« 強制収容を忘れない日 | トップページ | 男の使命は広く。女の使命は深し。 »

スノードロップ(呟き尾形の創作童話)

呟き尾形の創作童話・小説

 呟き尾形の創作童話・小説は、私、呟き尾形が創作した童話や小説を掲載するコンテンツです。
 既存の童話や小説や新たにかいたものも気まぐれにアップしていく予定です。

 花をテーマにした童話です。
 今回は、スノードロップをテーマにしました。

-----------
スノードロップ

むかし、むかしあるところに白い時計搭の
ある村がありました。
 リムネーは、おてんばで歌好きでお喋りな
娘です。
 いつも、村の真中にある白い時計搭でいろ
んなお話をしています。
 今日のお話は世界で最初の男、ウィルと、
最初の女、フェミナの物語です。
「ウソかホントか知らないけれど、ウィル
とフェミナは、神様と約束を破っちゃったの。
 楽園の外に住んでいる蛇から何も教わって
はいけないよ。という約束。
 でも、フェミナは蛇から火というものを教
わり、ウィルに教えたの」
 リムネーは、何かを思い出したかのように
物語を語り始めます。
 ウィルは嬉しくて、神様に火を披露してみ
せました。神様は、その火を見て、怒って、
ウィルとフェミナを楽園から追い出します。
 すると、周りに青々と茂った草木と、色と
りどりの花達が、凍るような雨と雪が混じっ
た白い風に、しなしなとしなびてしまいまし
た。
 白風は吹き止むことを知らないまま、凍り
そうな雨と雪をウィルとフェミナに投げつけ
ます。
 凍えるフェミナを暖めようと、ウィルは
フェミナから教わった火を焚きます。
 フェミナが震えている間に、ウィルは、
狩りをして、白いウサギを捕まえて、フェ
ミナは、それを焼き、二人で食べました。
 そんな、罪深き生活で続けると、ようや
く白風がやみました。
 雪雲の隙間から、光の線がウィルとフェ
ミナの焚き火のあとを照らすと、そこには、
捕らえた動物たちの白い骨と、薄汚い燃え
カスだけが残っていました。
「僕らはなんて事をしてしまったのだろう。
 もう、僕らはだめだ」
 ウィルが嘆きます。
「仕方がないわ。でも・・・」
 フェミナが何かを言いかけると、雪雲に、
もう一つの光の線が白い地面を照らします。
 そこには、雪の白さに負けないくらい白
い花が咲いていました。
 その花の名前は、スノードロップ。


-------------

この童話の感想をいただければさいわいです
感想掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/shop/1008/1140062330/1

呟き尾形の花童話一覧
フクジュソウ
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2006/02/post_8e9e.html


 ※この作品は、白い時計塔のある村の
http://homepage2.nifty.com/SON/DOUWA/DOUWAi01.htm
 に掲載されている作品です。

----------------


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 強制収容を忘れない日 | トップページ | 男の使命は広く。女の使命は深し。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/8742221

この記事へのトラックバック一覧です: スノードロップ(呟き尾形の創作童話):

« 強制収容を忘れない日 | トップページ | 男の使命は広く。女の使命は深し。 »