« 2006年2月26日 - 2006年3月4日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »

朽ち行く伝統 後編(呟き尾形の哲学手記)

こんにちわ。呟き尾形です。

※この記事は、白い時計塔のある村呟き尾形の哲学手記の記事にも掲載されています。

朽ち行く伝統 前編 へ戻る

朽ち行く伝統 後編

 私、呟き尾形は、伝統的な価値観が減価償却しきったからといって、伝統を捨
てた方がいい。という主張は一切するつもりはない。
 それよっか、これまで培った伝統をどのように守り、活かすのかが最大の問題解
決になると考えるんだ。

 伝統を守る。という理念は伝統の大切さを自覚しないとね。
 その自覚なしに努力は長続きするわけないもんね。

 私たちは伝統に芸術性や美徳みたいなものを求めている節がある。
 でも、伝統がまだ伝統ではなかった頃、それは、芸術でも美徳でもなく、
必要であったり、使用する価値のあるものであったはずなんだよね。

 で、最大の問題点は、どうも伝統というと、過去の人々が創りだしたものを
継承するという先入観がしみこんでいるってわけ。
 つまり、伝統を重んじるとき、形式ばかり気にしているいわゆる伝統の形骸
化をもって、伝統とされているんだよね。
 だからこそ、若者の鋭敏な感性は伝統をリアルに感じないし、価値観も感じ
ないわけ。

 ということは、新しい伝統的な価値観を作らないといけないのではなかろうか。
そんな風に思うんだよね。

 現代日本社会の伝統が形骸化された最大の原因は、現代日本社会における未
熟な個人主義が浸透してしまっていて、「自分以外のことは他人事」という意
識が刷り込まれているということ。
 まぁ、禁煙の場所でたむろしている若者が喫煙しているさまを見て、注意
する通りがかりの大人に若者は「オマエには、かんけーねーだろ」と反論する。
 この若者の反論には、めちゃくちゃな理屈で間違っていることを直感させ
るものの、なぜか、どこか本当のことを言っているようで、ものすごい力を
持つ。
 ダメダメ、だまされちゃ。
 これは、「私は私、あなたはあなた」という現代日本社会において浸透し
ている価値観にうったえかけるて、まさに、「自分以外のことは他人事」とい
うことを暗示しているだけ。
 そう、暗示なだけであって内容が無い。つまり、言葉なだけの形骸化した
反論で、まったく的をえていない反論なんだ。
 関係がないという根拠にはならないよ。だって、そこでお話するというだけ
で、関係が生まれるんだもの。
 その行為を見て、言った人は「イヤだ」と思ったわけだもの。

 私、呟き尾形が、新しい伝統をつくるべきとするのは、伝統を守る=「過去
の人々が創りだしたものを継承する」という先入観をなんとか雲散霧消させた
いと思うわけ。
 つまり、伝統だから守る。
 ではなくて、伝統はこれまで培われた知恵なんだ。
 という認識を明確に認識し、過去の知恵を温故知新の精神でよりよい
知恵にするってこと。
 そうすることによって、朽ち行く伝統が、作られて行く伝統になると思うん
だよね。

★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

一人一人が向上しなければ世界は発展しない。

こんにちわ。呟き尾形です。

一人一人が向上しなければ世界は発展しない。
だからこそ、私たちは自らの向上に努めなければならない。
同時に最大限、人の力になることです。
そうすれば、人類共通の責任を果たすことができる。
 ― マリー・キュリー ― (ノーベル物理学者)

 世間は、社会が発展するために優れたリーダーや、優れた天才を求めています。
 それ自体は悪い事ではありません。

 優れたリーダーは、メンバーを導くし、優れた天才と比べれば凡人のできることなど限られているというものです。

 しかし、リーダーや天才だけに任せて、メンバーや凡人が努力しないのでは、社会は堕落してしまいます。

 なぜなら、
 自分の仕事にたいして、創意工夫の努力をしないメンバーは、単なる組織の部品となり、機械的な仕事ばかりで張り合いがなくなり、希望を見失い堕落します。
 努力しない凡人は、努力しないことにより、怠け者になって堕落します。

 そうならないためには、リーダーであろうと、メンバーであろうと、天才であろうと、凡人であろうと、皆が皆、自らの向上に努めることです。
 そうすることで、世界は始めて発展を遂げられるのです。

  ★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔女っ娘めぐたんお掃除日記(呟き尾形の創作童話)

呟き尾形の創作童話・小説

 呟き尾形の創作童話・小説は、私、呟き尾形が創作した童話や小説を掲載するコンテンツです。
 既存の童話や小説や新たにかいたものも気まぐれにアップしていく予定です。

 ショートショートのコメディーです。
 笑っていただければさいわいです。
 
-----------
魔女っ娘めぐたんお掃除日記 


 今日はお休みだ!朝からご機嫌なめぐたんなのだぁ(*^0^*)
どこに遊びに行こうかなぁ。と、お母さんだ。
「あ、めぐたん。今日はお部屋の掃除をしなさいね」
「えぇ~!!一ヶ月前にやったばかりだよぉ」
「何を言ってるの!お部屋がゴミ箱みたいになっているでしょ。
 お部屋の片づけが済むまでは、遊びに行ってはいけません!!」
ががーん(゜ロ゜)!!!せ、せっかくのお休みなのぃ(;w;)q
すごすごとお部屋に戻る、めぐたんなのでした。

落ち込みモードに突入したまま、ベットに腰掛けて、お母さんの言葉
を思い出す。お母さんは「お部屋が片付くまでは、遊びに行ってはい
けません」って言った。
ティッシュが一枚ふわふわと舞っている。
せっかく今日はお外に遊びに行こうと思っていたのに。。。
ティッシュがもう一枚ふわふわと舞っている。
お外は晴れていて、とっても気持ちのよい陽気なのに。。。
ティッシュがさらに一枚ふわふわと舞っている。
こんなよいお天気の日に、お休みなのに遊びにいけないなんて。。。
ティッシュが次々とふわふわ舞っている。
お部屋が片付くまで遊びに行けないなんてぇ、、、ん?あれれ??
と、言うことは、、、なぁーんだ、お部屋さえ片付けば遊びにいける
んだぁ。(^▽^)/
魔女っ娘めぐたんは立ち上がり、片手を天高く突き上げる。
「めぐたん、ふっかーっつ!!ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホ」
一気に、やる気モードに突入した魔女っ娘めぐたんなのでした。

そしてティッシュがこれでもかとふわふわと舞っている。
え、なに、これ?ティッシュが宙にまってる。
やっと気が付いためぐたん。
1枚、2枚、3枚、4枚・・・って、数えている場合じゃない。
ティッシュが自分で舞うわけもないし・・・あ、ティッシュの箱を抱
えて、部屋中を飛び回りながら、ティッシュを取り出している子ども
がいるぞ。
「君はだれ?」
「妖精のヤッタン」
「なにしているの」
「ちらかしてんの」
「なんで?」
「楽しいから」
「ここ、めぐたんのお部屋なんだけどぉ」
「うん、知ってるよ。めぐたんのお部屋はとってもボク好みなんだよ
 ボクは散らかすのが好きなんだ。散らかったお部屋を散らかすのが
 大好きなんだ。
 綺麗な部屋を散らかすのは忍びないけど、散らかっている部屋を散
 らかすのはぜーんぜん気にならないの。だって、もともと散らかっ
 ているんだもの」
ムム、説得力がある。でも、ヤッタンはきっと、口車の魔法をかけた
んだ。口車の魔法は口達者じゃないと使えなので、めぐたんにはむり
なのだ。やるな。ヤッタン(ー_☆)キラリン
だったら、整理整頓の魔法だ!!!

整理整頓の魔法は、成功するまでやたらと時間がかかるのだ
┐('~`;)┌
でも、魔法が成功すれば部屋が綺麗になった上に、広くなるのだ。
「あ、片付け始めてる」とヤッタン。
「なにを言ってるの。整理整頓の魔法よ」
あ、ヤッタンがまた口車の魔法をかけようとしている。口車の魔法の
対抗策は、魔法をかけた相手の話に耳を傾けないことなのだ。
とにかく今は、整理整頓の魔法に集中するのだ(◎-◎)
「えっと、本は本棚に、お洋服はタンスに、ゴミはゴミ箱に・・・テ
 ィッシュも・・・あれれ? ティッシュはぜんぶ片付けたはずなの
 にティッシュがふえてるぅ(ToT)」
 なんでー??。
 あ、ティッシュが宙にまってる。1枚、2枚、3枚、4枚・・・。
 って、数えている場合じゃない。
「ヤッタン! \('_').まてい!」
「散らかしの魔法をかけてるのさ」
「もう、こうなったら実力行使! 頭痛の魔法なのだ」
 ズツウノマホー!( ・_・)ノ ミ★
「いて、なぐったな。親父にも殴られたことが無いのに!」
 ん? どっかで聞いたことがあるような・・・。それに
そんなにたたいてないよぉ(;w;)q
 あれれ、ヤッタンが仰向けになってお腹をみせてるぞ。
 あ、服従の魔法だ。妖精が相手に降参する時に使う魔法なのだ。
「じゃぁ、ヤッタン。お片づけの手伝いをして」
「ツーン ( ̄^ ̄)」
「何よ、ヤッタン。服従したんじゃないの?」
「そうだよ」
「じゃ、言うこと聞いてよ」
「何を言っていってるの。服従してやったんだよ。
 わざわざ服従してやっているのに、なんで言うことを聞かなきゃい
 けないんだよ」
「ええ!な、なんで?ふくじゅうって、、あ、また口車の魔法だ!」
「ははは、それより、整理整頓の魔法の途中でしょ。続けたら?
 自分の魔法には責任を持つ。それに自分の部屋でしょ」
ヴヴ、痛いところを・・・。でも、邪魔者はいなくなったのだ。よ~
し、整理整頓の魔法をつづけるぞぅ。
「ぷ・・・クククッ」
 なに? ヤッタンが笑ってる。あ、ヤッタンがめぐたんの本を読ん
でるぅ。
「あ、めぐたん。この本面白いよ」
ヤッタンが読んでいるのは、めぐたんのお気に入りの本なのだ。
ちょっと情けない主人公ムーシコスの冒険の物語、”ムーシコスのバ
イオリン”。
ティッシュが一枚ふわふわと舞っている。
小鳥さんがけなげな”ナイチンゲールの恋”。
ティッシュがもう一枚ふわふわと舞っている。
人間と妖魔の戦いがカッコいい”鬼達の挽歌”。
ティッシュがさらに一枚ふわふわと舞っている。
主人公のシンがはっきりしないのようね。でもやることやるからいい
けど”ガ●ダム0092”。
ティッシュが次々とふわふわ舞っている。
なんたって、魔女っ娘めぐたんが最高なのよねぇの呟き尾形の短編集
”呟き尾形のショートショート劇場”。
あー、おもしろかった。(^O^)♪
あれ、ヤッタン。どこに行ったの?
そうだ、ヤッタンは時間がたつと、妖精のお家に帰るんだった。
あれれ?お部屋が暗いぞぅ・・・。って、こんな時間(゜ロ゜)!!!
「ただいまぁ~」
あ、お母さんの声・・・ま、まずい。
「めぐたん。お部屋のお片づけは終わった?」
「あ、あの、その・・・」
「片付いてないじゃない。前より散らかして! 今日からこのお部屋
が綺麗になるまでおやつもデザートも抜きよ。もちろん、ご褒美に買
ってきた、プリンもよ!!!」
「そ、そんなぁ・・・」

★★★
 掲示板に、まじょっ娘めぐたんの感想をいただければさいわいです。
 感想掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/shop/1008/1139562444/1
★★★
---------
 ※この作品は、白い時計塔のある村の
http://homepage2.nifty.com/SON/ss/SS04.htm
 に掲載されている作品です。

----------------


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我も人なら、彼も人なのである

こんにちわ。呟き尾形です。

天才とか聖人とかいう人を除けば、
人間はみな似たりよったりの能力と、感情の持ち主である。
これを悟らなければならないと思う。
つまり、我も人なら、彼も人なのである。
 ― 本田 宗一郎 ― (本田技研工業創業者)

 人の性格や個性は、一人一人違います。

 同じものを見ても、一人一人、感じ方や受け取り方も違います。
 これは、一人一人感受性や価値観が違うからこそだといえるでしょう。

 しかし、能力や感情はどうかといえば、それほど大きな差はありません。

 自分も人間なら相手も同じ人間なのです。
 違うのは、感受性や価値観だけであり、それはいわゆる立場というものが違うのだということです。
 相手の事がわからないと思ったとき、自分は、今、相手と異なる感受性と価値観の上で物事を見聞きしているのだと悟れば、現在抱えている問題の原因は把握できるはずです。
 問題の原因さえわかれば、問題の解決はたやすいものです。


  ★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムーシコスのバイオリン 3(呟き尾形の創作童話)

呟き尾形の創作童話・小説

 呟き尾形の創作童話・小説は、私、呟き尾形が創作した童話や小説を掲載するコンテンツです。
 既存の童話や小説や新たにかいたものも気まぐれにアップしていく予定です。

 私、呟き尾形が初めて書いた童話です。
 このページは第2話です。
 第1話から読まれたい方は ムーシコスのバイオリン 1 へ

ムーシコスのバイオリン 2 へ戻る

-----------

ムーシコスのバイオリン 3

さて、音楽隊の練習が終わって、家に帰ったとたんに、兎と話して不
思議なことばかりで起こっているムーシコスですが、招待された宴とは
いったい何のことなのでしょうか。

「コンコン。ムーシコス様。ムーシコス様。お迎えにあがりました」
 静かで優しげな声が、毛布の中のムーシコスにささやきます。
「ファー、ん? なんだい? もう、朝なのかい?」
 ムーシコスは寝ぼけ声で言いました。
「まだ、真夜中です。しかし、そろそろ出ないと、宴に間に合いませ
ん」
「間に合わないって何にだい?」
「宴です。私どものクニークルスの伝言を聞いて、今夜のパーティーに
出席なさるとお返事されたではありませんか。ですからレオー様からの
ご命令であなた様をお迎えにあがりました」
「え? クニークルス君が言ったのは今日のことだったのかい?」
 宴と聞いて、ムーシコスはガバッと起きあがりました。そこには上品
そうな黒い背広を着た狐が、ムーシコスを見おろしています。
「お目覚めになられましたか。レオー様の使いの者でウルペースと申し
ます。
以後、よろしくお願いいたします。あまり時間がございません。急ぎ
ましょう。
 それとも今日は都合が悪いのですか?」
「そのう・・・行きます!」ムーシコスは背筋をピンと伸ばして答えま
した。
「ではこちらへ」
 ウルペースは、そう言うと、音を立てずにドアを開あました。ドアの
外からは黒い風が吹き込んできます。家の中にいたずら盛りの子供の死
神が、部屋の中を暴れ回っていき、部屋は散らかり放題です。
 ムーシコスは、びっくりして外に逃げるように飛び出すと、今度は腰
を抜かしました。
「あわわわ、ほ、ほね」
 そこには、黒いどくろの形をした馬車がありました。どくろの馬車に
つながれた2頭の馬は、象牙色した骨だけの馬でした。
「・・・初めはどなたも驚かれます、では行きましょうか」
 ウルペースは、ムーシコスの驚きぶりを楽しむように言いました。言
われたムーシコスは自分の体が硬くなって動けませんでした。
シュウゥゥゥグゴォォォ! グギギガッガ!
 夜よりも暗い馬車の中から不気味な音がしました。
「ひぃぃぃ!」
 悲鳴を上げて、腰を抜かしたムーシコスを見て、ウルペースは何かい
いたげに肩をすくめました。ウルペースは、どくろの馬車のドアを開け
ました。馬車の中には醜い豚が、大いびきをかいて居眠りをしていま
す。ウルペースは、思いきり豚の頭を殴りました。
ボカ!
「ン、ガンガゴガ、ブーブー、痛いブー!」頭を抑えて豚はわめきまし
た。
「この馬鹿者。ムーシコス様が恐がっているではないか。わたしはもう
一人のお客様をお迎えに上がる。ヒュース、おまえはムーシコス様をご
案内しろ」
 さっきまでのウルペースとはうって変わって豚を怒鳴りつけました。
 無理矢理起こされたヒュースは、しぶしぶ馬車から降ろされ、その後
ウルペースはどくろの馬車に乗ってどこかへ消えてしまいました。
「・・・ああ、行っちゃった・・・あのう」とムーシコス。
「なんだブー」豚は不機嫌そうに答えます。
「あ、あの・・・僕の名前はムーシコスって言います。よろしく」
「俺、ヒュースブー」ぶっきらぼうな豚の答えが返ってきます。
「ヒュースブー?」
「違うブー! ヒュースブー」
「だからヒュースブーなんだよね」
「だぁかぁらぁ! ヒュースは名前でブー、ブーは口癖ブー」
「アハハ、ヒュースは名前で、ブーは口癖か。それで名前を言うときは
ブーがどうしてもつくってことか。おもしろいや」
「うるさいブー!」
「ごめんごめん。謝るよ。ごめんよヒュース君」
「まぁいいブー」
「じゃぁつれていってよ。これから行くところへ」
「ただじゃぁ、やだブー。飯を食わせてくれれば、話は別ブー。もう朝
から何も喰っていないのに、馬車の掃除をさせられて、腹がペコペコ
ブー」
「ご飯はこれから用意しないとないよ。宴まで時間がないんだろう。そ
んな暇はないよ。僕はどうやって宴に行けばいいんだい?」
「城までは3日はかかるブー。宴は今夜ブー。間に合わないブー」
「僕は魔獣レオーに招待されてウルペース君が僕を迎えに来たんたよ。
そして僕を連れていくように君が頼まれた。そうだよね。
 それに、僕を連れていかないと、ヒュース君はウルペース君にまた怒
られるんじゃないのかい?」
「そうだブー。おまえを連れていくのは面倒だけど、怒られて飯抜きは
イヤだから、おまえを連れていくブー。それじゃぁ背中にしがみつく
ブー」
「え? どう言うことだい?」
「いいからしがみつくブー!」
 ムーシコスは、ヒュースの言われるまま、汚い背中にしがみつきまし
た。ヒュースは、思いきり息を吸い込むと、鼻から一気に息を吐き出し
ました。息の強さは、ムーシコスの家を吹き飛ばしてしまうほどでし
た。
 ムーシコスとヒュースは、一気に東の方向に飛んでいきました。後に
残ったのは、ヒュースの鼻息で飛ばされて、元の形がほとんど残ってい
ない、ムーシコスの家だけでした。

「う~ん。しまった、しまった。ムーシコス君に時間を教えていなかっ
た・・・あれ?」
 西の森の向こうから、あわてて走ってきたのはクニークルスでした。
クニークルスは、変わり果てたムーシコスの家を見て呆然としました。
「ギィィ・・・バタン」
「うひゃ! びっくりした。なんだドア君か、そうだ。ドア君ドア君。
いったいどうしたんだい?」
「それが・・・」
 ドアはクニークルスに、ウルペースが来てからのことを、一部始終を
話しました。
「う~ん。まいったな。それではドア君。ムーシコス君はバイオリンを
持っていったかい?」
「いいや。そこにある」
「う~ん。そいつは弱ったな。持っていってやろうか」
 クニークルスは、瓦礫の山からバイオリンを探し出しました。
「ん? 何だろう? このペンダントは」
 クニークルスが手にしたのは、銀色のペンダントでした。クニークル
スはちょっとだけ首をかしげて、バイオリンと一緒に届けて上げること
にしました。そして、クニークルスは西に向かって走り出しました。あ
たりは今まで事が嘘のように、月も星も東から西に傾き、すやすやと静
かに眠っていました。
 さて、クニークルスはムーシコスのバイオリンを渡せるのでしょう
か? そしてヒュースの背中にしがみついたムーシコスはどこに行って
しまうのでしょうか?

★★★ムーシコスとクニークルスの座談会

「わー、ボク、バイオリンをわすれちゃってるよq(//▽//)pきゃー」
 大丈夫、この私が届けてあげるよ
「だから心配なんだよ・・・(-_-;)ボソ」
 なんだって?
「いや、なんでもないよ( ̄ε ̄;)
 あれ・・・でもクニークルス君は西へ・・・僕は東へ・・・。
 どうなっちゃうの?」
 それは次回のお楽しみ。

ムーシコスのバイオリン 4 へ進む

 ※この作品は、白い時計塔のある村の
http://homepage2.nifty.com/SON/DOUWA/DOUWA13.htm
 に掲載されている作品です。

感想などいただければ幸いです。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/shop/1008/1140871698/1

ムーシコスのバイオリン 4 へ
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/03/post_f0f8.html
----------------


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何をやるのかを決めるのは簡単

こんにちわ。呟き尾形です。

何をやるのかを決めるのは簡単。
何をやらないかを決めるのが難しい。
 ― マイケル・デル ― (デルコンピュータ創業者)

 多くの人は、何をなすべきかということを知っています。
 ですから、何をやるかを決める事事自体は、案外簡単なものです。

 逆にやるべき事の中で、何をやらないか決める事は、案外と難しいものです。

 一般に、決断は難しいとされています。

 決断とは、きっぱりと心を決めることであり、何かを為すために、何かをやらないことを決める事だからこそ難しいということになります。

 貪欲な欲望を断ち切ることなく、決断は出来ない。
 ということですね。

  ★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガボラ(呟き尾形の怪獣大好き)

こんにちわ。呟き尾形です。
 呟き尾形の怪獣大好きは、呟き尾形の自転
http://wiki.livedoor.jp/tubuyaki1/
http://www.jttk.zaq.ne.jp/babfc802/page055.hというサイトのコンテンツにある、ウルトラ怪獣自転にある項目を追加したときに、ついでにアップする宣伝記事です。

ウラン怪獣 ガボラ
身長:50m
体重:2万5千t
出身地:地底
武器:口からウラン光線、尻尾チョップ
特徴
 ガボラの食料は、ウランで、1日に1トンのウランを食べる。
 特に、ウラン235が好物で、ウラン235を求めて地上にあらわれる。
 食べたウランを燃料に金色の破壊光線やウラン光線を吐く。

 以前にも出現が確認されているらしく、その名は周知のものになっていた。普段は首ヒレで頭部を覆い、首ヒレを使って地中を堀り進む。
 皮膚の硬さは鋼鉄の5倍。
 怒ったときや、敵と戦うとき。ウランを食べるときにヒレを開く。
 ウランを食べるときも放射能を出すので厄介この上ない。
 動作は鈍いが、スタミナは抜群。

 弱点は火で、ウラン貯蔵庫を狙うが、火炎砲車で阻止された。
 ヘリでつるしたウランカプセルで山奥に誘導される。
 ウルトラマンにヒレをもがれ、打撃技で葬り去られた。
 


ガボラ外見参考サイト

http://www.cty-net.ne.jp/~mito/ph_ant2.htm

http://www.mirai.ne.jp/~hide2000/ult_kz/uman/antlar.htm

http://ycb621.at.infoseek.co.jp/s-antler.htm

ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦しみを人に分かつと苦しみは半分になる。

こんにちわ。呟き尾形です。

喜びを人に分かつと喜びは二倍になり、
苦しみを人に分かつと苦しみは半分になる。
 ― ティートゲ ― (ドイツ詩人)

 喜びというものは、きわめて主観的な感覚です。
 同様に、苦しみというものも、きわめて主観的な感覚です。

 主観とは、自分ひとりだけの考えのことです。
 
 喜びを人に分かつと、半分になるはずなのですが、実は二倍になってしまいます。これは、喜びは、多くの人と共有すると増幅されるからです。
 では、苦しみはどうでしょう?
 苦しみは、共有すると苦しみは半分になります。
 苦しみは、一人で抱え込むと増幅しますが、自分だけではないと思えると、苦しみは半減するからです。

 ★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八重咲きのプリムラ・ポリアン

プリムラ・ポリアンも、最近はいろいろな種類がでてきまして、なんと、八重のポリアンというものもあります。

porianyae01porianyae02porianyae03 つぼみから開くまでが、まるでバラのようにさいてくれます。
 そういえば、ラジオで聞いたのですが、プリムラはバラになぞらえて、英語ではプリムローズとも呼ばれているそうです。
 
 
 

プリムラポリアンについて詳しくはこちらへ→プリムラ・ポリアンサ

プリムラ・ポリアンサを生産している
尾形園芸のサイト
http://ogataengei.o.oo7.jp/index.htmindex.htm



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思想だけがあって感情がなければ、人間性は失われてしまう。

こんにちわ。呟き尾形です。

思想だけがあって感情がなければ、人間性は失われてしまう。
必要なのは知識でなく思いやりである。
思いやりがなければ残るのは暴力だけである。
 ― チャーリー・チャップリン ―  (イギリス映画監督)

 思想とは、人がもつ、生きる世界や生き方についての、ある程度まとまりのある見解のことをいいます。
 そして、多くは、社会的・政治的な性格をもつものを指します。

 このとき、思想という形式の知識ばかりに目が行き、そもそも思想の根源は感情であり、思いやりの集まりであることは忘れられ、思想本来の目的を見失ってしまいます。
 思想の目的を見失えば、やがて、思想がルールとなり、人間から自分で考えるという理性と、自分の責任を省みる主体性を奪い、思想が人間を支配する事になってしまいます。

 それでは、思想は人間の行動を促すだけの、人間のプログラムに成り下がってしまいます。

 理性と主体性を奪われた人間は、思いやりや感情が失われ、やがて暴力と欲望の虜となり、悲劇を大量生産することになります。

 思想の根源には思いやりがあることを忘れてはなりません。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自民党は説明責任の手本を見せるのだ~

こんにちわ。呟き尾形です。

 偽装問題、アメリカ牛肉問題、談合問題と国民にとって切実な問題は、二の次で、ライブドアの送金指示メール問題ばかりせめられていま。
 なぜか、偽装問題、アメリカ牛肉問題、談合問題について説明不足のまま、ライブドアの送金指示メール問題の永田氏による謝罪会見が為されました。
 その、永田氏の会見に対して、現在の日本の宰相は、
「おわびしますと言いながら、メールが偽物かは分からないと言っていたようだ。何のためにおわび、謝罪するのか分からない」と述べ、厳しく批判したそうです。

 あれれ、
お金だけによる協力関係は薄情である
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/01/post_50fb.html
 でもふれたのですが、ちょっと前に、日本の宰相自身が、「党総裁の私に責任があると言われれば、甘んじて受ける」と(どんな責任を取るかは明言しなかったものの)いいました。
 そして、責任は甘んじて受けるなんて、男らしいぜ。
 とおもわせておいて、舌の乾かぬうちに、
「堀江さんを持ち上げていたテレビ・メディアはどうだったのか。この時代、ちょっとおかしいなと(思う)」
 と、何のために責任を取るといったかどうかわからないことをいった人は思えない批判です。
 とりあえず、形式上カッコイイ事を言った後、言い訳をして、責任転嫁しているような発言をするなんて、永田氏も日本の宰相の発言も、本質的におんなじ論法ですよね。
 むしろ、謝っている分永田氏の方が潔さを感じます。
 日本の宰相は、自分の事は棚上げですか?

 まぁ、明日はわが身だからこそ、いえるときにいうという、非自然界的政界弱肉強食(本来の自然界の弱肉強食は、必要な分しか食べら無いし、食べられないので)なんでしょうね。

 ともあれ、自分のことを棚上げして批判するのは、政治屋でなくとも、一般的に社会人として無責任なことですが、今回のように、間違った事をしたら、その責任を追及するということは、政治屋さんとして正しいことです。
 その問題が深刻であればあるほど、より詳しい説明が必要です。
 ですから、自民党は、今回追求氏多分だけ、自分自身の手を胸にあてて、国民に対して、偽装問題、アメリカ牛肉問題、談合問題について、説明して、民主党に、説明責任のお手本を見せてあげましょう。

 国民にとって、そっちの方が切実です。

 ライブドアの送金指示メール問題程度でアレだけ騒いだのです。
 さぞかしいいお手本がみれると期待しています。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スチュワーデスの日

スチュワーデスの日

 1931年(昭和6)年、3月5日、東京航空輸送が実施した日本初のスチュワーデス採用試験の結果が発表されました。
《エアー・ガールを求む。東京、下田間の定期航空旅客水上機に搭乗し、風景の説明や珈琲のサービスをするもの、容姿端麗なる方を求む。希望の方は2月5日午後2時、芝桜田本郷町飛行館4階へ》
 という新聞広告によって、東京航空輸送社が日本初のスチュワーデス募集がされました。
 当時は「エアガール」という呼び名で募集され、2月5日に試験が行われました。
 その試験の応募者は約140人。
 うち、採用決定されたのは、たった3人でした。
 さっそく4月1日から乗務を開始しましたが、搭乗機は旅客6人乗りの水上飛行機で、飛行機という職場のあまりの狭さと薄給(当時の女性平均給料38円に対しエアガールは17円の給与でした)に1ヶ月で全員退職となりました。
 その後、やむなく給料を1回の飛行で3円、地上勤務で1円としたところ、300人以上の希望者が集まったそうです。
 さて、この「エアー・ガール」は、当時の流行語となりましたが、エアー・ガールは日本で作られた言葉だったそうです。
 ですから、当然のことながら訳語はなく、新聞は「空の麗人」とか「空中の女給」とかさまざまな表現をしたそうです。
 そして、このスチュワーデスという職業自体、発明したのは日本だといわれています。
 もちろん、ニューヨーク~マイアミ間には女性によるサービスがあったのですが、質素なもので、スチュワーデスがおこなうサービスとはかけ離れたいたそうです。
 そんな意味で、日本が先駆けだったといえます。

 ただし、エアガールについては、1930年、アメリカ合衆国のユナイテッド航空が導入したのが始まりという話もあります。
 運行中の乗客の身体的なトラブルに対応することが出来る女性ということで、看護婦(看護師)を客室乗務員として登場させたともいわれています。
 これは、当時まだ、飛行機は危険な乗り物というイメージがついていたため、女性の乗務員を搭乗させることで「女性も乗れるような安全な乗り物である」とアピールするという意味もあったといわれているそうです。

 これは、スチュワーデスが、私たちが現在うけているサービスとするか、女性乗務員をスチュワーデスとするかの認識の差なのだとは思います。


 さて、ここからは、サイトの更新情報です。
 今回は、呟き尾形の哲学講座第61回、ヘレニズム哲学 ストア派4 禁欲主義(ストア派)と快楽主義について更新しました。
 次に、資料リンク集Mariのいろえんぴつを追加しました。
 HPの素材や色についてのいろいろな情報が充実しているコンテンツのあるサイトです。
 次に、呟き堂に、仮面ライダーカブト キャストオフ カブトを追加しました。
 予想以上の出来にワクワクしちゃいました(笑)


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月26日 - 2006年3月4日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »