« サンフィッシュサブマリン(呟き尾形の創作小説) | トップページ | 評議中にに「やむを得ない事由」が発生したときの対処は?(裁判員制度への質問状 14) »

不幸のときは一を十にも思う

こんにちわ。呟き尾形です。

人は、不幸のときは一を十にも思い、
幸福のときは当たり前のようにそれに馴れて、
十を一のように思います。
 ― 瀬戸内 寂聴 ― (『生きることば あなたへ』)

 不幸とは、恵まれていないめぐりあわせです。
 恵まれていないとき、得られた一は、十以上得たように感じるものです。

 幸せとは、恵まれためぐり合わせです。
 恵まれているとき、得られることが当たり前に感じてしまうものです。

 これが、幸せである人が不幸になる落とし穴だともいえます。

 得たときの満足感というものは、絶対的ではなく、相対的です。
 つまり、その人が不幸になるのも、幸せになるのも、何をどう感じるかで変わってくるということです。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« サンフィッシュサブマリン(呟き尾形の創作小説) | トップページ | 評議中にに「やむを得ない事由」が発生したときの対処は?(裁判員制度への質問状 14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/9082124

この記事へのトラックバック一覧です: 不幸のときは一を十にも思う:

« サンフィッシュサブマリン(呟き尾形の創作小説) | トップページ | 評議中にに「やむを得ない事由」が発生したときの対処は?(裁判員制度への質問状 14) »