« 2005年3月6日 - 2005年3月12日 | トップページ | 2005年3月20日 - 2005年3月26日 »

他人の感受性を軽蔑してはいけない

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日であえた名言です。

 他人の感受性を軽蔑してはいけない。感受性はその人の才能なのだ。
   ─シャルル・ボードレール(仏 詩人)


 自分にとっての感受性は、自明なほど確実なものです。

 逆に、多くの他人の感受性は、理解しがたいものです。
 むしろ、自分と他人の感性が一致することは珍しく、同じ感性を持つ他人を「友」などかけがえの無い存在だと感じることでしょう。

 感受性とはそれだけ重要な要素だということです。

 なぜなら、感受性こそが、その人の才能であり、魅力だということです。

 だからこそ、自分の感受性にあわなくとも、その感受性を軽蔑することは、自分の感受性を軽蔑されてもかまわないという意思表示につながります。

 もちろん、自分の感受性を軽蔑されることを望む人はいないでしょう。
 ゆえに、他人の感受性を軽蔑してはいけないということです。

 ★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せになるコツ

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日であえた名言です。

 心が明るいから、幸せへの感性も鋭くなる。
 しあわせを容易に発見するから、心がまた明るくなる、
 という循環をくり返すわけである。
 幸福な人とはみなそういうものなのであろう。
 ― 桜木 健古 ― (『生きるヒント』)

 それが幸せかどうか?
 ということを客観的に決めることは原理的に不可能です。

 なぜなら、幸せとは、めぐりあわせがよいことだからです。
 幸せを原理的に不可能としているのは、「めぐりあわせがよい」ということを判断するのは、他者によるものではなく、本人の価値観において判断するということです。
 つまり、各自の価値観において判断するということは、客観的判断をするために絶対必要な、基準は存在しないことになります。

 となれば、それが幸せかどうかを決定することができるのは、本人以外にはない。ということになり、それは、他者が幸せかどうか決定できないということを意味します。

 これは、幸福になるための循環は、本人に選択できるということです。
 それが幸せであることを発見さえできれば、幸福な人になれるということです。

 その為には、まず、心を明るくすることです。
 心を明るくするコツは、対象から幸せを発見する、幸せへの感性を磨くことです。
 幸せの感性を磨くためには、まず、物事をネガティブに推測したあとに、物事をポジティブに判断することです。
 そうすれば、良い点を発見する訓練をすることになるでしょう。

 そうすれば、あなたも幸福になれます。

 ★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小泉内閣メールマガジン第180号 新たな「食料・農業・農村基本計画」の答申を受けてを読んだ感想

こんにちわ。呟き尾形です。

 
 
小泉内閣メールマガジン第180号 新たな「食料・農業・農村基本計画」の答申を受けてを読んだ感想を、小泉内閣
に送信した内容です。

-------------------------------------
 日本国民の尾形と申します。

 「攻めの農政」とおっしゃいますが、減反政策という失政によって、日本の農業は疲弊しています。
 攻める以前に地盤がガタガタなのが現状で、そのガタガタの状態で農家をいびっているのが、現在の農政と私は判断しています。
 現在の農家を活性化させるために必要なものは、資金、労働力、情報力です。

 資金については、政府が出すとして、労働力はどうするのでしょう?
 遊んでいる公務員を出向してもらうという対策もあるでしょうが、遊んでいる公務員でしょうから、労働力もたいしたことがないでしょう。
 働いてもらわなければ邪魔なだけです。
 情報力というのは、情報収集する力と、情報を広報する力です。
 これは、農家のインターネットインフラの整備をすれば、なんとかなるでしょうが、そのような対策は記事にはないので、無いものと考えます。
 結局、現在の農家が不足しているものを補おうという対策をたてない限り、無謀な攻めの農政となり、失政となるでしょう。
 政府は責任を取るつもりがなさそうなので、結局、農家は自分の手でやるしかないような気持ちになります。

 もし、やる気があるなら、農業の労働力と情報力をどのように補うのか、ご検討頂き、その対策を実行をもって、私達、農業を営む人々に示して下さい。
 口だけなら政府でなくてもできますゆえ。

---------------------------------------------

 農業に不足しているものは、ずばり、資金力、労働力、情報力です。
 これらの対策がなされなければ、「攻め」どころか「維持」もできないでしょう。
 特に、資金力は、深刻な問題です。
 資金力さえなんとかなれば、労働力も確保も可能と言うものですが、ないから、労働力の不足が問題となるわけです。

 ちょっと想像力を働かせてもらえば容易に想像がつくでしょうが、農作物の値段をみて、一体どれだけの利益が出せるかということです。
 小売に出ている値段は、市場、問屋など通して出ているものです。
 今でこそ、産地直送というものもあるし、生産者の顔をみることも可能ですが、すべてがそれ。というわけではありません。
 つまり、農家が大きな儲けを出すというのは、非情に難しい状態になっています。
 さらに、それに対して、その労働力たるや、サラリーマンを経験した私としては、大変なものです。
 どのような仕組みで資金を調達するべきなのか、これが課題になるはずです。

 資金調達で考えられるのは、行政による補助金、組合を作成し組合員からお金を出し合うなどが考えられます。
 あるいは、企業と直接契約し、その契約金もありますが、どれも画期的なものとはいえないように感じます。
 あるいは農業法人の推進という方法もあります。
 農業法人化し、株式会社にすることで、資金調達という方法も考えられます。
 もちろん、株主には、作成する農作物を激安で配達ということをすれば、人気が出るかもしれません。
 なんにしろ、対策を練らねば、口だけでは、攻めようが無いということです。

 次に、労働力です。
 私は農業を営んでいますが、低賃金でやろうと思う仕事とはいえません。
 しかし、上述したとおり、農業の多くは資金不足です。
 理由は、行政によって、農業が保護されすぎたということもないとはいえませんが、労働力を確保する力をどう調達するのか?
 一つは、無理でしょうが、外国人労働力を開放してもらうという方法もあります。
 もう一つは、やはり、農業法人を推進することでしょう。
 また、公務員が余っていそうなので、公務員を派遣するという方法もあります。
 政府を挙げて攻めの農政をしようと言うのですから、労働力を提供することは、それほど不自然な対策ではありません。

 次に、情報力です。
 これは、情報を収集する力と、情報を広報する力です。
 せっかく、品質の良い農作物を生産できても、売る場所、消費者のニーズにあっていなければ意味もありませんし、農作物の品質の良さを伝えることができなければ、消費者に買われることも無いでしょう。
 ここで対策として、インターネットによるコミュニティーの作成と、複数の直売所を集めた、直売市場の作成することが考えられます。
 情報収集や広報はインターネットは大変便利です。政府がそれを推進するためには、インターネットを使いやすい環境づくり、つまり、インターネットインフラ整備が考えられます。
 直売市場は、消費者と直接接する場つくりです。
 商品を売るということよりも、むしろ消費者のニーズをつかむという情報収集は、攻めの農業には必要だと思います。

 なんにしろ、政府が何を言うとも、農業を営むわけですから、農家が日々、創意工夫しないといけないというわけです。
 農政とは、政府が農家を補佐するものです。
 であるならば、政府主体では失敗するのは、必然というものです。
 農家の意見も聞かない農政の失敗は目に見えてしまうというものでしょう。

 ですから、農政に期待することなどすると、損をするでしょう。
 となれば、農家が自ら動いて、たまたま利用できることだけを利用するという方が日本の農業の活性化につながるように思います。

 これまでの政府の政治は、当事者不在で方針を決めています。
 それで成功するはずもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

占いは、当たったことだけ信じられている?

こんにちわ。呟き尾形です。

反論C)誰にでも当てはまることを言っているだけでは?

 において、このような反論をされる方は、占いが、人の性格や将来を分類するかのように誤解されています。
 もちろん、それは、占いをきちんと調べれば間違った認識であることがわかります。

 このことは、既に述べたものの、反論する人は、質問をはぐらかされているように感じるかもしれません。
 まぁ、気持ちはわかります。で、牡羊座を一つ例にとって考えてみたいと思います。
 たとえば、牡羊座生まれの人において、牡羊座のキーワードは、活動的、好戦的であり、傾向として、活動的で、好戦的な性格、および、行動パターンが指摘される。
 とされています。
 これは、誰にでも当てはまるだろうか?

 ということです。
 占いにおいて、誰にでも当てはまることを述べていますが、それに該当するひとは、それが強く出やすい。ということになります。
 その意味において、誰にでも当てはまるわけではない。
 という言い方は可能になり、占いが誰にでも当てはまることを言っているだけではない。ということになります。

 しかし、反占い派の人は、考えなければいけないのは、それが「当たっているか」どうか、ということだと主張するでしょう。
 もちろん、占いは、当てることが特に目的と言う訳でもありませんが、確かに、キーワードになる事柄は、強く出やすいという主張をしているわけですから、主張しているとおり、強く出ているのか?
 ということは、確かに問題になり、反占い派は、それが正しいか信じられない。
 つまり、牡羊座生まれの人で、活動的でない人がいるのではないか?
 という推測をするわけです。

 その推測が正しいなら、活動的な人は「当たった」と思い、活動的でない人はその占いを気にもとめないという事になるのではないかという主張が可能になります。

 となれば、たまたま、牡羊座の人の中で当たった人だけ気にかけて、占いを評価し、牡羊座でも当たらなければ気にかけないのだ。
 という考えが導き出せそうですが、そうとはなりません
 もし、牡羊座の人が占いにおいて当たらなければ、当てはまらないという評価が生じるのです。
 反占い派の人の多くは、占いの知識は皆無です。
 最初からデタラメであるという前提で判断します。
 つまり、内容も見ないで判断するので、それが正しく評価されるわけもありません。
 それ以外の人は、実際に占うことで、その多くは、内容にふれることで、当たるという評価をだしていて、むしろ、当たらないという評価は滅多に聞きません。
 もちろん、占い師の読み違いなどで、当たらないこともありますし、確定した将来があるわけでもありませんから、当たらないこともあるでしょう。
 それでも、占ってみれば、それを説明ができるのが占星学でもあります。

★呟き尾形の占いの話
(◎-◎) ( ̄_ ̄?) ┐('~`;)┌ (-_☆) φ(。_ 。)メモシテオコウ
白い時計塔のある村

占いが非科学的だと思う方へ

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります


d(゜ο゜)o 。(*^ε^*)o q(//▽//)pきゃー └( ̄∇ ̄)┘フハハハッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老人に忠告してはいけない

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日であえた名言です。

 「老人に忠告するのは、死人に投薬するようなものだ。」
(作者不明)


 老いては子に従え。

 と言う言葉があります。

 一般に、老いては子に従えというのは、歳をとったら、なまじでしゃばることなく、子供のいうことに従うという意味です。

 これは、単純に年寄りの冷や水を戒める言葉ではありません。

 むしろ、若者は、老人の言葉に耳をかすことはありません。
 であれば、老人はこれまでの経験から、子に従うふりをして、子を自分の思い通りに動かす術を持ちなさい。という戒めであるともいえるでしょう。

 つまり、老人は忠告する側であって、忠告される側ではないということでもあるということです。

 ★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛は頭ではなく、心で見るものだ

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日であえた名言です。

愛は、自己本位でなく、理解があり、やさしい。
何故なら、愛は頭ではなく、心で見るから。

ヘレン・スタイナー・ライス ―アメリカ詩人―

 愛とは、相手をかけがえの無い存在であると認めることです。
 
 それは、自分よりも相手を思う心であり、自己本位であることは、愛とは両立

しません。
 相手をかけがえの無い存在であると認めるということは、相手を理解し、やさ

しく出来るということです。

 それは、理屈で考えることではなく、心で感じることだからこそ言えることな

のでしょう。

 ★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちら

の掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーム脳

 こんにちわ。呟き尾形です。

 ゲーム脳という仮説があります。
 ゲームを長時間する人は、凶暴で暴力的な人格になるという仮説です。

 その主張の内容をまず、まとめて見ます。
 読み書き計算をすると前頭前野が活発化するといわれています。
 前頭前野とは、脳の中で35%を占める前頭葉の中の記憶、感情、集団でのコミュニケーション、創造性、学習、そして感情の制御や犯罪の抑制をも司る部分のことをさします。
 そして、さまざまな命令を身体全体に出す司令塔が脳にあたるわけですが、この司令塔が、ゲームや携帯メール、過激な映画やビデオ、テレビなどに熱中しすぎると働かなくなり、いわゆる「ゲーム脳」と呼ばれる状態になる。
 といわれています。
 そして、それは、唯一抑制機能をもつ前頭前野が発達しないとキレやすい人格になるという”仮説”が出されています。

 上記のような仮説がゲーム脳です。

 このような”仮説”を主張をされると、ゲームをすることによって、「ゲーム脳」となる。
 そして、ゲームをする人間は凶暴な人間になるのだ。
 という印象を抱かれる方がおおいでしょう。

 では、もし、この”仮説”が正しいとします。
 すると、ゲームをする人は凶暴な人格になっていなければいけませんが、残念ながら、ゲームをする人で、凶暴な人もいますが、そうでない人もいます。
 私の友人の多くはゲームをします。すると、凶暴な友人が多いということになりますが、そんなことはありません。
 同様に、ゲームをしない人でも凶暴な人もいますが、そうでない人もいます。
 しかし、テレビゲームの遊戯時間と暴力経験に相関関係が認められたというグラフがあるとされています。
http://kodansha.cplaza.ne.jp/broadcast/special/2002_11_13/
 にある最初の方にグラフがリンクされていますが、詭弁を用いやすいグラフになっています。
 グラフは、遊ばない、30分ぐらい遊ぶ、1時間ぐらい遊ぶ、2時間ぐらい遊ぶ、3時間以上ごとに比率が分けられていて、それぞれの暴力経験の多さでパーセンテージで比率がかいてあります。
 このグラフにおいて、正当性が必要になるデータがかけています。
 比率は書いてあっても、対象年齢、グラフごとの人数などが書いていないのです。
 こうなると、仮説に都合の良い数値を見つけて、それをただ乗せれば正しいように見えますし、そもそも暴力経験という曖昧な表現を用いています。
 暴力経験といえば、大抵ケンカということになりますが、大抵ケンカなど日常茶飯事に起こるものです。
 それが、低年齢であればあるほど生じやすいものです。
 それでも暴力経験が少ないのは、いわゆる親や大人の言うことを聞く人間であることであるといえるでしょう。
 そして、大抵の親や大人は、ゲームをしないように子供に言いつけます。
 ゲームなんてしないで勉強しなさい。と。
 それでも3時間以上ゲームをするということは、ゲーム以前に親や大人の言うことを聞かないことが多い子供であるという推測が導き出せます。
 すると、ゲームの時間は原因と言うよりも、結果であるということが簡単に説明できます。
 早い話が、親や大人のいうことを聞かせることができないという教育の段階での失敗であり、とどのつまりは、教育という現場において、記憶、感情、集団でのコミュニケーション、創造性、学習、そして感情の制御や犯罪の抑制というものを発達させることに失敗した結果とも言えるわけです。
 ゲーム脳は、そうした失敗を隠蔽するには、格好の言い訳になるということです。
 記憶、感情、集団でのコミュニケーション、創造性、学習、そして感情の制御や犯罪の抑制という能力を発達させたいなら、親や大人が子供に語り掛けなさい。
 大抵、ゲーム脳といわれる状態になる子供の近くの大人は子供とろくに話もしていないでしょう。
 そんな大人たちにとって、大変残念ながら子供は、思考による学習よりも、大人の行動から学習することの方が多いのです。
 つまり、ろくに子供に話しかけていないから、ゲーム脳になるのです。
 という主張もできます。

 で、親や大人の言うことを聞かないというのは、たしかに道徳的によいことではありませんが、自我や行動力が強いということになり、子供に言うことを聞かせたい親や大人にとって残念な事実ではありますが、自我や行動力の強い人間ほど、社会において成功し、リーダーシップがはれる可能性が導き出せます。
 大人になって暴力に訴えるのは問題外ですが、子供が暴力に訴えるのは、まだ、成人として完成していないからこその結果です。
 
 さて、次に、ゲーム脳を主張する人はいいます。
 本能的な欲求や衝動に対して、エチケットや羞恥心という形で前頭前野が抑制をかけるというのが一般的です。
 しかし、最近では混雑した通勤電車の中でハンバンガーを食べたり、化粧をしたり、ズボンからパンツをみせたりするのは、前頭前野が働かないゲーム脳ではブレーキをかけることができないからです。
 と。
 申し訳ないが、通勤電車で醜態を見せる大人も同じことが言えます。
 他人を押しのけてまで座る淑女。いい年して、駆け込み乗車をする紳士淑女。電車で破廉恥な行為をする紳士。足を踏んだ踏まないでケンカする紳士。お年寄りに席を譲らない紳士や淑女。他人を押しのけて乗り降りする年配の紳士淑女。
 もちろん、そんな人ばかりとは言わないが、私がサラリーマンをしていたころは、当たり前の風景です。
 上記の例に挙げた紳士淑女に前頭前野の抑制が掛けられていたならそのようなことはしないはずですし、紳士淑女がゲーム脳だからという主張はできないでしょう。
 もっと、社会的な現象に原因があると考える方が妥当性があると考えます。

 さらに、ゲーム脳を主張する人は言います。
 ゲーム脳になってしまうということは、ゲームに時間を割かれ、それだけ勉強する時間がなくなってしまいます。
 また、おそらく古い脳に対してドーパミン系の快楽信号を送りますから、ゲームを続けようとして時間が長くなります。
 その結果、体も疲れ、目も疲れ、頭もぼうっとする。当然学力は下がってしまいます。
 ゲームに勉強をする時間が取られるから学力は下がるのは当然だ。
 という主張はある意味正しいと思われます。
 また、ゲームも、結果的に一種の催眠効果をゲームをする人間に与えることは、予測できます。つまり、本人の意思に関係なく、ゲームを長時間やってしまう。ということが誘発されるということが問題になるであろうということです。
 これもある意味正しい主張ともいえるでしょう。
 しかし、それをゲームに責任があるかのような主張は間違いです。
 なぜなら、教育する義務を有しているのは、ゲームではなく、親とその周りの大人たちだからです。
 早い話が、そんな状態をほうっておくからそうなるのです。
 あえて言いますが、ゲームは娯楽です。
 それは誰でも知っていることです。
 娯楽ばかりしていては、勉強する時間がなくなるのも当然です。
 だから、娯楽が悪い?
 あほらしい主張です。
 単純に、親あるいは大人が、子供の監督責任を放棄しているからこその結果だといわざるを得ないでしょう。

 ゲーム脳を主張する側は、そんな自分勝手かつ横暴な理屈をさらに発展させておしつけます。
 長時間のビデオやテレビの視聴も前頭前野に良い影響を与えないそうです。
 これについては、すでに、雑記帳でも記事にしました。
 乳幼児が長時間テレビを見ると、悪影響がある?
 しかし、その記事にあるとおり、それは、親が子供に話しかけないからと言う方が説得力があるでしょう。
 なぜなら、前頭前野はコミュニケーションを司ることはわかっています。
 コミュニケーション能力を発達させるためには、コミュニケーションをする。という理屈は誰にでも理解できるでしょう。
 長時間のビデオやテレビを見ていても、親が一緒に見て、コミュニケーションをとれば、そんなことにはなりません。
 ただ、長時間のビデオやテレビの視聴をさせる場合の多くは、親が子供とかかわらない時間を設けるための手段にしているからです。

 問題の原因を取り違えれば、当然間違った対策がなされます。
 私達は、他人の目ではなく、自分の目で問題の原因を観察しなければ、現在の問題は永遠に解決することはできないでしょう。

 現在の教育問題の根源的な問題点は、大人が子供に関心をもっていないことであり、子供を未熟な人間とキメツケ、人間として認めていないことです。
 つまり、大人は子供だからと馬鹿にして教育しているということです。

 問題を本気で解決するためには、子供が未熟なのは、表現力であり、その感受性は大人のそれと大差はないことを、大人は自覚するべきでしょう。 

ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

創竜伝・・・呟き尾形の本棚(ええ、田中芳樹フリークですとも)

(*^0^*)(☆o☆)(◎-◎)(ー_☆)(#^∇^#)/(^¬^)

呟き尾形の本棚・・・012号

(-_-;)(ToT)凸(●―●メ〇o。.(-。-)y-~~~メテオ!( ・_・)ノ ミ★
 物語を読めば、いろいろな顔になれるよね♪ d(⌒o⌒)b♪

本日紹介する本・・・創竜伝

登場人物紹介
『呟き尾形』:講師・・・のはず
クニークルス:奇妙な物言うウサギ。生徒のはず
「ムーシコス」:音楽の好きな少年。生徒。
※各台詞は、名前を囲んでいる括弧の人物の台詞です。

★★★

「こんにちわ。みなさん。ムーシコスです」
 ブォン ジョルノ クニークルスだ。
『こんにちわ。呟き尾形です』
「今回は、田中芳樹著 ”創竜伝”の紹介です」
 あれ、第2回の”銀河英雄伝説”と同じ著者だね。
『(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)
 その通り。σ(^0^) は、”銀河英雄伝説”を読んで以来の田中芳樹
フリークなのです』
「で、創竜伝ってズバリ、面白いの?」
 ばかだなぁ、ムーシコス君。無駄なことを一切嫌うよく言えば合理主
義、悪く言えば怠け者のシニョール呟き尾形にそんなことを問うのは、
愚問です(= ̄∇ ̄=)キッパリ
『誉められているのか、けなされているのか判断に迷うところですが、
ズバリ面白いです。
 なんといっても、竜堂4兄弟こと竜堂始、続、終、余らのテンポのよい
会話と日本の金権政治をぼろくそに批判する皮肉は素敵の一言で賞賛する
ほかありません』
「たとえば?」
『偉い奴と猿は高いところが好きだ、とかですね』
 ( ̄ε ̄)ププ
 それって、よく権力者がビルの上から人を見下しているところの皮肉だ
ね。
『そう、こういった、マスタードのピリッとした会話が次々と出てくる
のです。
 さらに、ちょうどリクルート事件の頃に書いていた”竜堂兄弟座談会”
(あとがき)には、政府のどこぞの省庁から、あまり政治家を悪く書か
ないようにとの警告があったとか書いてありましたし、作者が必死にな
って、空想上の悪い政治家を書いても現実の政治家がもっと悪いことを
していると嘆いていたりもしました』
「ひゃー、現実は小説より奇なりっていうけど、日本の政治家ってすご
い悪者なんだね」
『う~ん、全ての政治家がそうかというと疑問符がつきますが、悪いこ
とをやっている政治家がいて、私たち国民がそれを許してしまっている
現実があるのは確かです』
「あれ、なんで国民がわるいの。国民はむしろ被害者じゃないかなぁ」
 いいや、ムーシコス君。日本は民主主義国家といってね。
 民主主義国家において政治責任は国民にあるんだよ。
「どうして?」
 民主主義は自分たちの政治の為政者を選ぶことで、政治に参加すること
になっていて、自分たちの選んだ為政者の犯した罪は、その為政者にそう
いった政治を行うことを許してしまった、責任があるんだ。
「じゃ、その為政者を選ばない人の責任は無いんじゃない?」
『民主主義において、決まったことに対して自分の都合にそぐわないから
守らないというのは単なるわがままだからです。
 自分が反対している為政者に決まったからといって責任は回避できない
のです』
「ふ~ん、なんか不条理な仕組みだね」
 同感、同感。なんにしても、白い時計搭のある村には関係ないことだね。
『そう願いたいものですね(ー_☆)キラリン』
 なに、その意味深な眼光は・・・ヤヤ(・_・;!
『細かいことは気にしない。
 まぁ、てきとーにまとめたところで、アルデベルチ(。・_・。)ノ』


★★★★★ 更新情報 ★★★★★★

 さて、ここからは、ホームページ更新情報です。
http://tubuyakiogata.o.oo7.jp/index.htm
 今回は、占いが非科学的だと思う方へ  メールマガジン 占いが非科学的だと思う方へ 176号 無責任な扇動的議論 を追加しました。

 次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) 人物 を追加しました。
 次に、次に、呟き尾形の哲学手記 哲学のキッカケ(名言集) カテゴリー を追加しました。
 次に、WRPG プエルギガス年代記 オープニング プエルギガス年代記 アルコン リプレイ を追加しました。

★★★_創竜伝


20161127tubuyaki_2


★★★創竜伝 で アフィリエイト★★★
 どうも、アクセス解析していると、「創竜伝」というキーワード で、検索されているらしいです。
 そこで、該当しそうな記事をリンクしておくことにしました。
創竜伝・・・呟き尾形の本棚(ええ、田中芳樹フリークですとも)
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/2005/03/post_14.html


★★★ 占いが非科学的だと思う方へ 176号 無責任な扇動的議論 
2016年11月25日 発行


メルマガ購読・解除


 

心に響く名言集 毎週 月・火・水・木・金・土 曜日発行

メルマガ購読・解除


 

★★★

 名言おみくじで、悩み事を解消しましょう!!!

適職や適性を占う占いです。


★★★

★★★ 楽天 で アフィリエイト ★★★

★★★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★    

★★★★★★★ 呟き尾形のサイト リンク集 ★★★★★★★ (>_<;=;>_<)(p´□`q)゜o。。(・_・ ) ( ・_・)キョロキョロv(゜∇^*)/(◎o◎)★★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★    


名言の鐘
http://maximbell.blog19.fc2.com/
感謝の心が高まれば高まるほど
20161122


呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

http://son.cocolog-nifty.com/backnumber/
修辞術 緩叙法 えん曲法

呟き尾形の占いの話
http://blog.livedoor.jp/tubuyaki1/
記事一覧 呟き尾形の占いの話 2016年11月21日

みなオク創作ノート
http://son.cocolog-nifty.com/etp_pb/
相手の歴史を学ぶ

呟き尾形の本棚
http://plaza.rakuten.co.jp/tubuyakiogata/
苦しいこと、嫌なことは、後から考えれば役に立つ #名言

言葉生花
http://d.hatena.ne.jp/tubuyakiogata/
アゲラタム 02

みんなで哲学を語ろうML
http://www.freeml.com/ept
名言: 意義をある人生にするために

みんなで哲学を語ろう
http://wiki.livedoor.jp/minatetu/
パスカル


呟き尾形の自転
http://wiki.livedoor.jp/tubuyaki1/
ウルトラ怪獣自転

呟き堂
http://son.cocolog-nifty.com/tubuyakidou/
仮面ライダー キバ DVD

twitter
https://twitter.com/tubuyaki
尊敬する心は、強い信念を生む

ニコットタウン
http://www.nicotto.jp/user/mypage/index?user_id=251065
名言: 物の見方で結果は変わる

Sun Of Night
http://www37.atwiki.jp/webrpg
食料品の生産方法はどうなっているのでしょうか?

mixi
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=251499
名言: 一度言って伝わらなくても、時が熟したときにもう一度言えば心に響く言葉になり正しく理解できる

呟き尾形の花紀行 
http://flour.at.webry.info/
ブライダルベール 02

呟き尾形の雑記帳
http://son.cocolog-nifty.com/tetugaku/
花を咲かせる土

呟き尾形の哲学手記
http://blog.so-net.ne.jp/tetugaku/
評価には大きく分けて二つある  

呟き尾形の今の政治に物申す 
http://blogs.yahoo.co.jp/tubuyaki_o
失敗続きで過去通過点だったはずの通過点の成果しか上げられないアベノミクス

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★    

バキッ ☆))XoX)・゚・(ノ∀`)σ・゚・。(v^ー°) O(≧∇≦)O ★★ ↑★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢を現実にするのは人である

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日であえた名言です。

 夢を現実にするのは人である。
 ― ウォルト・ディズニー ― (アメリカ実業家)


 夢を見なければ、夢を実現することもできません。

 しかし、夢を見ているだけでは夢を実現するということもありません。

 夢を現実にするために、何かをするのは、人です。

 どんな、信じられないような夢ですら、実現するのは常に人の手によるものです。

 ★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の決断を、大多数の意見にゆだねるべきだろうか?

こんにちわ。呟き尾形です。

 本日であえた名言です。

 自分の目標を達成している人、あるいは今の自分に本当に満足している人には
 滅多に出会うものではない。それなのに人生を左右するような問題の解決を
 大多数の意見に委ねるべきだろうか? 

 
キングスレイ・ウォード

 その分野において信頼のおける人の発言というものは、当然、その分野において信頼するのは妥当性があります。
 納得できる理由や理論まで説明できれば、なお、信頼できるでしょう。

 では、その分野も知らない人の意見は、どうでしょう?

 その意見の信頼性とは、どれだけ多くの人が言うかではなく、どれだけ説得力のある意見であるかどうかです。

 説得力には、大きく分けて二つあります。
 一つは、理論的、論理的であること。
 二つは、実績による意見です。

 大多数の意見は、多数の意見の最大公約数であり、誰の意見でもないがゆえに、どちらでもないことが多いといえます。

 重要な問題であるならば、大多数の意見にゆだねてはいけません。
 大抵失敗します。なぜなら、大多数の意見は無責任な結果ですし、その証拠に、誰も責任を取ってくれません。
 特に多数決による決定よりも、反発があろうとも、判断するものが正しいと確信できる意見によって決断されるべきです。

 ★★★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新連載 小説 4枚の絵画

 こんにちわ。呟き尾形です。
 「啓蟄(けいちつ)」は、先週でしたが、まぁ、寒さも大分和らいできたような気がします。
 啓蟄は、大地があたたまり、冬の間に地中深くに潜んでいた昆虫類が地上のはい出てくる頃ですが、そういえば、ハウスで虫をみかけました。
 も~すぐ春ですね。

 さて、今回は、小説を書こうの第44回を追加しました。今回は、修辞法の擬人法、擬物法についてです。
 擬人法とか擬物法などと書くと特別な修辞法のように感じますが、実際はどうなのか?
 次に、久々に、新連載、4枚の絵画の連載を開始しました。完結していない小説がある中、新連載と言うのもあれですが、まぁ、あれです。
 適当に楽しんでいただければ幸いです。
 ところで、ジャンルは、ファンタジー。舞台はプエルギガスのとある港町のエピソードです。
 次に、これもひさびさ、言葉生花にラナンキュラスを追加しました。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月6日 - 2005年3月12日 | トップページ | 2005年3月20日 - 2005年3月26日 »