« 私もまた、歴史的存在です | トップページ | どうでもよいことは流行に従えばいい »

運命と宿命

こんにちわ。呟き尾形です。

命を運ぶと書いて運命。
つまり運命とは、定められて仕方なくたどるものではない。
みずからの命を自分の力で運んでこそ運命といえるのではないか。
 ― 大谷 徹奘 ― (薬師寺僧侶)

 運命というと、未来が定められるものだと誤解されそうなものですが、実は、人の未来を考えるとき、運命論的な考え方と、宿命論的な考え方の二つに分けられます。

 運命論は、自らの命を運ぶわけで、未来は自分で切り開けるのだ。という捉え方です。
 宿命論は、命が宿るわけで、受動的に未来はやってくるのだというとらえ方です。 

 運命論であろうが、宿命論であろうが、未来というものは、確定しているものではないということです。

 ですから、運命は自ら切り開くものでありたとえば、自分自身の可能性について適応するものだといえるでしょう。
 それに対して、宿命は受け入れるものだといえるでしょう。
 たとえば、死です。

 運命も宿命も命という漢字が使われるのは、どちらも、人生に必要なものだからといえるのではないでしょうか?



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

日刊メールマガジン 心に響く名言集


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 私もまた、歴史的存在です | トップページ | どうでもよいことは流行に従えばいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/8343352

この記事へのトラックバック一覧です: 運命と宿命:

» 恥ずかしい寝言占い [占いまとめ]
恥ずかしい寝言占い http://www.fides.dti.ne.jp/~co... [続きを読む]

受信: 2006.01.26 14:21

« 私もまた、歴史的存在です | トップページ | どうでもよいことは流行に従えばいい »