« ノーベル賞制定記念日 | トップページ | 学ぶ事をあきらめなない »

未来を予測する最もよい方法

こんにちわ。呟き尾形です。

未来を予測する最もよい方法は、未来を創り出すことである。
 ― デニス・ガボール ― (イギリス物理学者)

 未来を予測するとき、机上の計算や論理で予測する方法もありますが、それは最も良い方法とはいえません。

 なぜなら、机上の計算や論理は、一つの初期値や前提が狂えばその予測は無に帰すからです。

 それに対して、自ら未来を切り開くような、未来を作り出す方法から得られた予測は、計算や論理から導き出される予測では予知しきれないことを知りえる事ができます。

 この違いは、未来を実際に見つめるか否かの違いです。
 所詮、未来から目を背け、計算や論理は、過去の実績や事実の枠からしか予測を導き出せないのです。
 その点、自ら未来を創りだせば、未来に目を向けざるを得なくなり、その精度は自然と上がってくるものです。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« ノーベル賞制定記念日 | トップページ | 学ぶ事をあきらめなない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/7357416

この記事へのトラックバック一覧です: 未来を予測する最もよい方法:

« ノーベル賞制定記念日 | トップページ | 学ぶ事をあきらめなない »