« その人の幸せ、不幸せを決めるもの | トップページ | うるしの日 »

モビルスーツ”ガンダム”(ガンダム)

こんにちわ。呟き尾形です。
 呟き尾形の自転ガンダム0092自転に追加した項目です。

---------
モビルスーツ”ガンダム”

  モビルスーツ(以下MS)は、元来宇宙空間での使用を前提に誕生した兵器である。
 MS開発において、ジオンに出遅れる形になった、連邦のMS開発の流れは、ジオンのそれとは大きく異なっている。ジオンが初めから量産を前提とした機種を開発し、それを中心にヴァリエーションを広げていったのに対し、連邦ではあらゆる最新技術を全て盛り込んだ超々高級機を最初に開発し、それを簡略化した量産機を生産していった。
 これは、現実の問題として、連邦軍が、兵器の技術として、ジオンに勝っていたのは、新素材の開発技術とビーム兵器の小型化技術のみであった。
 また、開発技術の問題のほかにも、運用方法やパイロットの育成などあらゆる問題に対処する時間がなかった連邦において、最も対時間効果の高い方法であったと思われる。
 従って連邦のMSはガンダムタイプに代表される試作型高級機と、その普及版と言える量産型簡略機に大きく分けられる。
 いわゆる、ガンダムは試作型高級機であり、RX-78ガンダムの2号機のことをさす。 
 2号機となると、当然1号機は存在し、プロトタイプガンダムと呼ばれている。1号機は、はロールアウト後も何度か改修されており、そのたびに性能諸元が変更されたため、正確なスペックデータは存在しないと言われている。
 しかし、当時開発に参加した技術者たちの証言によると、あらゆる点で、改設計されたRX-78-2とほとんど差はないということにはなっている。
 この機体に関する詳細はいまだ軍事機密に指定されており、その全容は依然として不明である。
 一方、2号機は、対照的に、実戦をはじめとしてさまざまな実績から、詳細の性能は、公然の秘密として明かされている。
 装甲にルナ・チタニウム合金を使うことで、ザクに比べてガンダムは、高い機動性と運動性を手に入れた。
 また、この装甲素材の耐久性はこれまで類を見ないほど優れていた。ザクのマシンガン程度であれば弾き返すことができるほどである。
 さらに、エネルギーCAP技術によって、ビーム兵器の携帯を可能にすることで、驚異的な攻撃能力を持たせることに成功した。
 史上初の対MS兵器として、建造されたガンダムは、当時、考えられる限りの性能と装備を確保させた。
 機体部分は、パーツが独立させることにより、現地でのメンテナンスを容易にさせた。
 そして、特にガンダムは、「前線で闘う必要のある秘密兵器」という矛盾した目的持っているため、最悪の場合は機体を放棄し、実働データのみ回収するコア・ファイターによる中枢ユニットの集中管制や、過剰といえるほどの生存性は、実働データを活かし、MS開発そのものを確実なものとする為の苦肉の策でもあった。
 ガンダムは、これらの技術の集積によって、当時の最高技術の詰め込まれた最強のMSが誕生したといえる。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
ガンダム0092

白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« その人の幸せ、不幸せを決めるもの | トップページ | うるしの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/7064013

この記事へのトラックバック一覧です: モビルスーツ”ガンダム”(ガンダム):

« その人の幸せ、不幸せを決めるもの | トップページ | うるしの日 »