« 人はいつまでも若くある | トップページ | ほんとうの老化 »

一円企業制度(仙台プロジェクト)

仙台プロジェクト

 「一円企業制度」というものがあります。
 最低資本金規制が緩和されることで、資本金が一円でも会社を設立することができるようになりました。
 これまでは、株式会社で一千万円、有限会社では三百万円以上の資本金を準備する必要があったのですが、資本金は1円でもよくなることで、起業のためのハードルがかなり低くなったといえるでしょう。
 「一円企業制度」を利用して起業すると、名目上、確認株式会社、確認有限会社となるのですが、それは名目上で、商号に「確認」の文字を入れる必要はないそうです。
 1円企業制度という名前から、1円あれば起業できると誤解されがちですが、実は、会社設立料は別途必要になります。
 さらに、印紙代、認証手数料、登記費用、代表者印作成料なども含めると、株式会社で約三十万、有限会社で二十万円ぐらいは必要となってきます。
 では、どこが1円起業かといえば、資本金の制限が無くなった、つまり、資本金が1円でも起業できますよ。ということになります。
 ですから、「社長」という肩書欲しさで気軽に起業するというわけにもいきません。
 この1円起業の対象は創業者に限定されています。ですから、新たに独立を志すほとんどの個人に特例が適用されるそうです。

 が、この資本金が1円でもいいという特例措置には期限があるそうです。
 その期限が、五年です。
 まぁ、会社というのは、営利目的の組織ですから、会社を経営するということは、事業の規模を拡大するのは当たり前といえば当たり前です。
 五年という期間に妥当性があるかどうかは保留して、とにかく5年いないに、本来必要な、資本金へ増資しなければいけないわけです。
 仮に、できなかった場合は、合名会社か合資会社に組織変更するか、解散を選択しなければならなくなるそうです。
 さらに、年に一度決算状況を経済産業省に提出する義務を課せられ、利益の有無にかかわらず毎年七万円ほどの均等税も支払わなければなりません。
 なので、一概に1円企業がいいというわけではありません。

 ともあれ、この制度の目的は、開業率(約4%)が廃業率(約6%)を下回る厳しい日本の経済状況であり、とどのつまりは、新規のベンチャー企業設立を促進しようという狙いがあるわけです。

 では、どんな会社、どんな人が1円企業に有利なのでしょうか?
 まず、会社については、インターネットを使ったオンラインショップ経営やソフトウエアの開発などは、自宅にパソコン一台さえあれば一人で費用を掛けずに始められるような業種だといわれています。
 どんな人が有利化という点については、アイデアはあるけど資金がないサラリーマン、主婦、学生などが、小さな規模で独立を果たす場合などにはメリットがあるはずです。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村の伝言板
ご意見がありましたらどうぞ。

白い時計塔のある村
呟き尾形のメインのサイトです。

呟き尾形の雑記帳
雑多なことが書いてあるblogです。

呟き尾形の本棚
本や名言の紹介をしています。

みんなで哲学を語ろう
お気楽、ご気楽、コンビニ哲学をコンセプトにしたMLです。

呟き尾形の占いの話
いろいろ占いについて調べて記事にしているblogです。

みなオク創作ノート
みんなで贈れる本を作ろうというプロジェクトのblogです。

(有)尾形園芸のサイト
花図鑑などがあります。


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の発行しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しているblogです。

呟き尾形の自転
私的資料的サイトです。


日刊メールマガジン 心に響く名言集

メールマガジンとblogが合体した名言の紹介をしているサイトです。

言葉生花
花言葉や花のエピソードをはじめ花を紹介しているサイトです。

Sun Of Night
WRPGのサイトです。

呟き尾形の今の政治に物申す 
政治についていろいろ呟いています。

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 人はいつまでも若くある | トップページ | ほんとうの老化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/10332792

この記事へのトラックバック一覧です: 一円企業制度(仙台プロジェクト):

» 会社設立にかかる費用 [会社設立ならおまかせ情報ナビ]
会社設立に資本金が1,000万円必要であるという以前の法律が変更になり、新会社法の施行により、株式会社の設立には1円でもできるようになりました。しかし、必ず支払わなければならない手数料などが会社設立にはあり、決して少ない額ではできません。自分自身で会社設立を行ったとしても、費用がある程度かかります。公証人役場に支払う分が、定款の収入印紙代の4万円、定款の認証手数料が52,500円、定款の謄本手数料が1枚×250... [続きを読む]

受信: 2008.04.20 06:48

« 人はいつまでも若くある | トップページ | ほんとうの老化 »