« 男の脳と女の脳 | トップページ | 心にこだまする »

自分がいるところが曇ると、体が曇ったと信じてしまう。

こんにちわ。呟き尾形です。

人間は自分がいるところが曇ると、
一部分ではなく、全体が曇ったと信じてしまう。
 ― 幸田 露伴 ― (小説家)

 天気というものは、その場所、その時刻の気象状態のことです。
 そして、その時刻、その場所の気圧・気温・湿度・風向・風速・雲量・降水量などの状態で、常に変化し、ある場所で曇っていても、違う場所では晴天のことなど当たり前にあります。

 しかし、人は、自分のいる場所が曇っていると、他の場所が晴れているという発想がなかなか出てきません。

 これは、天気に限らず、この世の出来事すべてにも言える事です。

 私たちは、自分の置かれている立場以外の視点を持つべきであるといえるでしょう。



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 男の脳と女の脳 | トップページ | 心にこだまする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/9351251

この記事へのトラックバック一覧です: 自分がいるところが曇ると、体が曇ったと信じてしまう。:

« 男の脳と女の脳 | トップページ | 心にこだまする »