« グリーンモンス(呟き尾形の怪獣大好き) | トップページ | 言葉への過信 »

RUNNER(呟き尾形の創作童話・小説)

呟き尾形の創作童話・小説

 呟き尾形の創作童話・小説は、私、呟き尾形が創作した童話や小説を掲載するコンテンツです。
 既存の童話や小説や新たにかいたものも気まぐれにアップしていく予定です。

 今回は、昔書いた短編恋愛小説を掲載したいと思います。
 恋愛というジャンルのは、なんとも苦手なものですが、もしよろしければ読んでみてください。

-----------

RUNNER

 暑い夏の日、青い空にの下に茶色土に白いラインの描かれた広いグラウン
ドも、選手と観客で埋め尽くされて手狭に感じていた。
 でも、一旦、グラウンドに立つと100メートル先のゴールがはるか地平
線のかなたのように感じてしまう。
 さっきまで騒がしく感じていた歓声すら耳に入らない。
 むしろ、高鳴る胸の鼓動が激しくなり、昨日とはまた違ったリズムを刻む。
 昨日・・・。
 そう、昨日もまた、僕にとってもおそらく亜由美にとっても一生忘れられ
ない日になるだろう。
 僕の両脇にいた選手たちが一斉に立ち上がり白いスタートラインに立つ。
 僕も慌てて立ち上がるが足がもつれて転びかけるが何とか持ちこたえた。
 緊張しているのか、呆然としているだけなのか。

 100メートル走のラインについた僕と周りの選手たちは横一直線になら
び、神経を尖らせる。
 ピリピリした緊張感を肌で感じている。
 さっきまでの雑然とした歓声がさらに遠ざかり、鼓膜の震えが止まり、耳
鳴りがした。

『位置について・・・ヨウイ・・・』

 僕は地面を見つめ、遥か彼方のゴールのラインを見つめる。
(いつも走っている100メートルという距離はこれほど遠いものなのだろ
うか・・・。案外亜由美との距離もそうなのかもしれないな・・・。)
 そんな言葉が過ぎった瞬間に周りの選手の緊張の糸が切れたことを感じる。

 パーン

 しまった、出遅れた。
 気持ちは焦るが、もうどうしようもない。僕はもう、体を動くのに身を任
せ、昨日のワンシーンを思い出していた。
 
「ごめんなさい、太一。私・・・好きな人がいるの」
 陸上部の部室で僕と亜由美は向かい合い、僕は呆然と立ち尽くし、うつむ
くのは、ショートカットの幼馴染の亜由美である。
 亜由美は中学に入るまでずっと髪を伸ばしていた。太陽の光に照らされる
と、青く見えるほど艶のある黒髪は亜由美の自慢の一つだったことは、太一
が誰よりも知っていた。
 そんな亜由美は、太一と一緒に陸上部に入るとともにその長い髪はばっさ
り切り、別人のようになった。それがきっかけで太一は亜由美を見る視点が
変わったのかもしれない。
 もともと男子に人気のある女の子だったことは知っていた。
 実際、亜由美と仲がいいことはうらやましがられたり、時には、それを理
由にケンカを売られたこともある。
 だが、太一は、気持ちいいほどまっすぐで、男女訳隔てなく接する亜由美
の明朗快活な性格にあると考えていた。
 しかし、亜由美を見る眼を変えると、確かに女性としての魅力も手伝って
いることを実感した。
 形の良い眉、つぶらな瞳、鼻は小さく少し低めだが鼻筋は通っており、小
さめな口が鼻の低さを目立たなくさせている。口元は笑うと子犬のような愛
嬌を感じさせる。
「あ、いいよ。分かってたんだ。大田先輩が好きなんだよな。
 知ってるよ。・・・でも・・・伝えたかったんだ・・・
 亜由美のことが好きだって気持ちを」
 僕はそう言ったつもりだった。
 でも、そうは言っていなかったらしいことは涙で歪んで写る亜由美の表情
からすら読み取れた。
 確かに僕は、幼稚園児のように泣きじゃくり、しまいにはしゃっくりが止
まらなくなって嗚咽を漏らしていた。
 こんな情けない姿は誰にも見せたくなかった。誰よりも亜由美には絶対見
せたくないと思っていた。
 でも、心の奥底で目の前にいるのは亜由美でよかったと感じていたのは、
悔しいくらい正直な気持ちだった。
 部室の窓にポツポツと雨粒が叩きつけられる。
 はじめはスローテンポだったリズムは、徐々にアップテンポになり、僕は
ただ、部室から飛び出した。
 この雨なら、僕の涙を洗い流してくれそうだったから・・・。

 その瞬間、僕の体はゴールラインに触れていた。
 僕以外の全ての選手は僕の後ろからゴールする。
 湧き上がる無数の歓声の中に、亜由美の喜ぶの声だけがはっきり聞こえた。
 僕は肩で息をしながら亜由美にだけウィンクをして、拳を握り親指を空に
突き上げ微笑んだ。
 亜由美も僕に拳を握り、親指を空に突き上げ微笑んでくれた。

 亜由美、片思いでも僕は僕なりにがんばるよ。
 
----------------


ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります

Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« グリーンモンス(呟き尾形の怪獣大好き) | トップページ | 言葉への過信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/6321538

この記事へのトラックバック一覧です: RUNNER(呟き尾形の創作童話・小説):

« グリーンモンス(呟き尾形の怪獣大好き) | トップページ | 言葉への過信 »