« 2005年1月9日 - 2005年1月15日 | トップページ | 2005年1月23日 - 2005年1月29日 »

ロードス島戦記・・・(呟き尾形の本棚)小説のできばえじゃなく、単に好きなんです。 

(*^0^*)(☆o☆)(◎-◎)(ー_☆)(#^∇^#)/(^¬^)

呟き尾形の本棚・・・011号

(-_-;)(ToT)凸(●―●メ〇o。.(-。-)y-~~~メテオ!( ・_・)ノ ミ★
 物語を読めば、いろいろな顔になれるよね♪ d(⌒o⌒)b♪

本日紹介する本・・・ロードス島戦記
ロードス島戦記―灰色の魔女角川文庫


登場人物紹介
『呟き尾形』:講師・・・のはず
クニークルス:奇妙な物言うウサギ。生徒のはず
「ムーシコス」:音楽の好きな少年。生徒。
※各台詞は、名前を囲んでいる括弧の人物の台詞です。

★★★
「こんにちわ。みなさん。ムーシコスです」
 ブォン ジョルノ クニークルスだ。
『こんにちわ。呟き尾形です』
「今回は、”ロードス島戦記”の紹介です」
 う~ん、思いっきり、趣味の世界だね。
『(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)
 その通り。σ(^0^) は、無類のファンタジー好き。
 まず、ロードス島戦記はちょっと変わったタイプの小説でして、テーブル
トークロールプレイングゲームの結果を基に描かれた小説です』
「てーぶるとーくろーるぷれいんぐげーむ?」
 そう、略してTRPG。会話と決められたルールでそれぞれの役割を演じ
る、まぁ、台本の無い会話による演劇ってところだね。
 くわしくは、こちらを読んでください。

『さりげない宣伝、ありがとう。
 さて、何を隠そう、σ(^0^) はこのゲームに夢中でして、それだけに、ロード
ス島戦記は思い出深い小説です。
 ちなみに、Web上でこれをやろうというのが、HPがSun Of NightというWRPGです。
 興味のある方は、ちょっと遊びにきてみてくださいね』
 何気にせんでんしてるな。
『いえ、自分のHPぐらいいいじゃないか。おっと、話を戻そう。
 ただ、ロードス島戦記の難点は、小説としてはいまいちということです』
 じゃぁ、なんでお気に入りなんだよ?
『小説は描写は重要ではあるものの、それ以外の背景、物語、登場人物の魅
力、設定が良かったからです ( ̄^ ̄)キッパリ
 ロードス島という島で刻まれる正義に燃えるお人よしの青年が、冒険を重
ね成長し、竜殺しの英雄となり、国王になるチャンスが何度もあったにもか
かわらず、ただただ、ロードスの平和を守るために活動し、そして見事ロー
ドスの平和を守りきり、ロードスの騎士の称号を得るに至る物語です』
「なんだかすごいね」
 まぁ、てきとーにまとめたところで、アルデベルチ。


★本棚
♪(*δーδ)人(δーδ*) 仲間♪ ヾ(▽⌒*)キャハハハ 。(*⌒~⌒*)
白い時計塔のある村

呟き尾形の本棚

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話


(-""-;)ムム・・・ (○`ε´○)ぶーっ ┐('~`;)┌ クラ(((((◎。◎ゞ)))))クラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運命を支配する

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日出会えた名言です。

  運命に逆らえば運命に支配され、運命に適応すれば運命を支配できる。
   「タルムード


 
 タルムードとはユダヤ人5000年の智恵がもりこまれているいわば、名言集です。

ユダヤ人といえば苦難の歴史が絶えず、そんな苦難を乗り越えているからこそ、合理的な名言が多いものです。
 人は運命に支配されることをいやがり、運命に逆らおうとします。
 しかし、運命に逆行することは、むしろ、運命に支配されてしまいます。
 なぜなら、運命に逆らうことに全力を尽くしてしまい、それは、焦りや早とちりによる思い込みで無理矢理進んでしまうという結果に陥ります。
 それは、運命に逆らうということに縛られることで、運命に支配されるということになってしまいます。
 そうではなく、むしろ、運命に適応することで、運命を利用することで、運命を支配した。といえます。

 

ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガオレンジャー

gaorennjaこんにちわ。呟き尾形です。
 画像合成の練習です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センチになっているわけにはいかない

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日出会えた名言です。

過去ばかりあれこれ思い出して、センチになっているわけにはいかない。
自分は現在に、未来に生きなければならないのだ

 ― 植村 直己 ―  (冒険家)

 覆水盆に返らずという故事があります。
 これは、一度こぼれた水は、再び盆に返すことは不可能であることから、いったん起こってしまったことは取り返しがつかないことのたとえです。
 過去ばかりあれこれ考えていると、現在と未来を見落としがちになります。
 私達は、センチメンタルの中だけに生きてはいけません。
 現実は、現在と未来に生きていかざるをえません。
 センチメンタルを含めた過去のことを思い出すにしても、現在と未来の為です。
 
 ★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

みんなで哲学を語ろう
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたは、なぜ、勉強するのですか?

こんにちわ。呟き尾形です。

 あなたは、なぜ、勉強するのですか?

 え? 私?

 私は・・・・


解ることが面白いから



ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

みんなで哲学を語ろう
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼い頃は、過保護なくらいがちょうどいい

こんにちわ。呟き尾形です。

 幼い子供の育児において、ちょっと見た目には過保護なくらいがちょうどいいように思います。
 といいますもの、単純に、幼い子供の肉体的能力と理解力は、大人が想像する以上に発達していないからです。
 もちろん、過保護というのは、幼い子供のやりたいことのサポートであって、甘やかすことではありません。
 ですから、しつけしない。とかしからない。という意味ではありません。
 過保護というのは、子供を大事にしすぎるということです。
 そして、大事にするというのは、大切にするという意味であり、結果的に、子供のためにならないことになることは、大切にしている。とはいえません。

 結果的に、子供のためにならないというのは、躾をしない。叱らないということです。
 幼い子供は、いうまでもなく、自己中心でわがままです。
 しかし、それではこれから接する社会では、孤立していきます。
 躾をするということは、礼儀作法を教え、身につけさせることです。
 叱るということをは、良くない言動を注意することです。
 幼い子供は、自ら礼儀作法を学習することはまずありません。
 同様に、自分にとって快か不快ぐらいの良し悪しは判断できても、まわりの人に迷惑をかけているのかどうかということを基準にする良し悪しは学習は難しいものです。
 それを、社会で生活するために教育するのは親の責任ですし、その教育を受けない子供は、社会において孤立するでしょう。

 ですから、躾も必要ですし、時には叱ることも必要です。
 ところが、過剰干渉は、子供をダメにします。 

 過剰干渉とは、子供が望んでもいないことを、押し付けることです。
 子供が欲しい洋服ではなく、親が子供に着せたい洋服を押し付ける。
 子供が興味を持ったことではなく、子供に教えたいことを押し付ける。
 子供がやりたがっている遊びではなく、子供にやらせたい遊びを押し付ける。

 これは、親が自分の感情を満足させるために、やっていることが多いと思われます。

 もちろん、子供を甘えさせて良い。ということではありません。

 子供が自分で欲しい、興味を持っている、やってみたい。ということを親が認識し、状況が許せば、それをやらせる。
 それによって、自立心や自主性を育てると、私は考えます。

 逆に、なんでもかんでも、親が決めてしまうと、子供の自立心や、自主性は育ちません。

 最後に、過保護になってしまうのは、子供がとてもとても大切だからです。
 そして、本当に大切だと思っているのであれば、常に子供の将来、なにが必要か、考えながら、行動しないといけないと考えます。
 ですから、何を子供に得て欲しいのか? ということを意識しながら育児をするしかありません。
 自立心や自主性を得て欲しいなら、子供が欲しいもの、興味をもっているもの。やってみたいことをしっかり認識して、子供が望むとおりにさせてあげましょう。
 その上で、自制心を得て欲しいなら、子供の言動に対して、叱ったり、誉めたりして、躾けましょう。
 子供に安心感を与えたいなら、甘えさせてあげましょうよ。

 人生万事、塞翁が馬。
 何が良い結果になって、何が悪い結果になるという決まりはありません。

 なんとも、親の仕事というのは、難しいものです。


こヾ(^o^-)ん(o^ー^)oにo(^ー^*)ち(o^ー^)ヾわ(*^〇^*)ノ
白い時計塔のある村

呟き尾形の育児手記

みんなで哲学を語ろう
゚★。.:*:・'゚☆。.:*:・'゚ 。.:*:・'゚☆。.(ノ ̄▽ ̄)ノキラキラワープ☆》


| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋人との愛をつなぐエチケット

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日出会えた名言です。

忘れること、それが最上の治療法であり、
恋人との愛をつなぐエチケットです。

宇野千代 ―小説家―


 もし、あなたが、前の恋人のことを忘れられなかったら、どうでしょうか?
 あなたの気持ちはただただ重くなり、ただただ自分を自分で傷つけるでしょう。
 もし、あなたの想い人が、前の恋人のことを忘れられなかったらどうおもうでしょうか?
 おそらく、イヤでイヤでたまらない気持ちで、胸が締め付けられるでしょう。
 これらを解決する方法は、「忘れること」

 それだけで、自分も恋人も傷つけることを避けられます。

 あなたが思っているほど、恋人は強くはありません。
 強いと思えるのは恋人が愛おしく思える”あなた”がいるからです。

 ★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

みんなで哲学を語ろう
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン



| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館万歳

 こんにちわ。呟き尾形です。

 前回、図書館等における複製で、
> これは、個人レベルでは余り関係のないケースかもしれません。
 なんていいましたが、そうでもないようなことがおこりました。

 いえ、必要不可欠、と言うわけではないのですが、すでに廃刊になってしまった雑誌で、良い資料になるときです。
 一般に、雑誌はその気になれば、バックナンバーを取り寄せることも出来ます。
 しかし、一度廃刊になると、簡単には手に入ることはありません。

 古本屋だって、売ってはいるけどきちんと管理まではしていませんから、廃刊になってしまった雑誌は、捨てられてしまう著作物になるわけです。

 しかし、廃刊になる雑誌は、”現状で売れなくなった”から廃刊になっているのであって、過去に良い記事の価値が無いということを示すことにはなりません。

 雑誌をきちんと管理してくれているのは、やっぱり図書館。
 と言うことになるのだとおもいました。

 図書館万歳!!!

創作において、気をつけるべき点、著作物の引用について


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog


ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

始まりは、どんなものでも小さい

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日出会えた名言です。

 始まりは、どんなものでも小さい。
 ─キケロ

 千里の旅も一歩から。とあるように、どんなに遠大な計画も、まずささいなことから手をつけることになります。
 同じように、何事も、ことの大小にかかわらず、始まりというものは、些細なことです。
 悪循環ですら、そのトリガーは、誰にでも阻止できそうなことである。ということです。
 しかし、私達は、それを忘れ、ことが大きくなったことだけを見ようとしている場合が多いようです。
 もし、トラブルや問題を解決したければ、大きなことよりも、小さなことに気をつけてください。始まりはどんなものでも小さいということは、原因もまた小さいということですから。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

みんなで哲学を語ろう
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乗りかけた船は・・・

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日出会えた名言です。

「乗りかけた船には、ためらわず乗ってしまえ。」
ツルゲーネフ


 迷うことは、行動を起こす前までなら必要な場合もあるでしょう。
 たしかに、慎重さは重要です。
 しかし、ことが始まってしまえば、もうやるしかありません。
 ことが始まってもなお、慎重であることは、優柔不断と変わりありません。
 なにより、乗りかかった船に乗るか乗らないか迷いつづけていれば、結果は船から下りるではなく、落ちるになります(笑)
 一番避けたい結果です。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

みんなで哲学を語ろう
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

問いを発する年もあれば、答える年もある

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日出会えた名言です。


  問いを発する年もあれば、答える年もある。
ゾラ・ニール・ハーストン


 問いとは、答えることを前提としています。
 問いを発すれば、いずれ答えはあるはずです。
 私達は、問いかけだけてはいませんか?
 質問すれば回答が返ってくるのは当たり前だと思っていませんか?
 質問しっぱなしでいいとは思っていませんか?

 自問自答とあるように、問いを発したら、自分なりに答えを出す訓練も必要です。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

みんなで哲学を語ろう
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

乙女座はなぜ、義務を象徴するのか?

 こんにちわ。呟き尾形です。
 成人の日、過ぎてしまいました。
 なんというか、成人の日というと、未だに1月15日だとおもってしまうんですよね。

 さて、今回は、占いが非科学的だと思われる方への第33回 乙女座はなぜ、義務を象徴するのか? の回答です。
 次に、相互リンク集に、サイトを二つ、「わくわくするストーリーを書きたいあなたへの手紙」と「01-Communications」を追加しました。
 次に、ひさびさ、呟き尾形の哲学手記、ジェンダー 前編を追加しました。
 ジェンダーとは、男女の性差を指しますが、その性差とはいったいなんだろう? ということについて書いてみました。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

みんなで哲学を語ろう
Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月9日 - 2005年1月15日 | トップページ | 2005年1月23日 - 2005年1月29日 »