« 談合年金 | トップページ | 日本の学問は、ものを習う“習得型” »

仙台市産業振興事業団

仙台市産業振興事業団

 仙台市産業振興事業団というものがあります。
 その目的とは、下記のようなものがあります。
 ・産業間の交流
 ・人材の育成
 ・情報化・国際化の促進等総合的な産業支援施策を展開

 上記の事柄をとおして、地域産業の高度化を図り、かつ次代を担う新しい企業の育成を図るものだそうです。

 まぁ、とどのつまりは、経済の発展と地域の振興に寄与することが目的だそうです。

 このような現状になるのには、理由があります。
 それは、東北地方では新しい産業を興したり、ベンチャー企業を立ち上げる件数はとてもすくないということです。
 行政では、1円企業の利用など推進しているものの、伸び悩んでいるのが現状があります。

 仙台市産業振興事業団は、一人でも多くの人に起業するチャンスを見つけて欲しいと下記のような事業に取り組んでいるようです。
 とりあえず、2003年度の主な事業は下記のとおりです。
 ・出前経営相談
 ・地域IT活用支援
 ・専門家派遣
 ・産学マッチング支援
 ・ニュービジネス事業家助成金
 ・創業者支援セミナー
 ・企業育成室

 といったところのようです。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 談合年金 | トップページ | 日本の学問は、ものを習う“習得型” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/8926770

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台市産業振興事業団:

« 談合年金 | トップページ | 日本の学問は、ものを習う“習得型” »