« 2005年3月13日 - 2005年3月19日 | トップページ | 2005年3月27日 - 2005年4月2日 »

哲学って必要なんだろうか? 前編(呟き尾形の哲学手記)

こんにちわ。呟き尾形です。

※この記事は、白い時計塔のある村呟き尾形の哲学手記の記事にも掲載されています。

 んー、やっぱり必要。なんでか?

 つーことで、私、呟き尾形の考えをば。

 個人的に、哲学というのは、「要するに」を求めておきながら、それをご法度にしているように思えるんだよね。
 なんつーか、螺旋階段を上るように、同じような問いを繰り返し、同じような回答に行き着く。
 回答だけ聞けば、同じジャン。といわれちゃうと困る。
 だ・け・ど、空が青いことを知っているのと、空が青い理由をしって、空が青いことを知っているときの、知の強度の違いは桁違いなんじゃないかと考えているんだ。
 その上に、空が青いという意味を考えた上で知っているとさらに知の強度は強くなるとおもうんだよなぁ。
 こうした、「知の強度」が強ければ、強いほど、「困難」を乗り越えられるわけで、それが哲学。って感じもする。
 ムチャクチャかな? まぁ、ムチャクチャだって、そう感じちゃえるのだからしかたがない。

 でも、知の強度なんていっても、辞書に載っているような単語じゃない。
 んー、勢いでいってしまったけれど、知の強度というのは、自答自問を含めた問いに応えきる知の強さなのかな。
 まぁ、目の前に3歳児に「どうして?」攻撃を受けて、どれだけ口ごもらないですむか、あるいは、どれだけ自己完結しない回答が出せるかという「知」の強さのこと。
 
 で、「困難」というのは、まぁ、端的に言えば、既存の持っていた価値観の崩壊した状況。
 まぁ、個人差はあるんだろうけど、思春期のころの悩み事。片思いを含めた恋。確実に迫る老いによる死ってところかな、あーこりゃこりゃ。
 まぁ、他人から観て重要かいなかではなく、他人が見てくだらなくても、その人が本気で思い悩んで、”くだる”(くだらなくない)こと。

 なんにしても、哲学というのは、知の強度の強化で、強化しなくちゃいけないのは困難に立ち向かわないといけないことになる。
 でも、別段回避できる困難なら回避したいというのがホンネだよね。
 だ・け・ど。回避できない。回避できたように思えるのは、単純に困難を先送りして、困難をもっと大きな困難にするだけ。

 後編へ続く・・・。

★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

教育について(呟き尾形の哲学手記)

こんにちわ。呟き尾形です。

※この記事は、白い時計塔のある村呟き尾形の哲学手記の記事にも掲載されています。

 私、呟き尾形は、幼いころの教育者はテレビだった。
 だから、誰も自分の質問に応えてくれない。ただ、ただ、一方的にテレビの
中の存在が、自己主張している。たまに、自分に呼びかけてくれるが、それ
は、呼びかけてくれるふりをしているだけだ。
 だから、自分の抱いた疑問には自分で答えを出すしかなかった。
 他の大人に聞いても、ちんぷんかんぷん。
 それもそのはず、質問している方がちんぷんかんぷんなのだ。
 その上、私が抱いている疑問はテレビの中の存在からのメッセージであっ
て、質問する大人のメッセージではない。
 その思いが強く強く、私の心の中で残っていた。

 子供を持つ身になって、そのことが自覚できるようになった。
 だから、子供の言葉に真剣に耳を傾けるようにしている。子供のいうことだ
からあしらわないように。
 子供だって人間なのだ。ウマく理論的に、論理的に自分の思考をまとめられ
ないだけ。あしらわれれば、大人と同じように心が傷つく。体の傷の回復力が
強い分、心の回復力はあまりにも弱すぎるのだ。

 私たちはそれを忘れて、教育しようとしている。

 3アウトチェンジ。

 ふと、今、思い出した。知っている人は知っている「遊人」という漫画家
の、短編集にあった作品の中にある言葉。

「教育とは教えないことです!」

 教育とは教えることではない。教えないことで、自分で考えることを教える
ことだ。

 ★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モチベーションの維持の仕方(呟き尾形の哲学手記)

こんにちわ。呟き尾形です。

※この記事は、白い時計塔のある村呟き尾形の哲学手記の記事にも掲載されています。

 私、呟き尾形は、田中芳樹というSF作家の作品が好きである。
 でも、最近は好きではない。嫌いなのではなく、遅筆過ぎるので、読む気がうせたのである。
 おかげで、創竜伝の13巻はまだ読んでいない。
 その前に12巻までのストーリーは、どんなストーリーだっただろうか・・・。

 なんにしても、私、呟き尾形が田中芳樹から受けた影響はかなりある。多分、哲学においてもかなり影響を受けたし、創作物もお手本としているもののひとつに、田中芳樹の作品がある。

 で、アップフェルラント物語もかなり影響をうけた。
 なかでも、名前を忘れたが、アップフェルラントという架空の王国の女王のセリフが心に響いた。
「ビスマルクは、目的が見え見えだからあつかいやすいけど・・・」
 こんな感じだったかな。

 っと、その前に軽く説明を。
 舞台となるアップフェルラント王国は、架空の王国。世界設定そのものは20世紀初頭のヨーロッパ。アップフェルラント王国は、風光明媚なだけがとりえののどかな山国で、その国力は他のヨーロッパ列強に遠くおよばず。しかもド
イツ、ロシア、オーストリア=ハンガリーという当時の三大帝国の角逐する地理的要地にあり、常に隣国からの侵略の脅威にさらされている国なのね。
 で、20世紀初頭といえば、ベル・エポック(良き時代)と呼ばれる一方で、欧米列強が植民地を求めて世界中を蹂躙していった弱い者たちは成すすべもなく踏みつけにされていく時代だったんだよね。
 そんな時代だからこそ、鉄血宰相と異名を持つ、ビスマルクは「ドイツの問題は鉄と血で解決されねばならぬ」と豪語できるほど、力こそが正義というパワーゲームの外交の時代でもあったわけ。
 まぁ、時代は変われど、媒体が変わっただけで力こそが正義というパワーゲームの外交は変わんないけどね。
 今の国際情勢を見れば一目瞭然。
 で、そんな時代だからこそ、人々は疑心暗鬼になる。
 すると、正直にホンネで物を述べても、疑心暗鬼の人間は、むしろ、裏を読んで自滅してくれる。自滅しない場合はそれだけ有能な人材だってことだしね。
 逆に信頼に値する人間は、そのホンネを信頼してくれる。
 さらに、信頼できて、女王のように頭の切れる有能な人材は、必要な分だけ譲歩して、黙っていても、自分の要求を果たしてくれるわけ。その分のなんらかの代価をこちらが出せばいいわけだしね。
 明確な目的をもち、それを外部に公表することで、自分自身のモチベーションの維持にもつながる。他にも細かい利点は沢山あるけど割愛。
 実際、やってみればわかることだし。
 そんなわけで、この戦略はかなりつかえる。単純にホンネを述べ続ければいいだけ。
 え? 「目的が見え見えだから利用されるんじゃないか?」 利用されることが、必ずしも、自分にとってデメリットだというのは、利己主義者が多い時代の先入観に過ぎないんだよね。案外利用されても、自分にメリットが在るこ
との方が多いんだよね。
 他に、 デメリットは猜疑心の強い人間と、潔癖すぎる人間とはなかなか良い関係を作れないことかもしれないけれど、そういった方々とは、好んで良い関係をつくろうとも思わないのであまり大きなデメリットではない。
 もっとも大きなデメリットは、私はこういった人間だ!
 という固定観念をもつことで安定を求めるタイプの方にはお勧めできない。

 もっと、柔軟に自分と言うものを見つめないといけない。

 ま、正直に自分の考えを素直に述べると、自分にうしろめたさを感じない
分、堂々としてられるというメリットもあるんだけどね。
 あとは、自分の理念を忘れなければいい。

それだけ。

 ★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お金はなによりも大切だろうか?

こんにちわ。呟き尾形です。

 まず、現代社会において、貨幣(お金)がなきゃ、はじまりません。
 そう、貨幣あっての資本主義社会だし、歴史を紐解いても、お金はかなり重要なものです。
 これは、当たり前のことだけど、じゃぁ、お金は何よりも大切なのだろうかというと、別の話。
 つまり、必要なものだからといって、なによりも大切かどうかは別ということです。

 よく、テレビでお金は裏切らない。というセリフを耳にします。
 しかし、お金というのは、実は、国家が決めた価値観でしかないのです。
 つまり、お金なんて、国家が倒れればそれで無価値になります。
 あるいは、インフレ。
 政治次第で、あっさり紙幣は紙切れにもなりえる危険性があります。
 なんとも、不安定な価値観だということです。

 つまり、これが貨幣に価値を置きすぎた本末転倒な状態なのです。
 他人に価値を決めるのを丸投げした無責任な決定のリスクです。

 いやいや、まさか日本がそんなふうになるなんてありえない。
 という意見もあるでしょう。
 そういった方は、歴史を勉強してください。
 どんなに繁栄した国も滅びていることを。

 とはいいつつも、やっぱり、リアルには想像できないという方はいるとおもいます。
 まぁ、千歩ゆずって、貨幣は裏切らない。としましょう。
 そうすると、とたんに問題が発生します。貨幣は常に、欲望の深淵にいざない、気を抜くと貨幣に換算できないはずの信頼とか愛とか友情とかを換算することで、そこにある、感情を奪って、結果的に見せかけの信頼、愛、友情になってしまいます。
 これが大問題です。

 感情を水にたとえるなら、貨幣は風。風は水分を奪う。
 もちろん、風がなければ、湿気がたまって腐敗するけど、強すぎる風も考え物ということです。
 で、現実問題、貨幣と言う風は強すぎるために、人の心は渇いてしまい、人を信じることができなくなってしまいます。
 だって、何をするにしても金、カネ、かね、KANE・・・だもの。

 実際、そうした、お金の奴隷は、かわいそうでなりません。
 お金がほしいというのは、お金によって、ほしいものが手に入るからでとどのつまり、欲望の虜になっているということです。
 すると、欲望に支配されてしまいます。
 お金を使って、自由を気取っているつもりが、逆にお金に支配されているということです。

 まぁ、欲望を満たしていればそれで幸せという価値観は否定しませんが、欲望には限りがなく、欲望が満たされない、普通の状態が不幸だと感じてしまうという、かわいそうな状態になってしまいます。
 さらに、たくさんお金をもっていると、そのお金を狙う人が集まりやすくなります。これは、お金を集めるためにはお金があるところに行くのは、ごくごく当然のことです。
 ただ、お金に執着してしまうと、愛や友情や信頼よりも、お金の方が大事になってしまいます。

 そういうこともあって、お金が一番というお金に執着してしまうと、人を信じられなくなります。
 人間は、自分を信頼してくれない人は、なかなか信頼しないものです。
 すると、誰も信じられなくなります。
 仮にお金を担保にかりそめの信頼を得たとしても、担保がなくなれば、それでおしまいです。
 本当の信頼には、お金を持っているかどうかは関係ありません。
 だから、信頼しているものどうし、お金がなくても助け合えます。

 信頼する仲間がいるということは、満たされます。

 満たされるということは、幸せだということです。
 少しのお金で、幸せになれるということです。いや、へたをすると、幸せになるためには、お金は関係ないかもしれません。

 なんで、幸せになるためには、お金が関係ないのか?
 幸せだ。と言い切るためには、本人が満たされてなければなりません。
 幸せである。と言い切れるのは本人だけということになります。
 他人が不幸そうに見えるからといって、不幸そうに見えている本人が満たされていれば、その人は幸せだと言うことがいえる訳です。
 実際、これを読んでいるあなたは、他人からあなたは幸せだ。とか、不幸だとか
決められるなんておもわないでしょう。
 自分が幸せかどうかなんて、幸せを感じている本人しかわからないということです。

 もちろん、たくさんお金を持っているから幸せ。ということも言い切れます。
 ただ、それは、お金がなくなれば、幸せでなくなるという刹那的なもので、いつでもその幸せは失われます。

 幸せは、長続きした方がいいでしょうから、お金に執着しない方が、幸せになれると考える次第です。

 
 ★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学問を身に着けるための条件

こんにちわ。呟き尾形です。

  学問は興味から、もしくは好奇心からはいったものがもっとも根強い。
─ 柳田国男(民俗学者)-


 学問と言うと、勉強を連想します。

 勉強とは、学問や技芸を学ぶことですが、それらは、けっして他人から強制されるものでは、習得するにも時間がかかります。

 しかし、興味や好奇心が動機となれば、勉強そのものが楽しめます。

 もしかすると、本来、勉強とは強いるものではないのかもしれません。

 ☆自分が成功できる分野は、やはり興味があり楽しく感じられる分野です。

  ★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イスラム教

こんにちわ。呟き尾形です。

 イスラム教という宗教があります。
 どちらかというと、日本になじみの薄い宗教で、なんというか、誤解をしているのではないだろうかと思い、イスラム教についていろいろ調べてみました。
 私は、イスラム教徒ではありません。しかし、世界でたくさんの人に信仰されるということは、それだけ信頼に値する宗教であると考えます。それは、いったいどのようなものか。できるだけ、先入観なしに調べてみました。
 もちろん、その詳細というよりは、一般的に誤解されているであろうことと、調べてみた内容を比較してみて、できるだけ、誤解をなくそうとするのがこの記事の目的です。
 ただ、イスラム教徒ならざる私が、少しばかり調べて感じるたことを書いている記事です。
 その点、ご了承ください。
 また、間違いなどありましたら、ご指摘ください。認識を改めるよう善処いたします。

 さて、なぜなら、私たち人間は、自分の知っていることについては、対象を正しく認識することは、可能ですが、知らないことについては、自分勝手に想像し、下手をすると、想像が妄想になり、対象を誤解し、まったく異なるものとして認識してしまう可能性があるからです。

 ところで、日本人の多くは、とくにこれといった宗教と信仰しているということは、さして重要ではありません。
 ただ、何かを信仰しているということが、その宗教がどんな宗教であり、どんなことを主張しているかも知らずにうさんくさいと判断することがありますが、それは、日本の中の話で、むしろ、イスラム圏をはじめとした世界的な常識としては、なにを信仰するかは別として、信仰を持たないと、なかなか信頼されないそうです。
 実際、調べてみるとわかりますが、宗教の多くは、その宗教観において、道徳を説いています。
 ここからは、私の推測です。
 宗教を信仰していないということは、「私は道徳を持っていません」という意味を持っているからかもしれませんし、そもそも、何かを信じることができない人が、他人を信じることはできないだろうし、他人を信じることをできない人を信頼することは、不合理であるということです。
 日本において、なぜ、そのような宗教観になったかは、単純に、日本が多民族国家ではなく、同じ民族意識があり、ある種、同じ価値観を共有できていたからでしょう。
 その証拠に、日本人は他民族というだけで、すぐに信頼しようとはしません。

 イスラムとは、アラビア語の”平和、従順、服従”を意味する”サラーム”から派生しているといわれています。
 つまり、『神に帰依する』ということです。

 で、ちょっとしらべただけでも、イスラム教は、ものすごく合理的な宗教でもあり、誰が救われ、誰が救われないかが明確な宗教でもあります。その明確すぎる合理性が日本に浸透しない理由なのかもしません。
 テロ行為は、その明確な合理性において、反する相手が生じたときに行われる行為でもあります。
 イスラム教徒は、命がけで信仰しているということです。

 それは、イスラム教徒の義務である五行というものをしると、その覚悟がつたわってきます。
 イスラム教徒の義務である五行とは、信仰告白、礼拝、喜捨、断食、巡礼というものをしているということです。

 信仰告白とは、1日に5回、アッラーに信仰告白の文面を唱えることです。
 礼拝は、メッカの方向に向かって1日に5回礼拝することです。
 喜捨は、貧しい人を救う行為をすることです。
 断食は、禁欲の月と呼ばれる機関に、その名のとおり断食をします。
 巡礼は、メッカのカアバ神殿を訪れることです。

 このような責務を、信仰の名の元に行われているといわれています。
 半端な気持ちではできません。

 さて、イスラム教の信仰の対象は、下記のとおりです。

 アッラー(神、絶対的な存在です)
 天使(神と人間の中間的存在、悪魔も含むらしい)
 啓典(聖書やお経みたいなもの。厳密には違いますけど)
 予言者(神の言葉を信者に伝える存在)
 来世(死後の世界のようなもので、終末後、天国と地獄に分かれるらしい)
 予定(神が決めた宿命)
 です。

 また、偶像崇拝を禁止し、他の宗教を否定する部分があります。
 ただ、私見を言いますと、盲信者を戒める決まりのように感じ、正しいことは一つなのだから、正しいもの以外は間違いである。
 という、イスラム教的、合理的な考えだと思います。

 原理主義と呼ばれる考え方も目には目を的な明快なものがあります。
 ただ、私見を言いますと、どんな理由があろうとも、相手を傷つけることは悪いことであり、相手を傷つけてしまったときは、復讐を受ける覚悟と享受をしなさいという戒めのように思っています。

 さて、イスラム教といえば、聖戦、ジハードを連想する人も多いかと思います。
 それによって、イスラム教の神、アッラーのために戦う、誤解する人がいますが、戦うのは神のためというわけではなさそうです。
 厳密に言うと、信者は神から運命を与えられていてそれは自分の力では変えられず、自らの力で変える、変えられたと思っても、それも、すでに神が定めた運命であるということとして考えます。
 そして、戦争も、その人に与えられた運命であるということになります。
 また、イスラム教信者なったときに、ジハードの義務を了承しています。
 そして、その、ジハードとなったのは、誰のせいでもなく、自分のせいでもない。
アッラーだけが知っているということになります。
 もちろん、ジハードによって、死ぬかもしれませんが、その時は天国を保証します。
 さらにいえば、死にたくない。逃げることも不可能ではありません。
 それも、アッラーは知っているからです。

 このように書くと、運命というものを使い、責任を神に押し付けているのだ。
 という考えも可能かもしれませんが、私はそうとは思いません。
 すでに上述しましたが、イスラム教徒の義務である五行をしています。
 半端な気持ちでは信仰していないということだと推測しています。

 とりあえず、上記が、イスラム教徒でない、私が、調べ感じた内容です。

ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多く人を動かす秘訣

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日であえた名言です。

人が多く人を動かす秘訣は、無償の行為である。
 ― 山岡 荘八 ―  (小説家)


 人は誰しも、自分の利益を求めてしまいます。

 それが、自分だけの利益を求めることに捉われてしまうと、利己となり、人々の信頼を失います。

 ところで、無償の行為は、他者の思いやりによるものです。
 思いやりを掛けられれば、恩を感じます。
 しかし、恩を感じるということは、あくまで恩を感じるのは、思いやりを掛けられた側の人のことです。
 もし、その行為が、恩の押し売りならば、それは、利己的な行為です。
 人は恩の押し売りには敏感です。

 もし、恩の押し売りでない、無償の行為をすることは、人々は、その思いやりに恩を感じ、人を信頼します。
 やがて、それは、人々の心を動かし始めます。

 誰しも、無償の行為の難しさを知っているからです。

  ★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲

示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食料・農業・農村基本計画

こんにちわ。呟き尾形です。

 
 
小泉内閣メールマガジン第180号 新たな「食料・農業・農村基本計画」の答申を受けてを読んだ感想を、小泉内閣
に送信した内容です。

日本国民の尾形と申します。

新たな「食料・農業・農村基本計画」の答申を受けてへの感想です。

>都市と農村との距離を縮めていくこと
 このような表現は、避けていただきたいと感じます。
 理由は、農村とは、農家が大部分をしめる、村の人家が集まっているところをさします。
 残念ながら、都市部、および、町にも農家がありますし、むしろ、農家は、村よりもそれ以外の農家の方がおおいと考えるのが一般的です。
 おそらく、文脈からは農家と都市の消費者の距離を縮めることを述べたいのでしょうが、上記の表現は不適切で、農村が田舎で発達していないというイメージが発生し、さらに距離を広げる表現になりかねないことになります。

 間違った表現の上に、農家のイメージをダウンさせるのは、自らの攻めの農政に反することです。
 プロパガンダあるいは、広報からして、このような失敗をするのですから、攻めの農政というものの失政が目に見えてしまいます。
 まさに、支援してあげるという思考が見え見えの、農家を見下した表現です。
 攻めの農政どころか、農家の信頼を失うことでしょう。

 農家の信頼を失った農政が失敗するのは必然です。
 失敗したくないのであれば、農家と共同作業をする対等のパートナーと見なければ、相互の信頼は得られず、日本の農政の成功はありえないと推測します。

 また、食育以前に、農作物に消費税をかけない。という政策をとれば、おのずと自給率は上がると考えております。
 そもそも税金は国民に利益を与えるものですから、減税が国民に利益を与え、かつ、政治がめざしているものなら、別段問題はないし、一石二鳥だと思います。

---------------------------------


 ところで、メールマガジンでは、こんなことも述べています
-----------
政府としては、どのような食事をどの程度食べたらよいのかといったことをわかりやすく示した『フードガイド』を作成するなど、実践的な「食育」を推進していきたいと考えております。
-----------

 大体、ガイドラインというのは、政府の自己満足で、責任の丸投げという無責任な行為なんですよね。
 ガイドラインを守った人には、なにか利益を与えます。
 ということをしなければ、自由意志をもち、かつ、自由の権利をもつ人間に何をいってもガイドラインは見もしないでしょう。

 つまり、食育ガイドラインを作った分の経費は、無駄遣いというわけです。

 こうした、無駄遣いをなくすようにやらないと、いくらおかねがあってもたりません。
 ちゅうか、ガイドランを作るだけで実践的なんていってほしくないのが本音です。
 そういうのを、無責任というのだと思います。

ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

 政治について、意見があるときは、下記のサイトに言うのも一つの手かもしれません。

 
小泉内閣

自由民主党

公明党
民主党

共産党

社民党

| | コメント (1) | トラックバック (0)

結婚とは

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日であえた名言です。

結婚の理想は互いに相手を束縛することなしに、
しかも緊密に結びついていることだ。

石川達三 ―小説家―

 結婚とは、男女が運命を共にするということです。

 それは、お互いがお互いを束縛する。というこではなく、共に同じ道を歩むという行為のそれです。

 それは、共に運命を歩むためには、相手を束縛しようという気持ちがあっては、できません。

 それは、お互いのあってこそできることです。
 それこそが、緊密に結びついているということといえるでしょう。

 ★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢事典 更新 「夢の中の家」

 こんにちわ。呟き尾形です。
 気がつけば春分の日。
 春分の日といえば、春です。春です。
 ええ、春ですとも~♪
 と歌いたくなるのは、私だけでしょう。
 とはいえ、まだ、寒いですから~
 残念~!

 さて、今回は、占いを非科学的だと思われる方への第35回を追加しました。今回は、蠍座に対する反論です。
 考えてみれば、占いの内容は、決め付けではないか?
 なんて考えたことありません?
 次に、久々に、新連載、いつまで続くかわかりませんが、4枚の絵画の第2回です。
 予定では、ある程度区切りがつくまで毎週連載する予定ですが、さて、できるかどうか。
 まぁ、毎週連載は半信半疑で、適当に楽しんでいただければ幸いです。
 次に、夢事典 家についてです。夢の中で登場する家。夢の中での家は何を象徴するのか?
 ということについて書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月13日 - 2005年3月19日 | トップページ | 2005年3月27日 - 2005年4月2日 »