« 学んできたことを、決して低く評価する必要はない。 | トップページ | 粗悪な人間関係を改善する解決方法 »

恐怖が心の中に敵を作り出す。

こんにちわ。呟き尾形です。

我々に武器を執らしめるものは、いつも敵に対する恐怖である。
しかもしばしば実在しない架空の敵に対する恐怖である。
 ― 芥川 龍之介 ― (『侏儒の言葉』)

 そもそも、武器とは、戦いに用いる道具です。

 つまり、武器を手にとるということは、敵の存在を前提にしています。

 しかしながら、その敵は、実在しているとは限りません。
 戦いになるかもしれない。
 襲われるかもしれない。
 敵になるかもしれない。
 という、恐怖が心の中に敵を作り出します。

 敵とは、滅ぼさなければ自分の存在が危うくなる存在だからこそ、共存しえない存在となりうるため、戦いにいたるわけです。
 戦いが起きてもいないのに、戦いになる前に武器を手に取るのは順序が逆だといえるでしょう。

 どうも、私たちは、武器を手に取る前に、自分自身の妄想による恐怖と戦わねばならないようです。

  ★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン

|

« 学んできたことを、決して低く評価する必要はない。 | トップページ | 粗悪な人間関係を改善する解決方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/6662447

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖が心の中に敵を作り出す。:

« 学んできたことを、決して低く評価する必要はない。 | トップページ | 粗悪な人間関係を改善する解決方法 »