« 我も人なら、彼も人なのである | トップページ | 一人一人が向上しなければ世界は発展しない。 »

魔女っ娘めぐたんお掃除日記(呟き尾形の創作童話)

呟き尾形の創作童話・小説

 呟き尾形の創作童話・小説は、私、呟き尾形が創作した童話や小説を掲載するコンテンツです。
 既存の童話や小説や新たにかいたものも気まぐれにアップしていく予定です。

 ショートショートのコメディーです。
 笑っていただければさいわいです。
 
-----------
魔女っ娘めぐたんお掃除日記 


 今日はお休みだ!朝からご機嫌なめぐたんなのだぁ(*^0^*)
どこに遊びに行こうかなぁ。と、お母さんだ。
「あ、めぐたん。今日はお部屋の掃除をしなさいね」
「えぇ~!!一ヶ月前にやったばかりだよぉ」
「何を言ってるの!お部屋がゴミ箱みたいになっているでしょ。
 お部屋の片づけが済むまでは、遊びに行ってはいけません!!」
ががーん(゜ロ゜)!!!せ、せっかくのお休みなのぃ(;w;)q
すごすごとお部屋に戻る、めぐたんなのでした。

落ち込みモードに突入したまま、ベットに腰掛けて、お母さんの言葉
を思い出す。お母さんは「お部屋が片付くまでは、遊びに行ってはい
けません」って言った。
ティッシュが一枚ふわふわと舞っている。
せっかく今日はお外に遊びに行こうと思っていたのに。。。
ティッシュがもう一枚ふわふわと舞っている。
お外は晴れていて、とっても気持ちのよい陽気なのに。。。
ティッシュがさらに一枚ふわふわと舞っている。
こんなよいお天気の日に、お休みなのに遊びにいけないなんて。。。
ティッシュが次々とふわふわ舞っている。
お部屋が片付くまで遊びに行けないなんてぇ、、、ん?あれれ??
と、言うことは、、、なぁーんだ、お部屋さえ片付けば遊びにいける
んだぁ。(^▽^)/
魔女っ娘めぐたんは立ち上がり、片手を天高く突き上げる。
「めぐたん、ふっかーっつ!!ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホ」
一気に、やる気モードに突入した魔女っ娘めぐたんなのでした。

そしてティッシュがこれでもかとふわふわと舞っている。
え、なに、これ?ティッシュが宙にまってる。
やっと気が付いためぐたん。
1枚、2枚、3枚、4枚・・・って、数えている場合じゃない。
ティッシュが自分で舞うわけもないし・・・あ、ティッシュの箱を抱
えて、部屋中を飛び回りながら、ティッシュを取り出している子ども
がいるぞ。
「君はだれ?」
「妖精のヤッタン」
「なにしているの」
「ちらかしてんの」
「なんで?」
「楽しいから」
「ここ、めぐたんのお部屋なんだけどぉ」
「うん、知ってるよ。めぐたんのお部屋はとってもボク好みなんだよ
 ボクは散らかすのが好きなんだ。散らかったお部屋を散らかすのが
 大好きなんだ。
 綺麗な部屋を散らかすのは忍びないけど、散らかっている部屋を散
 らかすのはぜーんぜん気にならないの。だって、もともと散らかっ
 ているんだもの」
ムム、説得力がある。でも、ヤッタンはきっと、口車の魔法をかけた
んだ。口車の魔法は口達者じゃないと使えなので、めぐたんにはむり
なのだ。やるな。ヤッタン(ー_☆)キラリン
だったら、整理整頓の魔法だ!!!

整理整頓の魔法は、成功するまでやたらと時間がかかるのだ
┐('~`;)┌
でも、魔法が成功すれば部屋が綺麗になった上に、広くなるのだ。
「あ、片付け始めてる」とヤッタン。
「なにを言ってるの。整理整頓の魔法よ」
あ、ヤッタンがまた口車の魔法をかけようとしている。口車の魔法の
対抗策は、魔法をかけた相手の話に耳を傾けないことなのだ。
とにかく今は、整理整頓の魔法に集中するのだ(◎-◎)
「えっと、本は本棚に、お洋服はタンスに、ゴミはゴミ箱に・・・テ
 ィッシュも・・・あれれ? ティッシュはぜんぶ片付けたはずなの
 にティッシュがふえてるぅ(ToT)」
 なんでー??。
 あ、ティッシュが宙にまってる。1枚、2枚、3枚、4枚・・・。
 って、数えている場合じゃない。
「ヤッタン! \('_').まてい!」
「散らかしの魔法をかけてるのさ」
「もう、こうなったら実力行使! 頭痛の魔法なのだ」
 ズツウノマホー!( ・_・)ノ ミ★
「いて、なぐったな。親父にも殴られたことが無いのに!」
 ん? どっかで聞いたことがあるような・・・。それに
そんなにたたいてないよぉ(;w;)q
 あれれ、ヤッタンが仰向けになってお腹をみせてるぞ。
 あ、服従の魔法だ。妖精が相手に降参する時に使う魔法なのだ。
「じゃぁ、ヤッタン。お片づけの手伝いをして」
「ツーン ( ̄^ ̄)」
「何よ、ヤッタン。服従したんじゃないの?」
「そうだよ」
「じゃ、言うこと聞いてよ」
「何を言っていってるの。服従してやったんだよ。
 わざわざ服従してやっているのに、なんで言うことを聞かなきゃい
 けないんだよ」
「ええ!な、なんで?ふくじゅうって、、あ、また口車の魔法だ!」
「ははは、それより、整理整頓の魔法の途中でしょ。続けたら?
 自分の魔法には責任を持つ。それに自分の部屋でしょ」
ヴヴ、痛いところを・・・。でも、邪魔者はいなくなったのだ。よ~
し、整理整頓の魔法をつづけるぞぅ。
「ぷ・・・クククッ」
 なに? ヤッタンが笑ってる。あ、ヤッタンがめぐたんの本を読ん
でるぅ。
「あ、めぐたん。この本面白いよ」
ヤッタンが読んでいるのは、めぐたんのお気に入りの本なのだ。
ちょっと情けない主人公ムーシコスの冒険の物語、”ムーシコスのバ
イオリン”。
ティッシュが一枚ふわふわと舞っている。
小鳥さんがけなげな”ナイチンゲールの恋”。
ティッシュがもう一枚ふわふわと舞っている。
人間と妖魔の戦いがカッコいい”鬼達の挽歌”。
ティッシュがさらに一枚ふわふわと舞っている。
主人公のシンがはっきりしないのようね。でもやることやるからいい
けど”ガ●ダム0092”。
ティッシュが次々とふわふわ舞っている。
なんたって、魔女っ娘めぐたんが最高なのよねぇの呟き尾形の短編集
”呟き尾形のショートショート劇場”。
あー、おもしろかった。(^O^)♪
あれ、ヤッタン。どこに行ったの?
そうだ、ヤッタンは時間がたつと、妖精のお家に帰るんだった。
あれれ?お部屋が暗いぞぅ・・・。って、こんな時間(゜ロ゜)!!!
「ただいまぁ~」
あ、お母さんの声・・・ま、まずい。
「めぐたん。お部屋のお片づけは終わった?」
「あ、あの、その・・・」
「片付いてないじゃない。前より散らかして! 今日からこのお部屋
が綺麗になるまでおやつもデザートも抜きよ。もちろん、ご褒美に買
ってきた、プリンもよ!!!」
「そ、そんなぁ・・・」

★★★
 掲示板に、まじょっ娘めぐたんの感想をいただければさいわいです。
 感想掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/shop/1008/1139562444/1
★★★
---------
 ※この作品は、白い時計塔のある村の
http://homepage2.nifty.com/SON/ss/SS04.htm
 に掲載されている作品です。

----------------


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 我も人なら、彼も人なのである | トップページ | 一人一人が向上しなければ世界は発展しない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/9027242

この記事へのトラックバック一覧です: 魔女っ娘めぐたんお掃除日記(呟き尾形の創作童話):

« 我も人なら、彼も人なのである | トップページ | 一人一人が向上しなければ世界は発展しない。 »