« ヒアシンスの絆 前編(呟き尾形の創作童話) | トップページ | ジラース(呟き尾形の怪獣大好き) »

離れればいくら親しくってもそれきりになる

こんにちわ。呟き尾形です。

離れればいくら親しくってもそれきりになる代わりに、
一緒にいさえすれば、たとえ敵同士でもどうにかこうにかなるものだ。
つまりそれが人間なんだろう。
 ― 夏目 漱石 ― (『道草』)

 昨日の友は今日の敵。
 ということわざがあります。

 意味は、今まで親しかった存在が、何かをキッカケに、対立する立場になってしまう事があるという、離合集散は、千差万別であるということです。

 では、人間関係が希薄なものなのでしょうか?

 違います。
 むしろ、人間関係は千差万別であるからこそ、今、親しいということがいかに貴重で大事な関係であるかを意味しているのです。

 大体、昨日の友が敵になるようなキッカケというものは、その関係が当たり前になりすぎて、馴れ合いすぎて、友に対する思いやりが希薄になったときぐらいなものです。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« ヒアシンスの絆 前編(呟き尾形の創作童話) | トップページ | ジラース(呟き尾形の怪獣大好き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/9218933

この記事へのトラックバック一覧です: 離れればいくら親しくってもそれきりになる:

« ヒアシンスの絆 前編(呟き尾形の創作童話) | トップページ | ジラース(呟き尾形の怪獣大好き) »