« 自分の欠点を直視し認めることです。 | トップページ | 弁明も、口実も。 »

フクジュソウ(呟き尾形の創作童話)

呟き尾形の創作童話・小説

 呟き尾形の創作童話・小説は、私、呟き尾形が創作した童話や小説を掲載するコンテンツです。
 既存の童話や小説や新たにかいたものも気まぐれにアップしていく予定です。

 花をテーマにした童話です。
 今回は、福寿草をテーマにしました。

-----------

フクジュソウ

 むかし、むかしあるところに白い時計搭の
ある村がありました。
 村にはおてんばで歌好きでお喋りな娘リム
ネーという人気者がおりました。
 リムネーの人気の秘密は、話し上手で聞き
上手なところです。
 いつも、村の真中にある白い時計搭でいろ
んなお話をしています。
 ある冬の日。白いウサギたちも震え上がっ
ているころリムネーのところに1人の子供が
やってきました。
「ねーねー、リムネー。まっしろな雪の中に
黄色い花がさいていたよ。
 まだ、冬なのに花さんがんばってるね」
「へぇ、こんな時期に・・・。
 それはきっとフクジュソウね。
 幸せを運んでくれる花よ。
 フクジュソウはね、むかしむかし、美し
い女神だったの」
 女の子は目を輝かせます。リムネーがこん
な話し方をする時は、面白い話をしてくれる
からです。
「美しい女神様は女神様の父親が決めた、と
っても獣の神と結婚することになりました。
獣の神は、広大な領地を所有し、武勇誉
れ高く、千里眼のように物知りでした。
 でも、美しい女神はいろいろ理由をつけて
獣の神を避けつづけました。獣の神はあきれ
果てるほど醜い容姿だったからです。
 獣の神はそのことを知って、ひどく傷つき
ました。
 美しい女神の父は怒り、美しい女神をフク
ジュソウに変えてしまいました。
 そして、獣の神を深く深く傷つけてしまっ
た償いに、つらく厳しい季節を生き抜くすべ
ての人間を幸福にせよと言いつけたのです。
 それからフクジュソウを見た人には幸福が
訪れると言われています」
 女の子はリムネーの話に満足して拍手をし
ました。
「私はとっても運が良かったんだね」
 女の子がいいました。
「ええ、そうよ。そして、その幸運を他の人
に分け与えると、もっと幸福になるものよ」
 リムネーがそう語ると、女の子は微笑みな
がら大きくうなずきました。
-------------

この童話の感想をいただければさいわいです
感想掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/shop/1008/1140062330/1


 ※この作品は、白い時計塔のある村の
http://homepage2.nifty.com/SON/DOUWA/DOUWAi01.htm
 に掲載されている作品です。

----------------


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 自分の欠点を直視し認めることです。 | トップページ | 弁明も、口実も。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/8580599

この記事へのトラックバック一覧です: フクジュソウ(呟き尾形の創作童話):

« 自分の欠点を直視し認めることです。 | トップページ | 弁明も、口実も。 »