« ラナンキュラス(ピンク) | トップページ | 「負けました」とはっきり言える人はプロでも強くなる »

学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。

こんにちわ。呟き尾形です。

学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。
けれども、全部忘れてしまっても、その勉強の訓練の底に一つかみの砂金が
残っているものだ。これだ。これが貴いのだ。勉強しなければいかん。
 ― 太宰 治 ― (『正義と微笑』)

 なぜ、勉強をするのでしょう?
  勉強は楽しい事もありますが、辛く苦しい事もあります。
 勉強して憶えた事が直接役立つことなど稀です。
 その上、時間の経過とともに忘れてしまうものです。
 多くの若者は、きっと、勉強が無駄なものだと感じるかもしれません。
 なかなか、そこに意味や価値を見出すことはできません。
 だから、多くの若者は、問います。
 「なぜ、勉強するの?」

 多くの大人は、将来のためであり、いい大学に入って、いい会社に入る為だといいます。
 でも、その将来は、誰の為でしょう?
 自分のためであり、他の誰のためでもありません。

 が、しかし、勉強する若者の多くは、将来のことなど漠然としており、自分が何をしたいのかすら自覚できないことが多いでしょう。
 となれば、目的もわからずに勉強するということは、単なる苦痛にすらなるでしょうし、将来の自分の目標以外の勉強は不要だと考えるでしょう。

 それでは、勉強することは無意味なのでしょうか?
 それは、違います。
 勉強によって、得た知識が役立つのではなく、勉強という訓練を繰り返すことで、人は心が鍛えられるのです。
 そして、一つ一つの勉強は、一握りの砂金のごとくわずかですが、確実に心が鍛えられるのです。
 どのような目標をもつのであれ、鍛えられない心は、目標は達成しえません。
 だから、いつか見つかるであろう目標のために、勉強しなければならないのです。 

 もし、人が勉強をやめたとき、そこには退廃的な価値観しか生じません。
 退廃的な価値観をもてば、目標すらもてなくなり、目標を持つ幸せ、目標に挑戦する幸せ、目標を達成する幸せを必然的に失い、やがてすべての幸せを失います。
 これほど不幸な事はありません。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


|

« ラナンキュラス(ピンク) | トップページ | 「負けました」とはっきり言える人はプロでも強くなる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/8699908

この記事へのトラックバック一覧です: 学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。:

« ラナンキュラス(ピンク) | トップページ | 「負けました」とはっきり言える人はプロでも強くなる »