« 事実に反する論理的な検証 | トップページ | 困難な状況を打開するために必要なもの »

国債が減ればそれいいの?(小泉内閣メールマガジン)

小泉内閣メールマガジン【小泉内閣メールマガジン 第219号】施政方針演説の平成18年度予算・税制改正(第2回)を読んだ感想を、小泉内閣に送信した内容です。


★★★ここから★★★
-----------
で★★平成18年度予算・税制改正(第2回)の感想です。

> 平成18年度予算は、非常に厳しい国の懐具合の中で、出来る限り歳出を
>減らし借金を減らしていく一方で、国民の皆さんにとって本当に必要な分野
>にはきちんと予算を配分するため、一生懸命知恵を絞ってつくりました。
 普通に考えて、上記のことは非常に難しいと思います。
 応援しております。

 でも、借金を減らした分、足りない分を増税するというのでは、むしろ改悪です。
 必要な分を補うのが借金のはずです。
 それで足りなければ、歳出を抑えるのが正常な考え方です。

 税制改革をして、増税改悪では本末転倒です。
----------------
★★★ここま★★★

 なんだろう、
財務省ホームページ(財務大臣になって予算をつくろう)
http://www.mof.go.jp/zaisei/game.html
 というゲーム感覚で予算をシュミレーションするページがあるのですが、これの目的が、予算の内容なんかじゃなくて、国債を減らすことなんです。
 ためしに、国債を減らすように何も考えずにやったら、なんだかゲームが成功したような終わり方で、その逆をすれば、ゲームが失敗したような終わり方。

 ちょっとまって。
 予算の目的は、国民が暮らしやすくなるようにするためで、国債を減らすためじゃないんじゃない?

 もちろん、国債を減らすことは必要かもしれません。
 しかし、それより優先させるべき事があるはずです。

 そのために、難しい試験を通った、優秀な人材を雇っているのではないのでしょうか?
 予算が無いことを理由にできないというのは、仕事の出来ない人の言い訳にすぎません。
 優秀な人材は、予算が足りない分は創意工夫するのが筋です。

 それは、民間企業にとっては、ごくごく当たり前の事です。
 


----------


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

政治について、意見があるときは、下記のサイトに言うのも一つの手かもしれません。

 
小泉内閣

自由民主党

公明党
民主党

共産党

社民党

|

« 事実に反する論理的な検証 | トップページ | 困難な状況を打開するために必要なもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/8468455

この記事へのトラックバック一覧です: 国債が減ればそれいいの?(小泉内閣メールマガジン):

« 事実に反する論理的な検証 | トップページ | 困難な状況を打開するために必要なもの »