« ファンネル(ガンダム) | トップページ | 三位一体改革とは、国の都合を一方的に伝えることなのか? »

未来とは、不安と期待の積み重ねである

こんにちわ。呟き尾形です。

未来に向き合うにはふたつの方法がある。
ひとつは心配、もうひとつは期待だ。
 ― ジム・ローン ― (アメリカ思想家)

 未来とは、これから来る時のことであり、それは、すなわち可能性であるといえます。

 遠い未来というのは、ある日突然やってくるのではなく、今この瞬間からホン
ノちょっと進んだ時間があるからこそです。
 そのほんのちょっと進んだ時間の積み重ねが未来であり可能性だということで
す。

 その積み重ねは目的がわからなければ合理的に進める事は不可能です。
 もちろん、暗中模索の徒手空拳で積み重ねた事が無駄になるとはいいません。
 それはそれでその人にとって価値ある経験です。

 それでも、より良い未来を得たいというのであれば、
 将来を心配する事。
 将来に期待する事。
 この積み重ねが、より良い未来を得られるのだと思います。


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« ファンネル(ガンダム) | トップページ | 三位一体改革とは、国の都合を一方的に伝えることなのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/7321979

この記事へのトラックバック一覧です: 未来とは、不安と期待の積み重ねである:

« ファンネル(ガンダム) | トップページ | 三位一体改革とは、国の都合を一方的に伝えることなのか? »