« 弁明も、口実も。 | トップページ | 人類の歴史の中で本当に強い人間などいない。 »

魔女っ娘めぐたんVS怪盗えみたん(呟き尾形の創作小説)

呟き尾形の創作童話・小説

 呟き尾形の創作童話・小説は、私、呟き尾形が創作した童話や小説を掲載するコンテンツです。
 既存の童話や小説や新たにかいたものも気まぐれにアップしていく予定です。

 ショートショートのコメディーです。
 笑っていただければさいわいです。
 
-----------
まじょっこめぐたんVSかいとうえみたん

 魔女っ娘めぐたんは、魔女の卵\(^o^)/
 今日は魔法の研修の触媒のお買い物。財布の中には使いたい魔法を毎日我慢してコツコツ貯めたマジックポイント。
 触媒にマジックポイントを使うと魔法が使えるの(ё_ё)
 そんなわけで、魔女ッ娘めぐたんはお買い物。お買い物。今日は魔法デパートでお買い物(⌒o⌒)  
魔法デパートの1階は食品売り場。2階は婦人服。3階は紳士服。なぜか4階は時計売り場。
 めぐたんは、時計売り場の太ったおばさんと目が合ったの。
「あなた。そう、あなたよ。めぐたん」
 なんで、めぐたんの名前を知ってるの?
「何を言っているの。私はかいとう、じゃなかった、魔女のセールスマン、いやセールスレディーのえみたんだからしってるの」
 どしぇー! この人は魔女のセールスレディーなんだ。だから考えていることまで分かっちゃうのね! 「そうよ。だから、あなたが時計が欲しい事まで知っているのよ」
 え? 時計なんていらないよ。めぐたんは時間の魔法なんて使わないよ。難しいし┐('~`;)┌
「いいえ、あなたは時計が欲しくなるよ」
 あれ? えみたんは糸を通した5円玉を目の前で時計の振り子のようにふっているな。
 なんでだろ。(゜~゜)
 あ、知ってる。これは催眠の魔法だ。これをかけられた人はかけた人の言う事を聞かせる魔法だ。でも、えみたんは何でこの魔法を使うのだろう?
「オーッホッホッホ、めぐたん。時計が欲しくなったでしょ。買ってあげるから財布をお渡し」
 ああ(@0@)なんだか時計が欲しくなってきた。
「うん(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)」
 えみたんは、なんて親切なんだ(☆o☆)キラキラ
 あれれ(・_・?) えみたんは向うに走っていくぞ。なんでだろ。
 あー! 財布が盗まれたんだ!
 こうなったら、召還の魔法をかけて、えみたんをつかまえてやるぅ(-_☆)
「みなさん。あのおばさんは泥棒です」
 びしぃぃぃ( -_-)=○  キマッタ!
 すると、えみたんの周りの人がえみたんを捕まえるためにいろんな魔法を一斉にかけてくれたの。えみたんは、2、3人までの魔法をかわしたけれど、ついに縄の魔法にかかって捕まえる事が出来たの。
「召還の魔法を使うなんてさすがね。えみたん」
「エッヘン( ̄^ ̄)」
 われながら、この状況がそろわないと使えないといわれる難易度の高い召還魔法を使うなんて、めぐたんはやっぱり天才魔女ッ娘なのだヾ(@^▽^@)ノ
 召還された人たちは、すぐに警察召還の魔法をかけてくれたのだ。
 すると、すぐに警察の制服を着た人がやって来た。それをみて、周りの人たちは安心してみんな散ってしまったのだ。みんなありがとーm(._.)m
「えっと、泥棒はこの人だね」 「そう、このかいとうえみたんが犯人なのだ」
 なんかめぐたんカッコイイ(^∇^)
 警察の制服を着た人は、縄の魔法を解除して、えみたんを自転車に乗せた。あれれ、変じゃない?
「おまわりさん。手錠とかかけないの」 「ああ、手錠の魔法は人の見えるときに使ってはいけないんだよ。テレビの魔法でも隠しているでしょ。それと、この財布は証拠としてあずかっておくね。後で交番に取りに着てね。それじゃぁ」
 そうなのかぁ。しらなかったなぁ(;^_^A
「あ、調書とか取らないの?」
「ああ、現行犯だからね。調書はいらないんだよ」
 そうなのかぁ。めぐたんは、また一つおりこうさんになってしまったのだ(-ω☆)
 めぐたんは満足して自転車に乗る警察の制服を着た人を見送った。手を振って見送った。見えなくなるまで見送ったのだヾ( ̄ω ̄)
「あのぅ、泥棒は何処に居るのでしょう?」  あれれ、また警察の制服を着た人だ。

 と、言う事は…………
 ( ̄□ ̄;)!!!
 (゜◇゜)~ガーン

 (       ●  _  ●。。。。。。 )

 だまされたのね…(=_=)

おしまい。

★★★
 掲示板に、まじょっ娘めぐたんの感想をいただければさいわいです。
 感想掲示板
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/shop/1008/1139562444/1
★★★
---------
 ※この作品は、白い時計塔のある村の
http://homepage2.nifty.com/SON/ss/SS01.htm
 に掲載されている作品です。

----------------


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 弁明も、口実も。 | トップページ | 人類の歴史の中で本当に強い人間などいない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/8595116

この記事へのトラックバック一覧です: 魔女っ娘めぐたんVS怪盗えみたん(呟き尾形の創作小説):

« 弁明も、口実も。 | トップページ | 人類の歴史の中で本当に強い人間などいない。 »