« 著作権、著作権といいますが・・・。 | トップページ | 電信電話記念日 »

人間の最初の老いの兆し

こんにちわ。呟き尾形です。

忘却の早さと、何事も重大視しない情感の浅さこそ、
人間の最初の老いの兆しだ。
 ― 三島 由紀夫 ― (『私の遍歴時代』)

 人が、何かを忘却するとき。
 それは、あまりにも当たり前で印象に残らないことであることが多いといえます。

 それは、何事も重大視しない情感の浅さと関係があるといえます。

 もし、重大視したことなら、忘却することはなかなかありえません。

 何事も重大視しないということは、実は、対象をよくよく観察しない。ということです。
 そして、なにも考えず、当たり前と固定観念で判断してしまうから記憶に残るはずもありません。
 老いるということは、経験の多さゆえ、たくさんの固定観念で判断してしまうことだといえるでしょう。老いというものは、なにも肉体的な衰えに限らないというこことです。
 つまり、何事も当たり前としてしまう、ある種の達観は、精神的な老いだといえます。

 肉体と精神は相関関係にあるといえます。
 つまり、肉体的に老いるということは、精神的にも老いるということにつながります。
 が、精神的な若さを保てば、肉体的な老いも防げるというものです。

 もし、肉体的に老いることを避けたければ、精神的に若くあらんとするべきでしょう。
 精神的な若さとは、何事も重大視する情感の深さであり、日常にあることでも注意深く観察し、発見を見出すことだといえるでしょう。

 
  ★
ヾ(@^▽^@)ノ (☆o☆)キラキラ 。(*^ε^*)oにんまりぃ♪
白い時計塔のある村

呟き尾形の雑記帳

呟き尾形の本棚

みんなで哲学を語ろう

呟き尾形の占いの話

みなオク創作ノート

(有)尾形園芸のサイト

呟き尾形のメールマガジンのバンクナンバーblog

呟き尾形の自転

ご意見がありましたら、こちらの掲示板もあります


Σ( ̄□ ̄;) (?ロ?ノ)ノ (◎-◎)  (゜◇゜)~ガーン


|

« 著作権、著作権といいますが・・・。 | トップページ | 電信電話記念日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5593/6513285

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の最初の老いの兆し:

« 著作権、著作権といいますが・・・。 | トップページ | 電信電話記念日 »