ」
「あ、ああ。なんだかおまえが別人みたいに見えるブー」
「気のせいだよ。ヒュース君が僕のことをどう思おうが、僕は僕さ。行
くぞエクウス。おまえの見えない翼を見せてくれ」
 エクウスは風のように森の中を駆け抜けました。それは、翼を持つ鳥
が風に乗って飛ぶようでした。ムーシコスとヒュースは風に乗ってレ
オーの城へ向かいました。
 
 ラクスがムーシコスの行った先を眺めていると、白い兎が走ってきま
した。兎はバイオリンを背負いゼイゼイいいながら湖に着きました。
「ゼイハァ、ゼイハァ・・・・やあ、ラクスさん。こっちにムーシコスとい
う名前の人間が来なかったかい? ゼイハァ、ゼイハァ・・・・」
「ついさっきまでここにいましたけど・・・・」
「う~ん。やっぱり。このペンダントが、こっちの方に向かって光りだ
すから引き返してみたんだ」
「戻ってきて正解ね。でも、ムーシコスはエクウスに乗ってレオーの城
に向かったワ」
「う~ん。なんてこったい。せっかくバイオリンを持ってきたのにエク
ウスに乗っただって? う~ん。まぁいいや僕の仕事はムーシコスの宴
の招待だ。でもここまで来るとバイオリンを届けないと目覚めが悪いか
らとにかく城に行ってみよう」
「いつも忙しいのねクニークルスさん」
 クニークルスはラクスがの言葉は聞いてはいませんでした。すでにク
ニークルスは城の方へ走っていたからです。

 さて、クニークルスはレオーの城に付く前に、エクウスに乗ったムー
シコス達に追いついて、バイオリンを渡せるのでしょうか?

★★★ムーシコスとクニークルスの座談会

「湖の風景、きれいだったよね」
そりゃそうさ。ムーシコス君は、僕たちの国へやっと到着始たんだか
らね。
「へぇ、そうだったんだ。ところで、あの銀色のバイオリン。何だった
んだろう?」
それは、この物語のキーワード。すんなり教えられないな。
「意地悪」
細かいことは気にしない。

ムーシコスのバイオリン 5 へ進む

 ※この作品は、白い時計塔のある村の
http://homepage2.nifty.com/SON/DOUWA/DOUWA14.htm
 に掲載されている作品です。

感想などいただければ幸いです。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/shop/1008/1140871698/1

ムーシコスのバイオリン 5 へ
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/04/post_1e01.html
----------------


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神聖な好奇心を失ってはならない

こんにちわ。呟き尾形です。

大切なのは、疑問を持ち続けることだ。
神聖な好奇心を失ってはならない。
 ― アインシュタイン ― (ノーベル物理学者)

 どうも、最近の先入観において、疑問を持つということは、疑問を持つ対象を非難、ないし、批判している行為と勘違いされているようですが、ここでいう疑問とは、怪しむことだったり、不審だったり、疑念を持つなどの信頼性がないということではありません。

 好奇心をもち、「それはなぜ?」と問いかけることです。

 この好奇心こそ、人類の英知の原動力であり、好奇心をうしなえば、世界のすべては退廃的になってしまいます。

 疑問が信頼性がないということを意味するようになったのは、現代病なのかもしれません。
 この病を癒すためには形骸化したプライドを捨て、自分が何を知らない事を知ることです。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

座りこんでいては、車にひかれてしまう

こんにちわ。呟き尾形です。

たとえあなたが正しい道にいるとしても、
そこに座りこんでいては、車にひかれてしまうでしょう。
 ― ウィル・ロジャーズ ― (アメリカ作家)

 正しいとは、物事のあるべき姿を考え、それに合致していることです。

 正しい道を歩むということは、いいことです。

 しかし、正しい道に座り込んでしまっては、他の人に迷惑をかけたり、ひどい場合は車にひかれてしまうなど、本末転倒なことになります。

 正しい道に座り込む、すなわち、正しい事を主張するだけがいいことなのではありません。
 正しい事を主張し、自らも、その主張に従うことが正しい道を、正しい道を歩くということです。

 正しい道を正しく歩くことが、正しいのです。
 そのためには、自分を棚上げせず、言動を一致させることが必要不可欠だということです。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<横浜市>視察有料化 賛成です

 こんにちわ。呟き尾形です。

 横浜市は3月8日、他の自治体職員や研究者らによる市の事業の視察、調査を来年度から有料にすると発表したそうです。
 気になるお値段は、視察1時間半で5000円だそうです。

 視察が5000円だったら妥当じゃないかと思います。
 説明するための準備や資料、そして、案内する人には、税金というお金がかかっているわけで、このコスト意識はいいと思います。
 安いものです。
 さらに、有料化にすることで、横浜市にもお金を取った分の仕事をするという責任がでてきます。
 いい加減な説明はゆるされません。
 さらに、横浜市は、視察されるだけの良い施設や仕組みを作り出すさらなるプレッシャーをあたえらえます。
 つまり、横浜市を視察される価値がだけのも創意工夫が必要とされ、そうでなければ、視察されなくなるわけです。
 このような、自分自身にノルマを加えるという方法論は、自ら無駄をなくすものです。
 となれば、税金の無駄遣いが減るということです。

 もっとも、これが、50万とか500万だったらいろいろ問題はでてくるでしょうけど(笑)

 さて、知識は確かに蓄えるものではないという話もありますが、知識を蓄えるということは、知識やノウハウを独占するということであって、秘密にすることです。
 有料だからといって独占しているわけではありません。

 自分で学費を払う学生は、本気になって学ぼうとする学生が多いですが、親に学費を払ってもらう学生は、自分で学費を払う学生ほど必死になれないものです。

 タダは悪い事ではありませんが、利用者のコスト意識が無くし、タダであることに価値を必要以上に下げさせます。
 それは、無駄を生み出します。
 それが「タダ」の功罪だといえるでしょう

 もっとも、有料化するにしても、事前にPRや説明が必要ではないか
 という指摘があるそうですが、これはごもっともです。
 来年度からって話ですが、前の月にいきなり宣言したから有料化というのは、身勝手ともいえますよね。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目的に合ったように動いているか

こんにちわ。呟き尾形です。

目先の結果より
「目的に合ったように動いているか」と常に自問することが必要だ。
 ― 横河 正三 ― (元横河電機社長)

 目的とは、実現しよう、到達しようとして目指す事柄です。

 人は、事前に設定した目的を果たすために、さまざまな行為を行います。
 そして、目的を達成するための行為を行っている途中経過で、良い結果や悪い結果がでるかもしれません。
 それに一喜一憂する事自体は悪くはありません。

 しかし、目先の結果で目的を見失ってしまっては本末転倒というものです。

 目的を見失わないコツがあります。

 それは、「目的に合ったように動いているか」と常に自問することです。

ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

評議中にに「やむを得ない事由」が発生したときの対処は?(裁判員制度への質問状 14)

裁判員制度への質問状 14

 裁判員制度について、理解するために調べたところ、下記のような疑問がでてきました。
 一見とっぴょうしもない疑問だとは思います。
 しかしながら、冷静に実際に運用すれば、それほど特殊な条件でもなく、充分に現実にありうるとはおもいます。
 疑問とともに、私なりの私見を加えて書いてみました。
 すでに、メールにて、
http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/iken.html
 へは送信し、法務省へも送付する旨の返信は返って来ました。
 実際、検討されるかどうかはわかりませんが、もしよろしければ、この記事を読みながら、疑問について考えていただければ幸いです。

 ちなみに、私の感じる、裁判員制度の問題点はこちらです。
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/02/post_19.html

-------------
Q・地震などの天災による災害による、被害を理由に裁判員を辞退する事はできないのですか?

 とりあえず、法律で定められている裁判員になることを辞退できる条件は下記の通りです。
 1・70歳以上の方
 2・学生又は生徒である方
 3・最近の一定期間内に,裁判員,検察審査員等をした方や
  裁判員候補者として「裁判員等選任手続」に出頭した方
 4・重い疾病・傷害により出頭が困難であること,介護・養
  育がなければ日常生活を営むのに支障のある同居の親族
  の介護・養育を行う必要があること,事業における重要
  な用務を自ら処理しなければその事業に著しい損害が生
  じるおそれがあること,父母の葬式への出席等の社会生
  活上の重要な用務があることなどの「やむを得ない事
  由」があり,裁判員の仕事をすること,または,「裁判
  員等選任手続」の期日に出頭することが困難な方など
  は,裁判員となることを辞退することができます。
 とあります。

 とりあえず、地震などの天災は、いつおきるかわかりません。
 なんとなく、上記項目の4の「やむを得ない事由」が適用されそうな気がしますが、明記はされていません。 
 さらに、地震という災害がどれくらいひどいものかなどの判定基準はどうなるか?
 などは非常にきにかかるところです。

 地震はいつあるかわかりませんから、選ばれ、特に理由がなく裁判員になったはいいが、その後、地震がありいけなくなった。
 つまり、選ばれ決定した後ないし、評議中にに「やむを得ない事由」が発生したときの対処はどうなっているのか?
 事前に可能性があるなら、明確に決めておくべきです。
 決定後でも「やむを得ない事由」があれば、裁判員はいつでも辞退できるという、裁判員に対する思いやりのルールは必要不可欠と考えます。

-------------
疑問リスト

 評議中、裁判官の説明が難しすぎて、どうしても理解できないときはどうするのですか?

 評議中、裁判官の説明が、丁寧であっても、一般常識的な単語の意味と法律用語の意味の違いによって、まったく異なる文脈になることが予想され、それによる、誤解が生じる可能性についての対策は立てているのですか?
「例:悪意など」

 信じられないところから、個人情報が漏洩する時代です。万が一、裁判所から個人情報が漏洩した場合、裁判所はどのような責任をとるのでしょうか?

 裁判員の選任手続きにおいて、場外される条件の一つとして、理由を示さない不選任請求を受けたものというのは、どういうことですか?
 
 公判や評議中に、重くない病気(風邪など)ではあるものの、一般的に仕事を休むような症状のときは、どうなるのですか?

 仕事が忙しいものの、裁判所が辞退を認めず、それによって、損害が生じたとき、裁判所はどのような補償をする用意があるのですか?

 結婚式と裁判員である期間が重なったときはどうするのですか?

 経営者が裁判員になり、何日も裁判によって休んだときに、顧客に仕事を断られてしまった場合、どうなるのですか?

 投資家が裁判員になり、株取引が出来なくなってしまった場合はどうなるのですか?

 裁判官や法律の専門家が裁判員になることはあるのですか?


 妊婦の女性が裁判員に選任されるのですか?
 また、選任されたとして、辞退は可能ですか?

 裁判員に選任されたあとに、重いケガや病気にかかったときはどうなるのですか?

 健常者以外の方が裁判員になったとき(盲目、難聴など)の用意は万端ですか?

 骨折などのけが人は、裁判員を辞退できるのですか?

 裁判の結果に対して、裁判員の評価を記事にすることは可能ですか?

 
裁判員になることで、逆恨みされた場合はどうなるのですか?

 http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/11/post_5d93.html

万が一、専門家に法律のことを知らないために馬鹿にされた場合どうなるのですか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/11/post_5d93.html

マスコミにしつこく質問、かつ狡猾に質問されて、結果的に秘密が漏れてしまった場合、マスコミに責任はないのですか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/11/post_4aa5.html

裁判員に対して,その仕事に関して頼み事をする行為というのは、マスコミのインタビューも含まれますか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/11/post_8a96.html

裁判員になり、守秘義務をまもりつつも、裁判員であることを隠して、裁判についての個人的意見を述べる事は禁止されますか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/11/post_9b26.html

自分が裁判員であることを、自分の意思で言うことに、なんら問題はありませんか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/12/post_6c43.html

評議のとき、裁判員がメモを取る事は許されますか?
そのメモが不慮の事後により、外部に流出したときはどうなるのですか?

http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/12/post_70f9.html

裁判員や裁判員であった、親族以外の大切な人(恋人や友人)を脅した場合は処罰されないのですか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/01/post_d9cd.html

直接秘密は守ったが、言葉の端々から、憶測や推測がたまたま当たっていて、結果的に秘密が漏れてしまったような形になった場合はどうなるのですか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/01/post_cd49.html

「評議」を決めるとき、全員一致なのか、多数決であったのか? ということについては明確にされるのですか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/01/post_c6af.html

出張などにより、外国にいた場合、裁判員は辞退出来ないのですか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/01/post_e82c.html

評議の期間中に、ストレスによって何らかの病気にかかったときはどのような対処になるのですか?

http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/02/post_8080.html


裁判員に選ばれた人が失踪中、ないし連絡が取れなかった場合はどうなるのですか?
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/02/post_3d26.html


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不幸のときは一を十にも思う

こんにちわ。呟き尾形です。

人は、不幸のときは一を十にも思い、
幸福のときは当たり前のようにそれに馴れて、
十を一のように思います。
 ― 瀬戸内 寂聴 ― (『生きることば あなたへ』)

 不幸とは、恵まれていないめぐりあわせです。
 恵まれていないとき、得られた一は、十以上得たように感じるものです。

 幸せとは、恵まれためぐり合わせです。
 恵まれているとき、得られることが当たり前に感じてしまうものです。

 これが、幸せである人が不幸になる落とし穴だともいえます。

 得たときの満足感というものは、絶対的ではなく、相対的です。
 つまり、その人が不幸になるのも、幸せになるのも、何をどう感じるかで変わってくるということです。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンフィッシュサブマリン(呟き尾形の創作小説)

呟き尾形の創作童話・小説

 呟き尾形の創作童話・小説は、私、呟き尾形が創作した童話や小説を掲載するコンテンツです。
 既存の童話や小説や新たにかいたものも気まぐれにアップしていく予定です。

 今回は、サンフィッシュサブマリンという短編小説を書きました。
 これは、サトルさんの書いたイラストから、私が短編小説をかいてみるという、一種のコラボレーション作品を作るという企画に結果的になりました(ですので、事前に小説のカットとして利用するこを承諾いただけたのですが、サトルさんがやっぱり削除するように依頼がありました。
 残念です)


 これを読んで楽しんでいただければ幸いですし、感想をいただければなお幸いです(笑)

 

 

----------


サンフィッシュサブマリン

 ボクは今、闇に包まれた世界にいるような錯覚に陥っていた。
 けれども、そんなボクを貝のように海底に張り付く海底都市の光が照らしてくれている。
 照らされた部分をみれば、ボクは暗闇の中にいるのではなく、ネイビーブルーの海水がボクの潜水艇サンフィッシュの、「FLIPPER」号を包み込んでいるのがよくわかる。
 潜水艇サンフィッシュは、もともとは、海底探査用の潜水艇だけど、今日はのボクの仕事は、「FLIPPER」号の下にいる、キャンサーを誘導することだ。
 キャンサーは、海底の作業をする、有人海底作業用ロボットだ。

 不意に、ボクの上から光が照らされた。
 ホエールサブマリーン。
 その名の通り、鯨の形をした潜水艦である。
 多分、これから海面にでて、ファームシップから収穫物を取りに行くのだろう。
 ファームシップとは、大きな船舶に農業プラントを建設し、海底都市の食料を供給する船である。
 海底都市が出来る前の文明なら、空母やタンカーのような船だと見間違えるだろう。
 まさに、海に浮かぶ農場といったようなもので、海底に届かない日光を十分に浴びた野菜や果物が取れる仕組みになっている。
 また、植物だけに限らず、家畜用のファームシップもあった。
 家畜の食料は雑穀をもって補い、それら雑穀類はファームシップで生産したり、雑穀生産用のファームシップからえていた。
 船である以上、嵐の心配はあるが、ファームシップを大きく取り囲むように浮かぶ太陽電池を電源とした地上観測飛行船によって、気象情報がほぼ把握出来るため、嵐を避けるような経路を運行をして、リスクは激減した。

 そもそも、海底都市などというものが出来たのは、もう、地球上に陸地が少なくなったからである。
 地球温暖化の影響により、北極の氷が解け、20世紀末に警告されていたことが現実になった。
 それは急激な水没ではなく、じわり、じわり、ゆっくりと、それでいて確実に、何かをカウントダウンするかのように陸地は水没していった。
 それに加え、地殻変動も活発になった。
 つまり、陸地が、人間にとって住みやすい場所ではなくなったということを意味していた。
 そこで、人類は、ある大きな選択をした。
 それは、生活圏を陸地ではなく、海底に求めるということだった。
 一見荒唐無稽に思える計画が実施されるほど、人類は追い詰められていたのだ。

 海底移民計画という壮大なプロジェクトは、水圧と暗闇との闘いともいえた。
 水圧対策としては、透明な特殊な合成樹脂が開発された。
 この合成樹脂は、目に見えない小さな穴があり、水を吸いこむことで、水圧の差をなくすことで、海底都市の空間は確保することができた。
 さらに、海底という新しいフロンティアは、人類に多くの海底鉱山資源をもたらした。
 地球上にある、貴重な鉱物の多くは、宇宙から隕石が落ちたときに発生する爆発的なエネルギーによって生成されるという仮説がある。
 実際、鉱脈や油田は、ある点を中心に円を描くように発掘されている。
 人類が資源の枯渇を危惧したのは、陸地だけの資源を掘っていたからである。
 地球の表面の殆どは海である。
 であれば、隕石が落ちる場所が海の方が、確率として高くなるのは、至極当然なことだといえる。
 実際、仮説に基づいて海底鉱山を発掘することができていた。 

 海底の暗闇については、海流を利用した海流発電によって補うことができた。
 海流とは、広い海を一定方向に常に流れるため、その海流の流れをエネルギー源として、発電モーターをつけた。
 常に一定の力がはたらく海流は、気候に影響されることのない、半永久的な発電を可能にしたのだ。

 そして、ボクの「FLIPPER」号とキャンサーたちは、海流発電所へある仕事をしにいくのだ。
 ボクの「FLIPPER」号とキャンサーたちは、目標物をやっと見つけた。
 目標物は、ょうど巨大なジャングルジムのように骨組みだけの建造物である。
 そう、ここは、海流発電所であり、ジャングルジムのような骨組みこそ、海流発電機であった。
 骨組みが生み出す空間のところどころに、何枚かを板の斜め横に倒した形で、奥行きのある細長い合成樹脂のプロペラがしくまれていた。
 板を横に倒し、それを海流に対して斜め方向に向ければ、少しだけ板に海流の力が加わり、すべての板がそれを回転の力に替え、このプロペラがまわることで発電タービンが回り、発電するわけだ。

 海流発電機がジャングルジムのようになっているのは、流れの強い海流の抵抗を少なくするためであり、板を横にして奥行きのあるプロペラにしたのも同様の理由である。
 そして、他にも理由があった。
 ここは、広い海だけれども、海流の流れに合わせて泳ぐ魚がいる。
 海流発電機にぶつかったり、ひっかかったりする魚もいる。
 もちろん、海流発電のタービンは、海底都市を包む合成樹脂でコーティングして弾力をつけたものだから、ぶつかった魚がいても、それほどの傷にはならない。
 とはいいつつも、鯨のように大きな生物はさすがにそうはいかない。
 本当は、無人探査潜水艇ドルフィンが、鯨が仲間の鯨に警戒するときに発する音波をだすことで、大抵の鯨はその場から逃げていくのだが、たまに好奇心旺盛な鯨が発電機にぶつかるのだ。
 こうした仕事も、ボクらの仕事。
 鯨の傷の手当をして、キャンサーが引っかかっている部分を取り除き、鯨を逃がす。
「ごめんよ。
 ボクら、人類がきみたちの居場所にこんなものをたてたばっかりに。
 でも、わかってくれ」
 ボクはいつもそういって、助けた鯨と別れを告げる。
 とはいいつつも、鯨が衝突した部分の骨組みはグンニャリ曲がり、プロペラも丸ごと入れ替えるような状態だ。
「やれやれ・・・」
 ボクは、ため息をついたが、ボクは、ボクの仕事をするしかないのだ。
「さてと、修理するか!」
 ボクは腕まくりをして、操縦かんを握った。


END
----------



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やりたいことは努力すれば、必ずできる

こんにちわ。呟き尾形です。

やりたいことは努力すれば、必ずできる。
これを忘れないこと。
自分を信用している者は、人からも信用される
 ― グレアム・グリーン ― (イギリス作家)

 努力とは、力を尽くして、熱心に事を行うことです。
 努力した末に、本人の望む結果が得られるとは限りません。
 結果が悪いからといって、努力をあきらめたのであれば、それは努力不足の証拠です。

 努力すると、どのような結果であれ、自信がつくものです。

 自信とは、自分自身を信ずる心のことであり、すなわち、自分を信用しているということです。

 自分が信じられなくなったとき、あきらめの心が発生します。

 なにごとも、あきらめず、自信をもってことにあたる人は信用に値します。
 そして、自然と他者からも信頼を得られるものです。
 実際、自分も信頼できなければ、他人からも信頼されることもないという理屈です。

 つまり、努力する人は信頼されるということです。
 その意味において、無駄な努力など、存在し得ないのです。

 それを忘れないでください。

   ★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サフランの魔法(呟き尾形の創作童話)

呟き尾形の創作童話・小説

 呟き尾形の創作童話・小説は、私、呟き尾形が創作した童話や小説を掲載するコンテンツです。
 既存の童話や小説や新たにかいたものも気まぐれにアップしていく予定です。

 花をテーマにした童話です。
 今回は、サフランをテーマにしました。

-----------
サフランの魔法

 むかし、むかしあるところに白い時計搭の
ある村がありました。
 リムネーは、おてんばで歌好きでお喋りな
娘です。
 いつも、村の真中にある白い時計搭でいろ
んなお話をしています。

「今日は、あっとおどろく、物語。
 舞台は、昔々の牧場で始まり、牧場で終わ
る物語・・・」

 牧場にサフランの花が咲くころに生まれた、
ので、サフランという、可憐な少女がいました。
 サフランの花は薬草として、使われることが
あるために、医術に長けて、誰にでも慕われる
メディクスという若い青年医師が牧場の花畑に
時々やってきます。
 サフランは、メディクスのことが大好きで、
した。
 サフランは、ときおり、メディクスから医
術の話を聞き、メディクスから医術を少しず
つ学んでいきます。
 そして、いつしか二人は恋人同士になりま
した。
 しかし、サフランの母は、それを快く思い
ませんでした。

 サフランは王様の側室になることが決まって
いる上に、サフランの母は、こともあろうに、
メディクスに恋心を抱いていたからです。
 サフランの母は、夫を裏切ることもできず
に、報われぬ恋をもてあまし、こともあろうに、
メディクスにすべてを忘れる薬を飲ませて、
メディクスからサフランへの恋心と一緒に、
医師の技術も奪ってしまいました。
 そして、すべてを忘れさせられたメディクス
はそのまま、サフランの前に姿を現さなく
なってしまいました。
 そうともしらない、サフランは嘆き哀しみ毎
日、毎日、目が真っ赤になるまで泣きました。
 見るに見かねたサフランの父は、サフランの
花畑のサフランをすべて刈り取り、大量のサフ
ランのめしべを収獲し、メディクスの思いだす
サフラン畑をなくしてしまいました。
 サフランのめしべを使った料理は、目を覚ま
すような美しい黄色にそまりますし、なかなか
量がとれない為、黄金以上の価値があり、国王
でも簡単に手に入らないものです。
「サフランよ。このサフラン畑は、お前の母が
お前をお腹に宿したころ、魔法使いが、お前の
誕生を祝って、魔法でサフラン畑にしたものだ。
 そのとき、魔法使いの魔法の呪文を今でも覚
えている。
 ”与えよ”だ。
 もともと、このお前も天からの私達、夫婦に
与えられた、かけがえの無い娘。
 だから、私達は、このサフランのめしべをす
べてをお前に与えよう。
 お前も、困っている人を見かけたら与えなさ
い」
 サフランは、父の言葉を心に刻み込み、サフ
ランの花畑のめしべをもって、国王の側室にな
りました。

 サフランは、それを国王に差し出すと、国王
は大変喜び、褒美に首飾りを与えました。
 ある日、サフランは国王の使いで、お城の外に
でました。
 すると、麻の布を全身にかぶった一人の乞食が
目に付きます。着るものもろくになく、服の代わ
りに麻の布をかぶっているのです。
 サフランは、魔法の呪文を思い出し、国王から
与えられた首飾りを乞食に与えます。
 乞食は、何度も頭を下げてその場を立ち去り
ました。
 それを知った国王はカンカンに怒り、サフラン
の手首を切り落とし、お城から追放してしまった
のです。
 しかし、サフランは嘆き哀しむことはありませ
んでした。
 メディクスがいなくなったことと比べれば、こ
れくらいのことは、平気だったのです。
 サフランは、隣の国へ行って、メディクスから
与えらた、医術の知識を使って、街の人々の怪我
や病気を治すことにしました。
 手首の傷がいえるころ、サフランは、貧しい
人々を助ける大富豪と出会います。
 大富豪は、顔も声も性格もメディクスと瓜二つ
で、サフランは大富豪に恋に落ちます。
 大富豪もサフランのことを気に入り、やがて二
人は結婚することになりました。
 でも、手首を失った理由だけは話すことが出来
ませんでした。大富豪は、サフランの気持ちを察
して、サフランから聞こうとはしませんでした。
 ある日、ガリガリにやせこけた人たちがやっ
てきました。
 隣の国が戦争で焼け野原になったので、こうし
た人たちが増えたのです。
 その日は大切な大切なお客様がたくさん来ると
いうことで用意していた食事しかありません。
 サフランは、魔法の呪文を思い出し、ガリガリ
にやせこけた人たちに、その料理を振舞いました。
 それを知った大富豪はカンカンに怒りましが、
その理由を聞きました。
 サフランは、魔法使いが「与えよ」といって、
魔法の呪文でサフラン畑を作ったという話をし、
それ以来、本当に困った人がいれば、すべてを
与えることにしていることを話しました。
 そして、今まで黙っていた、手首を失ういきさ
つを話したのです。
 それに驚いたのは、大富豪ですが、ガリガリに
やせこけた人も驚いていました。
「王様、王様、このお方は、あのとても優しいサ
フラン様だったのです」
 サフランは、驚きました。ガリガリにやせこけ
た人たちを、よく見れば、お城で見覚えのある人
ばかりだったのです。
 そして、ガリガリにやせこけた人たちの中か
ら、ガリガリにやせこけた国王が出てきました。
「ありがとう。そして、すまなかった。すまな
かった」
 ガリガリにやせこけた国王は、何度も何度も
頭を下げました。
 そして、ガリガリにやせこけた国王は、ずっと
大切にしていたサフランのめしべで造った香料を
サフランに差し出しました。
 それを見て目を丸くしたのは大富豪です。
「おお! おお! サフランよ、サフランよ。
 私は、お前にずっと秘密にしていたことがある。
 それは、昔、私はお前に良く似た高貴なお方か
ら首飾りを与えられたのだ。首飾りだけではない。
 その高貴なお方から、希望を与えられたのだ。
 そして、その首飾りを元に、こうして裕福な暮
らしができるまでにいたった。
 まさか、まさか、それがお前だったとは・・・
 そして、そのサフランの香料はどこかで見覚え
があるのだが・・・
 サフラン畑、お前の面影のある少女。その少女
の名は・・・サフラン。お前と同じ名だ」
 サフランは思わず涙します。
「貴方、その少女は私よ。そして、貴方の名は、
メディクス」
 大富豪は、サフランの言葉を聞いて、忘れ薬で奪
われた記憶を取り戻しました。
 そして、サフランとメディクスは抱きしめあいま
した。
 サフランは、与え続けることで、本当に欲し
かったものを手に入れたのです。


-------------

この童話の感想をいただければさいわいです
感想掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/shop/1008/1140062330/1

呟き尾形の花童話一覧
フクジュソウ
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/02/post_8e9e.html

スノードロップ
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/02/post_7f1b.html

黄水仙
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/03/post_cf38.html

 ※この作品は、白い時計塔のある村の
http://homepage2.nifty.com/SON/DOUWA/DOUWAi04.htm
 に掲載されている作品です。

----------------


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンデーホリデーの日,半ドンの日

 サンデーホリデーの日,半ドンの日


 1876(明治9)年の3月12日。
 官公庁で土曜半休・日曜休日制が実施されたました。
 この、土曜半休・日曜休日制が実施される前の1868年(明治元)年9月の太政官布告により、31日を除く1と6のつく日を休日としていたそうです。
 ただ、その休日だと、欧米との交易等で不便があったこともあり、欧米と同じ仕組みに改めることとしたそうです。
 ちなみに、太政官とは、日本の律令制の官職で、現代の内閣に相当します。
 1871(明治4)年から、皇居で毎日正午に大砲 (午砲・ドン)を撃っており、土曜日はドンとともに仕事が終わることから、丸の内に勤める人たちの間で「半ドン」と呼ばれるようになったそうです。
 このドンは、やがて全国の都市で行われるようになります。
 それとともに「半ドン」という言葉も全国に広まったそうです。
 また、オランダ語で日曜日を意味するzondag(ゾンターク)が訛って「ドンタク」となり、土曜日は半分が休日であることから「半ドンタク」略して「半ドン」となったとする説もあるそうです。
 ともあれ、いまでこそ、日本の多くの企業や官公庁や公立学校は、週休二日制が浸透しているので、「半ドン」という単語自体が使われることはすくなくなりました。
 また、どんたくときくと、博多どんたくを思い浮かべる方がおおいかとおもいますが、どうも、博多どんたくの語源となったともいわれています。

 ところで、この日曜日。
 土曜日と月曜日の間にある週の一日とされ、週の始まりを日曜日と考えると1日目になりますが、週の始まりを月曜日と考えると7日目となります。
 名称は、七曜のひとつである太陽にちなむことは、漢字をみれば、概ね予想がつくでしょう。
 ちなみに、英語のSundayも同じようです。

 一般に、この日は休日ですが、これは、一般にキリスト教ではこの日にキリストが復活したことを記念して日曜日に教会で礼拝が行われるそうです。
 東方正教会などではキリストの日の意で、主日と呼ぶようです。
 俗に日曜日を安息日と呼ぶことがあることはあるのですが、安息日はユダヤ教でもキリスト教でも土曜日であることに違いはなく、戒律を守るか守らないかの違いがあるぐらいで大きな差はないようです。

 また、土曜日は、金曜日と日曜日の間にある週の一日。週の始まりを日曜日と考えると7日目、週の始まりを月曜日と考えると6日目となります。
 中国語では「星期六」もしくは「礼拜六」という。日本語の名称は、七曜のひとつである土星からきています。
 英語 Saturday は農耕の神サターンから来ています。
 ユダヤ教およびキリスト教では宗派によらず土曜日は安息日だそうです。

 さて、ここからはホームページの更新情報です。
 今回は呟き尾形の色の心理学の第44回、色と空間を更新しました。
 次に、再びできました、コラボ小説
 今回もサトルさんのご協力を得て、完成しました。
 サンフィッシュサブマリンを更新しました。
 次に、今の政治に物申すの、「のうぎょうかくめい」に食料・農業・農村基本計画に下記の項目を追加しました。
農業をめぐる情勢の変化と改革の必要性
農業改革の基本的視点
食料自給率の現状
新たな食料自給率の目標
自給率向上にむけての重点項目な取り組み
 次に、占いリンク集占いでない占星学 石川源晃の占星学研究サイトを追加しました。
 占いリンク集にリンクしたものの、学問として占星学を扱っているサイトです。
 占星学は単純に占いをするだけのものではなく、約一万年まえに、メソポタミアの古代シュメール人は星をながめて旅をして夢を空に描き星座を考案して人類の文明が始まったとされています。
 また、サイトは占いの手引きではありませんが、私が占星学というものに触れる

キッカケ作りになった著者のサイトです。



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月5日 - 2006年3月11日 | トップページ | 2006年3月19日 - 2006年3月25日 »